スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「集団ストーカー認知・撲滅の会」の街頭宣伝活動についての疑問点

集団ストーカー認知・撲滅の会」の街頭宣伝活動についての疑問点が2chに書き込まれていた。
質問は通常被害者の方が多く持たれる疑問と解釈することができる。
この記事はその質問に対しての回答を目的として投稿した。
尚、質問は2ch「集団ストーカー犯罪を追求するスレッド 7」に記載されていたものである。
もし、他にご質問や街頭宣伝活動に対してのご質問をお持ちになられたら、メールフォーム等でご連絡頂ければ幸いである。


[QUESTION 1]
332 : 名無しさんの主張:2009/02/09(月) 00:01:27 ID:???
何故電磁波被害メインの被害者が活発に活動してるんだろ・・・
おかしいよ・・・

私は電磁波被害?などうけていない被害者ですが、この集団ストーカー被害に本当にあっていれば
まず活発に行動なんて出来ないよね?なんで?なんか臭う・・・

なんで主要駅前で街宣なんて出来る良い環境が整ってるの?おかし過ぎる
もちろん皆もそのことは解ってるよね?

[ANSWER]
当初はテクノロジー系被害をメインに訴えてきたという経緯があった。
ご指摘のように被害が重度だと、街頭宣伝活動は困難を伴う。
実際、認知・撲滅会街頭宣伝活動参加者でnightさんの被害は甚大で、いつも活動が可能という状況ではなく、参加する場合の条件は限定されている。
しかし、テクノロジー系被害を含む被害内容と程度は千差万別である。
他の被害者はテクノロジー系被害者ではあるが、街頭宣伝活動が不可能なものではない。
又、家族を持つ者は自分だけでなく、家族が深刻なテクノロジー犯罪の犠牲者であり、糾弾し続ける必要が有る。

街頭宣伝活動には、申告の必要は特に無く、場所も任意に選び、自由に活動できる。
駅の近くには大抵、街宣に相応しい適切なスペースが存在し、歩行者や車両の通行に邪魔にならない場所を見つけ街頭宣伝活動を行っている。

街頭宣伝活動中には、邪魔・妨害や通報による警官の来訪もあるが、被害者諸兄のご心配ほど困難を伴うものでは決して無い。
非常に容易に場所を選定でき、街頭宣伝活動に移行し、活動が開始できる。

[QUESTION 2]
336 : 名無しさんの主張:2009/02/09(月) 01:22:53 ID:WZVI8ZWX
>>332
電磁波被害者だけど、かなりきついながらも書きこんでる。
書き込みまくると被害が軽くなったので。

街宣は俺も疑ってます。被害がひどくてあんな活動できません。
ひどい時は寝込むような日が続きました

[ANSWER]
前述の如く、以下の内容はメンバーの一人でテクノロジー被害の酷いnightさんの「ブログ集団ストーカー犯罪告発Blog]の中での記事「街宣活動への疑問」よりの同スレッドへの回答部分である。

「A,私も>>336さんが書いてる同様の被害を受けてます。

無理して参加し当方の場合だと横浜~都内ですと体力気力は正直ギリギリでした。書き込みまくると被害が軽くなったので。と書いているように行動に出ると割りと楽で街宣に参加して悪化した事例はありませが、当日や翌日に騒音が多いとかの事例は数人います。」

私も実際街宣に参加してから、以前とは異なる被害の様相に移った。
以前より、加害者は慎重に行動するようになり、身体的被害も軽くなったように思う。
街宣直後は悪化したが、直接被害を訴える事による社会的なインパクトは大きく、加害をそのまま続行するには、加害者のリスクが大きいことを認識しているようである。

[QUESTION 3]
337 : 名無しさんの主張:2009/02/09(月) 02:19:11 ID:???
街宣は、やってる個々人は本当の被害者だと思うけど
最初に街宣を立案した人物は偽被害者の可能性があるね
この人物が被害者の敵なのか味方なのかは分からない

