スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本テレビ、真性集団ストーカー被害者報道か

日本テレビで、遅発性統合失調症についての番組が報道されている。
筆者は、今月5日にNEWS ZEROで放送された特集を見たが、読者の方からの知らせで19日には夕方の報道番組NEWS リアルタイムでも遅発性統合失調症についての番組が放送された事を知った。
このNEWS ZEROの報道は、非常に忌々しき内容であり、集団ストーカー被害についての情報隠蔽、事実歪曲そのものであり、到底納得できるものではない。

NEWS ZEROでの内容は、子育ての終了した一人暮らしの67歳の女性が、周囲の人間から付き纏われ、身体にも痛みが発生する被害を訴え、殺害されると言う脅迫観念から、それら周囲に纏わり付く人間達の写真を撮影し続ける。
彼女は常時、盗聴・盗撮による監視に晒され、相対する人には常に筆談による会話を求める。
娘から相談されたカウンセラーは放置する事は、犯罪に繋がるとの意見により遅発性統合失調症と断定し、精神病院通院する事を了承させると云う内容である。

私も被害者の一人であるが、状況は正にこの報道された内容に酷似している。
監視、盗撮・盗聴、不可解な身体の痛み、付き纏い・待ち伏せ等々枚挙に暇の無い被害は日々連続して絶えることがない。
この報道がフィクションによるものか否かは不明であるが、犯罪被害の隠蔽や曲解を招くに十分な内容と演出であり、犯罪についての存在の否定を誘導する悪質極まりない報道である。

集団ストーカー犯罪は、直面した者にしか理解できないような内容の犯罪の範疇に属さないと思われる行為により、加害行為を何度も繰り返すことにより発生する心理的、身体的な消耗、障害を意図した、組織的な犯罪である。
また、普通の人間が聞かされたら、やはり精神状態を疑うような常軌を逸した加害行為により、その加害証言の正当性、存在の可能性を奪う。
結果的に統合失調症のレッテルや自殺、社会的不適合を誘発させることにより、犯罪の立証能力を完全に剥奪する。

このニュースに登場したようなネット情報にアクセス不能な被害者は、自己に発生している日常的に目の前で繰り広げられる異常な世界を目の当たりにして、何が我が身に降り掛かったものかを理解する間もなく社会的不適合者と認定され、精神的な病理であるとされる可能性が高い。
仮に、軽度に鬱病とされても薬剤の投与により、さらに悪化や統合失調症への誘導が図られる可能性も大きい。

この状況は社会に集団ストーカー被害者が増加したこと、有識者を含め社会的に「集団ストーカー」と言われる犯罪が認知されつつある状態に対しての加害者側の焦燥による報道宣伝の強化に伴う流れと考えられる。

この報道の許せない事は、被害を訴える健常者である集団ストーカーターゲット被害者の可能性が大きいにも拘らず、何の医学的、科学的及び社会的検証も行わずに、病理認定を行い、完全に人格崩壊に至らしめるプロセスを加速、幇助する可能性が大きい事である。
この一連の報道は単なる事実の隠蔽だけではなく、社会に対しての誤りに満ちた虚偽の訴えを繰り返し行う犯罪加担的な意図、捏造である。
集団ストーカー被害を知らない多くの人達は、この番組を見て集団ストーカーにより発生する同内容の訴えやその説明をする人間を信用しないばかりか、無条件に否定に走る事になるだろう。
この番組を拠り所に、被害者の官憲や司法に対しての訴えに却下を促す目的も見て取れる。
常々、マスコミは集団ストーカー犯罪の報道を行わないと繰り返し、投稿しているが、今は逆に、事実の歪曲、隠蔽に躍起になる報道の犯罪性に対して触れる必要が出てきたという事が大きな問題である。

ただ、このような内容の放送が繰り返し行われる事は、もはや犯罪の規模が広大であり、否定を強行する必要性が発生したことによるものと思われる。
もしくは、早々に犯罪を隠蔽、火消し工作をする必要が発生したものか。
しかし、結果的にこのような誇大報道により、今後議論が飛躍的に拡大することが考えられる。

尚、日本テレビは過去に以下の内容で「遅発性統合失調症」について報道している。
(内容については、検索した番組内容紹介を参照。)

[2009年2月19日] NEWS リアルタイム
『特集: 急増する深刻な相談“電磁波が私を狙う”密着!精神を病む母親 家族の苦悩』

リアル特集/“電磁波が私を狙う…”遅発性統合失調症という病
遅発性統合失調症番組の密着取材を受けていた精神保健事務所の男性が、この病を患っている疑いのある女性を診ていた。
この症状は10代後半から20代後半に発病する「総合失調症」の遅発性の症状だという。40代以降に発病し、妄想を主体で近隣トラブルを起こすケースも多いとのこと。

