スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水由貴子さん 死の重いメッセージ

4月22日に元タレント清水由貴子さん(49)の死が報じられた。
しかし、実際のテレビ報道は後述の国を挙げての大騒動により、その数日後である。
この死については21日午後、看護の疲れから、その看護の対象である親御さんと静岡県小山町の富士霊園で発見され、自ら死を選択の可能性を伝えられていた。

元タレント・清水 由貴子さん死亡 死因は硫化水素中毒 近くで遺書発見、自殺

しかし、妹の良子さん(42)はその前の様子を次のように説明し、自殺との状況説明には驚きを隠していない。

清水由貴子さんの妹 まさかの自殺に憔悴… [スポニチ 2009年04月23日]

自殺前の様子について妹の良子さんに聞くと、今月18日に家族3人で食事をした際に清水さんが父の墓参を提案したという。良子さんは都合が悪く行けないと話すと、母親(84)と2人で「日帰りで行ってくる」とほほ笑んだ。そんな姉の姿から自殺を図るとは到底考えられなかった良子さんは、あまりのショックに憔悴(しょうすい)しきっている状態。」

本日webサイト「ガスライティング犯罪ネットワーク告発サイトAGSAS」の管理人戸崎氏の清水由貴子さんとの会話が収められた「にこにこ動画」への音声資料を聞いた。
そして、清水由貴子さんが受けている被害は我々ガスライティング、集団ストーカー加害者の受けている被害状況、加害方法が同様の物であることを理解した。

「清水由貴子さんが訴えていた真実」


これは、同サイトの管理の方が2009年4月25日付で公開した2006年5月30日に日比谷公園内での清水由貴子さん本人との会話記録であり、その音声ファイルには、次のようなメッセージが添えられている。

---------------[引用]
ガスライティング犯罪ネットワーク告発サイトAGSASに2009年4月25日付で公開された清水由貴子さん本人の肉声を含んだ会話の音声です。以下AGSASからの引用文↓(清水由貴子さんが、私の提起した民事訴訟の傍聴にいらした際、語られた真実の音声記録です。)(由貴子さんは、私の訴える手口と同じ執拗な迷惑行為等に遭われていることと、その心当たりについてお話をされました。)(由貴子さんが訴えられていたのは、報道されているような介護疲れではありません。)
---------------[引用終了]

この肉声による音声記録の内容はガスライティング被害を、日常的に受け続けている様子が確実に伝えられており、実に衝撃的である。
郵便配達員、防犯パトロール、パトカー、ヘリ、特異な様相の人物等の執拗な付き纏い、覗き、盗聴、宿泊先での嫌がらせ...
そして、その内容に創価学会との関連性も伝える下りがあり、創価学会への入信を拒否し続けた姿勢が語られている。
従って、この死が自殺とすることも大いに疑問である。
仮に自殺とする場合には、その真の理由、犯罪の実態、経緯を究明する必要がある。

先稿の北野誠氏降板についての記事でも触れたが、日頃目にする多くの番組に出演している芸能人の方がこのように創価学会の入信への勧誘(折伏)を拒否・非難し、その報復、被害を招く状態を説明させて頂いた。
芸能界で生活している、人達は目に見えない、伝えることのできない異常な特殊な環境に生きていると考えられる。
一人で身を守る必要性、自らの生活に脅威を感じながら、カルトや暴力団組織の圧力下にある制作側、スポンサーの意向に支配されるケースが多い上に、その被害状況の告発も難しく、隠蔽や情報操作が横行し、このような闇の力が支配する温床と成り易い状況である。
事実、多くの創価学会・暴力団組織関連のニュースは芸能界に限らず、容易に真実が表面化せずに闇に葬られて来た。

清水由貴子さんのケースも、やはりマスコミでは真相が伝えられずにすぐさま隠蔽され、真実の情報はネットから発信された。
今回の状況は集団ストーカー犯罪を被害者自ら語り、それが紛れもない事実であること、創価学会の関与が疑われること等の大きな社会問題を投げかけている。

清水由貴子さん死の問題の一方で、4月23日未明に発生したジャニーズ事務所所属のSMAPメンバー 草なぎ剛(草薙剛、チョナン カン)氏の赤坂自宅近くの公園での公然猥問題がマスコミを賑わせていた。
同氏も創価学会員と伝えられているが、同じ時期に問題が発生し、報道がこのニュース一辺倒に集中した。

【SMAP草なぎ逮捕】1人で全裸、「裸になって何が悪い [産経ニュース 2009年4月23日]

しかし清水由貴子さんの死は非常に静かに母親の看護の疲れから自殺と伝えられただけだった。
草薙問題はこの創価学会というキーワードや鳩山総務相さえ発言を加える一大騒動の話題にはなったが、猥褻罪容疑者が一夜明ければ、敬称付きのむしろ被害者としてのイメージ演出につながる一連の報道として伝えられ、鎮静化したと謂う妙な印象を受けた。
また、同氏は韓国語に長けており、この件は韓国メディアにも大々的に報じられ恰好の標的とされている点も気になる。
この時期に不可解な創価学会関連のさしたる問題でもない猥褻問題を大々的に、演出する状況は不可解極まりなく思われた。
通常の創価の行動パターンからすれば、この軽度な犯罪行動とそのニュースを揉み消すことは容易な筈だった。
今回は実害の無い一時の祭り騒ぎを演出し、結果的に清水由貴子さんの死はこの意図的とも思える茶番の影に掻き消され、テレビではひっそりと報道され、未だに大きな話題にはしていない。
これは官憲、マスコミ、関係者を総動員した創価の集団的な犯罪行為、死に至る真相のマスキングであると考えるべきであることが窺える。
今回の音声資料の公開により、全てが明確に理解できる。
創価にとって一番恐れている犯罪の断片の一つが衆目に晒された。
さらに、官憲、ヘリ、郵便配達、防犯パトロールに至る加害工作システムの一端が露見した。
司法当局はこのような集団ストーカー犯罪についての証言に対しての反駁や今までのような調査の拒否理由をさらに見つけることが可能あろうか。
因みに、ここで要点となる警察OB採用、防犯パトロールの強化、警察予算執行には公明党の力による所が大きいことは周知の事実である。

