スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「矢野絢也さんより話を聞く会」一考

去る7月1日に民主党、国民新党の野党数名有志による矢野元公明党委員長から意見を聞くヒアリング会が開催された。
このヒアリングは公の場で創価学会の具体的な犯罪行為を明確提示しながら、その危険性、政治への浸食の与える深刻さを説明した非常に重要な内容であり、紹介したい。

矢野元委員長、公明党の政権参画意欲は 「税務調査がきっかけ」

「民主、国民新党など野党の有志議員は1日、矢野絢也元公明党委員長を国会内に招き「政治と宗教」問題についてヒアリングした。昨年6月に続いて2度目で、民主党の菅直人代表代行、石井一(はじめ)副代表、亀井静香国民新党代表代行ら約100人が参加した。」

過去に於いて矢野元公明党委員長の国会招致については、何回も企図されつつ実現していない。
この点からすれば、これは野党側が戦術的に与党、公明党にちらつかせるカードであるかのようにも見える。
しかし国政における問題の明確化、多くの疑念と不条理な原点、政界工作の疑問を払拭するため必要な事案である事は論を待たない。
矢野元公明党委員長の国会での質疑には参考人として、池田大作名誉会長の出頭は必要条件であり、創価・公明党にとっては死活問題であることは明白で、彼らは死に物狂いで阻止しなくてはならない用件である。
創価学会員は彼を守るように池田大作氏本人に言われているというが、これは教義の解釈以外の不思議な現象である。
まずは信仰、教義、信者が最優先の対象であるにも拘らず、自らを最優先で守護せよという指示には、門外漢からみれば理解し難く、胡散臭いモノ、カルト臭がしてならない。
国会への参考人招致は池田氏本人の指示の如く、まさに自らを守るべき必要性が自然発生的に存在していることを物語っている。
罪が無いと自負すれば、何から守られなければならないのであろうか。

創価学会・公明党の関係と活動は政教分離の原理から逸脱し、矢野氏の著書にも公明党議員、候補者は全て学会側で選出しているとの事実指摘がある。
この一点をとってみても十分に憲法、公職選挙法に抵触している。

今回のヒアリングの詳細は7月2日の産経新聞配信のデータ版ニュースに掲載されている。

矢野氏から話を聞く会(1)「土下座せいと言われた」

矢野氏から話を聞く会(2)「学会は曲がり角」

矢野氏から話を聞く会(3完)「公明党の焦りの裏返しが…」

矢野氏の所有していた国会議員後も含む40年間の記録である活動における詳細、メモである100冊にも及ぶ「黒い手帳」が2005年に創価学会OBにより持ち去られたことは周知の事実である。
この事件は二審の東京高裁では返還命令が創価学会に対して下され、矢野氏のヒアリングはその流れの中での一年ぶりの会合である。

この100冊の黒い手帳には公明党、創価学会、池田氏の言動、言論妨害事件に代表される多くの犯罪関与、内幕が暴露される詳細なメモ内容、証拠が記載されていると考えられる。
今回のヒアリングではこの内容について矢野氏は「随分まあ、ややこしいことがたくさん書いてある」と述べ、田中角栄元総理との関係、『三木おろし』、『40日抗争』等の問題、当時公明党は自民党と社会党の間に3番の勢力として存在し、両党から様々な提案、要求を持ちかけられ、「一種のクッション役みたいな、悪く言えばヌエ的とも言われたが、政界、いろんな場面でいろんなことがあった。」と詳細なそれらの状況が手帳には書き込まれ、党、学会の様々な問題についても、本人の言動、行為以上の内容についても多く記載されていると述べている。

矢野氏の手帳強奪事件の告訴は一審では敗訴、二審の東京高裁では勝訴により、それらの返却が求められており、菅直人民主党代表代行はこの会合で、この二審での状況に言及し、勝訴は証拠のテープレコーダー記録内容に創価学会側が内容を捏造、編集、部分的消去後に提出し、高裁は『これは捏造だ』と明確に判決中で認定していること、手帳の返却命令が出されていることを説明している。

資料、手帳の返還には矢野氏の評論活動に不可欠な要素であり、本人自らがこの会合で「1人の政治家として日本の政治の歴史は記録として残すべきとの義務関により現在過去の整理をしておる」と、その必要性について述べている。
東京高裁の逆転判決では『学会が関与』、『手帳強奪に』という状況が判決文に盛り込まれ、創価学会は明示的に、暗示的に関与をちらつかせながら、「私(矢野氏)を威迫したと、そういう趣旨の判決文になっておりますので、学会もこの手帳強奪についてはしらん、ということは言えない」と創価学会員OBが矢野邸に無理やり面会を強要し、有無を言わさずに脅し取る強奪の状況について説明している。
矢野氏はこの高裁の判決での資料、手帳の返還命令、強制執行も可能であるとの主文に基づき、弁護士経由で任意の返済を求めている。
しかし、創価学会の代理人弁護士からは返還要求に「『応ずる意思はありません』という内容証明による回答がきて、強制執行があった場合でも妨害することもいたしません」と明確に創価学会側が返還の意思がないことを説明している。
 「返すなという命令がどこかから出ているのかどっかへ持っていってしまっているのか、それは僕らには分からないことだが、まあ、いずれにしても法的な手続きでこれは返してもらうつもりだ。」とは言うが、これは池田大作氏の指示によることは明確である。
創価学会は手帳の所在を明確にし、返還に応ずる義務が有り、この反社会的な対応性は組織体質、実態を如実に示すものである。

