スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都朝鮮学校 公園占拠問題

集団ストーカー犯罪ではターゲット被害者に関与する多くの組織・団体、社会状況が加害もしくは加害加担の主体となり得ます。
もしこの犯罪がメジャー報道機関により広く伝えられていたら、警察が積極的に犯罪の調査・取締りの行動を起こしたら、法の対応・救済が成立していれば、この闇の犯罪は存続できないと思います。
しかし、そのような状況はこの集団ストーカー犯罪特有のものではなく、多くの日本に存在する不条理な犯罪や社会状況を取巻く環境から由来する、異常な社会を合理化するシステムが存在しています。
この様な歪で不条理な社会システムに護られ、聖域化している社会問題の一例として在日朝鮮人の問題が有ります。
今回はその中で大きな問題と成りつつある京都の朝鮮人学校の児童公園占拠の事案を取り上げます。

12月18日の東京新聞と共同通信の京都朝鮮人学校の公園選挙に対しての抗議記事が、その状況を良く物語ります。
事の経緯と記事内容の偏向・捏造ぶりは多くのブログで語られている通りです。
これは12月4日に京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)で、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)が学校前の勧進橋児童公園にサッカーゴールポストや拡声器を設置し、50年近くに渡り、その公共の施設を不法に占拠し続ける朝鮮人に対しての抗議、撤去を敢行した活動についての記事です。

・外国人いじめ、不満はけ口 [東京新聞 2009年12月18日]



標題に示すが如く、全く本題から外れた問題の認識すらせず、「学校襲撃」、「民族差別」との政治的利用の意そのままの情報操作、捏造状況が見られます。
また、「『参政権より先に差別を禁ずる国内法を整備 し、公的な歯止めを必要がある』(一橋大教授・鵜飼哲)」と問題のすり替え甚だしい言論統制、逆差別を強化する法の整備を推進する意図を露わにしている状況も看過できません。

朝鮮学校で「スパイの子」 "抗議行動”を告訴へ [共同通信 2009年12月18日]

「京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)で今月4日、『在日特権を許さない市民の会』(在特会)の旗を持った男性約10人が抗議行動と称して校門に押しかけ、拡声器を使って『スパイの子ども』などと騒いでいたことが18日、分かった。」、「学校側は、偏見や差別感情が理由の「憎悪犯罪(ヘイトクライム)」だと反発。」(同ニュースより)

朝鮮学校側はその行動に対しての抗議を利用し、東京新聞の内容では人種差別問題、人権擁護問題に摩り替えて言及している状況です。
メジャーな報道機関はこの偏向内容での報道が見られた以外に、この一連の争議や個の抗議活動後にメンバーに殺害予告が届けられた事実についての報道をする事は無く、報道の中立性は見る影も有りません。

12月19日の在特会・主権回復の会の抗議活動の場の一つであった東京しごとセンターは本来政治活動を目的とする使用は不可能であるにも拘らず、在日朝鮮人の為の今回の抗議活動、政治活動に場を提供していました。
抗議活動の場では官憲が手厚く警護し、日本人側の抗議活動についての抑止、制圧に終始しています。

昔から、殆どが在日系資本のパチンコ等の遊戯施設が日本全国の一等地に立地する不自然な状況に観られるような地所の取得、京都ウトロ地区以外にも多くの国内の場所が戦後の混乱以降不法に占拠されたと云われている。
国土の多くの場所が大規模に不法に占拠され、今回のように差別を盾に逆差別の構図を声高に叫び、様々な工作により国土を浸食した状況が理解される事と思います。
また、国土のみならず社会システムへの浸食が繰り返され、創価学会の総体革命の如く日本の中枢の部分、ポスト、利権を浸食し、報道機関、官憲の対応にまで影響を及ぼす巨大な勢力、また政治の場での権益の行使は国政を大きく変える現実があります。

日本の文化に馴染まず、融和する事も無く、日々、日本と日本人を恨み続け、対立の構図により利権を得、時には非合法的に拡大する構図は正に反社会的な存在と活動と言えます。
集団ストーカー犯罪に苦しむ被害者の中には加害者は在日朝鮮人も多いという方が居られる。
「総体革命」を標榜する創価学会も同様の体質により社会システムを浸食し、異常な反社会的な行動、国民の利益、福祉に反する思想や活動には多大な犠牲が伴う事実は周知の通りですが、この創価や在日朝鮮人の反社会的な数々の行為は、日本の中に独立した国家の如く存在し、日本の国益とは真逆の反日的な行為を積極的に是認・活性化する勢力として存在し、日々その実活動を活発に行う構図はあまりにもおぞましく、広く報道される事も無いままにその影響、工作により犯罪と犠牲者の増加を放置し続けています。

