スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ニコニコ生放送」 ~犯罪情報の発信・表面化の手段

集団ストーカー犯罪に限らず、創価、在日朝鮮人、暴力団組織等闇勢力の犯罪の多くは大手マスメディアでは報道されない。
メディアは創価・闇勢力のスポンサー、放送局制作側、出演者・プロダクション、新聞社、出版社その他業界関係者に支配され、守られるべき報道の真実はことごとく粉砕されているに等しい。

集団ストーカー犯罪の存在はこのようにネット上の情報を通じ国民が知る所となりつつあるが、強力な隠蔽、操作工作によりその浸透阻害の壁は非常に高い。
犯罪被害は深刻さの度を増しつつ、蔓延し、被害者だけの問題ではなくなりつつあるが、大抵の国民はそのこと自体も知る由もない。
被害を知る非被害者の方々は、今、現在は幸福と考えるかも知れないが、実は被害者よりも不幸であることを理解していない。
何故ならその被害対象であることに気付かないでいることは、人命、健康、安全、地位、財産を略奪されても真の理由を知ることも、それを防ぐこともできずに不自然な状況で不幸に遭遇し、それら被害を受け続け、もしくは運命操作をされ、初めて気付くことが可能になるかもしれないからである。
気付かないでいることは、加害者にしてみれば加害行為の実行を容易にするという不幸な余禄も付くかもしれない。
事実、同類の加害行為が認識されているにもかかわらず、奇妙なニュースは日々その一端が伝えられるだけであり、冒頭の理由の通り、報道もされず人知れず葬り去られる被害の量は計り知れないものと考えられる。
大量の自殺、病理、事故、リストラ、その他あらゆる犯罪や不幸が日々発生しており、警察も裁判所も対応しない問題は山積み状態、国政の場でも闇勢力が闊歩する現状をネットの情報でのみ垣間見る所であることは多くの良識の徒の周知の事実である。

前述の如く、集団ストーカー犯罪被害を放置することは、日々正常な人生を歩むと思われている一般人にもその害悪は確実に進行する、否、した。
我々被害者はこの被害状況を、現在まだ自由活用できるネットの力により、情報発信方法を工夫し、社会への露出回数を増大させることに無しには、自らに降りかかる陰惨な問題は絶対に解決しない。
また、同時に社会正義、更なる被害者の増大、犯罪状態悪化阻止のために被害者はその真実を伝える義務がある。

このような状況に対して、極一部の被害者の方々は日々HP、ブログ、掲示板、SNS、YouTube等にとその貴重な時間を費やし、悲惨な被害状況を訴え続けておられる。
また、我々「集団ストーカー認知・撲滅の会」も街頭宣伝活動を通じ、街頭を行く一般の方々にその被害を直に糾弾している。
今回、我々はネット上の生放送という手段で、この被害を訴える方法を作り出し、物言わぬマスメディアの代わりに真実を伝える行動を起こした。

前稿で紹介させて頂いた6月28日放送の「ニコニコ動画」経由での「集団ストーカーに関しての雑談」のネット放送は初回で、十分な事前告知がなされていない状況にも関わらず、全136席に対して131人のご参加を頂いた。
中には書き込みによるコメントから察するところ加害者の参加も多かったようである。
内容は放送活動の紹介、清水由貴子さんの音声記録の被害状況、スピーカー各自の被害経験、考察その他である。
内容的には多少散漫気味だったが、試験的放送としての成功、反響、広報活動としての手段の確立と考えれば十分の成果が得られたと考えられる。

この企画は被害者による画期的な不特定多数への犯罪情報発信、広報の方法である。
今回の放送発信者側、スピーカーは「集団ストーカー認知・撲滅の会」の3名である。
HP 「集団ストーカー認知・撲滅概論」の管理人 馬苦路氏、「創価学会の集団巣トーカー」管理人又吉さん、筆者である。
スピーカー各人のオンラインPCではインターネット通信アプリケーションであるSkypeが起動しており、そのSkypeの映像・音声交信機能の音声データをそのまま「ニコニコ動画」の生放送機能である「ニコニコ生放送」へ伝送している。

