スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活発化する街宣の近況

この所、各地での集団ストーカーテクノロジー犯罪についての街宣活動への熱が高まり、盛況振りを示しています。それは同時に現実社会への周知と状況認識に対しての被害者の取り組みであり、その効果に拍車を掛けている事は間違いがありません。
11月20の広島での被害者の会ネットワークの山陰地方と広島被害者の会の合同で行われ、大阪や四国、九州からも被害者の方が駆け付けられたとの報告を頂いています。
12月4日には東京新宿で、12月7日には福岡で行われ、今週15日には東京新橋で夕方から予定しています。
そして、毎週、日曜日には有志メンバーの街宣が行われる等、被害者個人個人での周知、犯罪の社会認識への訴えかけへの強い熱意と姿勢が現れています。

我々、集団ストーカー被害者の会ネットワークではこの街宣という広報手段により、知られざる犯罪の一般社会、国民に対しての非常に大きな周知効果があると考えています。
現在、幾つかの被害者団体が立ち上がり、それぞれの成果を出しつつあり、この犯罪に対しての包囲網が確実に構築されつつある状況といえ、この流れは今後より加速するものと考えられますが、勿論、手放しにその状況が喜べるものではない事は理解しています。
周知の度合いが拡大するに連れ、悪辣な犯罪の爪痕は残されずに払拭され、何事も無く、犯罪が霧散したかの様に扱われる可能性も高くなります。

その様な状況での周知活動ですが、筆者は12月4日の東京新宿の街宣に参加しました。
我々の被害者の会ネットワークの街宣では、犯罪が存在し、特定され、その加害者が処罰を含む、被害者の失われた人権、生活権、環境、時間を補償すべきとの社会性、被害者の基盤部分からの訴えもしています。
この街宣には合計13名の方が参加なさいました。今回は移動しながら複数箇所で演説箇所を変えつつ3箇所で演説を行いました。アルタ前から新宿3丁目交差点、アルタ前、西口前を迂回して南口に移動するという方法をとりました。移動時には目立つのぼり旗4本がたなびく様相で、さながらちょっとしたデモの趣がありました。
ご参加の方々には非常にアピール性の高い内容とスタイルの演説を頂きました。

道行く多くの人の中には立ち止まり、話に聞き入る人も見られ、周知の度合いを肌で感じられる状況でした。
創価学会(員)の犯罪行為への言及、話の内容が昨今のオリンパスや野村総研の事件を筆頭に、より現実味を帯びた内容に変わって来ている事も好評価の結果であると考えられます。
筆者も過去に同じ場所で何回か街宣をしていますが、今回の印象では世間の様相、反応が好ましい方向に変化していると感じました。

防犯パトロールの警戒が目を光らせ、近付き、警察への通報等を繰り返していた様でした。
今回は、いつものイベントで通常見られる低次元の集団的なアンカリング行為は極端に少なく、明らかに行政要員を動員した業務を名目にしたアンカリング行動が目に付きました。新宿駅南口ではサイレンとパトライトを回転させながらの救急搬送の救急車が消防車に伴走され登場し、演説中の真後ろで、担架の搬送入れ替えをするという通常の目からすれば単純な業務作業と写ると思いますが、さしたる緊急性の高いとは考え難い、無い明白なアンカリング行動のパターンにより、一時中止を余儀なくされました。
街宣中の緊急車両や右翼、左翼の街宣車が来襲するケースは多いのですが、ここまでのあからさまなケースは余り例も少なく、この様な犯罪被害の存在や実態を訴える行動への妨害や心象工作をせざるを得ない加害側の焦燥感との印象も見られます。
そして、今回の街宣中には2回程、通報との事で警察の制止が発生しました。新宿三丁目交差点と新宿駅南口前では公道の使用の許可を求められての話であり、今後、南口での同じ場所での街宣には届け出が必要となります。

対応の警官には集団ストーカー犯罪について質問をすると、了解しており、対応が必要との意は感じられ、この様な主旨の街宣については好意的に見て頂けた様子でした。
個人的には我々の活動は本来の防犯の本質の最たる主張であることは暗黙裏に解釈される場合もあると思います。

街宣は集団スーカー犯罪・テクノロジー犯罪についての卑近で、聴衆の望める場所では、構えずに回数をこなす事が効果を上げると考えます。
東京都内での街宣等の活動はその意味では、周知には非常に重要な場所であり、今後の情報発信においても、やはり拠点的な要所である事は間違いがありません。

