スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水由貴子さんのテクノロジー系被害

清水由貴子さんが死去され1ヵ月以上経過した。
先稿で、彼女の死が集団ストーカー被害者である事を紹介した。
HP 「AGSAS」、ニコニコ動画で紹介されている清水由貴子さん自身の肉声記録により、この被害内容については詳しく述べられている。
ここでさらに、HP 「きまぐれファイル」の中の「別室ブログ」6月4日の記事「追悼」として、テクノロジー系被害に言及する以下の内容が新しく投稿された。

---------- [引用] ----------
そんな事を考えながらファイルを拝見していましたが、その後「もしや」と思い自分の受信メールを探してみると、この日より約1年ほど経った2007年3月に、清水さんのお名前で一通だけ短いメールをいただいていた事がわかりました。
この時には集スト被害だけではなく「酷い電磁波被害や異常現象が起きている」と書かれています。
そしてサイトを読んで下さり「自分が体験している事の事実を確認する事が出来ました」という感想をいただきました。
集ストから始まり、次にそれが電磁波被害であることを知らされる・・・私と同じパターンであったような気がします。
--------- [引用終了] ---------

この記事の内容は管理人の方が2007年3月に受け取った受信メールを元に記述されている。
上記音声記録の10か月後のメールである。
その被害内容では狭義の意味での「集団ストーカー被害」(非テクノロジー系被害:註参照)ではなく、「電磁波被害や異常現象」と言う表現の「テクノロジー系被害」について言及している。
被害の具体的な内容については述べられていないが、音声記録で言及されている内容の付き纏い・待ち伏せ、その他嫌がらせ等非テクノロジー系に被害以外の身体的痛みの被害、異常現象を繰り返される被害も受けていたことが理解できる。

個人に対しての執拗で異常な加害行為が絶えず繰り返され、その特定ターゲット個人の社会的不適応、心身の病理、自殺(時には他殺)に追い込む悪質な行為である。
個々の加害行為が問題である事は無論であるが、加害行為によりトラウマ等の心理的な障害が作り込まれる。
また、加害は常時方法・内容、程度が変化する。
しかし、激しい執拗な加害工作によりそれら被害に対してのトラウマ状態が作られれば、その個人は一般的、社会的な加害行為では無い事象に対しても被害感を抱くことになり、安定した精神状態での社会生活が不能になる場合も多い。
例えば、車や航空機、パトカー等の少し大きな音、電車内での話声、マスクをした人物、社内の人事異動等にも過敏に被害感を受ける可能性が高くなる。
社会的には、このような被害状況を訴えても「統合失調症」とのレッテルを貼り、身内からは精神的な治療を強要される事も有りうる。
これが集団ストーカー犯罪の実に巧妙で悪質な工作の実態である。

清水由貴子さんも上記テクノロジー系被害者であることが判明し、多くの集団ストーカー被害者に共通する問題点が浮き彫りになった。
立場上一般に広くこの被害を訴えることができなかった彼女の無念さはいかばかりであったか。
加害者は、このような状況も加害工作に織り込み、身辺周囲に配置された工作員が巧みに加害を続け、最終的に死に追いやり、もしくは手を下すことにより事実はすべて死と共に葬られ、最後にその処理で隠蔽される。

通常一般的な個人が狙われるケースが多いいが、清水由貴子さんのように社会的に名前の知られた被害者も多数居られる。
職場や立場や人間関係上被害の表明が難しい被害者も多いことと思う。
PC、ネットワークアクセスが不可能な被害者の方も多く、ブログやHP等で被害状況を訴える個人は氷山の一角に過ぎない。

長年のテレビ、新聞、週刊誌等メジャーなメディア、司法関係者による被害実態の隠蔽情報操作にも関わらず、ネット上での犯罪事例のニュース、被害報告や被害者同士の情報交換により、被害の社会への表面化は各段に進みつつある状況である。
実際、集団ストーカー被害はあまねくネット市民には知れ渡り、その加害は創価学会である事は周知の事実となっている。
最近では矢野元公明党委員長の著作、創価学会員による詳細な告発により、犯罪・工作の存在が確定し、被害状況の実態が衆人の知る所となった。