放送は6月28日深夜の0:00から一時間であり、冒頭に述べたように、来訪参加者は131名に及び、コメント数は56に達した。
今回の放送は多分に試験的な意味合いの放送であり、情報の発信、その手法の試みでもある。
加害者側にしてみれば、このような不特定多数に対しての放送は困るのであろう。
妨害工作も一入で、工作員の無いコメントの書込みが目立ち、同時に放送中に運営妨害工作も顕著な状況を示していた。
各送信側スピーカー達の音声が放送中にリアルタイムでの妨害工作を受けた。
馬苦路氏はPC上のオーディオコンソールでも確認できていたが、音声入力レベルコントロールが絞られ、再三音声が途切れる状態だった。
筆者も彼の音声が暫くの間中断され妙な印象だったために、別途Skypeのチャット機能を利用して、彼にコメントを送り音声復帰の為の依頼を何回か繰り返した。
音声自体も断続的に通信回線の劣化工作により、パケットの到達量が極端に減少し聞き取り難い状況や不自然な音声のエコーバックが発生していた。

しかし、このような状況下でも集団ストーカー犯罪を一般の方を含む多くの不特定多数に知らせるためのコンテンツの発信を行なうという従来には殆ど例を見ない広報活動を展開できたことは、今後の集団ストーカー犯罪被害を世に知らしめ、その具体的な被害を生の声で伝えることが可能な道が開かれた。
勿論多くの反省点、改善すべき点、発展的な内容もその後の放送後のオンライン会議で指摘された。
今後はそれらの要点を活かし、より良好で、効果的な情報発信活動を行なう予定である。

なお、今回の放送は「集団ストーカー認知・撲滅の会」にお寄せ頂いた暖かいお心遣いのご支援の資金中から運用費用として使用させて頂いていた。
街頭宣伝活動の為のご支援同様に、この活動へのご支援も今後賜りたい。
経済的にも圧迫させられている被害者の方の、苦しい状況の中からのご工面による貴重な活動資金のご提供は、これら活動に対しては何物にも代え難い恩恵であり、活動には不可欠のエネルギー源である。
従って、これら「集団ストーカー認知・撲滅の会」の活動は我々の目に見える活動だけでなく、ご支援頂いた被害者の方の間接的なご参加の結果と言って良い成果である。
日頃自腹での活動を強いられるメンバーに対しては多大な助けであり、感謝に耐えない。
この記事の場を借り、深く資金提供のご協力に感謝の意を示し、その報告とさせて頂きたい。

今後は放送を定例化し、主要な活動として位置付け、社会への集団ストーカー犯罪の露出を加速する役目を果たす予定である。
また、放送をお聞きになれない方々にはレコーディングによるオフラインコンテンツを提供できるようにしたい。
我々「集団ストーカー認知・撲滅の会」では街頭宣伝活動は選挙期間中になる為に、暫くはこの放送活動を中心とする考えである。



なお、次回の放送予告を添付させて頂いた。
先月5月2日に、惜しまれつつこの世を去った忌野清志郎さんは、社会的なメッセージ性の高い名曲を多く世の中に送り出した偉大なミュージシャンで、性別、年齢、ジャンル、思想に偏らない多くの熱狂的なファンの支持とその人柄により愛された国民的な存在だった。
清志郎さんの数々の名曲、生き様についての話を集団ストーカー犯罪の情報と取り混ぜ、一般の非被害者の方にも広くこの犯罪を紹介する企画である。


本ブログをご覧の方には是非ご参加頂き、活動にご協力をお願したいと思います。
また、今回の放送、今後の放送についての忌憚の無い意見、ご要望をお寄せ頂ければ幸いです。

【次回放送予定】
予定日: 7月1日
開演時間: 23:00
内容: 「故忌野清志朗さんを偲ぶ雑談」

--------------------[放送予定ページより引用] --------------------

偉大なロックシンガーが後世に残したものは何か? 以下の曲について集団ストーカー被害者が感想を語ります。 曲名:Boys、FM東京、 宗教ロック、 トカレフ精神異常者、 警察に行ったのに、 偽善者 皆さん、いつPCの停止・動作不良させられるか分かりませんので、録音して下さい。前回(6/28(日)の工作は、管理人の音声を小さくされる攻撃をされました。

コミュ:集団ストーカー認知・撲滅の会
※一般会員の方は混雑のため、途中で生放送が視聴できなくなる場合があります。
※放送内容や時間等は変更する場合がございます。また、システムトラブル等で放送中止になる場合もございますので、ご了承下さい。
※プレミアム会員登録後も入場できない場合、もう一度ログインをしていただきますようお願いいたします。
-------------------------------------------------------------