街宣終了後は2次会に次ぐ3次会参加者の即決で、年末で賑わう新橋の街宣が決定しました。その場で、参加者は5名が確定しており、如何に意思伝達、熱意が会話、行動の場では伝わるかという見本でもあります。
やはり、この様な被害を訴える場合においては、人間本来の自己実現の欲求が大きな要素です。犯罪被害に晒されると日常的に社会性、積極性が抑圧され、逆に、常に加害に対しての防御に追われ、対抗するという意識が殺がれる状況にあり、一度でもこの様な場に自らが参加するという行動による自らの意識と被害状況の改善へのサイクル、パターンが形成されると考えます。

従来の街宣では集団ストーカー犯罪に重きが置かれていましたが、テクノロジー犯罪の深刻さ、早急な対応に対しての訴えも集団ストーカー犯罪と共に訴える事により、徐々に可能になりつつあります。
集団ストーカー犯罪の周知が進行するに従い、今後の課題としてはこのテクノロジー犯罪の訴えや被害者の救済、告発への支援要求も必要となります。
そして、この様な実社会での地道な活動が、政治や行政を動かす原動力になるのは間違いが無く、福岡の街宣チームでは政治家への陳情、面会の際にこの様な街宣や街頭署名の場を利用して、グループでの相談をする動きも見られます。
徐々に社会を変える素地を着実に作り上げる為の活動が実を結びつつある事を実感させます。

冒頭に記述の様に12月4日(木)の街宣は東京新橋での街宣を予定しており、忘年会の待ち合わせ等の年末で賑わう、サラリーマン、OLに対して、彼らの待ち合わせ場所での夕方の周知の効果を期待しています。

尚、この街宣の映像は編集中で、完成次第順次upを予定しています。









【連絡】
12月15日(木)に、当会ネットワークでは新橋駅付近で街宣を予定しています。当日は新橋駅日比谷口SL広場にて17:00集合です。今回はサングラス着用可、変装・着ぐるみ(?)OKです。年末でごった返すビジネスマン・OLの聖地での訴える会合です。会派、主義主張を超えてのご参加をお願いします。集合はのぼり旗の集団が目安です。

【主な関連記事】
地域からの行動が社会を救う
茨城街宣11・01・23 ~着実な訴える力の拡大
現場からの犯罪被害糾弾の声を
「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」東京街宣の報告
「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」の活動
茨城県での活動 ~犯罪監視・包囲網の形成
埼玉県での活動 ~県警訪問と大宮街宣
地域の被害者の会とネットワーク化構想
「世界規模で被害を訴える計画」 警察巡りの報告



Banner21

本日も数多いネット情報の中から、本ブログにご訪問頂きましてありがとうございます。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
1日1回本ブログへの訪問と主旨にご賛同を頂き、上記ボタンのクリックによるブログランキングのアップへのご支援をお願いしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 集団ストーカー問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 ガスライティング テクノロジー犯罪 街宣

街宣の力、新しい波

街宣は非常に大きな効果、特のこの集団ストーカー犯罪が急激に社会的に表面化しつつある現時点では、考えられない程のインパクトを国民に与える事は今更説明する迄の事は無い。

最近の広島街宣、九州各地での街宣と回数の増大と相まって、回を追う毎に参加被害者数の増加、社会の関心の高まりを実感する状況となりつつある。
そして、単独ながら北海道の被害者であるmoiwaさんが札幌で敢行された事の意義も大変大きく、地域社会での犯罪インフラに大きな痛手を与えた事は彼女の街宣映像の切々とした訴え、ブログの簡潔な表現の文章による記事を読めば十分にその状況、意が伝わる。
実社会での被害の真実を訴える行為はその人数の大小を問わず、迫り来るものがある。
このブログ、集団ストーカー被害者の会ネットワークにも彼女のその様な状況についての問い合わせ、多くの関心が寄せられている。