上記のように、集団ストーカー犯罪は厳然として存在するが、筆者はその加害行為が単純に社会への認知、脅威として伝わることにも懸念を抱くものである。
加害実態全体の解明無しには、このような被害者のネット上の断片的な情報の集成に基づく、告知で終了させることは、寧ろ犯罪行為が一種のプロパガンダとして、返って社会不安を煽る暗黙の脅迫要素に利用されることにもなりかねない。

清水由貴子さんの死には様々な疑惑が残されているが、司法当局、マスコミはこの事件を終了した自殺として葬る。
他にも多くの被害者、不審死を遂げている被害者、潜在被害者が存在する以上社会はこの問題を正面から捉える必要に迫られている。
創価学会を首謀・実行犯とする犯罪行為は公明党が政権与党に位置した時点から激化したと言われている。司法機関には公明党からの多額の予算誘導がなされ、警察官の増員、OBの採用、防犯ネットワークの拡張等のテコ入れで強化される。

公明新聞: 2005年1月24日 『「安心して暮らせる地域」に

法務委員長ポストの40年以上に渡る独占、司法の場への創価大学卒業生の送りこみ工作も着々と進行している。
犯罪主体である創価学会が犯罪を犯し、その隠蔽、捜査を担当当局が行う図式が明確に浮かび上がる構造である。

国会では、選挙での票の行方や党利・党略から議員諸氏にも政治問題として取り上げることが回避されている。
しかし、国政上の諸問題以上にこの犯罪を抑止する手だてを講じない限り、犠牲者は後を絶たない。
犠牲はさらに関係者にを脅威を与え、利権と票の罠により及び腰にしなる。
このような状況下での所謂、社会正義の欠如はさらなる悪循環を引き起こす。
凶悪犯罪の発生、自殺者の増加、引きこもり等典型的な社会不安を増大させ、それら監視、抑制の為の投資、組織が拡大する。

この集団ストーカー問題は公明党による骨抜きのストーカー規制法案により、ほとんど黙認状態であり、被害についての対応着手が早急に必要である。
この犯罪が「不安産業」、「工作産業」としてでも存続させたいのか、政略のツールとしての存続を望むものなのか、インフラとして必要、あるいは議員諸氏にも及ぶ被害・脅迫、加担の事実により及び腰なのであろうか。
かくして負のサイクルは循環し、カルトに席巻された巨大なシステムとして「総体革命」なる妄想に基づく構想は妄想の域を超え現実に成立している。

永田元議員、故朝木東村山市議も集団ストーカー被害者だった事は広く知られており、その他多くの不審死を遂げた議員も同様の被害を与えられると考えられる。

衆議院議員選挙、都議会議員選挙を控え、この被害の訴えが国政に反映されることを強く望むものである。
与野党伯仲の選挙戦において、政教一致の公明党の今後の存在は大きな争点とし、是非有権者の方々には聡明な政権選択を希望したい。



【註】
一般的に「集団ストーカー」犯罪被害は非テクノロジー系とテクノロジー系の両者の被害を総称として使用している。

一般的な集団ストーカー加害方法として非テクノロジー系被害は、組織的な大人数の異常行動による被害が自分を中心に展開する。
例えば、付き纏い、待ち伏せ、騒音、光の点滅・照射、仄めかし、家宅侵入、窃盗、器物破損、人間関係破壊、職場の嫌がらせ・職の剥奪、ネット被害等による人的、社会的な被害を指す。
テクノロジー系被害とは一般的に知られていない技術を使用した被害であり、場所により、加害者、(方法)が特定できることもあるが、多くは特定不能な場合が多い被害を指す。
被害としては、身体的な様々な痛みや異常・疾患、精神的な不安、圧迫感・病理、思考盗聴、音声送信等の内容である。
この被害は証拠、因果関係が定量的記録・報告に困難が伴い、加害行為の方法、場所、加害者の特定、立証が難しく、また直接的に被害者の身体及び精神に害を与える為により悪質な犯罪行為であると言える。