【関連記事】
集団ストーカーについての生放送番組の企画
清水由貴子さん 死の重いメッセージ
清水由貴子さんのテクノロジー系被害
忌野清志郎さん 逝く
被害映像集

Banner21 

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

スポンサーサイト

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ニュース

tag : 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー認知・撲滅の会 放送 ガスライティング 闇勢力

集団ストーカーについての生放送番組の企画

現在、「集団ストーカー認知・撲滅の会」では情報発信のイベント、マスコミが全く触れないこの集団ストーカー犯罪についての放送を行う計画であ。
明日6月28日深夜0:00から下記要領で番組生放送の試験を予定している。

これは我々「集団ストーカー認知・撲滅の会」の企画により、被害者本人達の手でマスメディアによる情報操作・隠蔽により報道されない犯罪を被害者はもとより一般の方々、加害者に至るまでその犯罪の存在、実態を知らせる活動である。
実質的にはネットワーク上の「ニコニコ動画」の生放送機能「「ニコニコ生放送」による不特定多数の視聴者への情報発信を行うバーチャルラジオ・テレビサービスの展開である。
犯罪組織と社会の歪により人権を侵害されている被害者の代弁、社会的な認知への加速を願う放送であり、このブログをご覧頂いている多くの方により聴取への参加をお願いしたい。

今回は試験的な放送であり、映像の発信は行なわずにフリートークによる対話で集団ストーカー犯罪についての生の声を社会に上げるという広報インフラの構築にある。
今回の放送が今後の活動の基盤となり、社会に与える効果に期待したい。

予定日: 06月28日
開演: 00:00
番組名: 「集団ストーカーに関する雑談
企画・製作、放送: 集団ストーカー認知・撲滅の会
コミュ: 集団ストーカー認知・撲滅の会
URL: http://live.nicovideo.jp/gate/lv1641378
予定表: "http://live.nicovideo.jp/timetable

放送番組のコメントとして以下の内容を公開させて頂いた。
---------------------------
TEST放送です 初めての試みです 故清水由貴子さん、故忌野清志朗さんなどについて語ります。 皆さん、いつPCの停止・動作不良させられるか分かりませんので、録音して下さい。
※一般会員の方は混雑のため、途中で生放送が視聴できなくなる場合があります。
※放送内容や時間等は変更する場合がございます。また、システムトラブル等で放送中止になる場合もございますので、ご了承下さい。
※プレミアム会員登録後も入場できない場合、もう一度ログインをしていただきますようお願いいたします。
---------------------------

今回の企画について、ご意見ご希望、聴取後のご感想を頂ければ幸いである。

【関連記事】
清水由貴子さん 死の重いメッセージ
清水由貴子さんのテクノロジー系被害
忌野清志郎さん 逝く
被害映像集

Banner21 

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : 集団ストーカー 情報操作 マスゴミ 情報発信 放送 集団ストーカー認知・撲滅の会

ストレスを大きくする人、小さくする人の差

先日、SNSの書き込みに非常に参考になる文章を引用された方が居られた。
ストレスを大きくする人、小さくする人の差」という表題のページからの文章を紹介されておられた。

一種のストレスマネジメントの参考文章と言ってしまえばそれまでであるが、この内容が切実な状況にある場合の筆者にはあまりにも素直に感じられ、何回読み返してみてもその通りだと感心してしまう。
今回は他の記事も投稿しようと考えたが、この文章をそのまま掲載させて頂くことにした。

集団ストーカー被害に遭われておられる方にとっては日々の生活を覗かれる監視や加害行為に晒されるアンカリング、ストレスからくる、脅迫観念、敵意、人間に対しての不信感、諸々の不安と闘う日に疲弊し切っている状態かと思う。

年間32,000人を越える自殺者、とその増加も集団ストーキング行為やそのマインドを持つサイコパスの暴力的な言動や工作によるものが相当な割合と考える。

また、最近の多くの被害者が職を失う状況は単に不況による理由ではなく、リストラを口実とする集団ストーカー被害によるところが大きく、その数は増加している。
理不尽な手口で社内外での仕事を奪い、風評被害を与え、人間関係を破壊する工作行為が連日展開される。
職場での集団ストーカ被害のストレスは経験したものでないと理解できない壮絶な現実が存在する。
職場で被害に遭遇されている方には、是非それらの犯罪行為をストレスの管理を含むセルフマネージメントにより撥ね退けて頂きたいと願う。
タフなビジネス環境下のビジネスマンの方にもこの内容は、一服の清涼感、救済感を与えてくれるのではないだろうか。