因みに、池田大作創価学会名誉会長は実名をソン・テチャク(朝鮮人)であり、創価学会の殆どの幹部も日本人ではないと伝えられ、日頃の悪辣な犯罪行為の由来が同様の状況である事が理解できます。
在日朝鮮人の恨みによる反日性と創価学会員の洗脳による同胞に対しての加害の意思は共に反駁を主軸としたエネルギーにより攻撃性が与えられています。

今回の一連の抗議活動・争議は極めて重要な問題の存在を国民に知らせ、要点が可視化される画期的なものでした。
今回の両社の報道は偏向内容とはいえ、闇の実態を知らない多くの国民が全国規模で、具体的な事実を知る契機となり、問題提起を与えた重要な報道とりました。
今回の占拠問題から、明確に異常な報道の姿勢、官憲の対応、政治の場の振る舞いはこの様な闇の勢力が大きく関わり、物言わぬ国民の利益や安全を食い物にしてきた事を容易に理解する事が出来ます。
長きにわたる呪縛により作り出されたこのような闇の構造の摘発の一つ一つが、この派生的な犯罪システムである集団ストーカー犯罪を含む大きな社会の矛盾、国力の弱体化を防ぐ大きな活動につながります。

尚、在特会は12月21日に京都朝鮮学校側を京都府警南署に告発状を提出し、受理されたとの事で、事案の方向が見えて来たようです。

お知らせ : 【緊急情報】 12.21在特会は京都朝鮮学校側を告発しました

今後この問題は波紋を呼び、大きな争議、社会問題となる事が予想されます。
状況を客観的に観れば、今迄、如何に理不尽な占拠が長期に渡り許され、問題とも成らなかった事実の方が不思議な状態です。
この事案は行政の対応も含め今後の日本の行方を指し示す大きな分岐点ともなる可能性が有り、見過ごす事はできません。
抗議活動の映像では多くの問題点が指摘できるでしょうが、これは国土占拠、逆差別闘争に対しての抗議、闘争であり綺麗事では済ませない大きな問題提起である事を国民は知るべきです。

個の圧殺である集団ストーカー犯罪と問題を必ずしも同一視すべきでは有りませんが、上記のように反日勢力連合の同様のベクトルが集団ストーカー犯罪にも働いている事は間違いなく、財産収奪、社会性破壊、身体攻撃や盗聴・盗撮、その他あらゆる人権侵害要素を含む悪辣な犯罪行為に対しての根本を鑑み、我々は行動する必要があります。

【YouTube版映像】
(1/2)朝鮮学校による領土侵略を許すな
(2/2)朝鮮学校による領土侵略を許すな!
(1/3)朝鮮人の不法を擁護する東京新聞は廃刊しろ!
(2/3)朝鮮人の不法を擁護する東京新聞は廃刊しろ!
(3/3)朝鮮人の不法を擁護する東京新聞は廃刊しろ!

【主な関連記事】
公明党 外国人参政権付与の一手を打つ ~人口侵略+宗教の破壊力
朝鮮総連の政界工作報道
システム化された犯罪の隠蔽
集団ストーカー犯罪へのスポットライト


Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。

カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々も是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー犯罪の実態が表面化することによる社会の浄化作用は計り知ません。

スポンサーサイト

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : マスゴミ 在日朝鮮 闇勢力連合 組織犯罪 創価学会

民主党 外国人参政権付与法案提出の奇襲

民主党の政権維持に対しての様々な問題が浮上し、疑問符が打たれるに見える状況が徐々に表面化しつつある。
立法実務上の問題だけでなく、鳩山総理、小沢幹事長を廻る様々な疑惑等の問題により好意的であったマスコミにも政権運営についての批判が目立つようになり始めてきた。
正に、そのような中での今臨時国会での地方外国人参政権付与問題の水面下での虚々実々の動きが活発化し、事態が急を要する状況に変化している。

公明党の外国人参政権提案の見送りが報道されて間髪を入れずの、今度は民主党の自民党を巻き込んだ新たな構想が浮かび上がる急展開となった。

公明、臨時国会での参政権法案提出見送り [産経ニュース2009年10年30日]