この件に至るまでも、芸能界では何人もの人間が死を遂げ、生活、人権、将来や名誉を踏みにじられたことか。
相次ぐ犠牲者が続出する現状、被害の数々をこのまま放置すべきではない。
常に、創価学会の犯罪が表面化せず触れられないまま司法の場から遠ざける事により、深刻な人権の侵害・破壊が止め処もなく連鎖的に大きな悪を生み、やがては国家を決定的に破壊する存在となる。

被害の実態は単なる嫌がらせや行動の妨害等と言う生易しい状況ではなく、今や人権を破壊、加害行為を繰り返す宗教の範疇を超えた異様な暴力的な犯罪集団としての性格を露骨に伝えている。
他の先進諸国では創価学会は宗教法人ではなく、カルト集団としての認定を持つ。
創価学会は信者数が多く、潜伏し、自らの犯罪実態を隠蔽し、その危険性ははオウム真理教にも勝るとも劣らない存在と言える。
「総体革命」の名の元に、健全な社会生活よりも、教義を優先、国家主要中枢や企業に進出し、社会秩序を破壊するテロ組織まがいの脱法的・非人道的活動を繰り広げている。
一刻も早い、司法的な対応、宗教法人としての再考が必要である。
そのためにも、国会での矢野元公明党委員長、池田大作創価学会名誉会長の尋問を強く求めたい。

清水由貴子さんには、早すぎる死を悼み心よりのご冥福をお祈りしたい。

[関連記事]
北野誠 辞してなお皮を残す、創価の延焼(バーニング)
「テレビの、これから」よりテレビのこれからは?
日本テレビ、真性集団ストーカー被害者報道か
YouTube 集団ストーカー被害映像集


Banner21 

ガスライティング、組織的ハラスメント、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない問題です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 情報操作 闇勢力 創価学会 マスゴミ 芸能界の闇 カルト 自殺 清水由貴子

意思の表明、行動の必要性

前稿でお伝えしたように「女子差別撤廃条約の批准」の4月21日の採決は見送られ、反日左翼連合の目論見は一時頓挫した形となった。
これはネット回覧の元に集合した支持者力による有志議員へのFAX、メールの送付による意見陳情が効力を持った前例になる。
昨年12月5日の国籍法改正では挫折感を味わった人達の思いが今回は結実し、結果を残した。

今まで、メディアでは報道されざる諸闇法案の作り込みにより、カルト、反日連合勢力に真綿で首を絞められるようにじわじわと発言も行動も制限されて来たが、ようやくネットを通じ、覚醒した人達を中心とした反撃が開始されたと観ることができる。

このままカルトの洗脳議員や売国議員に立法の府の機能を奪われる屈辱を繰り返されれば、確実に日本の佇まいは変わり果てるだろう。

大陸系の人間には侵略の歴史により、闘争する事により生きる糧を得てきた。
日本人は周辺の情勢に緩慢な環境により、穏やかな性格を持つ性善説の国民性を持ち、競うことをせずとも文化的、経済的な優位、米国を除く干渉に対しての政治的独立性を持つことができたと思い込んでいた。
戦後米国管理下の置き土産である国を貶めるシステムが起動しており、人口侵略による洋を挟む諸国により国土さえ略奪されている。
平穏の幻想は作られたものである事を自覚し、自らの力で外敵、内包する矛盾と闘うべき事を自覚すべき時代になった。
覚醒の遅れはもはや許さず、時間もあまり残されていない。

特定個人を追い回す集団ストーカー犯罪に巻き込まれている現状も、このような流れの中でのカルト教団である創価学会、在日、暴力団、その他闇連合勢力の標的とされたからに他ならない。
今週は22日に「集団ストーカー認知・撲滅の会」の新宿での街宣を行った。
繁華街の雑踏で、行き交う人たちのほとんどはこのような大きな力に翻弄されている現状も、危機的な未来も知る余地も、理解もしていないのだろうか。

この公然と繰り広げられる人権人外犯罪の被害者が、一部の特定の人間だけの問題という事ではなく、表面かする日は近いだろう。
その日が来る事のないように、せめて状況を知る被害者は世の中に異常な被害、犯罪の横溢する実態を訴える努力が求められている。
ちょうどネットの力で反日的な法案が通過することを阻止したように、事実を事実として伝え、その威力を削がねばならない。

なお、街宣の詳細は映像編集終了後、改めて紹介する予定である。

【関連記事】
「女子差別撤廃条約議定書の批准問題」の経過
緊急! 「女子差別撤廃条約議定書の批准問題」
「集団ストーカー認知・撲滅の会」2回目横浜街頭宣伝活動
街頭宣伝活動へのご参加
「集団ストーカー認知・撲滅の会」の街頭宣伝活動についての疑問点
「集団ストーカー認知・撲滅の会」 江戸川区/市川市街頭宣伝活動
「集団ストーカー認知・撲滅の会」横浜街頭宣伝活動
「集団ストーカー認知・撲滅の会」2回目横浜街頭宣伝活動

Banner21 

ガスライティング、組織的ハラスメント、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない問題です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : 集団ストーカー 集団ストーカー被害 創価学会 集団ストーカー認知・撲滅の会 行動 闇勢力 反日勢力連合 ガスライティング

「女子差別撤廃条約議定書の批准問題」の経過

前稿で紹介した4月21日の「女子差別撤廃条約議定書の批准」の問題はネットでの当日批准に対しての意見提出要請の圧倒的な威力により、採決が見送られ継続審議となった。
ここで、ご協力頂いた読者の方々に敬意と感謝を込め記事を本稿に転載紹介する。

ブログ「FreeJapan水間政憲の国益最前線」緊急「選択議定書批准」継続審議の中で、次のように述べられている。

--------------- [引用] ---------------
今日配布された、外務省人権人道課作成資料《女子差別撤廃条約選択議定書》の【受入れの意義】は、