本来であれば、集団ストーカー被害者こそ心身のケアにセラピー等の力添えが得られれば良いのだが、更なる被害の増大を呼ぶ可能性も有り、被害者にはその安全なサービスを容易に所望するわけにはいかない現実がある。
人それぞれストレスコントロールの方法や紹介した内容に対しての所感が異なるかも知れないが、この一文の引用を今後の活動、日々の苦しい状況と感じられる時には思い返し、参考にして頂ければ幸いである。

尚、文章の作者大美賀 直子さんは健康・医療、メンタルヘルス、ライフスタイルの分野を中心に執筆するカウンセラー、フリーライター、ジャーナリストとして活躍されている方である。

------------------------------「引用」------------------------------

「ストレスを大きくする人、小さくする人の差 」

心が疲れ切っているときには、誰でもストレスを感じやすくなる
■そのストレス、自分自身で招いているのかも?

 あなたは、ストレスが多いほうですか?少ないほうですか?

 同じ状態にあっても、ストレスを大きく感じる人もいれば、小さく感じる人もいます。それには、もともとの性格や感受性の違いもさることながら、「心の健康度」の違いも大きく影響しています。

 たとえば、もともと明るくて素直な性格の人でも、毎日長時間残業が続いて、周りにつらさをわかってくれる人もいなければ、心は疲れ切ってしまいますよね。そんなときには、ちょっと人から注意を受けただけでも、大きなストレスに感じてしまうものです。

 私は、このようにストレスを大きく受け止めてしまう心の状態を「ストレス・マインド」と呼んでいます。

■「ストレス・マインド」のときの発想パターンって?

 ストレス・マインドが強くなると、素直で冷静な自分を失い、小さなことにもイライラしたり、自信をなくしたり、自分を追い込んだりしてしまいます。そのため、雪だるま式にストレスを増やしてしまうのです。

 では、ストレス・マインドのときには、具体的にどんな発想をしやすいのでしょう。代表的には、以下の5つのような特徴があります。みなさんにも、心当たりはありませんか?

・「私なんて」「どうせ」など、自己評価が低い
・嫌なことがあると、すぐに他人への不満を感じる
・ネガティブワードが多い
・いつも「勝ち負け」の価値観に縛られている
・「~しなくちゃ」「~ねばならない」の口ぐせが多い

 自分に上のような傾向があると感じたら、少しでもそれを「止めよう」と心がけてみましょう。この意識が、ストレス・マインドに歯止めをかけ、ストレスが増えるのを防いでくれます。

 一方、ストレスを小さくできる人は、日頃どんな努力をしているのでしょう?

■ストレスを小さくできる人はこんな努力をしている

 ストレスに振り回されない人、つまりストレスを自分の力で小さくできる人は、意識的に、または無意識のうちにこんな努力をしています。

1)ゆがんだ発想に傾かないように気を付けている
2)疲れたときには、無理せずに休んで自分をいたわる
3)自分の限界を知り、あれもこれもと手を出さない
4)ライフスタイルに変化を取り入れている(四季のプチ・イベント、資格へのチャレンジなど)
5)「ありのままの自分」を認め、愛している
6)「大切な人」との関係を大事にしている
7)「なりたい自分」を見つける努力をしている
8)人間関係に依存しすぎない

■幸せも不幸も、自分次第

 悪天候を避けられないように、生きているかぎりストレスから100%逃れることはできません。だからこそ、自分自身の心がけで、ストレスを小さくする努力が必要なのです。

 ストレスに振り回されなくなれば、自分自身をもっと有意義なことに活かせる心の余裕が生まれます。すると、人生をもっと豊かに、ますます楽しく感じられるようになっていきます。