このヒアリングで矢野氏は創価学会から執拗に脅迫を受け、提出の強要、青年部の尾行、監視行為を受けていたことを説明している。
矢野絢也氏は2008年5月に創価学会の退会届を出し、同月12日に創価学会に対して訴訟を起こし、2005年、創価学会青年部トップ5人より『評論家をまず辞めろ』、『委員長をやった人間が評論家をやるのはおかしい』とつるし上げのように、「極端な話『土下座せい』」と言われたと脅迫の実態を明かにしている。
そして、公明党OBによる4回の訪問により、「100冊の手帳をよこせ」と脅迫され、強要により「党本部で怒られて出直してきた。子供の使いではあるまいし」と言われて、彼らが手帳や資料を家宅捜査後に持ち帰った状況を克明に説明している。
聖教新聞、公明新聞には矢野氏の誹謗・中傷記事が掲載され、毎日、矢野氏及び家族に対する「堂々と10メートルくらい後から付いてくるというような、監視というより威嚇」状態での組織的な監視、尾行を受けていた。
このような状況こそ、我々集団ストーカー被害者の受けている創価学会員の毎日の執拗な被害と同等の悪質な監視尾行の犯罪行為の実態を示している。
矢野氏は監視尾行には証拠ビデオや写真で調査機関を使い、その実行犯個人の特定、氏名所属を割り出し、現在法廷に提出している最中であると述べている。
この青年部首脳による監視尾行である犯罪行為は言論妨害とともに現在告訴対象とのことでである。

さらに、創価学会からは矢野氏に対して多額の寄付の強要の事実が存在し、その状況については、「私が相当弱っただろうという状況で、『家を売って2億、3億の寄付をせよ』」と言われ、「青年部に私を攻撃させておいて、これをやめようと思ったら寄付した方がいい」と言われ、「恐喝まがいのやり方で、しかも『家を売れ』と。『その金を寄付せえ』と。『私の預金通帳も見せろ』」とまでも言われていたとの財産収奪体質の驚愕の犯罪行為の実態が説明されている。

矢野氏は昭和45年の言論妨害問題、国税調査、本山との争いに言及し矢野氏自身の犯罪的行為への関与、職権の利用には自嘲的に言及し、「いじめられてもと思ってそれから3年間、我慢した。沈黙を守ると思っていたが、状況はますますひどくなるばかり。このままでは日本の国もおかしくなってしまう」と創価学会への告訴の動機・理由を述べ、「学会自身もこんな暴走状態を続けていれば、どっかで衝突して、自壊自損事故を起こす。わたしにもつらいことなので腹の立つ気持ちもあるが国の将来にもかかわることだ」とし現在の姿勢を表明している。

この創価学会との闘争の結果として、他の学会員仲間である関係者について「私の前任者の竹入さんもまあ、よう、あの聖教新聞、公明新聞で(矢野、竹入両氏の悪口を)書いておられた」と状況が変化し、「告訴以来、最近では上品な宗教新聞に変わったようだ。」と監視尾行も「目で見る範ではどうも昔ほど、そんな目立つ感じはしない。」と状況が変化してきていることを説明しており、「やはりまちがったことに対しては戦わなくちゃならない」と決意の程を表している。

創価学会の置かれている状況については「30年、40年、学会とともにおり、言論妨害問題その他いろんなことを見てきたが、やはり今、創価学会・公明党はいい意味でも悪い意味でも曲がり角にきておると思っている」とその存在についての問題性を指摘している。
現在の学会運営に対しては「子供のときから創価学会の両親とともに暮らし」ている世間知らずの「純粋培養」、「子供のときからしみこんだ価値観が絶対である」信じている会員に委ねられ、社会との関わり「世間との接点」に問題があり、諸々の矢野氏に対しての態度がその表れであると述べている。

「束ねていらっしゃる池田大作名誉会長も私よりもご高齢」であり、「まさか未来永劫(えいごう)、仏さんのようにご存命というわけでもないだろうから」とし、「学会は転換期にさしかかっておる」、10年間の政権与党の一員としての公明党についても「公平に見れば、やや強引さが目立つような状況に今、なってきておる」と歪曲した体制について指摘している。
そしてそれは学会の焦りの裏返しで、その表れが、2008年の福田内閣末期から表面化し、創価学会・公明党の要望節度を超えた要求、「組織の都合、例えば都議選との関係と解散の時期とか、というようなことになっていくが、一体これ天下国家とどういうかかわりがあるかと。そういう組織の都合による注文が目立つような印象があります」とも言及し、政局対しての弊害化の状況を説明している。