(1)[我が国自身の制度・政策を不断に見直す過程への国際的視点の導入]
(2)[我が国の人権尊重の姿勢を改めて内外に表明することを通じた人権尊重の普遍化への貢献]

の二項を記載しているが、いずれも抽象的で、我が国に取っての実質的意義を明らかにしていない。

そして、【受入れに当たっての課題】は、

(1)[委員会の見解と我が国の基本的な立法政策や裁判所の確定判決(小生・注、意図的か最高裁判決と記載してない)の内容とが異なる場合等における対応の在り方(通報事案として、親族法関係(嫡出でない子、再婚禁止期間)、労働関係の男女差別問題、過去の問題(慰安婦)等が想定される。)]
(2)[数多くの通報がなされる場合の事務に対応するための態勢整備(通報された場合は、受理可能性への反論及び本案に関する情報を、書面の形で、半年以内に委員会に提出する必要あり。)]
(3)[個人通報制度が設けられている他の人権条約への対応の在り方]

が記載されている。

『選択議定書』を批准しようとしている、外務省が作成した資料でも、慰安婦問題を予見しており、課題山積なのが、誰の眼にも明らかでしょう。

《女性差別撤廃条約選択議定書》の批准は、日本を崩壊させることのできる100年に一度、はたまた有史以来、初めての巨大な台風に例えると、「偽人権擁護法案」とか「国籍法改悪」「外国人参政権」「 1000万人移民受け入れ構想 」 などは、台風の目の中にある付属物のようなものです。それら付属物には、直接、皇室を破壊する力はないが、「選択議定書」を反国家勢力が悪用すれば、それを可能せしめる超劇薬になりえるのです。」
--------------- [引用終了] ---------------

ご覧のように、この文書から伺える意図は日本国の必要とする国情を反映した佇まい、意図的な国力を貶める干渉を、国際的な観点との人権擁護の美名の元に解体し、上記闇法案を梃入れに、人口侵略を図るための一歩を構築するための手段となるものであったことは明白である。
結果、同日の部会では中国、米国も批准していない欺瞞に満ちた内容の外務省の批准文書、恣意的な意見を持つ反日団体の支持による今回の批准要求は採決されず、審議継続の手順となった。

今まで、メディアにより情報操作、隠蔽されていたこのような情報、特に反日的な内容の情報に対しての積極的収集、対抗措置がネット市民により、政権への意見、威力として行使される機会が増えると考えられる。
そして、この傾向はさらにネットを中心にした世論形成へと成長していくものと予想される。
国民のテレビや新聞の等メジャーなメディア離れ、距離を置く姿勢により、ネットでの情報をニュースソースとして選択する可能性が大きくなりつつある。
今回の批准問題でクローズアップされたことのもう一つの重要な事実は、前回の国籍法改正で反対の意思表示を明確にした議員に対してのネットの支持が、明確に国民の意思として表明されたことである。
国籍法改正で問題意識を持ったネット有権者は今回の批准問題で、意思表示をすることが重要と考え行動し特定の議員を選択肢、彼らに対して意思表示をする託方法を得た。
これは、有権者が今までの党組織という枠組みの選択という意思表示以外の、より積極的な意思表示により候補者、さらには政党の枠組みや行動にも多大な影響を与えることを意味する。
従来のように選挙の時に政党に票を入れ、後は議院任せの立法サービスの選択が崩壊することを意味する。
より積極的で、短時間での政策参加の機会を得たとも言えるのかもしれない。
従って、覆い隠されていた従来の売国、カルト団体の推す政党、議員による政治を俯瞰しそれらからの脱却の可能性が出てきた。
今回のような意思決定の場、国民の参政の機会が増えれば、必然政治に対しての関心が高まり、その効果は大きく変化する。
従来のように政治への無関心を誘導し、政権を維持するやり方、特に反日的な動向に値してのシビリアンコントロールが形成される可能性がクローズアップされたと考えられる。
しかし、ここで注意すべきは、今回のブロガーを動員した反対意見の陳情も情報操作の危険性が潜んでいることである。
個人は売国議員をピンポイントで炙り出し、その意図を挫く方法を得たが、逆に見え難い工作、カムフラージュの存在を見抜く目が要求されるだろう。
個人はより、自らの意見を反映する事のできる候補者への支援が可能となると同時に、候補者のパフォーマンス、言動に注視する必要がある。

本来の民主主義の姿が徐々にその機能を取り戻す機会になればと願う。

【関連記事】
緊急! 「女子差別撤廃条約議定書の批准問題」


Banner21 

組織的ハラスメント、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない問題です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : 闇勢力 マスゴミ 情報操作 反日勢力連合 闇法案 人権擁護法案 国籍法改正 外国人参政権 1000万人移民受け入れ構想

緊急! 「女子差別撤廃条約議定書の批准問題」

緊急でお知らせしなければならないことが発生している。

ブログ「FreeJapan」の記事「緊急「女性差別撤廃条約」が危険」では同条約の批准審議会について述べられている。

明日4月21日午前8時から自民党本部の政調、外交等合同部会で「女性差別撤廃条約議定書批准審議」が行われるとのことである。
これは一連の闇法案と同様に反日的な動きであり、朝鮮総連との関連のVAWW-NETジャパン、部落解放同盟、 新日本婦人の会( 共産党)、 朝鮮総連女性局等の大合唱により支援され問題点も多い。
本審議に対しての反対発言が複数寄せられない場合には、先稿の国籍法裁決の状態の二の舞となる事は必定である。

読者各位には、是非以下の内容を精読頂き、意見書をご送付をお願いしたい。
残す時間があまり無く、取り急ぎの投稿とさせて頂いた。

以下関連サイトからの転載。


[掲載記事]
ブログ「FreeJapan」の記事「緊急「女性差別撤廃条約」が危険」

この日本解体法の支援団体は、 VAWW-NETジャパン、 部落解放同盟、 新日本婦人の会( 共産党)、 朝鮮総連女性局など、名うての 左翼団体です。このような団体が支援している法案を自民党が通すことが、皆さん信じられないでしょう。
知り合いの民主党議員秘書は、資料をお見せしたところ「自民党は狂ったのかね……」と、一目みての発言です。