【関連記事】
清水由貴子さん 死の重いメッセージ
郵便配達による集団ストーカー被害映像
忌野清志郎さん 逝く
北野誠 辞してなお皮を残す、創価の延焼(バーニング)
永田元議員の訃報
被害映像集


Banner21 

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 情報操作 清水由貴子 永田元議員 カルト テクノロジー被害 電磁波 ガスライティング

「バックする車」による集団ストーカー被害映像

現在、被害映像を集中的に、YouTubeに投稿している。
これは、集団ストーカー被害の映像をまとめて投稿する事により、組織的な嫌がらせ犯罪が企図され、被害者が追い詰められる様子を体系的に、類型化される被害として把握、理解して頂くことが重要と考えたからである。
また、手持ちの映像記録が家宅侵入等による消失、盗難に遭う前に社会に晒す必要があるという切なる思いからでもある。
事実、多くの被害者の方がPCの破損や過去の重要な加害の事実の記録を奪われ証言能力を削がれている現実があり、筆者も何度か家宅侵入の形跡を残されているからである。
筆者の今までのYouTubeの画像、ブログでは主に、ローテクノロジー系の被害を報告している。
明確に記録として残し、社会的に証言性の高い内容、現実的に説明できる被害内容の報告を目的としているからであり、ハイテクノロジー系の被害を隠蔽するものであるという一部の見識を欠く発言のようなつもりでも、ハイテクノロジー系の被害の事実を否定する意図でもない。
実際筆者もそのようなハイテクノロジー系被害者の一人である。

集団ストーカーガスライティング被害は、昨今広く世の中に知られるようになった。
清水由貴子さんの死とその肉声による被害の訴えが社会に与えた影響は計り知れない物がある。
彼女の死を無駄にしないためにも、筆者は被害の映像証拠を早急に世の中に発表し、犯罪の存在、手口、組織犯罪を社会科学的に解明する材料を公開、提供する義務があると考えている。
過去に発表した一連の被害記録も含め、これら映像記録は犯罪解明の現場のプロ、犯罪行動学や人間行動学を研究する人達にとれば、その心理的状況、行動の状況を的確に判断頂けるものと考えている。
これら映像では被害を受けていない一般的な方でも理解できると思われる典型的な加害行動の特集にしている。

前置きが長くなったが、今回はバックする車を使用した集団ストーカー被害映像の記録である。
車がバックするという光景は特別珍しい行為ではなく通常目にする光景である。
しかし、一般の方にも歩行中その極近傍、車の直前を通りかかると急に目の前で車が方向転換する状況や、車庫入れのためにバックし始めるという状況にはあまり直面しないだろう。
その所要時間は僅か数秒の行為である。
仮にそのような状況が発生しても遠方から確認するであるとか、一ヶ月に数度、駅前や駐車場でそのような行動は目にするかもしれないが、それにしても僅か数歩先の直前でそのような行為に接することはない。
この映像集に見られるように一日に何回も、連続して閑静な住宅地で、そのような場面を探す方が困難である。
被害映像ではなんと1日の数分間の間に3回もの頻度で、まさに目の前でバックする光景に遭遇する状況が記録されている。
これらが偶然の場面だということは不可能であり、意図的と考えるほうが自然である。

他の映像でも同様であるが、加害者団体はこのような偶然を装うストレスを一個人に対して包囲網を形成し、繰り返すのである。
映像では、その車両の運転者、車両だけでなく複数の工作員が、同じ時間に集中的に現れ被害者を取り巻き、ストレスを与える様子が良く理解できるであろう。
特に自転車は加害者団体が頻繁に使用する手段である。
他に十分スペースがあるにもかかわらず、また歩行者に対しての危険を回避する様子も見せず突進してくる。
バイクや車両が通りざまにアクセルを前回して騒音を立てることも同様の目的である。
この突進して、被害者にたいしてストレスを与える方法は加害ターゲットであるとの認識を深める効果もある。
加害者は漫然と走行や接近するということはせずに、絶えず被害者に対しての加害行為であることを意識させる行動を取る。
特に被害初期においてのような行動は、より目立つ行動で大量の人員を動員して行なわれる。
すべての現象が特定の個人に向かい行なわれているように思わせることにより、それら行為に対して敏感になり、加害者以外の行動や事象も被害であるかのように警戒する。
また、被害感が増大するように、一般的には知られていないハイテクノロジー技術要素を使用し、被害感を強めることや加害を行なう場合も多い。