同じ様に会ネットワークに一人で集団ストーカーテクノロジー犯罪被害を都内で訴える決意を持たれ、行動をされている方、GreenGreen5577さんが神奈川の会に参加された。
この方は毎週、一人でも街宣を毎週熟すとの意欲を示す方である。事実、初回の街宣では信濃町創価学会本部別館前での犯罪行為の訴えは圧巻だった。
都内に住む会ネットワークの方も少人数での街宣に賛同し、その行動に協力しながら機動力を生かした街宣での参加を始めている。
訴えるポイントが若干異なる事と効果の点から、移動しながら場所を変え、自由に表現をして行く小グループでの方法は中々新鮮である。
実際、参加者からは非常に大きな関心、インパクトがあった様であるとの意見を聞いている。

我々も街宣を開始した当初はメンバーが集まらず同様の戦術を採ったことがあるが、彼の場合はその訴え方も頻度も多く、全く異質の行動パターンであり、都内を中心にとのスタンスから、都内の被害者を会派の枠を超えて巻き込みたいとの希望によるスタイルは今後、大いに同様の方法での活動の定着が多くの被害者の行動として見込まれると考える。
街宣の高いと思われている敷居を低くする効果も高い。

12月4日には新宿での行動として、事前情報拡散の大規模な周知による、小グループ多数、新宿という場所になるが、マルチポイントでの街宣という今までにないスタイルでの街宣の試みを予定している。
集団ストーカーテクノロジー犯罪被害を実社会に訴えたい、気軽に参加を希望する方のご参加を頂き、幅広い効果により、今後の犯罪の周知への大きな前進のための手法と期待している。









【連絡】
集団ストーカー被害者の会ネットワークでは、本記事で紹介の街宣を以下の要領で予定しています。

・12月4日 12:00、新宿東口アルタ前集合、のぼり旗の集団が目安
・街宣内容、犯罪被害状況応じた小グループ分け、場所移動での街宣
・サングラス・色付きメガネ、マスク、深い帽子等の着用はご遠慮願います
・可能であればプラカード、演説のご希望の方は原稿のご用意下さい
・参加者ご自身での映像、画像の撮影は構いませんが、ネット上へのupは被害者のプライバシーの点から厳禁とさせて頂きます

尚、映像のupは主催側で考えていますので、映像のボカシが必要な方は事前にお申し出願います。

現在までの参加者は9名が確定しており、最低でも4グループに分散しての街宣を予定しています。メガホンのご持参は歓迎します。
街宣終了後は希望の方にはオフ会のご参加も頂けます。

【主な関連記事】
地域からの行動が社会を救う
茨城街宣11・01・23 ~着実な訴える力の拡大
現場からの犯罪被害糾弾の声を
「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」東京街宣の報告
「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」の活動
茨城県での活動 ~犯罪監視・包囲網の形成
埼玉県での活動 ~県警訪問と大宮街宣
地域の被害者の会とネットワーク化構想
「世界規模で被害を訴える計画」 警察巡りの報告



Banner21

本日も数多いネット情報の中から、本ブログにご訪問頂きましてありがとうございます。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
1日1回本ブログへの訪問と主旨にご賛同を頂き、上記ボタンのクリックによるブログランキングのアップへのご支援をお願いしたいと思います。

テーマ : 集団ストーカー問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 ガスライティング テクノロジー犯罪 街宣

九州と北海道での行動

日を追う毎に、地方での集団ストーカー犯罪を社会に訴える街宣やポスティング等の活動が活発化し、本日(8月24日)は福岡市天神で街宣が行われており、北海道でも近々予定の街宣メンバーを募る状況となった。

当然の事ながら、この犯罪は関東でのみ発生している犯罪でもなく、この様な地方の被害者の方が声を上げる事は重要な犯罪告発のための起爆要素である。
日頃、あらゆる身の回りの異常な犯罪行為、社会性や心身の攻撃、生活破壊の実害に直面していると前向きの姿勢を持ち続ける事さえ困難な状況と思いわれるが、それでは問題の解決は遠退く事になり、それが加害側の思惑でも有る事は周知の事実である。
一般的には街宣と聞くと敷居が高いと感ずるかと思われるが、信頼できる被害者仲間の会組織として提供される活動の場の整備により、地方でも容易に犯罪被害を社会に訴える行動を企画し、参加できる。