皆様、国籍法で動いて頂けた国会議員にFAXでお願いしてください。

時間は、20日(月曜日)までしかありません。

以下は、ジャーナリスト・ 岡本明子さんが「女性差別撤廃条約」の危険性を纏めてくれました。

女子差別撤廃条約議定書の批准問題について》
1.女子差別撤廃条約選択議定書とは?
個人や団体が国連女子差別撤廃委員会に訴えることのできる個人通報制度である。但し国内での救済を経てからではないと通報できない。

2.議定書を批准すれば確実に起こってくる問題
①非嫡出子の相続、夫婦別姓制度が差別であると、国が、国連女子差別撤廃委員会に訴えられる
②独立した人権擁護委員会設立が必要であると、国が委員会に訴えられる
③その他の人権条約、例えば、児童の権利条約等の議定書を批准する障害がなくなり、全ての人権条約の議定書が批准されてしまう

3.上記の問題の国内への影響
①非嫡出子、夫婦別姓の民法改正問題が再び起こり、わが国家族制度に大きな弊害をもたらす事態になる
②監視社会となるとして国民の中でも反対の多い人権擁護法案が再び浮上する
③その他の人権条約の議定書が批准されれば、例えば現在論議になっている不法滞在親子の問題は、「父母と共に生活する権利侵害」として国連に通報される。不法滞在者に在留特別許可を与えるか否かという国家の主権行使の問題が、児童の権利の問題にすり替えられてしまい、国家主権が侵害される。
④最高裁で敗訴しても、国連にその事柄について訴えることが可能となるため、わが国の司法制度は軽んじられ、司法権の独立を侵すこととなる。又、わが国の法律や制度を訴える訴訟が次々に起こされることが予想される。

緊急拡散してください。
ネットだけ転載フリー

国籍法で動いて頂けた国会議員  http://www.freejapan.info/?FAX

ジャーナリスト・水間政憲
---------------

[FAX参考例]
ブログ「博士の独り言」
「女性差別撤廃条約」の素案見直しと廃止を願う
国思う意見書の報告


国思う意見書

「女性差別撤廃条約」の素案見直しと廃止を

衆議院 戸井田とおる議員殿

 謹啓 議員殿には益々のご活躍の段と拝察申し上げます。なお、1人の有権者として、明日(4月21日)午前8時、自民党本部701室で、政調、外交等合同部会で「女性差別撤廃条約議定書批准審議」が行われる、と伺いました。

 同事案は、国連に対するわが国の「司法権」委譲を招く危険性が胚胎しております。明日、直ちに批准されるとあれば、特に、北朝鮮直下の朝鮮総連女性局までが支援する同事案が、核ミサイル攻撃の脅威を突きつける北朝鮮による、未解決の国民拉致犯罪をさし置き、同国の体制維持のための、日本に対する、あらぬ賠償請求を助長する土台と成りかねず、著しく日本国民の存在と尊厳を貶める結果を招く懸念があります。

 すなわち、事案題名の美名の聞こえはさて置き、その正体は、日本の主権と尊厳を貶める国害に他なりません。同事案の批准に粛々と反対の意を申し上げ、今後の十分な審議のもとに、内容の見直しと廃案を望み、以上、ご多忙の机下に恐縮ですが、反対の意見書を申し上げます。謹白


平成21年4月20日

○○○○ 印
---------------

[YouTube: 【情報拡散】日本防衛軍より援護要請 ~女性差別撤廃条約が危ない~]



Banner21 

組織的ハラスメント、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的ハラスメント、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない問題です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
組織的ハラスメント、集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

tag : 闇法案 闇勢力 マスゴミ 女子差別撤廃条約 国籍法改正

北野誠 辞してなお皮を残す、創価の延焼(バーニング)

今回は憶測に支配される要素が大きいが、ネット上では大騒動になっている芸能界の問題を取り上げたい。
テレビでお馴染みのタレント北野誠氏がABCラジオ深夜番組「誠のサイキック青年団」(3月8日緊急打ち切り)で不適切な発言をしたとの理由により、芸能活動の無期限休止を発表し、全てのラジオ、テレビの番組を降板している。
日頃毒舌で勇名を馳せている同氏とはいえ、状況、真相が明るみにでない内に、手持ちの5本の出演レギュラー番組をすべて降板した状況は、どのように考えても異常である。

北野誠 タレント廃業危機!全レギュラー降板へ

4月13日には事態収集のための記者会見を行うが、明確な真相は依然不明のままである。

北野誠 名古屋のラジオ番組で涙の謝罪」

このように理由が明確にされない状況で、記者会見を開く事も異例である。

また、様々な憶測が渦巻く中、中傷や噂話、意見の誘導により真相をマスクする動きも有る。
芸能界は知られないまま多くの得たいの知れない団体が関与し、不可解な状態が発生することが常である。
これはテレビ、芸能業界に巣食う闇の力が猛威を振い、時折漏れ伝えられる事実や噂により、状況を推測するしかない現実がある。
多くのタレントの死にまつわる事件さえ不自然で、不可解なまま、葬られてきている。
突然死により世の中に大きな衝撃を与えた飯島愛さん、映画監督伊丹十三氏、ZARDボーカリスト坂井泉水さん、TBSアナウンサー川田亜子さん等創価学会の関与も疑われる事例は枚挙に暇がない。

この中でも飯島愛さんの死は在日朝鮮、創価学会、非合法団体、医療機関、官憲の関与が強く疑われた犯罪で、集団ストーカー犯罪の結果ではないかとの疑惑が持たれ、記憶にも未だに生々しく残る事件である。
疑惑に満ちた死去の原因、状況、報道には多くの情報が飛び交ったが、真相は不問に付され、事件性が否定された。
その死に対しての追加会見・報道が成されるという異例の状況からも如何に、疑惑が解明されていないかの証明となる。
いずれの事件も真相が不問に付され、真相は芸能界、マスコミの厚いベールに隠し続けられている。