冒頭で触れたカルト的な体質、池田大作氏の集権体制に関しては 「公明党の議員、私も含めてそうですけども、池田先生が師匠であると、われわれは弟子である」、「弟子は師匠のために命を投げ出してでも、仕えなくてはならない。」、「原点の指導は、この子弟の道、池田先生はお師匠さん、われわれは弟子。弟子として師匠のために命がけで戦う」、 「これが、われわれ学会員の原点であり」、「公明党の原点ということになると思う」と絶対的な関係による組織であることを説明している。
 「これだけ巨大な組織になると、もうお師匠さんの意思なのか、その周辺の意思なのか、とにかく一つの注文、組織防衛、あるいは宗教的価値観による政治への介入ということが行われておる」と池田大作氏の直接、間接的な政治への関与の実態を説明している。

創価学会は我々集団ストーカー加害対象者、邪魔者、敵対者に「仏敵」という言葉を設定している。
ヒアリングでは例として民主党議員等敵対者が『仏敵』と言われ、『自民党の亀井静香は仏敵である』との言い方が慣用的に使用された用語であること説明している。
創価学会は常に敵対者を作り出すことで勢力を拡大している組織であり、政治の面でも支配性を得るために、様々な工作、組織的に活動する。
仏敵」、「仏罰」は加害対象者、邪魔者、敵対者へのマーキングと憎悪の感情に転嫁した攻撃、その煽動による集中攻撃の戦術として有効なカルト的な方法である。
近隣者、通常のビジネスや政治活動における対抗者に対して憎悪心を操り、敵対視し、組織的に追い込む犯罪的工作を行う。
同様に、政教一致に関して「宗教的価値観、あるいは宗教的排他意識、あるいはそれを憎悪心にまで転換して選挙で対立候補をおとしめるということになると、これはやはりね、こういうことを私は政教一致というんではないかという気がするわけで、形の上での政教一致論も多々あると思うが、要するに宗教的価値観によって、つまり絶対的な価値観によって、本来相対的な価値観である政策、政治を支配していくと、それが私は一番恐ろしいことではないかという気がするわけだ」と述べ、創価学会の持つ反社会的な体質、カルト体質の思想により、政治も支配されるという実態、危険性を訴えている。

矢野氏は自分の果敢な活動については、「年寄りがしかもたった1人であんな大きな組織とけんかする」と述べ「日本のため、あるいは創価学会のまじめな会員のために私には責任がある、そんな偉そうな気持ちでやっておる」、「身の危険も予告するような話もたまにはある」と創価学会の組織的な脅迫の存在、「そういうことがあれば、もしそんなんがあったら、誰がやったというのはすぐ分かるわけで、陰でずっと小さくなって1人で殺されるよりは、これだけおおっぴらにやって殺された方が、これは死にかいもあるというもんだと思う」と命の保証にさえ言及し、その状況に際しても闘う決意、必要性を示している。
そして、これはまさに犯罪行為の実態を訴える我々集団ストーカー被害者の置かれてる状況でもある。

さらに、「沈黙を守ると思っていたが、状況はますますひどくなるばかり。このままでは日本の国もおかしくなってしまう」と現在の状況について憂慮している。
まさに、このような状況が我々の被害にも直結することになるが、創価学会やカルト勢力の拡大がいかに多くの人々の生命、財産、人権、幸福を脅かし、政治における浸食が恐怖をもたらすか知らされる。
国民は自らの力でこの厄災的な組織団体を排除し、自らを守る必要性が増したことを理解すべきである。
放置すれば、必ずそのツケは自らの身に降り掛かるだろう。
事実その結果が多くの社会、政治、司法、行政、経済での犯罪的な害悪を招いている。
このような状況について身を持って訴える姿勢を持つ矢野氏の活動を注視し、早期にヒアリング会ではなく国会に矢野氏を招致し、国政の闇の部分、創価学会問題を追及する場の実現を望みたい。

尚、このヒアリングでの矢野氏の発言内容については著書「黒い手帳 ~創価学会「日本占領計画」の全記録」にも述べられている。
是非、創価学会の持つ危険性、実態についての認識、今後の日本の蘇生についての思いを寄せる材料として、一読願いたい。



【関連記事】
「ニコニコ生放送」 ~犯罪情報の発信・表面化の手段
集団ストーカーについての生放送番組の企画
統一教会への司法介入劇
ダブル選挙、矢野元委員長招致と政局
揺れ動く政局とマスコミの攻勢
中川財務・金融相の辞任表明
永田元議員の訃報
マルチな団体が裁く前田議員
被害映像集

Banner21 

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 ガスライティング 政局 衆議院選 都議会議員選 仏敵 公明党

プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。