街宣ビデオを一通り見てみたけど
顔出ししない声だけの参加者がいたのが気になった

それと年が明けてから、ケガを理由にブログ活動を休止してる
被害者の動向が気になる

ただ、偽被害者だろうが
街宣を立案し、行動を起こすきっかけを作った功績は大きいと思う

[ANSWER]
街宣は「集団ストーカー認知・撲滅の会」の総意で立案・企画」され、初回の街頭宣伝活動は秋葉原で、会のメンバーだけでなく被害者有志の方々にご参加頂いた。
それ以降も活動はコンスタントに続けているが、上記のようにメンバーの体調、事情により参加者変わる。
声だけの映像登場、街宣映像に顔をマスクせずに晒すか否かは参加者個人の判断に委ねられている。
また、公開可能な映像記録の存在、編集上の理由により映像がUPされている。
今後も活動は続行され、今まで映像の表に出ていないスピーカーも登場し、ご紹介できるようになると思う。

我々の活動はテクノロジー系や集団ストーカー被害を効果的に世の中に認知させ、撲滅する事にあり、その行動をする為の組織である。
現在、多くのエネルギーは街頭宣伝活動に注がれているが、街頭宣伝活動以外にも有効な社会への認知活動を企画している。
街頭宣伝活動は純粋に被害者である自分達の被害実態を社会に訴え、問題提起のための機会である。
被害の隠蔽や歪曲、他の被害者への害悪、弊害を目的としているものでは決して無く、実際多くの方々から励ましの声を頂き、社会的な影響も大きいもので、主旨についての効果を確信している。
もし、被害者の方で活動に疑問を持たれておられ、会合にご参加頂ける状況であれば、是非ご参加頂き、その真意の程をご自身で確認頂く事も可能である。

上記事由により、「集団ストーカー被害認知・撲滅の会」では常時、被害者の方に広く街頭宣伝活動へのご協賛、参加を募っている。
都内近郊にお住まいで街頭宣伝活動にご参加を頂ける被害者の方は下記連絡先もしくは、本ブログの管理者のメールフォームムもしくは下記アドレスにご連絡をお願いしたい。

メールアドレス : writerfront@yahoo.co.jp

2月6日に東京霞ヶ関の弁護士会館前で行われた街頭宣伝活動についての記事は映像の編集が終了しだい投稿する予定である。

【関連記事】
「集団ストーカー認知・撲滅の会」 江戸川区/市川市街頭宣伝活動
「集団ストーカー認知・撲滅の会」横浜街頭宣伝活動


2cb38cc5.gif
【集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!】
数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : 集団ストーカー 集団ストーカー認知・撲滅 闘う 街宣 集団ストーカー被害

動画映像の編集、アップロード

多くの被害者の方は被害を撮影され、加害の映像証拠として保有されていると思う。
被害映像は集団ストーカー被害の証拠になる映像であり、社会的に加害犯罪行為を暴露される糸口と成る可能性により加害者が最も恐れるものの一つである。

加害行為の実態提示のために、最近このブログでも頻繁に被害映像をアップしている。
映像とネット配信によるロウテクノロジー系加害の現場や方法の光景は、容易にアクセスでき、ご覧になられた一般の方々にも集団ストーカー犯罪の認識を可能とする最適な加害の説明方法の一つであると考える。

被害者の方々がお持ちの映像は犯罪の記録資料としても価値が高いものである。
被害の告発には多角的な分析が重要であり、客観的な事実の発表はより正確な分析を助成する材料にもなるだろう。
映像データの公表に併せ、ブログやホームページでの映像資料の補足解説や記録情報の追記も犯罪の解析に有用である。
また、映像資料の公開はその資料データを部分的にではあるが、他所への保管を可能にする。

過去に多くの工作や障害によりPC内やバックアップデータの破壊は損傷が報告されている。
データ破損の発生以前に情報をYouTubeやブログ、ホームページ等の別のサーバに移管することにより、あるいは閲覧者によるデータのバックアップ等データの複製によりデータ破損の被害の軽減にも繋がる。
全てのデータが転送できるわけではないが、重要な情報の一部でも別サーバに保存される事により、消失を免れる
場合も考えられる。

本ブログでのアップロード(転送)された映像についての記事をご覧になられた読者・被害者の方々から、動画映像編集やアップロードの作業についての問い合わせが多く寄せられている。
映像データの加工編集処理、インターネットやPCの作業に不慣れな方には、このような記事を作成する事は困難と思われるかもしれない。
しかし、ブログの作成やインターネット情報へのアクセス、PCの操作が可能な読者の方には、比較的容易にYouTubeへのアップロードやブログへの映像リンク作業は可能である。
この記事の後半は映像資料を公表したいとお考えの方々に、具体的にネットにアップする為に必要な方法を簡単に紹介させて頂いた。