今回の北野氏のケースは、既に巷では定説になっている創価学会への批判によるものと考える事が妥当と思われる。
吉本興業所属のタレント久元雅美氏の他の芸能界タレントへの折伏(入信の勧誘)を非難した為に松竹芸能株式会社との話し合いにより、休止に踏み切ったとの状況も伝えられている。
今までも、ウッチャンナンチャンの内村光良氏のように芸能界では創価学会の勧誘を批判したタレントが突然番組降板や出番を失い、失職したケースはしばしば発生していた。
今回の事件もこの状況に似ており、これはタレントの弱みに付け込んだ、創価学会員の熾烈な布教活動に対しての北野氏のコメントによる制裁だとの疑が持たれる事は必然的な流れである。
不確かな情報ではあるが、「ゴシップクリッピング!」の記事では次のようなコメントがある。

『「久本雅美さんが自分のコネで番組に共演させたタレントを創価学会にしつこく勧誘するのはおかしい」
創価学会Xデー ヤフーのコメントより。』

4月14日には落語家 桂ざこば氏が、朝日放送のラジオ番組『元気イチバン!!芦沢誠です』で「北野氏にエールを送り、その言葉にアナウンサーは反応をためらい、コメントに窮している処に、突然「バーニング!」と叫んだと伝えられている。

「バーニング!」桂ざこば ラジオで北野誠にエールも憶測呼ぶ不規則発言

この「バーニング!」発言が、またネット上で様々な憶測を呼び、騒動を引き起こしている。
しかし、これはバーニングプロダクションの圧力により北野氏が追われたとの見方に意見を導いているように感じられる。
発言の真意は不明だが、このことによりバーニングプロダクションとの関連が、クローズアップされた。
このバーニングの背後には山口会系の暴力団組織の関連付けがある。
従って、(在日朝鮮系の)暴力団組織、創価学会の関連なのかという方向での議論が繰り返されている。
いずれにせよ、闇の力が働いているとの見方につながることは事実である。

創価学会にとり、この爆弾発言による世論の誘導が成され、救われた形になる。
ネット上でも創価学会工作員と思われる人達、プロの書き込み集団がしきりにバーニング説に導く発言に終始し、創価学会の関与を否定する書き込みの大合唱である。
圧倒的な書き込み要員数で、不自然な意見が巻き起こりバーニング説の大合唱を煽るという状況である。

4月15日には、この事件は北野氏所属の松竹芸能と番組を放送した朝日放送が、日本音楽事業者協会(音事協)に退会届を提出・受理にまで事態が発展した。

北野誠さん不適切発言:松竹芸能が音事協退会

創価学会の実態は多くの政治家や芸能人の職を奪い、深刻な組織的な嫌がらせ行為を行い、社会的に抹殺、時には殺人犯罪に及ぶ恐怖に基づく活動を平常的に行うカルト団体である事はよく知られている事実である。
組織の為に金と権利を貪欲に追及し、宗教法人という名の下に税金を免除された政治団体、マルチまがいの宗教の本質に乖離する危険な団体である。
宗教法人の名の元に、多くの人々に手段を選ばない方法で勧誘、洗脳、脱会希望者には恐喝まがいの説得活動を行い、最終的に財産を収奪し続けるシステムである。

この様な自己中心的な活動のために周辺の人々に、不幸や災いを巻き知らし、巻き込む事が常習化しており、大きな社会問題となっている。
脱会者だけでなく、活動に邪魔な人間、全く縁もない第三者に組織的な嫌がらせを長年、何世代にも渡り実行し続ける。
このような実態が示すものは正常な宗教団体としての機能を外れた、異常な犯罪集団としての姿だけである。

芸能界でも不当に勧誘活動や力を笠に理不尽な威嚇活動を行い、侵食を続けている害悪が蔓延る。
北野氏がこのような執拗な勧誘活動の状況に対して、苦言を呈したことも、常人であれば当然の事であったかもしれない。
今回の事件も創価学会に席巻されたスポンサ-、事務所、放送制作側の組織が仕組んだ工作と考えるられるのではないだろうか。
芸能界、テレビ業界は上記の如く、闇連合勢力の巣窟と考えられており、口を噤むことでタレントや制作職での生き残りが必須とされている。
いかなる悪も覆い隠す体質からは、不健全な社会を醸成する体質が確立し、やがては闇勢力の温床となり一般的な社会正義を蝕む事は自明の理である。

いずれにしても、今回の騒動は創価学会や暴力団組織が展開している芸能界に深く根ざした活動に対しての弊害に対して疑惑の目が向けられ、その存在に気付かない人たちが目を向けた大きなエポックメーキングな出来事であったことは確かである。
真相の解明と創価学会、闇勢力の危険な実態を多くの人が認識する必要が有る。

北野誠氏に対しては芸能界への早期復帰を望み、声援を送りたい。

[YouTube: 「誠のサイキック青年団」涙の最終回 #01 (2009年03月08日放送)]



Banner21 

組織的ハラスメント集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的ハラスメント、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない問題です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
組織的ハラスメント集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー被害 創価学会 闇勢力 マスゴミ 暴力団 芸能界の闇 集団ストーカー 組織的ハラスメント 情報操作 北野誠

「アジアの“一等国”」の“三等放送局”

最近のNHKの番組に失望感をもたれている方は多く居られる。
そのような状況の中での失望感というより、怒りを覚える番組が先週4月5日に放送された。
『「NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー 第1回『アジアの“一等国”』」である。
この番組は日本が世界史の中にどのように登場し、行動して来たかの足跡、検証を通し歴史を俯瞰する番組と考えていたが、非常に大きな問題を投げ掛けた番組だった。
この放送は、日清戦争以降の日本と台湾の関係、日本の台湾統治についての特集である。
しかしそれは史実と取材内容を適正に編成せずに、歪曲の力を加えた反日的内容に満ち溢れていた。
現在の台湾の置かれている中国との立場も考慮せず、国際的に見てもバランスを欠いている。
台湾の存在、日本との友好関係を阻害する内容、異常なバイアスの掛かった異様なプロパガンダとしか考えられない番組だった。
4月10日、産経新聞にはこの番組を巡り、次のようなニュースが掲載された。

