スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水由貴子さん 死の重いメッセージ

4月22日に元タレント清水由貴子さん(49)の死が報じられた。
しかし、実際のテレビ報道は後述の国を挙げての大騒動により、その数日後である。
この死については21日午後、看護の疲れから、その看護の対象である親御さんと静岡県小山町の富士霊園で発見され、自ら死を選択の可能性を伝えられていた。

元タレント・清水 由貴子さん死亡 死因は硫化水素中毒 近くで遺書発見、自殺

しかし、妹の良子さん(42)はその前の様子を次のように説明し、自殺との状況説明には驚きを隠していない。

清水由貴子さんの妹 まさかの自殺に憔悴… [スポニチ 2009年04月23日]

自殺前の様子について妹の良子さんに聞くと、今月18日に家族3人で食事をした際に清水さんが父の墓参を提案したという。良子さんは都合が悪く行けないと話すと、母親(84)と2人で「日帰りで行ってくる」とほほ笑んだ。そんな姉の姿から自殺を図るとは到底考えられなかった良子さんは、あまりのショックに憔悴(しょうすい)しきっている状態。」

本日webサイト「ガスライティング犯罪ネットワーク告発サイトAGSAS」の管理人戸崎氏の清水由貴子さんとの会話が収められた「にこにこ動画」への音声資料を聞いた。
そして、清水由貴子さんが受けている被害は我々ガスライティング、集団ストーカー加害者の受けている被害状況、加害方法が同様の物であることを理解した。

「清水由貴子さんが訴えていた真実」


これは、同サイトの管理の方が2009年4月25日付で公開した2006年5月30日に日比谷公園内での清水由貴子さん本人との会話記録であり、その音声ファイルには、次のようなメッセージが添えられている。

---------------[引用]
ガスライティング犯罪ネットワーク告発サイトAGSASに2009年4月25日付で公開された清水由貴子さん本人の肉声を含んだ会話の音声です。以下AGSASからの引用文↓(清水由貴子さんが、私の提起した民事訴訟の傍聴にいらした際、語られた真実の音声記録です。)(由貴子さんは、私の訴える手口と同じ執拗な迷惑行為等に遭われていることと、その心当たりについてお話をされました。)(由貴子さんが訴えられていたのは、報道されているような介護疲れではありません。)
---------------[引用終了]

この肉声による音声記録の内容はガスライティング被害を、日常的に受け続けている様子が確実に伝えられており、実に衝撃的である。
郵便配達員、防犯パトロール、パトカー、ヘリ、特異な様相の人物等の執拗な付き纏い、覗き、盗聴、宿泊先での嫌がらせ...
そして、その内容に創価学会との関連性も伝える下りがあり、創価学会への入信を拒否し続けた姿勢が語られている。
従って、この死が自殺とすることも大いに疑問である。
仮に自殺とする場合には、その真の理由、犯罪の実態、経緯を究明する必要がある。

先稿の北野誠氏降板についての記事でも触れたが、日頃目にする多くの番組に出演している芸能人の方がこのように創価学会の入信への勧誘(折伏)を拒否・非難し、その報復、被害を招く状態を説明させて頂いた。
芸能界で生活している、人達は目に見えない、伝えることのできない異常な特殊な環境に生きていると考えられる。
一人で身を守る必要性、自らの生活に脅威を感じながら、カルトや暴力団組織の圧力下にある制作側、スポンサーの意向に支配されるケースが多い上に、その被害状況の告発も難しく、隠蔽や情報操作が横行し、このような闇の力が支配する温床と成り易い状況である。
事実、多くの創価学会・暴力団組織関連のニュースは芸能界に限らず、容易に真実が表面化せずに闇に葬られて来た。

清水由貴子さんのケースも、やはりマスコミでは真相が伝えられずにすぐさま隠蔽され、真実の情報はネットから発信された。
今回の状況は集団ストーカー犯罪を被害者自ら語り、それが紛れもない事実であること、創価学会の関与が疑われること等の大きな社会問題を投げかけている。