映像データは一度公開されると不特定多数の方々に閲覧者され、またデータとして保存される可能性があり、肖像権の侵害、訴訟の対象、被害対象の特定化の材料と成り得る。
従って、映像の編集、取り扱いは細心の注意が必要である。
また、今後予想される犯罪行為の告発、訴訟裁判等に映像資料を使用したいと考える被害者の方は全ての映像資料を公開しないことも考慮する必要がある。


上記要点は検討すべき問題点ではあるが、集団ストーカー被害の社会的な認知や問題の理解・解析ために、お手持ちの被害映像をYouTuubeやニコニコ動画に掲載される事をお願いしたい。
実操作に慣れて頂く事と僅かな手間とにより、マスコミの隠蔽する恒常的に繰り返される卑劣な犯罪を衆目に晒す情報の作成が可能である。
是非、より多くの犯罪実態をネット上に紹介し、情報発信の輪を広げて頂きたい。



【動画映像の編集、YouTubeへのアップロード、ブログへのリンク作業】

作業内容は①被害映像の編集、②YouTubeへの映像ファイルのアップロード、③ブログ記事・ページへの登録等から成る。
以下に必要項目・作業手順を説明する。
詳細については説明書、ヘルプ、解説書、web上の解説等を参照頂きたい。

1. 動画映像データ編集用ソフトウェア
無償のソフトウェアを使用する場合はマイクロソフトWindowsの「ムービーメーカー」やネット上からダウンロード可能な動画映像編集用フリーウェアを使用する。
デジタルカメラやビデオレコーダ、PC、DVDドライブ等の周辺機器を購入すると添付されるフリーソフトも有用である。
無償ソフトウェアは機能が限定されている点や編集データ資産の互換性の問題から、私は市販のソフトウェアを使用している。
市販ソフトウェアの参考例としてCyberlink社のPowerDirector 6を紹介させて頂いた。
現時点ではPowerDirector 7が販売されている、機能性とコストでPowerDirector 6のダウンロードバージョンが有利と考える。

動画映像ファイルデータはデジタルカメラやビデオレコーダによってはデータフォーマットが使用可能なフォーマットとは異なる場合がある。
その場合は、別途データフォーマットの変換用のアプリケーションソフトウェアが必要である。

2. 動画映像編集
動画映像編集は上記ソフトウェアを使用して、次のような項目手順で編集するが、映像、音声自体は証拠や客観的判断の為に過剰な加工編集は避ける。

① 動画映像の読み込み
対象映像ファイルを開きアプリケーションの作業領域に取り込む。
② 動画映像の分割
対象映像の必要な部分を分割選択し、不要部分は削除する。(オリジナルの映像データは削除・加工されない。)
③ 手ブレ補正
手持ちの撮影映像が揺れ、乱れている場合には手ブレ補正を行い見易い映像とする。
④ 明るさ補正
撮影時に暗くて見え難い映像の明るさ調整を行うことで、映像の視認性を上昇させる。
⑤ ぼかし
人物の顔、車両番号、地域、場所映像の一部をぼかし処理することにより対象の特定化を不可能にする。
⑥ タイトル
適切な内容を表現する映像タイトルを作成する。 映像資料の見出し効果を上げることも考慮する。
⑦ 字幕
映像内の会話や状況の説明を行うことで映像内容の理解を補助する。
⑧ その他
高速、低速再生、ターゲットマーキング、ピクチャーインピクチャー、特殊効果、BGM等

各ソフトウェアの作業の説明参考は以下の動画映像の通り。
マイクロソフト ムービーメーカーの例



Cyberlink PowerDirector 6の例



3. YouTubeへの動画映像アップロード
上記映像編集用ソフトウェアで生成された映像フィイルをYouTube等映像サーバサービスにアップロード(転送)する。
また編集ソフトウェアによっては、出力映像データを直接アップロードすることも可能である。

YouTubeへの編集後作成されたデータのアップロードは以下の作業手順で行う。

① 今後使用するYouTubeアカウントの作成



② 映像データファイルのアップロード
以下に具体的な作業手順を解説したYouTubeの動画映像を紹介する。



4. YouTube動画映像のブログへのリンク
アップロードしたYouTube映像のブログへのリンクは次の動画映像の作業手順で行う。



【関連記事】
被害映像、 YouTubeへのup(4)
被害映像、 YouTubeへのup(3)
被害映像、 YouTubeへのup(2) 
被害映像、 YouTubeへのup
一般市民(?)が組織的犯罪に関与の図 ~組織性と集約化? 