Nスペに「李登輝友の会」が抗議声明

聡明な視聴者はこの番組に登場する当時の経験を持つ方々のインタビューの表情からは放送に見られた批判的な発言内容だけではないと察知されたことかと思う。
今番組中のインタビューに協力された台湾の方々の意見は完全に番組進行に都合の良い内容だけを編集したものだったようだ。
ブログ「台湾は日本の生命線!」では番組のインタビューに答えた柯徳三氏に直接電話をし、その証言により、この番組でのインタビューに基づく内容が捏造である事を証明している。

証言の「断片」のみ放映―台湾の被取材者が怒る反日番組「NHKスペシャル/シリーズ・JAPANデビュー」

番組は殊更に日本の統治についての弾圧、強制の姿勢による同化政策を強調する内容で、日本の統治化の状況に対しての批判部分だけを織り込む工作が成されていた。

日本の統治に関しては、功罪50%づつとの証言が得られたのである。
日本政府に対しての社会資本、教育に感謝していると語り、日本政府の統治やその方法ではなく、寧ろ「日本に捨てられた台湾人の怨み言」であると解釈してほしい。黙って国民政府(蒋介石政府)に引き渡したときの怨みだ。」という冷静な評価がなされている。

台湾当地時代の創氏改名については、当時の国情、統治方法により様々な扱いがあったことは知られる通りであるが、台湾に於けるこの流れは緩やかなものとされている。
番組は自虐的な歴史観の元に、日清戦争以降の日本の皇民化運動による日本文化強要、弾圧が台湾統治の主軸との印象を受ける内容に仕立てられていた。
しかし、この内容こそが台湾の嫌日本的な情緒を煽動し、日本人に罪悪観を植えつける役目の偏向放送である事は論を待たない。

当時の日本、台湾、中国の政治的関係、フランス、イギリス等列国の植民地支配方法にも言及はしているが、正しくその統治方法や被支配地での行動についての分析がされているようには見えない。
それら列強の植民地獲得に至る工作や戦闘行為、支配構造についての、例えば破片戦争でのイギリスの工作や支配方法等についての人道的立場からの検証は成さず、皇軍統治の一部の不条理、負の面についてのみの表現が協調されている。

同番組はシリーズ化され、これからも延々と国民に日曜ゴールデンタイムに公共の電波を使用し、ネガティブキャンペーに満ちた宣伝を繰り返す事になる。
この番組の視聴者はシリーズ化された主張内容の繰り返し、自虐史観に彩られた、史実の一面だけをクローズアップした偏向番組により、知らず知らずのうちに自らの国を誤った方向に導く力に唆されるだろう。

ここで問題となるのは、この様な異常な放送をどのように評価し、問題点を告発するかである。
内容的に問題が認められる放送に対しては、BPO 放送倫理・番組向上機構による評価・是正を求める機能を果たすと考えられる団体が存在する。
しかし、ここでまたもや障害が存在し、今後の最も大きな課題の一つが立ち塞がる。
この機関の放送人権委員会では、在日朝鮮系の擁護を求める委員が複数のポジションを占める放送、言論の監視、統制を行う可能性の高いシステムが成立している。
従って、マスコミは2重、3重にも中国、韓国・朝鮮、創価批判内容がメディアに登場しないようなシステムが出来上がり万全な洗脳が機能的に実施されている。
国民が知ることを完全にブロックしており、もはや知る権利の保護等は消え失せているのである。
この様な状況ではいくら犯罪行為を組織的に実行しても許容される。

編成において偏向、隠蔽、歪曲が行われ、それを監視する第三者機関が、圧力団体としての力を加える。
かくして、日本は平和で何事も無くという報道内容、真に人権侵害に相等する報道は常に闇のかなたに葬られ、不都合な存在の個人、団体は葬り去ることの出来るシステムが完備したと言える。

しかし、ネット上で今回の番組のタイトルを検索すると、真っ先に現れるのはこの番組の反日的な内容に対しての批判記事であり、ヒット数も非常に大きい。
この状況だけで判断することは乱暴であるが、ネット上の書き込みには非常に多くの正常な考え方の意見が寄せられ、多くの目が光っている状況であると考えることが出来る。
異常なメディアの汚染状況にも拘らず、この異様な番組を批判する力強い感覚は麻痺して居らず、危機感を持つ健全な思想の基盤を持つ日本人の国民性の裏打ちを感じた。
放送の主体とその評価機関も含め、我々は報道の自由を脅かされている厳しい環境に置かれ、その事に対しての客観的で、冷静な批判力を持ち続けメディアの暴力的な姿勢を問いただすべき努力が求められていることを実感させられる。

我々は単純に番組の内容、報道の姿勢だけでなく、それをチェックすべきBPOの構成、活動の実態にも厳しい視線を向ける必要がある。
今後もそれらについての検証を継続して行きたいと考えており、今回の記事は問題の提起とお考え頂ければ幸いである。

[YouTube: 1/2【柚原正敬】NHK「JAPANデビュー」問題 抗議声明提出[桜 H21/4/13]]


[YouTube: 2/2【柚原正敬】NHK「JAPANデビュー」問題 抗議声明提出[桜 H21/4/13]]


[1/2【NHK・アジアの一等国】日台分断工作!?繰り返される偏向報道[桜 H21/4/11]]


[2/2【NHK・アジアの一等国】日台分断工作!?繰り返される偏向報道[桜 H21/4/11]]


【番組放送の抗議先】
NHKスペシャル「感想・問い合わせ」 
NHK視聴者コールセンター: 0570-066066
BPO 放送倫理・番組向上機構 「ご意見送信フォーム 」
総務省「ご意見・ご提案」受付
    (平成21年4月10日18時~4月13日10時まで停止)