[2009年2月5日] NEWS ZERO
『特集: 母が突然妄想を訴え異常行動…“盗聴され殺される”家族に試練… 入院説得 今急増する遅発性統合失調症とは』

夫と離婚あるいは死別し、子どもたちは成長して家を出てしまった。孤独を抱える母親におそいかかるのは、「殺される」という被害妄想だった。

[2008年7月28日] NEWS リアルタイム
『特集: 相談急増“ウチの母が迷惑おばさんに…”40代以上の女性にナゼ』

[2008年6月24日] NEWS ZERO
『特集: 相談急増 母が迷惑おばさんに…“親の妄想”子も驚く病気の正体』

妄想や幻覚、幻聴にとりつかれ、変わってしまった母親…。理由や原因がわからずに、苦しむ子供たち。


「私は誰かに殺される」 集団ストーカーの報道映像#1



「私は誰かに殺される」 集団ストーカーの報道映像#2

【初期/最近の関連記事】
最近の被害状況について
創価学会の関与の事実
被害について


Banner21 
集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、集団ストーカー犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

スポンサーサイト

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 反日 創価 マスゴミ 統合失調症 情報操作 偏向報道 事実隠蔽

就業の場、雇用・経済危機

百年に一度の経済危機と言われている。
就業の場が失われ、多くの集団ストーカー被害者は経済的に困窮しており、私も例外ではなく、現在求職活動の真只中である。

集団ストーカー工作により、ただでさえ就業の場を得るのに苦労する状態で、この経済危機はさらに追い打ちをかける。
そして、求職活動中も多くの被害に遭遇する。
ハローワークに失業保険の手続きに行けば、待ち構えていたように求職者の中にも、職員の中にも仄めかしやら、不自然な動作、ノイズキャンペーンを執拗に繰り返す輩が紛れている。
ヘッドハンターに呼び出され、その打ち合わせに出掛ければ、その道中、交通機関には加害者工作員が待ち構えている。
通勤時に比較すれば物の数は減少しており、これ見よがしな愚行も少なく見える。
しかし、人込みの中では歩行を邪魔するような状況で入れ替わり立ち替わり妙な動きを伴う加害者が湧くように寄ってくる。
携帯電話をかざして待ち受ける人物の数は非常に多い、これも容易な集団ストーカー方法である。
しかし、これを集団ストーカー加害行為と呼ぶのはかなり無理がある。
誰もが携帯電話を使用するこのご時世で、集団ストーカーのアンカリングのために携帯を振り回しても被害感は湧いてこない。

移動中の体の痛みは電車の中で時々発生する。
車両が通過する路線付帯設備に、人体攻撃の加害のために装置でも準備されているのではないかと思えるような場合がある。
電車の席に座れる場合、半年前に比べれば随分減少したが、電車の通過場所により指で抓った後のような痛みが腰のあたりに発生することも時々ある。
また、電車で座った席の床が微振動をしていて、その状態がしばらく続き、気付くと2~3時間は通常状態に復帰しない痺れ感を脹脛に植えつけられる経験をした。
これは西武池袋線の上り電車での出来事である。

就職活動の中では書類選考でパスするケースが非常に減少している。
面接に漕ぎ着けた場合でも、面接官が非常に奇妙なQ&Aで対応する。
指定された面接の場に赴けば、何をしに来たかと言わんばかりの場違いな雰囲気を作り出し面接の体をなさない様な企業も有った。
また、面接でのQ&Aでもほぼ問題のない答えをしているのであるが、以前勤めていたいくつかの企業の上司や業務内容を、あらかじめ調査したのか、あるいはそれを知って居る人物の存在する企業が私を選考したのか、それらの過去の勤務環境・内容を説明され、最後にそれらの企業で創価上司に言われた説教と同じ内容での仄めかし的な発言が付け加えられたこともある。

私が知る多くの被害者の方は非常に高い能力を有し、才覚を発揮されていたと思われる方々が多い。
その逸材振りが故にターゲット被害者指定が成されたのではないかとの考えさえ持つこともある。
もし、通常の雇用機会を与えられれば、その職場において存分に能力を活用できる方達である。
雇用の場を追われ、不条理極まりない不公正な収入の立場に置かれている現状をどのように社会に訴えれば良いだろうか。
就労の機会・範囲を恣意的に狭め、追い遣る加害については許し難い人権侵害の犯罪である。
根本的にいわれのない経済的困窮や生活環境への不適応、将来の足場や希望を喪失させる悪辣なこの問題はどのように、訴求すべきか。