 


  2cb38cc5.gif
集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!】
数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

携帯電話からもブログランキングのご支持を頂けます。

テーマ : ホームページ・ブログ制作
ジャンル : コンピュータ

tag : 集団ストーカー被害 集団ストーカー認知・撲滅 集団ストーカー 闘う

「集団ストーカー認知・撲滅の会」横浜街頭宣伝活動

集団ストーカー認知・撲滅の会」の街頭宣伝活動に参加されている方々のブログに紹介されているように、12月16日に横浜での「集団ストーカー認知・撲滅の会」の街頭宣伝活動に参加した(添付の[YouTube: 集団ストーカー認知・撲滅の会 横浜街宣 (2)]での画像)。
認知・撲滅の会は主催者であるwebサイト「集団ストーカー認知・撲滅」の管理者である馬苦路さんからこの夏Skypeでこの会の発足と主旨の打ち合わせをしていた会である。
しばらく意見交換をしていなかったが新宿、池袋等で街頭宣伝活動を開始したとの記事がいくつかのブログで紹介されていて、参加したいと考えていた。
創価学会集団ストーカー」の又吉さんと「集団ストーカー被害者NIGHTの独り言」のNIGHTさんからお誘いがあり参加した。
ご両人ととも当初からこの会の発足について話をしていて、今回も参加された。

横浜の街頭宣伝は当日14:00から開始した。
今回は5名が参加した。
YouTubeでご覧頂けるように街頭宣伝活動は横浜高島屋の前でメガホンを使用して行った。
開始前に例の集団ストーカー加害者と思われる人間がいかにも怪しいという風に装いつつぞろぞろ集まり、取り巻いてきた。
画像中背後に見られるコカコーラのトラックも街宣開始数十分前から街頭宣伝活動をしている様子を見られることを妨げる為の工作か集団ストーカー加害者が観察しているとのデモンストレーションからかは不明だが、それと気付くように2時間近くも作業もあまりせずに停車していた。
開始前に近くの交番に口頭での届をした。
宣伝活動中にはパトロールカーがフラッシュライトを点滅させながら近づいてきたが、特に接触するでもなく数十分で去った。

余談になるが、又吉さんの言うことではいつもの街頭宣伝活動では必ず4人程度の警察官に尋問されるのだそうだ。
その中で1人程度の普通の人間と後は加害者団体(≒創価)の人間で構成されていて、いつも集団ストーカー被害と創価についての説明を丁寧にして(創価)警察官にも諭しているのだそうだ。

テクノロジー系被害を含む今回の我々の説明は非常に注意を引いたと思われる。
YouTube映像でご覧いただける様に多くの方が足を止められ、傾聴頂けた。
中には創価について嫌悪感と危機感をもたれお話頂ける方も居られた。
我々被害者は正に被害に直面して日々被害と向き合う生活をしていて、私はその事実を実被害の例を交えて説明した。
多くの年輩の方々はご自分の子や孫にこの被害が波及するかも知れないとの訴えに耳を傾けていた。

いつもブログで説明している様に、この被害は日本の将来を危うい存在にする社会問題に由来している。
我々の活動の目的は集団ストーカーについての訴求にあるが、そのような危機感を全ての方々に対して伝えることでもあり、日々の加害の実態と多くの反日的な工作活動、犯罪や去勢されたマスコミの隠蔽工作を徹底的に社会に訴え社会を覚醒させることにある。