【関連記事】
「テレビの、これから」よりテレビのこれからは?
偏向テレビ報道+ネット工作の相乗効果
赤報隊事件と報道
日本テレビ、真性集団ストーカー被害者報道か
揺れ動く政局とマスコミの攻勢


Banner21 

組織的ハラスメント、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的ハラスメント、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない問題です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
組織的ハラスメント、集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : 反日 マスゴミ 偏向放送 情報操作 反日勢力連合 NHK

テポドンII発射劇での醜態の教えるもの

テポドンIIへの今回の自衛隊の対応で、2つの信じられないような事態が発生した。
一つ目はPAC3パトリオット発射台登載車の事故の問題、もう一つは自衛隊の誤認・報道の問題である。

秋田市に向かう自衛隊のPAC3搬送車の交通事故は国防のプロたる自衛隊の戦術的、技術的危弱性の問題を暴露した。
3月30日、PAC3の浜松基地から秋田市新屋演習場への移動途中での事故で、サンケイ新聞データ版では「空自車両、道間違え事故 PAC3の発射台載せ立ち往生」と伝えている。
因みに、朝日は「PAC3車両、道間違えて事故った 秋田で立ち往生」と揶揄調の見出しである。
搬送車は公道を長距離搬送の移動道程の中で、道を間違え、県立球場の照明灯のコンクリート台座に接触するという事故を発生させ3時間もの間立ち往生した。
如何に狭い道路の運航とはいえ、予め道路行程の検証と搬送技術についての実技訓練は積まれた筈である。
危険物の搬送でも有り最新の注意が払われたことと思う。
何十億円という巨費を投じた高度な兵器を、このような事故に巻き込むとは、全く考えられないような醜態と言わざるを得ない。
そして、この行路の道先案内は秋田県警である。
なぜ、地元県警の職員が自明の順路を、このような異常ともいえる先導ができたのか、原因はこれまた理解に苦しむ。

次の問題である発射誤認・報道の問題はさらに深刻な防衛システムの問題を国民、国際社会に露呈せしめた。
4月4日に発生した誤認の内容の報告される現在までの顛末は以下の通り。

【北ミサイル】発射誤情報…無関係な航跡発端 伝達の迅速さと正確さの両立課題

航空自衛隊の千葉県旭市で運用している高性能新型地上レーダー「FPS-5」システムが探知した航跡が飛翔体として防空指揮群へ報告された。
しかし、この時点では米軍の感知システム、早期警戒衛星からは何の情報もなかった。
防空指揮群から連絡を受けた総隊司令部の隊員は、思い込みにより早期警戒衛星もミサイル発射を探知したと付け加え、別の隊員に伝えた。
本来は、この二つの条件が揃うことにより、飛翔体の航行が政府、国民、自治体に知らされる仕組みになっていた。
しかし、担当者は上司の確認のないまま、危機管理センターは緊急情報ネットワーク、Em-Netシステムを通じて発射を急報した。
条件が成立せず、且つ、鑑定を経ず自治体に直接知らされたということは如何に緊急な事態とは謂え、全く理解の範囲を超えている。
情報伝達システムは完備され、2重にも3重にも管理されている筈である。
また事が逼迫しており、今回の発射問題への確実な対応の為に何度も訓練、シミュレーションは行われていたものと考えるべきである。

そして、この誤認定の報道と5分後の訂正は共に国内と世界中のメディアを駆け巡った。

これら2件は単なる凡ミスが重なっただけの事なのだろうか。
しかし、異常な事故、ミスオペレーションはどのようにも考えるべき妥当な理解の範囲を超えている。
とすれば、何らかの意図的な工作がなされた可能性もあるのでは無いだろうか。
それでは誰が、何故にという問題が発生する。

・国防に関しての議論を喚起させるためのタカ派の指導によるもの。
・国力を貶めるための、創価・反日連合勢力による工作+プロパガンダ。

事実は今後の究明を待たねばならないが、自衛隊航空機のタイミング合わせによる低空飛行のストーキング行為、創価信者の集団ストーキング加害者の犯行を取り締まれない警察の対応を日々目の当たりにしている筆者にしてみると、創価や在日勢力が侵食している大陸(朝鮮・中国)を向いた後者の見方による、不甲斐ない国防システムによるものであるとの見解が有力と思えて来る。
ある基地では創価学会の思想は国防上危険とのことで、部隊の創価信者の脱会を求めたとの話を聞いたことがある。
また、何度か先稿でもお伝えしている様に、この航空機によるストーキングは多くの集団ストーカー被害者の方が、その被害を訴えておられる事実でもある。

結果的に、テポドンIIの一段目は日本海に、弾道は日本列島を超え太平洋に着水した。
軌道上には何も乗らず失敗とのことであるが、この一件により北朝鮮による国際的な危機感の扇動、ミサイル・核のカードを日本、米国に持つことになった。
我国が制裁措置についての毅然たる態度と国際社会への対応を強く求めるべきであることは明確である。
今回の自衛隊の醜態2題、事は国防の大問題である。
如何に平和憲法の元で、安穏と暮らしているにせよ、自前の国防軍隊を持ち、その運営を自国で賄っている国家がこのような危機管理とは、有事の際の対応が思いやられる。

このような事態は有事前提で、すべての国力を方向付けるべき必要性が増大していることの証明である。
国防の危機を訴えた幕僚長を罷免したことが象徴する虚弱防衛組織、システムの欠陥、自衛隊員の自虐史観に基づく教育問題、士気高揚の必要性を認識するべき時期である事は誰の目にも明白である。

また、防衛システムの弱体化に拍車を掛け続けた反日連合勢力の国防の議論の先端からの一掃が必要であり、国防システムについての真剣な議論を至急進めることが重要課題としてクローズアップされた。
政府には今後の捜査、創価信者の公的機関への進出の明確化を徹底すること無しに健全な国家運営は不可能であることを認識すべきである。
今回の飛翔体の通過、衛星(?)の失敗を一過性の問題提起だけで終わらせてはならない。
これは自らの国防、その弱体化が近未来に如何に危険な結果を招くかを思い知らせた予告編の一幕でしかない。