折しも、ローテク系の集団ストーカー犯罪はネットでは大きく周知が進みつつある。そこでやはり、求められる事は実社会でターゲット個人自らが、生々しい犯罪被害の実態を現実の社会で訴える事である。
その様な実際の生活環境に近い場での行動の積み重ねが、自らの被害を軽減し、犯罪を社会に晒す大きな原動力となる事は間違いが無い事である。
地方での活動の活性化を促進する為には参加する被害者がお互いに連絡を取りながら行動を助成する仕組みが重要である。
集団ストーカー被害者の会ネットワークは発足して日が浅いにも拘らず、多くの被害者の切実な願いと共に、活動への参加や支持により着実に活動範囲を拡大している。
しかしながら、この犯罪を周知、撲滅させるには最終的には、ターゲット個人の犯罪を許さない毅然たる態度、決意と行動が最も大きな要因である。
自らが行動を起こす事で結果を作り出す事ができ、その為の積極的な意志は同時に、被害者自身の社会性の復活、被害感、実被害の軽減、耐性を与える。

北海道被害者の会のメンバーは現在一人であるが、前述の様に、近々に街宣を予定している。

北海道被害者の会 街宣のお知らせ
北海道被害者の会 街宣のお知らせ

この特定個人を社会から葬る悪辣な社会性犯罪被害は個人の力だけで解決は難しく、実被害者の連携による訴えが最も求められるものである。

【連絡】
集団ストーカー被害者の会ネットワーク 福岡被害者の会では、8月24日(水)11時頃から福岡市中央区天神で街宣を予定しています。詳細はブログ「集団ストーカー被害~私の場合~」の「8月の街宣の予定」をご覧下さい。

【主な関連記事】
地域からの行動が社会を救う
茨城街宣11・01・23 ~着実な訴える力の拡大
現場からの犯罪被害糾弾の声を
「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」東京街宣の報告
「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」の活動
茨城県での活動 ~犯罪監視・包囲網の形成
埼玉県での活動 ~県警訪問と大宮街宣
地域の被害者の会とネットワーク化構想
「世界規模で被害を訴える計画」 警察巡りの報告



Banner21

本日も数多いネット情報の中から、本ブログにご訪問頂きましてありがとうございます。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
1日1回本ブログへの訪問と主旨にご賛同を頂き、上記ボタンのクリックによるブログランキングのアップへのご支援をお願いしたいと思います。

テーマ : 集団ストーカー問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー ガスライティング テクノロジー犯罪 街宣

茨城街宣11・01・23 ~着実な訴える力の拡大

1月23日の「第4回茨城県・近県の被害者の集い」で催された街宣は土浦での2回目の街宣となる。主催は、サニナさん以下、「集団ストーカー被害社の会ネットワーク」の「茨城県被害者の会」である。実質的な参加メンバーは12名で、茨城県内からは3名の参加で、他の参加者の方達は、県外勢、街宣に初めての参加者は5名である。
この様に、多数の他県からの被害者の参加状況、新規参加者、地方であるにも拘らず参加人数が得られる状況は、如何に集団ストーカーテクノロジー犯罪への周知活動に対しての関心が高く、切実であるかを物語る。

筆者は当日、被害者の方、2名と車で茨城街宣に向かったが、車での移動はゆったりした時間が過ごせる為に被害者の方が同乗すれば、貴重な親睦の機会の空間となる。
他のメンバーとは13時に土浦駅のファストフードコートに集合し、小ミーティング後に街宣は駅前の高架広場で開始された。
今回初参加ながら演説を頂いた方もおられ、前回までは演説をしなかった方も今回は口を開く等の積極的な姿勢が目立ち、参加被害者の方々の意識高揚による成果が観られる。
茨城の被害者KENさんは初参加で、他の方の原稿を読みながらとはいえ、実に堂に入る演説で舌を巻く発声だった。事情を聞いたら応援団に在籍の経歴が分かり、今後の街頭での演説の活動には大きな戦力となる。自らも活動に強い意志を示しており、頼もしい限りである。

場所と時間から、都内の繁華街と比較すれば、人通りは少ないものの、良く響くメガホンの音声は通りの隅々まで届いた事と思う。
人数も人数であり、知られざる犯罪のトピックスは地域でも相当のインパクトがある模様である。街宣後半には、右翼風の(左翼?)の白色の大型街宣車が二回程、時間を変え、駅ロータリーの大回り周回を重ねていた。この街宣車は我々が駅周辺に到着前に、移動する車の後ろに近づき、発声をする等妨害の意志を見せており、明白に街宣の邪魔を狙っている。
過去にも街宣車のアンカリングや妨害は多少経験が有るもが、今回の様な大音響での街宣妨害は経験が少なく、街頭での集団ストーカーテクノロジー犯罪の言及、表面化を恐れる加害側の実情を窺い知る事ができる状況の現出、効果に気を良くした。