10月30日に公明党井上義久幹事長は、永住外国人地方参政権付与法案について「民主党内に政府に提出するよう求める話もあるので、その動きを見定めたい」との30日の記者会見を行っていたが、本日11月6日民主党山岡国対委員長が自民党川崎国対委員長との会談で議員立法提案の提出の可能性を示唆している。

民主が議員立法で外国人参政権付与法案を提出へ 臨時国会で [産経ニュース2009年11月6日]

「民主党の山岡賢次国対委員長は6日午前、自民党の川崎ニ郎国対委員長と国会内で会談し、今国会中に永住外国人への地方参政権付与法案を議員立法で提出する考えを伝えた。」

11月5日の国会では、外国人参政権を含む国民の知るべき重要内容が議論された筈であったが、テレビ中継されていない。

外国人参政権 首相「前向き、でも強引には押さない」 [asahi.com 2009年11月5日]

「5日の衆院予算委では、自民党のタカ派の論客として知られる下村博文、稲田朋美両議員が質問に立ち、永住外国人への地方参政権付与や選択的夫婦別姓などに対する鳩山由紀夫首相の考えをただした。民主党内でも意見が割れるテーマだけに、首相は慎重な答弁に終始した。」
稲田議員は、鳩山首相のインターネット動画サイトの「日本列島は日本人だけの所有物ではない」との発言に言及し、外国人参政権付与は友愛政治の帰結かとの質問に対し、鳩山首相は外国人地方参政権を前向きに考えているが、「強引に押し通すことを思っているわけではない」と議論を見守る考えを表明した。
他に、下村議員の国旗、国歌に対する考えへの質疑応答が交わされやはり、慎重な対応を示した。

衆院予算委 鳩山内閣、不一致露呈 左派色あぶり出され [産経新聞 2009年11月6日]

「鳩山由紀夫首相は5日の衆院予算委員会で、閣僚間の足並みの乱れを覆い隠そうとして慎重な答弁に終始した。だが、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相らが持論を展開して、かえって閣内の意見の隔たりが目立つ結果となった。自民党が閣内不一致を印象づけるために、国旗国歌や外国人参政権、選択的夫婦別姓などのテーマを集中的に突いた『左派色』あぶり出し作戦が奏功した形だ。」

連日放送されている国会中継でのこの様な国民が知るべき内容は情報操作・隠蔽の工作対象となり、法案を衆目に晒さず、議論の対象から遠ざける策略で有ることは明白であり、法案成立までの流れの中において、非常に懸念すべき状態である。
国民への情報の出口を絞り、強力に「日本解体法案」をドライブする行為に強い外国人参政権付与を中心にした国民の民意を度外視した売国行為を通す為の戦略上の要点である。
通常のマスコミ報道に晒されている多くの国民は知るべき権利の圏外に置かれている。
11月5日の国会中継を視聴すれば、世論と政権に対しての大きなインパクトを与えたことは明確で、マスコミを利用した国民操作である。

今回の議員立法による法案提出の動きは、弱体化した自民党を抱き込み、党員の党議拘束の縛りを外してでも法案の成立を急務とする力とはどのようなものであろうか。
政権支持率の予想される低下、創価・公明党の支持により骨抜きになり地方での民意を吸い上げられないとの視点、閣内の不一致等により次期国会までの政権運営までもの時間を待てないと観た売国勢力は一気呵成の攻めの用意をしている状況である。
強引な手法による党内の締め付けは、その準備であり、今回の見解表明により、衆議院選での支持勢力が支配的な民主党は、もはやなりふりを構っていられる状態ではないのである。
事態の隠蔽にも関わらず、長期戦は国民の状況認識につながり得策でないことが徐々に理解されてきたことにもよる所が大きい。

議員には根強い反対意見者も多く、10月27日のような国会議事堂を取り囲むような大規模な集会やデモ活動が活性化すれば、現政権の足元を脅かす大問題に発展する事は確実である。
是が非でも大半の国民が実態を知られ前に、杭を打ちたい反日勢力の内患外憂の事情が見え透ける。
短期決戦に持ち込ませずに、国民への複数の大規模な周知活動、断固たる反対・阻止活動を活性化させなくてはならない。

【2009年11月7日追記】

本案件について、野党各党の対応が示された。

外国人参政権法案、自公で対応分かれる [NIKKEI NET 2009年11月6日]