清水由貴子さん死の問題の一方で、4月23日未明に発生したジャニーズ事務所所属のSMAPメンバー 草なぎ剛(草薙剛、チョナン カン)氏の赤坂自宅近くの公園での公然猥問題がマスコミを賑わせていた。
同氏も創価学会員と伝えられているが、同じ時期に問題が発生し、報道がこのニュース一辺倒に集中した。

【SMAP草なぎ逮捕】1人で全裸、「裸になって何が悪い [産経ニュース 2009年4月23日]

しかし清水由貴子さんの死は非常に静かに母親の看護の疲れから自殺と伝えられただけだった。
草薙問題はこの創価学会というキーワードや鳩山総務相さえ発言を加える一大騒動の話題にはなったが、猥褻罪容疑者が一夜明ければ、敬称付きのむしろ被害者としてのイメージ演出につながる一連の報道として伝えられ、鎮静化したと謂う妙な印象を受けた。
また、同氏は韓国語に長けており、この件は韓国メディアにも大々的に報じられ恰好の標的とされている点も気になる。
この時期に不可解な創価学会関連のさしたる問題でもない猥褻問題を大々的に、演出する状況は不可解極まりなく思われた。
通常の創価の行動パターンからすれば、この軽度な犯罪行動とそのニュースを揉み消すことは容易な筈だった。
今回は実害の無い一時の祭り騒ぎを演出し、結果的に清水由貴子さんの死はこの意図的とも思える茶番の影に掻き消され、テレビではひっそりと報道され、未だに大きな話題にはしていない。
これは官憲、マスコミ、関係者を総動員した創価の集団的な犯罪行為、死に至る真相のマスキングであると考えるべきであることが窺える。
今回の音声資料の公開により、全てが明確に理解できる。
創価にとって一番恐れている犯罪の断片の一つが衆目に晒された。
さらに、官憲、ヘリ、郵便配達、防犯パトロールに至る加害工作システムの一端が露見した。
司法当局はこのような集団ストーカー犯罪についての証言に対しての反駁や今までのような調査の拒否理由をさらに見つけることが可能あろうか。
因みに、ここで要点となる警察OB採用、防犯パトロールの強化、警察予算執行には公明党の力による所が大きいことは周知の事実である。

この件に至るまでも、芸能界では何人もの人間が死を遂げ、生活、人権、将来や名誉を踏みにじられたことか。
相次ぐ犠牲者が続出する現状、被害の数々をこのまま放置すべきではない。
常に、創価学会の犯罪が表面化せず触れられないまま司法の場から遠ざける事により、深刻な人権の侵害・破壊が止め処もなく連鎖的に大きな悪を生み、やがては国家を決定的に破壊する存在となる。

被害の実態は単なる嫌がらせや行動の妨害等と言う生易しい状況ではなく、今や人権を破壊、加害行為を繰り返す宗教の範疇を超えた異様な暴力的な犯罪集団としての性格を露骨に伝えている。
他の先進諸国では創価学会は宗教法人ではなく、カルト集団としての認定を持つ。
創価学会は信者数が多く、潜伏し、自らの犯罪実態を隠蔽し、その危険性ははオウム真理教にも勝るとも劣らない存在と言える。
「総体革命」の名の元に、健全な社会生活よりも、教義を優先、国家主要中枢や企業に進出し、社会秩序を破壊するテロ組織まがいの脱法的・非人道的活動を繰り広げている。
一刻も早い、司法的な対応、宗教法人としての再考が必要である。
そのためにも、国会での矢野元公明党委員長、池田大作創価学会名誉会長の尋問を強く求めたい。

清水由貴子さんには、早すぎる死を悼み心よりのご冥福をお祈りしたい。

[関連記事]
北野誠 辞してなお皮を残す、創価の延焼(バーニング)
「テレビの、これから」よりテレビのこれからは?
日本テレビ、真性集団ストーカー被害者報道か
YouTube 集団ストーカー被害映像集