さて、雇用を巡っては、昨今マスコミではセイフティラインの未整備、非正規雇用、契約社員型の雇用に対しての保証策の必要性についての合唱を繰り返している。
伝えるべき就労吸収力を破綻に追いやる本質的内容を隠蔽し、且つその公正な議論の場を消失させておきながら、人道的な立場を繕うマスコミの意見や議論はとてもまともな方向へ国民を導く姿勢を助ける者の仕事場とは思えない。
茶番のニュースとそれ基づく、視点を欠く異常なマクロ経済対策の話に終始している。
公明党の扇動による定額給付金の問題さえも正しく批判もせずに、政治闘争の場を盛り上げる茶坊主然の姿勢でもある。
経済的処方箋としては無力な一時金のための予算を通そうという政治力学のバランスは到底理解し難いものがある。

政界はこの経済危機を乗り越えようとするマクロの具体的政策さえ立案・実行できないほど、魑魅魍魎(= 闇勢力)に席巻されていのだろうか。
雇用の創出を図る積極的な意見から出発して国を活性化する方法とはという、見通しの良い即効性を持つ足元の議論がなされないことに失望している。

私はこの経済危機と米国のオバマ政権への移行に伴い、日本のプレゼンスは今までのどの時代よりも重要で高くなりつつあると思っている。
雇用の場創出を促進するものとして日本版グリーンニューディールの構想はあるが、とてもお粗末で語るにも及ばない状況である。
韓国版の具体的、実効性と速度感のあるそれにさえ比較できないほどである。
環境省主導という馬鹿げた構想、具体策に乏しく、足の遅い動きでとても期待できる様子にない。
非常時における国威発動と瞬発力と力の結集を見せつける米国とは、対照的ではるかに水を空けられただけでなく、今後のこのプロジェクトで展開される経済力育成に対しての差の拡大を懸念を抱かせるものである。

苦境に喘ぐとはいえ産業形態が劇的に変化し、正にビジネスチャンス到来の観さえあるというこの時期に、その自覚を日本の政府、国民はあるのだろうか。
自虐的な価値観を強いられて自信を持てない国民の意識を変え、その高揚に努めることが求められている。
私は現在の日本の資本力と健全性、国民の能力からすれば、このような場においての産業の底力は非常に高いものであり、世界中で最も早期の立ち直りと新たなビジネスの創出が期待できると考えている。

集団ストーカー被害後の職場を追われた私にしてみれば、このような経済状態に自らの力で参加できないことに、単なる集団ストーカー加害への憤だけではなく、焦りにも似た感情を持っている。
私自身は早期にこの不毛な集団ストーカー被害が短時間に決着するとは思ってはいないが、社会的な参与を早期に実現したいと切望している。
とはいえ再就業の場合、新規職場での被害は更に過酷であることも予想され、不安も尽きない。
現在、職場をお持ちの被害者の方は自らの仕事を大切にして頂きたい。
また、就業の場を奪われた、同じ立場にある被害者の方々も社会的復帰のための闘争をともに期待している。
楽観的な所見を述べるつもりはないが、私は苦い経験をされている被害者の方が社会に対して重要な役割を持ち、近未来に於いて、その高い能力や才覚を生かすことが可能であると信じたい。

【参考記事】
就業の場の侵食
職場での孤立化
地方での被害経験と蝕まれる地域社会
企業戦士に忍び寄る影



2cb38cc5.gif
【集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!】
数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

携帯電話からもブログランキングのご支持を頂けます。 

 

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 闇勢力 創価 集団ストーカー 集団ストーカー被害 職場ストーカー

「集団ストーカー認知・撲滅の会」 江戸川区/市川市街頭宣伝活動

1月10日、「集団ストーカー認知・撲滅の会」の市川市、江戸川区での街頭宣伝活動に参加した。
今回の街頭宣伝活動の場所は「在日特権を許さない会」の総会の開催場所付近であり、街頭宣伝活動の参加者で「創価学会の集団ストーカー日記」の管理人であるM氏の支援の為に同氏の居住地域であることから選定された。