「野党内の反応が分かれている。自民党の谷垣禎一総裁は6日の記者会見で『憲法上の論点があるという人もいる』と述べ、慎重に対応する考えを示した。公明党の山口那津男代表は『法案提出を歓迎したい』と表明。民主党との共同提案についても『呼び掛けがあればいつでも積極的に応じる』と強調した。」

いずれも法案に慎重な気配を見せるが、創価・公明、支持団体の特亜圧力の民主は大多数の国民の意見を汲まない、工作による法案通過を目指す危険な状態を作り出し、虚像による操舵を極一部の少数が握るという異常な政界構造を益々助長している。





【主な関連記事】
「日本解体法案」への反対を潮流にせよ
10・27「日本解体法案」反対請願受付国民集会&移動
公明党 外国人参政権付与の一手を打つ ~人口侵略+宗教の破壊力
朝鮮総連の政界工作報道
鳩山訪韓、外国人参政権は何処に
布教の為に、国を売る創価「池田特命」
地方外国人参政権法案提出の動き
衆議院議員選に見えたもの
集団ストーカー被害と社会・政治


Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。

もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。
被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー犯罪の実態が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

tag : 情報操作 マスゴミ 国体解体法案 売国 闇勢力連合

集団ストーカー犯罪へのスポットライト

9月22日のせと弘幸氏のブログ「せと弘幸Blog『日本よ何処へ』」の記事で本ブログと記事を取り上げて頂いている。

集団ストーカー被害者の目から見た創価・公明党

氏のような著名なジャーナリスト、活動家で高ブログランクの方からのご紹介は、異常な犯罪、集団ストーカー犯罪にスポットライトを当て、この犯罪の存在と実情を知る機会を多く人に与えることになり、大変有り難いことである。

同様の被害に苦しむ多くの被害者の方にとって、この犯罪を社会に周知させることが如何に困難で、重要なことであるかは良く理解されている。
また、後述するが、潜在的な被害者の方、ひいては被害とは無関係と思われる国民にも重要なこととして、一人でも多くの方が知るべき社会犯罪であり、これを機に、問題点がクローズアップされることを願う。
被害が顕在化している方はなぜ有形無形の理不尽な加害行為が連日、間断なく繰り返されそれを訴えることも解決することも、或いは社会が真面目に取り組まない現実に絶望感さえ感じることも有るだろう。
しかし、北朝鮮の拉致問題のように犯罪の社会的な周知が犯罪の解決の大きな呼び水となることは、再三、本ブログでも訴えている通りである。

この犯罪は非常に根が深く、政治的、歴史的な背景により、強固に構築されている知られざる闇の社会制御システムの一部である。
創価学会やカルト教団他多くの公的機関、企業や組織を巻き込み、利用する遠大な人員とコストにより特定の個人を監視し続け、加害行為を続行し、国民間の敵対関係扇動する犯罪システム、ビジネスである。
このことはとても特定の宗教法人や組織だけでは不可能であり、ある意図を持った大きな政治的、国際的な戦略がこの犯罪には関与している。
何故特定の個人、脱会者でもない一般人が対象とされるかと考えるのは問題の把握を困難にする。
これは特定の個人が重要なのではなく、それをターゲットにし、攻撃すること、加害・監視システムとその思想が必要とするシステムそのものや組織、集団、背後に控える存在の要求である。

今迄、表の報道から葬られたこの犯罪の存在と事実がようやく社会から認められつつある。
通常話題にすると付き纏うこの被害、犯罪事実を別の理由「統合失調症」、「被害妄想」、「信じられない」との情報隠蔽や批判工作はもはや許されない。
被害者を追い詰め、時として修復し難い敵対関係を実行犯の人達、社会と作りだすことを目的としたシステム、思想、組織、体制が確実に立ち上がり、実動している現実を知るべきである。
そして多くの虚構を多数の人間に植え付け、利権・金銭が動き、目標や倫理観を喪失した人間、不毛な対立を社会に生成し、最終的には国自体の佇まいの在り方が変化する。

例えば、創価の総体革命、「仏敵」という教条やその他カルトにとっての同様の「真理」、職務の一貫とする警察や自衛隊のような利権に基づく仕事の一部、利権、金銭を求める歴史的被差別対象の在日系外国人や同和、巨大なカルトの傘を利用した組織的非合法組織、利欲による加担者等々の犯罪の帰結であり、国力を弱体化するシステムと方向性が着実に作り上げられ、犯行自体が目的化したかの如き状況で、倫理を蝕まれた個人が増加し、コンセンサスの無い国民の集合状態が出現する。