Banner21 

ガスライティング、組織的ハラスメント、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない問題です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 情報操作 闇勢力 創価学会 マスゴミ 芸能界の闇 カルト 自殺 清水由貴子

北野誠 辞してなお皮を残す、創価の延焼(バーニング)

今回は憶測に支配される要素が大きいが、ネット上では大騒動になっている芸能界の問題を取り上げたい。
テレビでお馴染みのタレント北野誠氏がABCラジオ深夜番組「誠のサイキック青年団」(3月8日緊急打ち切り)で不適切な発言をしたとの理由により、芸能活動の無期限休止を発表し、全てのラジオ、テレビの番組を降板している。
日頃毒舌で勇名を馳せている同氏とはいえ、状況、真相が明るみにでない内に、手持ちの5本の出演レギュラー番組をすべて降板した状況は、どのように考えても異常である。

北野誠 タレント廃業危機!全レギュラー降板へ

4月13日には事態収集のための記者会見を行うが、明確な真相は依然不明のままである。

北野誠 名古屋のラジオ番組で涙の謝罪」

このように理由が明確にされない状況で、記者会見を開く事も異例である。

また、様々な憶測が渦巻く中、中傷や噂話、意見の誘導により真相をマスクする動きも有る。
芸能界は知られないまま多くの得たいの知れない団体が関与し、不可解な状態が発生することが常である。
これはテレビ、芸能業界に巣食う闇の力が猛威を振い、時折漏れ伝えられる事実や噂により、状況を推測するしかない現実がある。
多くのタレントの死にまつわる事件さえ不自然で、不可解なまま、葬られてきている。
突然死により世の中に大きな衝撃を与えた飯島愛さん、映画監督伊丹十三氏、ZARDボーカリスト坂井泉水さん、TBSアナウンサー川田亜子さん等創価学会の関与も疑われる事例は枚挙に暇がない。

この中でも飯島愛さんの死は在日朝鮮、創価学会、非合法団体、医療機関、官憲の関与が強く疑われた犯罪で、集団ストーカー犯罪の結果ではないかとの疑惑が持たれ、記憶にも未だに生々しく残る事件である。
疑惑に満ちた死去の原因、状況、報道には多くの情報が飛び交ったが、真相は不問に付され、事件性が否定された。
その死に対しての追加会見・報道が成されるという異例の状況からも如何に、疑惑が解明されていないかの証明となる。
いずれの事件も真相が不問に付され、真相は芸能界、マスコミの厚いベールに隠し続けられている。

今回の北野氏のケースは、既に巷では定説になっている創価学会への批判によるものと考える事が妥当と思われる。
吉本興業所属のタレント久元雅美氏の他の芸能界タレントへの折伏(入信の勧誘)を非難した為に松竹芸能株式会社との話し合いにより、休止に踏み切ったとの状況も伝えられている。
今までも、ウッチャンナンチャンの内村光良氏のように芸能界では創価学会の勧誘を批判したタレントが突然番組降板や出番を失い、失職したケースはしばしば発生していた。
今回の事件もこの状況に似ており、これはタレントの弱みに付け込んだ、創価学会員の熾烈な布教活動に対しての北野氏のコメントによる制裁だとの疑が持たれる事は必然的な流れである。
不確かな情報ではあるが、「ゴシップクリッピング!」の記事では次のようなコメントがある。

『「久本雅美さんが自分のコネで番組に共演させたタレントを創価学会にしつこく勧誘するのはおかしい」
創価学会Xデー ヤフーのコメントより。』

4月14日には落語家 桂ざこば氏が、朝日放送のラジオ番組『元気イチバン!!芦沢誠です』で「北野氏にエールを送り、その言葉にアナウンサーは反応をためらい、コメントに窮している処に、突然「バーニング!」と叫んだと伝えられている。