街頭宣伝は都営新宿線一之江駅前、ご自宅、ご実家での3箇所でのプログラムである。
今回は、同氏、又吉氏以下5名の街頭宣伝メンバーでの実施である。
一之江駅では通常の休日より人通りが多いとのことであったが、加害工作員の通りが多く見られた。
駅前では「8888」や「2000」という特殊な番号を持つ工作員の車が多数駐停車していた。YouTube映像でも紹介しているような待ち伏せ・付き纏いの工作員が牽制するいつもの光景が展開する。

車で街頭宣伝場所の移動の際にも特殊な番号の車が何度も目の前に出現している。
特定の車両番号は組織的犯罪の様相を示す重要な証拠と言われていて、私も自宅近くや車での加害行為の現場ではそのような番号の車両に何度も遭遇している。

街頭宣伝を開始すると集まる人数が増えて、工作員も街頭宣伝の状況を見守り監視、牽制活動のテンションが上がた。
M氏の市川市のご自宅、江戸川区のご実家は住宅街である。

市川のM氏のご自宅での街頭宣伝は、隣にある駐車場で行われた。
人通りは少ないが、閑静な住宅街で、林立する近隣の家、アパートにもメガホンの音声は浸透しているはずで、影響力は望める様子である。
氏の家の隣接駐車場は20台程度の収容力を持つが、街頭宣伝時には通常満杯である駐車場が工作員と目される車がほとんど街頭宣伝を回避し、半分程度しか駐車していないとの事である。
また氏の駐車スペースには、わざわざ犬の糞が置かれているという街頭宣伝についての嫌悪感を示していた。

3箇所目の街頭宣伝ポイントである江戸川区の氏のご実家近傍では、近所住民の行き交いも多く、同様に自転車の工作員や学童の不自然な行列等工作員も多少見られた。
江戸川沿いの閑静な住宅地であり、マンション、団地やアパートも多く街頭宣伝の声が良く響き渡り、工作員を含む多くの方々の耳に訴求の声は届いたことと思う。
以前の街頭宣伝活動でもよく見られるようにご年配の方が関心を持たれる光景はここでも見られた。
お孫さんを連れられた男性の方が、映像でご覧のように創価学会の悪行に対して苦言を呈され、説明に強い共感を頂いた。
ご家族の安寧を願うお気持ちを感じた。

この街頭宣伝の後、船堀で行われたNPO「在日特権を許さない会」の総会に参加した。
この会では街頭宣伝に参加したK氏が集団ストーカーについての被害を訴える機会があり、総会に参加したメンバー150名程の方々に実態が説明された。

今回も街頭宣伝活動の参加メンバーとは食事をするなど親睦を図る会合を持ち、情報交換と今後の活動等について話し合った。
より有効な街頭宣伝活動を企画するとの新たな決意を持つ。

「集団ストーカー認知・撲滅の会」は?東京都内・近郊主要都市、?街頭宣伝参加メンバー自宅近くでの街頭宣伝行動の2つのパターンでのプログラムで活動している。
今回のようにメンバーの加害ポイントでの街頭宣伝活動は主要ポイントでの幅広い告知活動とは異なるが、加害の現場での活動であり、実被害者と地域住民に対してのリアルタイムでの効果を考えての要素がある。
街頭宣伝活動自体の意義は云うまでもなく、被害の社会的な認知のための手段であるが、この活動を通じて様々な被害者の方、関係団体にも大きな影響を及ぼすものと考えられる。
また、被害者同士の意見交流・活性化のベースともなる。

前回横浜での街頭宣伝活動の本ブログの記事についての評価・反響は大きかった。
その街頭宣伝活動についての2chの書き込み、ブログ、HPでの紹介記事や中傷的内容の動画コピーの掲載に至るまでの具体的な反響情報は大変な量に及ぶ。
多くの被害者の方々、集団ストーカー犯罪に関心を寄せる方々の支持の大きさを良く示している。
また、同様に加害者や集団ストーカー犯罪認知・撲滅活動の挫折の為に有形無形の中傷や工作を行う人間の関心や嫌悪も並々ではないことを伺わせる。
街頭宣伝活動は認知・撲滅活動の一環であるが、具体的なアクションとしては非常に有効な活動であることを改めて確信した。

今後も「集団ストーカー認知・撲滅の会」は街頭宣伝活動、その他の行動範囲を拡大する意欲があり、有意の被害者の力を結集するこの活動へのご参加を募りたい。

[YouTube: 創価学会の犯罪糾弾 江戸川区街宣]


【関連記事】
「集団ストーカー認知・撲滅の会」横浜街頭宣伝活動


  2cb38cc5.gif
【集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!】
数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

携帯電話からもブログランキングのご支持を頂けます。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : 集団ストーカー 集団ストーカー被害 集団ストーカー認知・撲滅 創価 闇勢力 街宣