ついでながら述べると、公明党の崩壊はこの犯罪を含む悪の力の論理が社会に知れ渡った為でも有る。
しかし、創価の凋落は別の論理や社会システムへと国力の制御システム、弱体化の方法、シナリオは書き換えられ、隷中の意を配した第2幕へと移るだろう。

せと氏が創価学会の悪質な体質や暴挙を多く記事にしていることはご存じの通りである。
先稿では氏の政教分離を訴えるポスティングの最中に創価学会員と見られる集団に襲われた事件を紹介した。
この犯行の状況は実に集団ストーカー被害との類似性を持つ。

① 集団で弱い個人を狙う
② 暴行に歯止めが無く、感情的とも思える行為
③ 現場からの素早い逃走
④ マスメディアの冷淡な対応、情報隠蔽・操作
⑤ 官憲の不誠実で非機能的な対応

特定・不特定の創価学会員(+その他、加担者)からの犯罪行為が日々繰り返される状況はまさにこのような「バレなければ何をしても良い。」というドグマの元での筆者身辺周辺の犯罪行為にその体系を見る。
このポスティングの障害事件が早期に解決されることも闇の組織犯罪撲滅、社会の健全化の為の大きな原動力となるだろう。

集団ストーカー犯罪は社会の闇の犯罪であると同時に、闇であるがために、危険がより多くの国民、真実を知らされない人々を取り巻く環境として、歪んだ人的、組織的な社会を作り出し、システム・体制として構築され、その根本思想の元に背後で作動している。
従って、被害は特定の被害者だけの問題ではなく、一般の国民の生命、財産、安全を害し、国土を侵食し、社会や国力を弱体化する力として作用することは明白である。

せと氏はようやく退院が決定したとの記述をブログ内に拝見した。
多くの有意の志、見識を持たれた方々により、この犯罪が広く究明され告発の機会を作り出す必要がある。
被害者は理不尽な現実の多くを体験し、知っている。
その被害者への対応、官憲、司法、企業や行政サービス、社会の情報、アクセス性、職業等触れるもの全てが被害者の為にカスタマイズされている。
これらの現実の状況を集団ストーカー犯罪の存在や実態というフィルターで見ると、社会や政治の真実の姿が鮮明に浮かび上がってくる。
従って、集団ストーカー被害者の存在を社会で活動される方々は常に意識し、時には利用して頂くことが、覆い隠された真実を見通す重要なキーエッセンスともなることを付け加えておく。

犯罪の表面化と共に、その隠蔽情報操作が激化している。
この異常な社会犯罪についての記述や報道が各紙、各局から日々流される日が近いことを願う。
犯罪が被害者の前から霧散し、報道されないことが最も好ましいことであるが。

今後もせと氏やご賛同を頂ける方々の活躍と助力を期待したい。

【関連記事】
衆議院議員選に見えたもの
集団ストーカー被害と社会・政治
「政教分離」訴えるポスティング活動に集団暴行
「矢野絢也さんより話を聞く会」一考
統一教会への司法介入劇
ダブル選挙、矢野元委員長招致と政局
揺れ動く政局とマスコミの攻勢
永田元議員の訃報
マルチな団体が裁く前田議員
被害映像集

Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ


ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 創価学会 闇勢力連合 マスゴミ 仏敵

「テレビの、これから」よりテレビのこれからは?

2005年から放送されているNHKスペシャルの特集番組「日本の、これから」の中でも3月21日放送に放送された23回目の特集番組は、同番組史上に残る番組の一つとなった。

この回の特集は放送記念日特集でもあり、テレビメディアの本質が問われる内容で「テレビの、これから」と題されていた。
現在、テレビの置かれているメディアとしての地位は揺らぎ、視聴率は低下し、危機感を漂わせている事は周知の事実である。
番組中でもその事実には触れられ、その資質を問う内容には言及していたが、自らの保身と偏向内容を正すという姿勢を見せず、疑問を拡大させた内容で終了した。
番組史上に残るという意味は、このテレビ放送の姿勢を説明する逆説的な表現である。