街宣後には、ファーストフード店で親睦会を行い、情報交換、今後の活動への決意を新たにした。
今回、東京練馬区の被害者の方が2名参加しており、お互いに警察への同行活動支援をする約束し、会合の目的でもある相互支援の関係が成立した。
東北からは会ネットワーク、東北被害者の会、masaziさんのご参加を頂いている。
東北地方は被害者が広域に点在する状況で、同時活動が難しい状況ではあるが、今回は実際の街宣活動をご覧頂き、街宣等の活動の意欲を表明の機会になった。福島にも多くの被害者の方が存在し、今後に期待が持てる。

今回は、東京、千葉、埼玉、栃木の関東からの参加者の存在から、近々、東京での街宣の必要性を感じさせた。
やはり、関東は活動の発信地である事に変りは無いのだろうが、他県、地方からも活動意欲の発信を望みたい所である。
それにしても、冒頭で述べた通り、街宣への参加の希望者が確実に得られる状況となり、被害を直接訴えたいとの強い意思が伝わる。
この様な活動の輪の広がりはブログ、映像を経由しても全国への犯罪の周知効果も然りであるが、被害者に対してのメッセージとしての伝わり、被害者の意識への影響力、積極性への変化は計り知れないものがあると考える。
今回の活動を召集頂いた、茨城県被害者の会の面々には今後、コンスタントな地元での活動を期待したいが、今回はコアメンバーの固定ができた事で、効果的な街宣の企画が可能となる。
そして、茨城県メンバーの県外、以北への街宣や被害者間の交流への期待もあり、ますます地方への街宣活動の伝播が予想される。

今後も引き続き、街宣にご参加頂ける被害者の登場を期待したい。
尚、今回の映像は集団ストーカー被害者の会ネットワークから投稿を予定している。
寒い中、遠方よりの参加メンバーの尽力に感謝の意を表したい。

ブロガーで、参加された方は以下の通り(略敬称)。
(他参加者の方は後日加筆予定)
  
・ サニナサニナのブログ
・ 時水テクノロジー犯罪の日々
・ 髭集団ストーカー・電磁波犯罪撲滅目指して!
・ プラムテクノロジー犯罪・集団ストーカー・それから...。
・ masazi電磁波犯罪で悟られ気分
・ maruko255
・ KF小ブログ

110123_ibaraki-1_convert_20110127155243.jpgDSCN3955a1_convert_20110127150643.jpg

【連絡】
1月18日(訂正再掲載)
「千葉県被害者の会」では、JR津田沼駅で2月5日(土)に街宣を予定しています。場所等詳細はブログ「テクノロジー犯罪・集団ストーカー・それから...。」の「第2回千葉県での街宣活動(予定)」を参照下さい。

【主な関連記事】
 現場からの犯罪被害糾弾の声を
「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」東京街宣の報告
「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」の活動
茨城県での活動 ~犯罪監視・包囲網の形成
埼玉県での活動 ~県警訪問と大宮街宣
地域の被害者の会とネットワーク化構想
「世界規模で被害を訴える計画」 警察巡りの報告



Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

この犯罪は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られることは加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。

テーマ : 集団ストーカー問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー ガスライティング テクノロジー犯罪 街宣 茨城

現場からの犯罪被害糾弾の声を

日々、本ブログのコメントやメールフォーム、「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」の活動、そのHPを通しての切実なご相談を頂く事が多く、日本の中に存在する犯罪インフラ、従来とは異なる社会環境を津々浦々に至るまで、根深く作り上げ、定着している実情が改めて知らされる。
また、集団ストーカー犯罪なるものに付いての認識が社会で深まるにつれ、その異常な個人の監視や干渉、虐待行為に苛まれる人の意識が表面化しつつあり、自らの被害状況を認識するに至る方も居られる。