巷に囁かれるミサイルを発射させない努力をすべきとの意見とは、朝鮮系カルト教団の暴力的愚行をご覧頂ければお分かりのように、単なる理想論でしかない。
創価の「総体革命」の進行的症状をご存知の読者の方々には、議論の端緒となることを確信している。

<2009年4月6日 11:30追記>
今日はこの醜態の問題かストーキング行為の暴露記事の結果かは不明であるが、いつもより自宅での航空機の爆音が激しい。
自宅には監視カメラが設置され、音声もこの飛行については24時間記録されている。
国防の為として国土を守る筈の航空機がどのような振る舞いをしているかは、いつでもこの記録により参照可能である。
尚、自宅の場所は通常の飛行航路ではない事を付け加えておく。

Banner21 

集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、集団ストーカー犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

最近、他の被害者の方がブログプロバイダやブログランキングについての操作被害、不審感をご自分のブログで表明しておられました。
私も同様のことを経験しており、その事を訴えたいと思います。

組織的、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない問題です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカーが表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカーについての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

テーマ : 国防・軍事
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 反日勢力連合 創価学会 総体革命

「集団ストーカー認知・撲滅の会」2回目横浜街頭宣伝活動

3月28日に横浜駅で「集団ストーカー認知・撲滅の会」の街頭宣伝活動に参加した。
前稿でも紹介したが、今回は新規に2名の方の新規ご参加を得た。
当初予定していた産業情報センターは人通りも少なく、場所を横浜駅前に移し、午後から3時間程活動をした。
前回の横浜街頭宣伝活動と同じ場所、駅ビル・デパートの前の広場で、薄曇気味の晴れ、気温は非常に低かった。
参加は新メンバーの男女お二方はHP「可愛い夫婦の手づくりホームページ」の主、HP「創価学会集団ストーカー」の又吉さん、ブログ「nightの独り言」nightさんの計5名である。

お二方は、近隣で騒音を主とするローテクノロジー系の被害を受け、広く被害を精力的に訴えて居られる。
今回の参加はお二方が、被害を多くの方に訴えることにより社会への認知活動と被害者同士の互助の関係を構築なさりたいとの強い希望によるものである。

今回横浜駅で街頭宣伝活動を行うのは2回目だが、土曜日の午後という設定、建物に面した通りで、街頭宣伝活動には相応しい場所である。
切れ間の無い人通りの中で、立ち止まり演説の内容に聞き入る方も多かった。
今回は5人の参加者全員による演説により、非常に多くの通行者に強力な印象を与える場を作ることが出来た。
中には明らかに加害者側と思われる人間も多く見られた。
メンバーに執拗に説明を求める若い男性やピリピリとした警戒感で携帯電話カメラを向ける鋭い眼差しの工作員が見られた。
ストリートシアター的な様子として、救急車の搬送が時間を合わせて登場、活動の場の後方で騒音を仕切りとたてる車が多数往来していた。
この様な状況を見ても、この活動の影響力の大きさが窺い知れる。

今回ご参加頂いたお二方とも、ご自分の被害を中心に大変精力的に演説して頂き、効果的な活動となった。
映像資料でご覧いただけるように、非常に破壊力のある強力な話術が展開された。
生々しい日常での被害経験、噛み砕いた理解し易い被害の構造を詳しく説明して居られた。
この中で、Gas Lightingの由来から集団ストーカー行為を説明する内容は、組織的な犯罪の理解を助けるものである。

街頭宣伝活動後、食事を共にし、親睦を図った。
その場でも、被害の共有とお互いの支援の約束をした。

この「認知・撲滅の会」の街宣活動は被害を訴える機会であると同時に、活動に直接ご参加頂けない被害者の方々にも希望と勇気をシェア、共有する存在でも有る。
この様な積極的な広報活動の場であるが、ネット上で心無い猜疑心を持つ者や工作員により、我々の行動が様々な言われ方をされ、メンバーの誹謗中傷が横行する等、有形無形の険しい2次的な被害に直面せざるを得ない状況も存在する。
どのような理由があるにせよ、この活動を誹謗中傷等による妨害を意味する全ての行為も加害行為と考えられる。
そのような行為は、集団ストーカー犯罪の加害者実行犯よりも本質的に悪質な加害行為といえる。
真の敵を別な対象に摩り替え、本来の加害を行う主体から目を逸らすための手法はいかにも朝鮮、カルト的な手法であることは読者の皆様には周知の事実である。
街頭宣伝活動等被害を社会に知らしめる活動や被害者同士の結び付きは加害者団体の最も忌み嫌うものである。
このように不必要に加害者を糾弾する者の悪評を立て、中傷をする事は加害者の意図の反映である事はもはや明確である。

我々が目標とすべきは、犯罪行為の糾弾であり、ここの被害者の誹謗・中傷ではない。
街宣が順調に回数を重ねる度に、誹謗中傷工作の度合いも大きなものになりつつある。
私個人は他の被害者との共同による活動に、消極的な理由は全く感じていない。
今回のように、活動が活発化する場合は、自称被害者からの偽被害者認定や中傷工作は熾烈なものが有った。
しかし、どのように言われ扱われようとも、今後も活動を支えて行く所存である。

今回ご参加頂いた方々の心強いご協力も頂き、今後も活動を活発に行うとの決断を新たにした次第である。

















【関連記事】
街頭宣伝活動へのご参加
「集団ストーカー認知・撲滅の会」の街頭宣伝活動についての疑問点
「集団ストーカー認知・撲滅の会」 江戸川区/市川市街頭宣伝活動
「集団ストーカー認知・撲滅の会」横浜街頭宣伝活動

Banner21 

集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、集団ストーカー犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 集団ストーカー被害 創価学会 集団ストーカー認知・撲滅 街宣

プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。