 昔から、「幸、不幸は自分の胸三寸が決める」と言われます。つまり、自分の心がけ次第で、人生をストレスの多いものにも、少ないものにもできるのです。

【ストレスガイド:大美賀直子】

【関連記事】
清水由貴子さん 死の重いメッセージ
清水由貴子さんのテクノロジー系被害
就業の場の侵食
職場での孤立化
企業戦士に忍び寄る影
被害映像集

Banner21 

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

tag : ストレスマネジメント 集団ストーカー 付き纏い ケア ヒーリング ガスライティング

統一教会への司法介入劇

6月11日、統一教会関与とされる企業「新世」(東京都渋谷区)が印鑑による脅迫商法で家宅捜査を受け、社長、田中尚樹(51)容疑者ら7人が逮捕された。
信仰の自由は重要であるが、公序良俗、公共の秩序を犯すカルトは別である。
宗教とは名ばかりの現世での功利を求める、悪徳宗教ビジネスが横行し、挙句の果て集団ストーカーなる脅迫行為の犯罪により、一般市民にまで迷惑行為を働く不穏な犯罪集団が日本には多数存在する。
今回の統一教会への法的介入は、それら氷山の一角の犯罪に対しての司法の介入劇である。

「命が危ない」と不安あおり印鑑販売 社長ら7人逮捕 ~2009.6.11 産経ニュース

『「命が危ない」などと不安をあおり高額の印鑑を購入させたとして、警視庁公安部は11日、特定商取引法違反(威迫・困惑)の疑いで、印鑑販売会社「新世」(東京都渋谷区)社長、田中尚樹容疑者(51)ら役員2人と20~40代の女性販売員5人の計7人を逮捕した。公安部は新世が世界基督教統一神霊協会(統一教会)の関連企業とみており、渋谷教会など数カ所の捜索を始めた。公安部は新世が10年間で約7億円を売り上げたとみている。』

統一教会では5月には福岡教会等4か所が家宅捜索を受け、教会員である韓国籍の金純姫容疑者(61)が水晶彫刻逮捕、昨年11月には新潟市の健康サロン(株)北玄の社長横山勝美容疑者(50)以下3人、今年2月には同社のパート従業員2名が今回と同様の特定商取引法違反で逮捕されている。

「地獄に落ちる」と300万の置物売りつける 自称統一教会員の女逮捕 ~2009.5.7 産経ニュース

「不幸が来る」と購入契約 特商法違反容疑で3人逮捕 ~2008.11.27 産経ニュース

悪徳霊感商法 パート従業員ら逮捕 新潟 ~2009.2.5 産経ニュース

「命が危ない」、「地獄に落ちる」、「不幸が来る」、「このままでは病気になる」と不安を執拗に煽り、高額な代金で水晶、壺、数珠、印鑑を売りつける「霊感商法」は人の弱みや不安に付け込む、如何にも世に言われる多くのカルトが行う悪質な犯罪行為である。

統一教会は世界各地で活動するカルト宗教として知られ、創価学会同様に集団ストーカー行為の実行が語られ、筆者の知人も同教会からの被害を受けている事実がある。
その行動の中には洗脳・マインド・コントロール等により信仰の強化を行い、集団結婚等の異常な儀式・習慣、霊感商法はメディアでも度々取り上げられ問題になっている。
この教会は韓国発のキリスト教系団体で、信者数は朝日新聞、文藝春秋等マスメディアによる批判報道、これは1997年のアジア通貨危機以降の多額の献金要求や文鮮明とファミリーへの内部告発の影響により減少した。
韓国、日本、北米では、与党政権や保守勢力との強い結び付きを持ち、教団関連の団体に著名な政治家や学者や宗教家などが参加したり、協力したりすることも多い。

活動としては街頭アンケート、家系図作成、先祖供養相談、占いによる「霊感商法」で高額商品を買わせる手法の他にも、「市民大学」などの教養講座、整体、エステティック、NGO、NPO法人等ボランテイア 団体を、多数作り社会運動を入信の機会に利用、「世界平和女性連合」等の団体を立ち上げ社会浸透を狙う等がある。

統一教会、創価学会カルトの活動はすべて醜い、利権、金銭欲に溺れた現世功利主義の考え方によるものである。
政治に対しての介入、進出はその影響により利益を得たいとするカルト団体の勢力拡大の集団として、最終的な形態として、常にその過度な力の行使が問題とされる。