この映像でも他の映像集でも見られるように、多数の加害者が集中して加害の現場、特定の場所に現れ、被害感を与えた後は潮が引くように加害者達は去り、静まるという光景が繰り広げられることを確認されるだろう。
今回の被害映像の部隊はほとんどが拙宅近隣の場所での記録であるが、このような光景はどこの場所に行っても可能な状況にセットされており、加害者、加担者、疑似的加担者の人員ネットワークが構築されている。

このように、集団ストーカー加害者は常にターゲット被害者の行動状況、行動範囲を把握し、日常的な営みを、動作を巧みに利用し、被害者には意味を持つように仕立てられており、執拗に刺激を与え続ける所謂アンカリング(件付け)といわれる心理的な刷り込みにより、被害感、恐怖感を誘起する犯罪である。
この被害記録は社会的に犯罪を行なう加害ネットワーク網が完備され、常に動作し続ける状況を示す証拠となる。
加害意図を持ち、直接的に手を下す事になしに、個人を組織的に攻撃し続ける悪意の存在、「総体革命」と称し、日本の佇まいを変えていくためにこの集団ストーキングの加害ネットワークが使用される。
カルトが蔓延し、いたるところに創価の手が伸びている状況では、犠牲者を作り出し、その人権を利用した犯罪行為に駆り立てる事により、そのシステムを維持し、活用する闇の手口である。
しかしこの問題は被害者だけの問題ではなく、放置すれば犯罪組織は肥大し、その行為は拡大し、いずれはより大きな災禍となり、深刻な状況を多くの国民に与えることだろう。

[YouTube: 集団ストーカー被害映像(10) バックする車]


【関連記事】
清水由貴子さん 死の重いメッセージ
郵便配達による集団ストーカー被害映像
ゴミ収集被害映像とその犯罪システム
被害映像、 YouTubeへのup(5)
被害映像、 YouTubeへのup(4)
被害映像、 YouTubeへのup(3)
被害映像、 YouTubeへのup(2) 
被害映像、 YouTubeへのup
被害映像集

Banner21 

ガスライティング組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

4月20に他界された元タレント清水由貴子さんも集団ストーカー被害に遭われており、肉声による被害を訴えた記録が残されています。
組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 集団ストーカー被害 創価学会 集団ストーカー認知・撲滅 ガスライティング 組織的嫌がらせ 待ち伏せ 付き纏い バックする車 清水由貴子

郵便配達による集団ストーカー被害映像

世の中には創価企業と呼ばれる企業が多数存在する。
それらの企業の中のスーパーマーケットや大手の家電量販店に行くと、盛大な付き纏いやアンカリング(心理的条件付け)攻撃を受ける場合がある。
売り場の角に差し掛かると店員が突然現れ、スーパーマーケットではバックヤードから人が出て来る。
例えば、イトーヨーカ堂、ヤマダ電気等でこの傾向が強く、被害感が甚大である。
目の前で大きな音で商品の並べ替え、掃除を始める。
欲しい商品は全て欠品、購入した商品が不良品等々の不思議な状態がある。