この様な水面下で進行している犯罪被害者状況の社会への表面化こそが、この犯罪被害、犯罪自体の最も根本的な解決であると考える。
ご存知の通り、この犯罪被害は知られざる犯罪としての多方面に渡る継続的な工作の状況が、被害者には現実として、犯罪被害の解決を閉ざすべく、重く圧し掛かっている。
その様な被害を訴える方々の書き綴る犯罪被害に晒され、日々を過ごし、時間が経過して行く現実の中で、耐え難い苦痛に付いての文面には、一歩も引けない緊迫感を与える実感があり、この犯罪とその実害の深刻さが具体的に生々しく、明確に浮き彫りになる。

多くの被害者の方から頂く便りには様々な地域での実態、地方に点在する被害者の方々には、簡単に同様の被害者との連絡や親交が取る事さえできないずに、独り苦しむ、切実な状況が殆どの文面から滲む。一部の内容はブログへのコメントとして、表現されているが、公開される事にさえ、恐怖や抵抗を感ずる被害者の方の存在が大半である。筆者も被害初期の頃には妻も含め、家族や社会が信用できない時期がしばらく続き、その様な状況は実感として、理解できる。それでも、ネットアクセスが可能で、メールによる交信が可能な方には、まだ対応や語り掛ける事が可能である。被害に気付く事も無く、悪夢の様な日々を過ごしているターゲット個人、被害者や潜在的な状況の人達の数は夥しいものと予想される。

この犯罪の本質は間断なく、個人の日常的に関与するもの、触れるものすべてにより、被害者意識を与え続ける事である。そして、その様な被害感を緩和し、癒すには、やはり社会的な関係を作る事であり、失われた社会性を取り戻し、実社会への回帰も次のステップとすべきである。

犯罪被害の実害を拡大しているものが孤立状態、孤立感であり、社会からの絶縁状態である。日頃接する企業サービス、公共機関での窓口や連絡先には非常に多くの加害側の伏兵が存在しており、通常の対応でさえ、加害側と勘違いさせる様な工作も多数存在する。
しかしながら、一見、不当に思える銀行や納税等の行政の手続きにしても、不条理極まりないと思える条例や条件を窓口から細かに聞けば、何も特定個人に対して不都合な状況を作り込んでいるとの考えも失せる場合も多い。当然の話では有るが、孤独な状況で被害感を募らせれば、あらゆる不都合が自らに向けられた加害行為と思う事も往々にして有り得る事は落ち着いて考えれば当然の事である。しかし、当の本人は正しい判断力を奪われている場合も多い。結局、人生観、世界観、倫理観に至る変革が求められるのがこの犯罪被害であると言っても過言ではなく、通常の考え方が、如何に危険かを、身を持って体験させられているのである。

外国では安全に関しての文化的に生活の姿勢は異なる。それらの場所は日本の平和な状況とは情景を事にする世界の場合も多い。中国の都市では、自らの正当性を主張する事無しには、道を歩く事すら覚束ない位に、抗争的な行動を求められる世界であり、北米では人権の前に、自らが何者で有り存在する理由を示さない場合には、身の危険さえ伴う場合もある。
現代の日本に住んでいれば、特段、その様な努力も必要なく、生活環境に慣れ親しむと謂うのが普通の感覚である。性善説を規範とする日本的な社会では、相手が理解し、自らを理解し、助けてくれるだろうという考え方があるからである。
しかし、被害者の直面する日本の社会の現実は変質、変化しており、というよりも一般的には知らされずに水面下での犯罪インフラは生長、定着し、監視・犯罪行為を常に続ける構造が潜伏している状況は上記の国々の日常よりも遥かに、身の安全や自らのアイデンティフィケーションを明確にし、他との関係を構築する努力が必要である状況であり、今や倫理観は元より、別の世界に住んでいるという対応の仕方無しには、無法地帯と化した生活の場での犯罪被害を意識しない個の生存は不可能である。
集団ストーカー被害者、ターゲット個人と設定されると正に世界観が、その様な、自らを如何に守るかという状況に変化して来る。大きく変化した社会の先駆けの危機的な状況に自らが居るという危険な状況であり、自らの身を守るために、あらゆる自らに関わる社会的な関係、事象、人物に付いての精査と対応が求められる。