人が宗教に対して救いを求めることは有史以前より人類の営みとして自然なことであるが、現代社会における巨大な社会的抑圧システムとして君臨し、悪の種を撒き散らす団体として、歴史による洗練も良識のコントロールも持たない単なる暴走する欲望の希求の人間の集合体としての存在が如何に危険なことである事か。
自らの考え方、行動以外に他を認めること無く、個人の弾圧のための手法を組織的に編み出し、常にその牙を研ぐ状況の典型が集団ストーカー犯罪である。

一連の統一教会関与による逮捕は幸いにも司法介入の対象となったが、創価学会に至っては種々の悪評、犯罪行為、受刑凡例、有識者の告発にも関わらず、巨大な勢力を誇示し情報操作、司法介入回避のために多くの要員、組織の統制がおこなわれている。
しかし、本来であれば政権与党に与し、その責を免れることはもはや許されない状況である。
司法当局の介入さえ封印するということは、社会規範と相入れない組織体系を持つ不健全な状態にあり、自滅に向かうであろうことを暗示している。
日本国内に居ながら売国、反動勢力、個人の犯罪的攻撃を生業とする悪辣な集団が野放し状態というよりも法的加護下に置かれるこの異常な国体も、まさに国家の患部、病巣と言わざるを得ない。
また、その政教一致の体制は批判こそされ、依然として解消するに至っていないという異常な状況うである。

フランスでは人権保護の立場から、「反セクト法」が2001年にカルト規制の為の法規が制定されている。
これは統一教会のヨーロッパでの活動激化に伴い、その人権侵害の災過から人々を保護、対策集団としてEC議会での決議により法的整備が進行し、制定された。
ご存じのように、創価学会もフランス以下先進6ヶ国でカルト認定され、徐々にその認定を求める国が増加しつつある。

統一教会は反共組織により自民党等保守陣営にも深く入り込んでおり、1968年には統一協会の主導により、児玉誉士夫・笹川良一・岸信介らが「勝共連合」を結成しいる。
安倍晋三の父安倍晋太郎も勝共推進議員名簿に名を連ね、教団も安倍晋太郎政権の樹立に動き、安倍晋三と統一教会は、因縁浅からぬ関係と言われている。
「勝共連合」により、日米韓の軍部とCIAの連携体制が形成された。
参考までに週刊現代(99年2月27日)による「現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リスト」が公開されている。

民主党との関係でも民主党鳩山代表は2005年4月22日の週刊ポストの記事で「統一協会の『救国救世全国総決起大会』に民主党メンバー10数人を連れて出席していたと伝えられ、関係が指摘されている。
統一教会からは多数の議員に対して資金供与が成されている事も知られている。
このよう創価学会同様に統一教会も政界との関係は非常に深く、戦後の政治、国民生活はこれらカルト勢力の大きな影響下で形作られ、多くの議員やその活動にまで深く浸透しており、現在でも多くの議員がその擁護に奔走する実態がある。
従って、表層的な政治議論ではカルト自体の問題は解決しない。

問題は、このような実態に於いてのカルト教団の活動により、多くの国民が脅迫や日常生活での不安や犯罪の被害を受けている現実や健全な国の将来をどのように求めるかである。
本来、信教の自由と公共の福祉、公的秩序は相反する問題では無いがこのような組織団体からの加害行為に対しての自衛さえも不可能な不条理な状況を生み出している現状は、このまま放置されるべきでないことは論を待たない。
フランスのように宗教、特にカルトの持つ危険性についての基本概念に基づく法的な対処に無しには、社会悪の根絶、人権侵害被害は防止できない。

日本では歴史的に、宗教による凄惨な対立経験が多くはなく、根本的な議論がなされなかったことにも大きな原因がある。
しかし、現在に於いて大陸系、朝鮮系カルトの猛威を振るう現状はあらゆる政治論争の根底さえも疑わせるに十分な状況と言える。
一連の逮捕劇から統一教会の闇に切り込む方向に司法は向いていることが明確に理解できる。
このような姿勢が戦後のカルトの力に彩られた日本の政治への警鐘となり、大きな浄化作用の流れとなることを期待する。

政権与党に参画し、政局のキャスティングボートを握るという異常な政教一致の政党の暴挙の抑止の力を持たなくてはならない。
迫る都議会選と衆議院選での所謂、社会正義の樹立のために政権選択により、カルトの支配力の廃絶、社会の平安と国力の集結が可能な社会基盤の確立を望みたい。