私もブログを立ち上げ記事を書いているが、事実、情報を多くの方に伝え、共感を喚起する為の直接活動を選んだ。
情報発信・被害認知のためには社会的な行動が重要である。


このような街頭宣伝活動は着実に成果を上げている。
集団ストーカー被害者の集まりはいくつか存在するが、実際に広く社会に対しての行動をしている団体は皆無と思う。
被害者だけの集まりも重要ではあるが、被害を通して集団ストーカー被害の社会的な認知のための活動は多くの被害者だけでなく社会にとっても大きな救いになることは間違いない。
必要であれば参加者各人の近隣の聴衆が集まるような場所での活動を展開していくことも可能である。

この集会活動により、実質的に被害者の近隣周辺で発生する被害の撲滅につながる効果は十分期待できる。
社会に対して広く歪曲した人間性に基づく異常な被害を知らしめることの重要性は説明の必要は無い。
集団ストーカー被害だけでなく、被害に遭遇して日本という国の行く末の問題を提起する機会は非常に有意義である。
今後は被害者の方々の参加と集会の有効な運営を参加者として提案しいていくつもりである。

街頭宣伝活動の後は親睦会を持った。
日常での被害や今後の活動について話合った。
会合や街頭宣伝活動は共通の問題点を認識させ、被害者になり遠ざけられている人間として重要な要素である社会への帰属の場と積極性を回復させる。
この意味でも会の存在意義は大きく、多くの被害者・有志の参加を希望したい。

被害者の皆様、勇気を!


[YouTube: 集団ストーカー認知・撲滅の会 横浜街宣 (1)]


[YouTube: 集団ストーカー認知・撲滅の会 横浜街宣 (2)]


【関連記事】
一連の闇法案成立への序章 ~改悪国籍法への抗議



2cb38cc5.gif
【集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!】
数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。
(現在、ブログランキングのリンクサイトの問題から携帯電話でのランキングクリックが機能せずご迷惑をおかけしております。)

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 集団ストーカー認知・撲滅 集団ストーカー被害 創価学会 闘う 街宣

「勇み足」、「自分の影に怯える」 or 「?」

最近少しごたごたがあり、ブログのアップデートを休止していた。

ご存じの方も多いと思うが、私は「不幸のブログ」から偽被害者・加害者認定を頂き、事の推移を見守っていた。
私は、このブログ上でその攻撃についての応酬することにより、被害者の方々に混乱を招くことを躊躇していたのでコメントを差し控えていた。
しかしながら、攻撃を控える様子もなく、その手がさまざまに飛び火し、私以外の戦っている人間にも被害が及び始めていた。
沈黙・無視することは必ずしも賢い選択ではないと考えられたので、このコメントを掲載し今後も今まで通りブログ記事を作成し、アップデートすることを開始した。

当然、私は被害者であることは揺るぎない事実である。
それは、今後も発表する多くの画像・動画や証拠が物語るだろう。
私が、偽被害者か否かは過去と今後の記事により、読者の方々からご判断頂くことが最善と考えている。

今回の騒動については、私からの問い合わせに直接本人からの返事は頂くことはできていていないが、同ブログ上での説明では前回の会合の時に一部無神経な言動があったとの指摘があり、この点については深くお詫びしたい。
その他の私個人の加害認定や工作についての部分は根拠のない単なる中傷であり、如何にこの集団ストーカー犯罪が深く人間の内面と事象に対して、疑念と敵愾心を与えるかということについて身をもって体験することになった。

このブログの目的は、集団ストーカー犯罪の事実を世の中に広く知らしめて、忌まわしい犯罪を一掃する助けとなることにある。
従って、今回のごたごたについての反駁や攻撃をすることは本来の目的ではないので、これ以上は触れないことにする。
ただ、被害者同士の結びつきの困難さや危弱性、偽被害者認定の被害等のファクターについては非常に重要な事象であることであり、別途記事として投稿したい。

今回の騒動の中で、私個人やこのブログをご支援頂いた方々、読者の方々には深くここに感謝の意を示すものである。

特に今は、衆議院選挙を控えた重要な時期であり、このブログが集団ストーカー問題の認知・撲滅への効果の一翼を担えることを願い、一層のご支援を頂くことを切に望む。



banner2.gif
【集団ストーカー問題の認知・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!】
できれば1日1回はに本ブログを訪問頂き、クリックのご協力をお願いしたいと思います。

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー被害 偽被害者 情報操作 闘う

プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。