被害映像、 YouTubeへのup(4)

とにかく被害の実映像の公表により、集団ストーカーの犯罪の実態を世の中に知らせたいと考えている。
今回は待ち伏せ付き纏いの手口の映像を紹介する。
記録映像の中から工作の意図が明確に判断できる待ち伏せ付き纏い工作の様子をテーマとして、過去の映像を集め編集
した。
映像は補正を行ったが、一部ブレが酷くご覧頂くには難のある映像もあるが、被害映像の手口、恣意性が確認できる映像として貴重なものでありupさせて頂いた。

これらの工作現場の映像では次のような特徴が見られる。

- 工作員は加害タイミング・チャンスを伺い長時間待ち続けている
- ターゲットの接近にタイミング良く対応して動作する
- 歩行中には気づかないが、映像記録には不可解な動きが発見される
- 長時間待ち伏せ工作員は老若・男女、年齢を問わずTPOに合わせ参加している


最初の部分に登場する青いユニフォームを着ている2人目の工作員は、ターゲット被害者の影を認めてから物陰に隠れるように左側に移動し、ターゲット被害者の近づく事を確認して、突然至近距離から驚かすように現れる。

キャリングカートを轢く女性、角で待ち受ける男性ともに高齢であり、ご覧のように動きは不自然であり、何か演技を観るような感じがある。

工作員の振る舞いは偶然を装うにはあまりにも不自然なケースも多く、問いただすと加害行為を認めるようなケースもある。
駐車場を横切る青いトラックは車道でもない砂利道の駐車場をわざわざ迂回して、タイミングを合わせ近寄る。
その不自然な行為に対しての妻の質問に対して、工作員は加害行為を認めるような発言をしている。
このようなあまりにも不自然な工作の場合は詰問により、工作員が予想しない問答により思わぬ情報の収穫が望める場合もある。

後半の自宅ドアを開くと、毎日のように現れる工作キャンペーンの工作員が登場する映像の数々により、毎日繰り返される異常な様相を示しているのがご理解頂ける事だろう。
我家の一区画ほとんど新旧併せた加害者工作員、加担者に埋め尽くされている。

左右と後方の家は接しているだけに様々な加害工作に晒される。
左隣の家は一家三代に渡りこの加害行為を行う病に取り憑かれているヘビーストーカーの家であり、前回の映像に続き、今回は2件紹介している。
この家は八百屋を営む家であるが、10年来この家の業務用エアコン室外機の起動・停止が実に歩行時の通過タイミングに合致していた事実がある。
今から思えば不思議な構図であったが、集団ストーキング行為の遥か以前から準備、もしくは予兆があったことを物語っている。

ほとんどの映像での各ケースをご覧頂ければお分かり頂けると思うが、通行途中で現れる加害工作員は明らかに待ち状態を維持しており、特に被害者の接近を待たずしても動作ができる状態にあるにも拘らず、時には長時間ターゲット被害者の接近を待ち続ける様子が見て取れる。
工作員は加害のチャンスを待ち続けており、偶然ではないことが理解される。
また、工作員は正確に被害者の位置、行動を補足しており、様式化された加害行為を執拗に繰り返す。


upした映像は被害者ならずとも、その犯罪性をご理解頂ける日常の場での集団ストーカー加害工作の手口を実態映像記録としてまとめたものである。
一般の方々にも、犯罪行為として理解し易い映像により、忌まわしい被害が存在する事実、人権侵害に近い犯罪の手口とその犯罪の工作員との組織性を広く知って頂くことが現在において最重要と考える。

被害者の皆様方がお持ちの同様な証拠映像を是非YouTube、ニコニコ動画等にupし、異なる被害者の同様の被害を白日の下に晒すご用意を頂く事を切に望む。
もし読者の方の中で、私がupしている映像が有用であるとお考になられる方が居られるようであれば、ブログやHPにこれらの映像集をご紹介頂ければ幸いである。

[YouTube: 集団ストーカー被害映像(6) 待ち伏せの手口]


【関連記事】

被害映像、 YouTubeへのup(3)
被害映像、 YouTubeへのup(2) 
被害映像、 YouTubeへのup
一般市民(?)が組織的犯罪に関与の図 ~組織性と集約化? 


  2cb38cc5.gif
集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!】
数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

携帯電話からもブログランキングのご支持を頂けます。 
 

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価 集団ストーカー被害 集団ストーカー認知・撲滅 付き纏い 待ち伏せ 工作 工作員

プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。