Banner21 

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。


本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 闇勢力 統一教会 CIA 韓国 カルト

清水由貴子さんのテクノロジー系被害

清水由貴子さんが死去され1ヵ月以上経過した。
先稿で、彼女の死が集団ストーカー被害者である事を紹介した。
HP 「AGSAS」、ニコニコ動画で紹介されている清水由貴子さん自身の肉声記録により、この被害内容については詳しく述べられている。
ここでさらに、HP 「きまぐれファイル」の中の「別室ブログ」6月4日の記事「追悼」として、テクノロジー系被害に言及する以下の内容が新しく投稿された。

---------- [引用] ----------
そんな事を考えながらファイルを拝見していましたが、その後「もしや」と思い自分の受信メールを探してみると、この日より約1年ほど経った2007年3月に、清水さんのお名前で一通だけ短いメールをいただいていた事がわかりました。
この時には集スト被害だけではなく「酷い電磁波被害や異常現象が起きている」と書かれています。
そしてサイトを読んで下さり「自分が体験している事の事実を確認する事が出来ました」という感想をいただきました。
集ストから始まり、次にそれが電磁波被害であることを知らされる・・・私と同じパターンであったような気がします。
--------- [引用終了] ---------

この記事の内容は管理人の方が2007年3月に受け取った受信メールを元に記述されている。
上記音声記録の10か月後のメールである。
その被害内容では狭義の意味での「集団ストーカー被害」(非テクノロジー系被害:註参照)ではなく、「電磁波被害や異常現象」と言う表現の「テクノロジー系被害」について言及している。
被害の具体的な内容については述べられていないが、音声記録で言及されている内容の付き纏い・待ち伏せ、その他嫌がらせ等非テクノロジー系に被害以外の身体的痛みの被害、異常現象を繰り返される被害も受けていたことが理解できる。

個人に対しての執拗で異常な加害行為が絶えず繰り返され、その特定ターゲット個人の社会的不適応、心身の病理、自殺(時には他殺)に追い込む悪質な行為である。
個々の加害行為が問題である事は無論であるが、加害行為によりトラウマ等の心理的な障害が作り込まれる。
また、加害は常時方法・内容、程度が変化する。
しかし、激しい執拗な加害工作によりそれら被害に対してのトラウマ状態が作られれば、その個人は一般的、社会的な加害行為では無い事象に対しても被害感を抱くことになり、安定した精神状態での社会生活が不能になる場合も多い。
例えば、車や航空機、パトカー等の少し大きな音、電車内での話声、マスクをした人物、社内の人事異動等にも過敏に被害感を受ける可能性が高くなる。
社会的には、このような被害状況を訴えても「統合失調症」とのレッテルを貼り、身内からは精神的な治療を強要される事も有りうる。
これが集団ストーカー犯罪の実に巧妙で悪質な工作の実態である。

清水由貴子さんも上記テクノロジー系被害者であることが判明し、多くの集団ストーカー被害者に共通する問題点が浮き彫りになった。
立場上一般に広くこの被害を訴えることができなかった彼女の無念さはいかばかりであったか。
加害者は、このような状況も加害工作に織り込み、身辺周囲に配置された工作員が巧みに加害を続け、最終的に死に追いやり、もしくは手を下すことにより事実はすべて死と共に葬られ、最後にその処理で隠蔽される。

通常一般的な個人が狙われるケースが多いいが、清水由貴子さんのように社会的に名前の知られた被害者も多数居られる。
職場や立場や人間関係上被害の表明が難しい被害者も多いことと思う。
PC、ネットワークアクセスが不可能な被害者の方も多く、ブログやHP等で被害状況を訴える個人は氷山の一角に過ぎない。

長年のテレビ、新聞、週刊誌等メジャーなメディア、司法関係者による被害実態の隠蔽情報操作にも関わらず、ネット上での犯罪事例のニュース、被害報告や被害者同士の情報交換により、被害の社会への表面化は各段に進みつつある状況である。
実際、集団ストーカー被害はあまねくネット市民には知れ渡り、その加害は創価学会である事は周知の事実となっている。
最近では矢野元公明党委員長の著作、創価学会員による詳細な告発により、犯罪・工作の存在が確定し、被害状況の実態が衆人の知る所となった。