ターゲット個人に付いて廻るかの様に、加害側の人物が取り憑き、筆舌に尽くし難い苦痛を与え、生活の基盤を破壊する。その状況を通常の感覚を持つ一般の人、家族でさえ説明しても到底理解には及ばずに、返って、人間関係、社会関係にヒビを入れ、社会性が奪われると謂う憂き目に遭う。その様な異常な世界の頂点が、自殺、精神病院への強制入院で有り、刑事事件等での投函状態である。罪も無い人間を不当に貶める罠が容易に存在し、或いは恣意的に準備され、待ち構えている様も、やはり、一般の生活をしている場合には気付きもしない盲点とも言える。

日々寄せられる被害者の方々の声はその様な脆く弱い社会の側面を如実に物語る。ブログやネット上での頻繁なアクセスさえできずに、社会的な生命を奪われている人たちの声が漸く上がり始めている状況である。
多くの被害者は日常の加害の重みに押し潰されるかの恐怖感と隣り合わせに生活をしている。しかし、そこで重要な事はその中にも、毅然とこの犯罪被害に立ち向かい、勇気を持って犯罪、加害側を追及しようとする力が存在し、自助努力を怠らない姿勢を示す方々が居られる。

犯罪被害は個々の被害者においては異なるものの、その様な前傾姿勢を持てるか否かにより、犯罪被害の度合いは随分変わって来ると考える。
弱い個人を執拗に追い回す、鬼畜の如き犯罪者ではあるが、逃げれば、尚更、その手は執拗に、過激になる。

一度に協力関係の構築の為に地域、地方での中心と成る事には躊躇が先立つと思うが、その候補に名乗りを上げる事をお願いしたい。被害者である者、少なくとも社会的にも、物理的にも余裕は大きくは持てない事と思うが、他者への支援は自らを救う結果となる。
単純に、警察への動向や会話、社会性の維持のためのコミュニケーションでも多くの場合救われる事が多い。
被害者の会ネットワークという、その様な自助努力の可能な被害者の為の行動基盤に参加を頂く事で、避けられる被害、犠牲も存在するのではないかと考える。この全国規模での活動の為のコンセプトに共感される方はご協力、ご助力を頂きたい。
実際、地方のお住まいの方には、活動は開始されたばかりの状況であるが、このセルフサポートグループへの期待は大きく、被害者の方自らの力により、活動の活性化を促進しれ頂きたい。自らの孤独、被害感を癒し、その力を犯罪被害の周知と撲滅の活動に割いて頂ければ、今後、大きな進展が望める事と考える。

その様な流れのひとつとして、活動に意欲的な大阪の会ネットワークメンバーであるブログ「マイメロDay」のストロbeリーさんから街宣へのご意志を頂き、街宣活動をするに当り、情報交換を繰り返していた。そして、12月17日、彼女は有志の方々との街宣活動を行った。
自発的なフリースタイルの集団ストーカーテクノロジー犯罪街宣活動としては、今回が大阪では初めてであるとの事であるが、9名の被害者の方のご参加とは非常に大きな力の結集と活動である。被害者の積極的な活動が西日本からも発信する力として伝える事ができる状況になり、今後の活動にも期待が持てる。

記事と映像は下記の通り。

■ 12月17日 大阪駅周辺にて街頭活動実施! 

■ テクノロジー犯罪被害者 集団ストーカー犯罪を訴える 大阪街宣の公開

[テクノロジー犯罪・集団ストーカー被害者による街宣活動]


この街宣にご参加なされた、日頃懇意にして頂いている被害者の方からも、街宣へのガイドラインや注意事項を「会ネットワーク」HPに明示した方が良いとのご意見を頂いており、その様な詳細内容、項目をupしたいと考えている。

【連絡】
茨城県被害者の会」では、「第3回茨城県・近県の被害者の集い」を12月27日(月)に、予定しています。場所等詳細は「サニナのブログ」の「第3回茨城県・近県の被害者の集い(決定)」を参照下さい。会合の状況により、街宣活動の可能性もあります。(12月26日加筆)

【主な関連記事】
「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」東京街宣の報告
「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」の活動
茨城県での活動 ~犯罪監視・包囲網の形成
埼玉県での活動 ~県警訪問と大宮街宣
地域の被害者の会とネットワーク化構想
「世界規模で被害を訴える計画」 警察巡りの報告



Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。
本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

この犯罪は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。

テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

tag : 集団ストーカー 創価学会 ガスライティング テクノロジー犯罪 街宣

プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。