この番組中で注目したのは、討論形式の生放送で、ネット上で未だに大きな話題となっている「奈良の騒音おばさん」の一般視聴者からの代表参加者のテレビ番組制作者側の参加者に対しての質問とその対応、NHKの番組進行への対処である。
「奈良の騒音おばさん」は2005年4月の騒音傷害事件当時、報道番組や一般番組で大きな話題となった。
しかし実際は、その加害者とされる河原美代子さんの被害者とされる夫妻は創価学会員で、近隣の住民を巻き込み、悪質な集団ストーキングを繰り返す加害者であったとネット上では指摘されている。
今回のNHKの番組で一般視聴者代表の浅野さんは、この「騒音おばさん」事件の報道姿勢について、ネット上の真相指摘の件を引き合いに出し、テレビメディアが行った一連の偏向報道、捏造、事実の歪曲を指摘した。
発言の中で「おもちゃにした」との報道した姿勢について言及し、誰がこの映像を撮影したかと製作側に質問し、この様なテレビメデイアに対しての強い不信感を表明している。

マスメディアは信頼回復の好機であったにも拘らず、この問題点についての番組製作側からは全く回答に積極的な姿勢が見られず、番組の進行が一時中断状態になった。
しばらくしてNHKの司会の三宅民夫アナウンサーは、その返答を待ちに時間を置かず、質問を無視して次の質問者に質問を振り、番組を進行した。
この放送の中で、製作者側の一部の参加者に、大きな咳払いをしている様子が見られる。
これは一般的には非常に放送中の不謹慎な態度と見られようが、司会者に対してのブロックサインであると同時に、内容に触れるなとの明示的な示威・威嚇行為でもある。
このように、視聴者からの問いに真摯に答えようとしないばかりか、自己の都合、統制された放送内容を押し付ける報道姿勢を垣間見せるテレビ製作者の無責任で作為的な態度を持ってすれば、偏向、隠蔽、歪曲は当然の事であると視聴者には思われて当然である。
このハプニングは、試聴者がテレビビジネスに巣くう内幕の姿を垣間見ることができた貴重なシーンである。
この放送の直後にテレビメディアのライバルというべきネット上で、画像がupされ、内容が大反響を呼んだことも、テレビの大衆報道の有り方への疑問を多くの人達が共有し、テレビ放送が不信感に満ちたメディアであるかという事実の表れである。
YouTubeの再生回数は100,000回を超えたが、投稿は消され、その後も大変なアクセス数になるが何度も消されており、現在は静止画や編集版である。
このことからも如何に今回のこの放送が、メディアにとり大きな問題であり、なんとしても隠滅したいという力が働いているかが窺い知れる。

TBS、テレビ朝日、日本テレビ等民放テレビ局もそれぞれ独自のバックグラウンド勢力の影響による偏向が目立つ。
NHKの今回の状況を見て理解できるように、公共の電波を使用して本来の機能的目的を失い、延々偏向放送を繰り返しながら日本国民の利益の貢献とは真逆の行動により、巨大な洗脳システムであるテレビ放送に未来はない。
テレビの存在が不要と考える人が増え、その是非、真価を問うべき番組が奇しくも番組内の失態と工作、終了後の工作により、多くの国民に本性を理解させた功績は大きい。

尚、今回の製作者側代表としての出演は以下の通り。

日本テレビ「世界一受けたい授業」プロデューサー: 福士睦
TBSテレビ編成局長(元「朝ズバッ!」プロデューサー): 吉隆
フジテレビ「新堂本兄弟」プロデューサー: きくち伸
テレビ朝日「相棒」プロデューサー: 松本基弘
テレビ東京「ガイアの夜明け」プロデューサー: 加増良弘
朝日放送「探偵!ナイトスクープ」プロデューサー: 松本修
北海道テレビ「水曜どうでしょう」ディレクター: 藤村忠寿
放送作家(「SMAP×SMAP」ほか): 鶴間政行
NHK副会長: 今井義典
NHK「日本の、これから」プロデューサー: 松尾雅隆
民放連会長: 広瀬道貞

ジャーナリスト: 嶌信彦
コピーライター: 糸井重里
慶應義塾大学特別招聘教授: ドワンゴ取締役 夏野剛

[YouTube: 「浅野さん」 ブログ用バックアップ]

浅野さん (Backup for Blog Reference)

[YouTube: 奈良の騒音おばさん 創価学会の嫌がらせ被害に・・・]


【関連記事・映像集】
偏向テレビ報道+ネット工作の相乗効果
赤報隊事件と報道
日本テレビ、真性集団ストーカー被害者報道か
揺れ動く政局とマスコミの攻勢
YouTube 集団ストーカー被害映像集


人気ブログランキングへ

集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、集団ストーカー犯罪を社会に知らしめましょう。
本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 集団ストーカー被害 創価学会 闇勢力連合 情報操作 マスゴミ NHK

プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。