同様に、トラック便、運送関係の集団ストーカー被害も多い。
多数の被害者の方が指摘する通りクロネコ、佐川、日通、福山通運等の企業はシェアも大きく、加害者、加担者、疑似的加担者の人員ネットワークが充実しているようである。
運送会社のネットワークに業務的に集団ストーカー犯罪が組み込まれているのか、集団ストーカー加害を行う人間が行っているのかは不明であるが、行く先々で待ち伏せや付きまとい、ノイズキャンペーンを繰り返す様は企業の信頼度を失墜させるに十分な資質を持つ。
筆者も住宅地の駐車場で各段に大きな音で集荷作業やドアの開閉を行う作業員に対しての自粛を願うクレームをクロネコや日通のサービスセンターに何度かした。
結果として、自宅近傍での上記社のドア閉めに関するノイズは低減した。
しかし、付き纏い待ち伏せ、近隣以外の ノイズキャンペーンは相変わらずである。
そのような状況下で、日本郵便(JP)の作業員の加害行為も特筆に値するほど多い。

先日他界した清水由貴子さんもその肉声による会話の記録中にも「郵便屋さん」の付き纏い待ち伏せ被害に言及しているように、日本郵便の配達作業とそのネットワーク網を使用した配達用車両、バイクの加害行為は目に余る程の回数である。
5月14日にこのような郵便配達の被害映像の状況をYouTubeに投稿した。
郵便配達の作業員を目撃することは日常ではあると思うが、自分のいる場所の近くに郵便局がない場合その回数はその頻度は少ない筈である。
ましてや作業員が自分の身辺近くに来て、作業をすることはまず稀であろう。
仮にひと月という範囲で見れば、配達員やその車両に遭遇することは、ほとんど数えるほどの回数と考えられる。
ましてや配達車のドアや配達バイクのキャリアボックスの蓋の開閉は数秒程度の所要時間であり、自分の位置の半径5m以内にその情景の遭遇は皆無であると考えるのが妥当であろう。
ところが集団ストーカー被害の顕在化以降日本郵便の車両への遭遇や作業員の作業、ドアやエンジン音に接する機会が非常に多い。
一日に2度・3度、続けざまに遭遇するというケースもある。
自宅や訪問する場所近傍にポストや集荷場所があるというわけでもないが、映像をご覧頂ければお分かりになるが、待ち伏せての作業や騒音を浴びせるように通過する状況を作り出している。
このように、作業員や車両に付き纏われるように遭遇する状況は被害顕在化以前には皆無な状況である。
同様に、集団ストーカー被害顕在化以来、パトカー、ヘリコプター等航空機、救急車、消防者等にも頻繁に遭遇するようになった。

過去には創価学会員の書簡等郵便物の盗み見等の犯罪が報告されている等、国民の通信内容を監視する性癖のある集団であり、その組織的な関与であればこのような加害、加害加担、加害に見せかける工作も可能かと考える。
民営化に伴い、この性向が加速したとも考え難く、常習的に国民を監視、疑似監視状態を形成するシステムが組織的に構築されて来たと考える方が自然である。
トラック便等の地域や個人情報、通信、配達網を駆使した人権侵害システムが構築されているように、日本郵便にも同類の組織、手段が存在し、監視・嫌がらせを意図的に続ける巨大なシステムが構成されていることをここに被害者が証言していることを社会は認識しなくてはならない。
郵政事業が作り出したインフラ、組織、システム、手段を利用した潜在的な監視・加害要因は一般国民全員の身に迫る問題として理解する方が良いだろう。

[YouTube: 集団ストーカー被害映像集(9) 郵便配達]


【関連記事】
清水由貴子さん 死の重いメッセージ
ゴミ収集被害映像とその犯罪システム
被害映像、 YouTubeへのup(5)
被害映像、 YouTubeへのup(4)
被害映像、 YouTubeへのup(3)
被害映像、 YouTubeへのup(2) 
被害映像、 YouTubeへのup
被害映像集

Banner21 

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

4月20に他界された元タレント清水由貴子さんも集団ストーカー被害に遭われており、肉声による被害を訴えた記録が残されています。
組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 集団ストーカー被害 創価学会 ガスライティング 待ち伏せ 付き纏い ノイズキャンペーン 清水由貴子