「バーニング!」桂ざこば ラジオで北野誠にエールも憶測呼ぶ不規則発言

この「バーニング!」発言が、またネット上で様々な憶測を呼び、騒動を引き起こしている。
しかし、これはバーニングプロダクションの圧力により北野氏が追われたとの見方に意見を導いているように感じられる。
発言の真意は不明だが、このことによりバーニングプロダクションとの関連が、クローズアップされた。
このバーニングの背後には山口会系の暴力団組織の関連付けがある。
従って、(在日朝鮮系の)暴力団組織、創価学会の関連なのかという方向での議論が繰り返されている。
いずれにせよ、闇の力が働いているとの見方につながることは事実である。

創価学会にとり、この爆弾発言による世論の誘導が成され、救われた形になる。
ネット上でも創価学会工作員と思われる人達、プロの書き込み集団がしきりにバーニング説に導く発言に終始し、創価学会の関与を否定する書き込みの大合唱である。
圧倒的な書き込み要員数で、不自然な意見が巻き起こりバーニング説の大合唱を煽るという状況である。

4月15日には、この事件は北野氏所属の松竹芸能と番組を放送した朝日放送が、日本音楽事業者協会(音事協)に退会届を提出・受理にまで事態が発展した。

北野誠さん不適切発言:松竹芸能が音事協退会

創価学会の実態は多くの政治家や芸能人の職を奪い、深刻な組織的な嫌がらせ行為を行い、社会的に抹殺、時には殺人犯罪に及ぶ恐怖に基づく活動を平常的に行うカルト団体である事はよく知られている事実である。
組織の為に金と権利を貪欲に追及し、宗教法人という名の下に税金を免除された政治団体、マルチまがいの宗教の本質に乖離する危険な団体である。
宗教法人の名の元に、多くの人々に手段を選ばない方法で勧誘、洗脳、脱会希望者には恐喝まがいの説得活動を行い、最終的に財産を収奪し続けるシステムである。

この様な自己中心的な活動のために周辺の人々に、不幸や災いを巻き知らし、巻き込む事が常習化しており、大きな社会問題となっている。
脱会者だけでなく、活動に邪魔な人間、全く縁もない第三者に組織的な嫌がらせを長年、何世代にも渡り実行し続ける。
このような実態が示すものは正常な宗教団体としての機能を外れた、異常な犯罪集団としての姿だけである。

芸能界でも不当に勧誘活動や力を笠に理不尽な威嚇活動を行い、侵食を続けている害悪が蔓延る。
北野氏がこのような執拗な勧誘活動の状況に対して、苦言を呈したことも、常人であれば当然の事であったかもしれない。
今回の事件も創価学会に席巻されたスポンサ-、事務所、放送制作側の組織が仕組んだ工作と考えるられるのではないだろうか。
芸能界、テレビ業界は上記の如く、闇連合勢力の巣窟と考えられており、口を噤むことでタレントや制作職での生き残りが必須とされている。
いかなる悪も覆い隠す体質からは、不健全な社会を醸成する体質が確立し、やがては闇勢力の温床となり一般的な社会正義を蝕む事は自明の理である。

いずれにしても、今回の騒動は創価学会や暴力団組織が展開している芸能界に深く根ざした活動に対しての弊害に対して疑惑の目が向けられ、その存在に気付かない人たちが目を向けた大きなエポックメーキングな出来事であったことは確かである。
真相の解明と創価学会、闇勢力の危険な実態を多くの人が認識する必要が有る。

北野誠氏に対しては芸能界への早期復帰を望み、声援を送りたい。

[YouTube: 「誠のサイキック青年団」涙の最終回 #01 (2009年03月08日放送)]



Banner21 

組織的ハラスメント集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的ハラスメント、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない問題です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
組織的ハラスメント集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー被害 創価学会 闇勢力 マスゴミ 暴力団 芸能界の闇 集団ストーカー 組織的ハラスメント 情報操作 北野誠

プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。