上記のように、集団ストーカー犯罪は厳然として存在するが、筆者はその加害行為が単純に社会への認知、脅威として伝わることにも懸念を抱くものである。
加害実態全体の解明無しには、このような被害者のネット上の断片的な情報の集成に基づく、告知で終了させることは、寧ろ犯罪行為が一種のプロパガンダとして、返って社会不安を煽る暗黙の脅迫要素に利用されることにもなりかねない。

清水由貴子さんの死には様々な疑惑が残されているが、司法当局、マスコミはこの事件を終了した自殺として葬る。
他にも多くの被害者、不審死を遂げている被害者、潜在被害者が存在する以上社会はこの問題を正面から捉える必要に迫られている。
創価学会を首謀・実行犯とする犯罪行為は公明党が政権与党に位置した時点から激化したと言われている。司法機関には公明党からの多額の予算誘導がなされ、警察官の増員、OBの採用、防犯ネットワークの拡張等のテコ入れで強化される。

公明新聞: 2005年1月24日 『「安心して暮らせる地域」に

法務委員長ポストの40年以上に渡る独占、司法の場への創価大学卒業生の送りこみ工作も着々と進行している。
犯罪主体である創価学会が犯罪を犯し、その隠蔽、捜査を担当当局が行う図式が明確に浮かび上がる構造である。

国会では、選挙での票の行方や党利・党略から議員諸氏にも政治問題として取り上げることが回避されている。
しかし、国政上の諸問題以上にこの犯罪を抑止する手だてを講じない限り、犠牲者は後を絶たない。
犠牲はさらに関係者にを脅威を与え、利権と票の罠により及び腰にしなる。
このような状況下での所謂、社会正義の欠如はさらなる悪循環を引き起こす。
凶悪犯罪の発生、自殺者の増加、引きこもり等典型的な社会不安を増大させ、それら監視、抑制の為の投資、組織が拡大する。

この集団ストーカー問題は公明党による骨抜きのストーカー規制法案により、ほとんど黙認状態であり、被害についての対応着手が早急に必要である。
この犯罪が「不安産業」、「工作産業」としてでも存続させたいのか、政略のツールとしての存続を望むものなのか、インフラとして必要、あるいは議員諸氏にも及ぶ被害・脅迫、加担の事実により及び腰なのであろうか。
かくして負のサイクルは循環し、カルトに席巻された巨大なシステムとして「総体革命」なる妄想に基づく構想は妄想の域を超え現実に成立している。

永田元議員、故朝木東村山市議も集団ストーカー被害者だった事は広く知られており、その他多くの不審死を遂げた議員も同様の被害を与えられると考えられる。

衆議院議員選挙、都議会議員選挙を控え、この被害の訴えが国政に反映されることを強く望むものである。
与野党伯仲の選挙戦において、政教一致の公明党の今後の存在は大きな争点とし、是非有権者の方々には聡明な政権選択を希望したい。



【註】
一般的に「集団ストーカー」犯罪被害は非テクノロジー系とテクノロジー系の両者の被害を総称として使用している。

一般的な集団ストーカー加害方法として非テクノロジー系被害は、組織的な大人数の異常行動による被害が自分を中心に展開する。
例えば、付き纏い、待ち伏せ、騒音、光の点滅・照射、仄めかし、家宅侵入、窃盗、器物破損、人間関係破壊、職場の嫌がらせ・職の剥奪、ネット被害等による人的、社会的な被害を指す。
テクノロジー系被害とは一般的に知られていない技術を使用した被害であり、場所により、加害者、(方法)が特定できることもあるが、多くは特定不能な場合が多い被害を指す。
被害としては、身体的な様々な痛みや異常・疾患、精神的な不安、圧迫感・病理、思考盗聴、音声送信等の内容である。
この被害は証拠、因果関係が定量的記録・報告に困難が伴い、加害行為の方法、場所、加害者の特定、立証が難しく、また直接的に被害者の身体及び精神に害を与える為により悪質な犯罪行為であると言える。

【関連記事】
清水由貴子さん 死の重いメッセージ
郵便配達による集団ストーカー被害映像
忌野清志郎さん 逝く
北野誠 辞してなお皮を残す、創価の延焼(バーニング)
永田元議員の訃報
被害映像集


Banner21 

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 情報操作 清水由貴子 永田元議員 カルト テクノロジー被害 電磁波 ガスライティング

プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。