清水由貴子さん 死の重いメッセージ

4月22日に元タレント清水由貴子さん(49)の死が報じられた。
しかし、実際のテレビ報道は後述の国を挙げての大騒動により、その数日後である。
この死については21日午後、看護の疲れから、その看護の対象である親御さんと静岡県小山町の富士霊園で発見され、自ら死を選択の可能性を伝えられていた。

元タレント・清水 由貴子さん死亡 死因は硫化水素中毒 近くで遺書発見、自殺

しかし、妹の良子さん(42)はその前の様子を次のように説明し、自殺との状況説明には驚きを隠していない。

清水由貴子さんの妹 まさかの自殺に憔悴… [スポニチ 2009年04月23日]

自殺前の様子について妹の良子さんに聞くと、今月18日に家族3人で食事をした際に清水さんが父の墓参を提案したという。良子さんは都合が悪く行けないと話すと、母親(84)と2人で「日帰りで行ってくる」とほほ笑んだ。そんな姉の姿から自殺を図るとは到底考えられなかった良子さんは、あまりのショックに憔悴(しょうすい)しきっている状態。」

本日webサイト「ガスライティング犯罪ネットワーク告発サイトAGSAS」の管理人戸崎氏の清水由貴子さんとの会話が収められた「にこにこ動画」への音声資料を聞いた。
そして、清水由貴子さんが受けている被害は我々ガスライティング、集団ストーカー加害者の受けている被害状況、加害方法が同様の物であることを理解した。

「清水由貴子さんが訴えていた真実」


これは、同サイトの管理の方が2009年4月25日付で公開した2006年5月30日に日比谷公園内での清水由貴子さん本人との会話記録であり、その音声ファイルには、次のようなメッセージが添えられている。

---------------[引用]
ガスライティング犯罪ネットワーク告発サイトAGSASに2009年4月25日付で公開された清水由貴子さん本人の肉声を含んだ会話の音声です。以下AGSASからの引用文↓(清水由貴子さんが、私の提起した民事訴訟の傍聴にいらした際、語られた真実の音声記録です。)(由貴子さんは、私の訴える手口と同じ執拗な迷惑行為等に遭われていることと、その心当たりについてお話をされました。)(由貴子さんが訴えられていたのは、報道されているような介護疲れではありません。)
---------------[引用終了]

この肉声による音声記録の内容はガスライティング被害を、日常的に受け続けている様子が確実に伝えられており、実に衝撃的である。
郵便配達員、防犯パトロール、パトカー、ヘリ、特異な様相の人物等の執拗な付き纏い、覗き、盗聴、宿泊先での嫌がらせ...
そして、その内容に創価学会との関連性も伝える下りがあり、創価学会への入信を拒否し続けた姿勢が語られている。
従って、この死が自殺とすることも大いに疑問である。
仮に自殺とする場合には、その真の理由、犯罪の実態、経緯を究明する必要がある。

先稿の北野誠氏降板についての記事でも触れたが、日頃目にする多くの番組に出演している芸能人の方がこのように創価学会の入信への勧誘(折伏)を拒否・非難し、その報復、被害を招く状態を説明させて頂いた。
芸能界で生活している、人達は目に見えない、伝えることのできない異常な特殊な環境に生きていると考えられる。
一人で身を守る必要性、自らの生活に脅威を感じながら、カルトや暴力団組織の圧力下にある制作側、スポンサーの意向に支配されるケースが多い上に、その被害状況の告発も難しく、隠蔽や情報操作が横行し、このような闇の力が支配する温床と成り易い状況である。
事実、多くの創価学会・暴力団組織関連のニュースは芸能界に限らず、容易に真実が表面化せずに闇に葬られて来た。

清水由貴子さんのケースも、やはりマスコミでは真相が伝えられずにすぐさま隠蔽され、真実の情報はネットから発信された。
今回の状況は集団ストーカー犯罪を被害者自ら語り、それが紛れもない事実であること、創価学会の関与が疑われること等の大きな社会問題を投げかけている。

清水由貴子さん死の問題の一方で、4月23日未明に発生したジャニーズ事務所所属のSMAPメンバー 草なぎ剛(草薙剛、チョナン カン)氏の赤坂自宅近くの公園での公然猥問題がマスコミを賑わせていた。
同氏も創価学会員と伝えられているが、同じ時期に問題が発生し、報道がこのニュース一辺倒に集中した。

【SMAP草なぎ逮捕】1人で全裸、「裸になって何が悪い [産経ニュース 2009年4月23日]

しかし清水由貴子さんの死は非常に静かに母親の看護の疲れから自殺と伝えられただけだった。
草薙問題はこの創価学会というキーワードや鳩山総務相さえ発言を加える一大騒動の話題にはなったが、猥褻罪容疑者が一夜明ければ、敬称付きのむしろ被害者としてのイメージ演出につながる一連の報道として伝えられ、鎮静化したと謂う妙な印象を受けた。
また、同氏は韓国語に長けており、この件は韓国メディアにも大々的に報じられ恰好の標的とされている点も気になる。
この時期に不可解な創価学会関連のさしたる問題でもない猥褻問題を大々的に、演出する状況は不可解極まりなく思われた。
通常の創価の行動パターンからすれば、この軽度な犯罪行動とそのニュースを揉み消すことは容易な筈だった。
今回は実害の無い一時の祭り騒ぎを演出し、結果的に清水由貴子さんの死はこの意図的とも思える茶番の影に掻き消され、テレビではひっそりと報道され、未だに大きな話題にはしていない。
これは官憲、マスコミ、関係者を総動員した創価の集団的な犯罪行為、死に至る真相のマスキングであると考えるべきであることが窺える。
今回の音声資料の公開により、全てが明確に理解できる。
創価にとって一番恐れている犯罪の断片の一つが衆目に晒された。
さらに、官憲、ヘリ、郵便配達、防犯パトロールに至る加害工作システムの一端が露見した。
司法当局はこのような集団ストーカー犯罪についての証言に対しての反駁や今までのような調査の拒否理由をさらに見つけることが可能あろうか。
因みに、ここで要点となる警察OB採用、防犯パトロールの強化、警察予算執行には公明党の力による所が大きいことは周知の事実である。

この件に至るまでも、芸能界では何人もの人間が死を遂げ、生活、人権、将来や名誉を踏みにじられたことか。
相次ぐ犠牲者が続出する現状、被害の数々をこのまま放置すべきではない。
常に、創価学会の犯罪が表面化せず触れられないまま司法の場から遠ざける事により、深刻な人権の侵害・破壊が止め処もなく連鎖的に大きな悪を生み、やがては国家を決定的に破壊する存在となる。

被害の実態は単なる嫌がらせや行動の妨害等と言う生易しい状況ではなく、今や人権を破壊、加害行為を繰り返す宗教の範疇を超えた異様な暴力的な犯罪集団としての性格を露骨に伝えている。
他の先進諸国では創価学会は宗教法人ではなく、カルト集団としての認定を持つ。
創価学会は信者数が多く、潜伏し、自らの犯罪実態を隠蔽し、その危険性ははオウム真理教にも勝るとも劣らない存在と言える。
「総体革命」の名の元に、健全な社会生活よりも、教義を優先、国家主要中枢や企業に進出し、社会秩序を破壊するテロ組織まがいの脱法的・非人道的活動を繰り広げている。
一刻も早い、司法的な対応、宗教法人としての再考が必要である。
そのためにも、国会での矢野元公明党委員長、池田大作創価学会名誉会長の尋問を強く求めたい。

清水由貴子さんには、早すぎる死を悼み心よりのご冥福をお祈りしたい。

[関連記事]
北野誠 辞してなお皮を残す、創価の延焼(バーニング)
「テレビの、これから」よりテレビのこれからは?
日本テレビ、真性集団ストーカー被害者報道か
YouTube 集団ストーカー被害映像集


Banner21 

ガスライティング、組織的ハラスメント、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない問題です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 情報操作 闇勢力 創価学会 マスゴミ 芸能界の闇 カルト 自殺 清水由貴子

プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。