スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取手事件 創価、洗脳の揺籃

集団ストーカー犯罪がネット上では多くの人達に知られる所となり、徐々に現実レベルでの社会犯罪もその影を落としている状況として捉えられつつある。今年も多くの事件が発生したが、取手のバス襲撃事件を今年最後のクリップとして投稿させて頂く事にした。

繰り返される創価学会員、創価学会絡みの凶悪犯罪は目を覆うばかりの惨状と不可解な状況、報道による情報操作、隠蔽から、問題の本質が社会への表面化を抑えられているが、その実態を知る者には、計り知れない不安を社会問題の現実的な問題の根源として認識されている。
12月17日に茨城県の取手で無差別に切りつけ14人に怪我を負わせたバス襲撃事件の容疑者も創価学会員の犯罪である。この暴虐な行動に対しての斎藤勇太容疑者の発言からは明確な犯罪動機を知る事はできない。

取手バス襲撃「逮捕で人生終わる」 詳しい動機分からず [茨城新聞 2010年12月28日]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[記事引用]

取手市のJR取手駅前で路線バスの中高生らが切りつけられ14人がけがをした事件で、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された守谷市本町、無職、斎藤勇太容疑者(27)が動機について「事件を起こして警察に捕まれば、僕の人生は終わる」と供述していることが27日、県警への取材で分かった。県警は斎藤容疑者が逮捕を人生の終わりと考えていたとみているが、詳しい動機は分かっておらず、さらに解明を進めている。県警は同日、取手署で会見を開き、岩城新治郎捜査1課長と小川秀夫署長が捜査経過を報告した。会見で岩城捜査1課長は「世間や仕事などさまざまな供述をしていて動機は判然とせず、ひと言で言えない」と話した。斎藤容疑者はこれまでの調べに「事件を起こせば当然警察に捕まってしまう。社会から非難を浴びるかもしれない」と供述。犯行に直接つながるような悩みや不満の言葉は口にしていないという。事件の記憶がはっきりしない部分もあるが、JR荒川沖駅や秋葉原の通り魔事件との関連は否定し、「自殺するつもりはなかった」と説明した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[引用終了]

この容疑者が創価学会員であることは週刊文春の記事から、既にネット上でも広く知られている。

■ 27歳“バス通り魔”〈茨城・取手〉最初の一撃「女子中学生の証言」 [週刊文春2010/12/30・2011/01/06日新年特大号]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[記事引用]

 バス車内にいた女子中学生は、斎藤容疑者の最初の一撃を目の前で目撃した。
「このバスは……に行きますか?」
 男は後部人口から乗り込むと、女子中学生の近くの学生にこう尋ねたという。
「その学生が『行きませんと答えると、犯人は顔めがけていきなり殴りかかったそうです。それから全長二十五センチくらいの文化包丁を取り出して、8の字に振り回した。逃げ惑う生徒が出入口に殺到、将棋倒しになったと言います。」(女子中学生の父親)
一代目のバスを降りた藤容疑者は、数メートル後ろのバスにも乗り込み、二人に軽傷を負わせた後、取り押さえられた。
 「ある女学生は鼻の横を切られたほか、耳の後ろも切られ、襟に血がついていた。ある婦人は、頭部の動脈を切られ、タオルで出血を押さえながら、座り込んでいた」(消防署関係者)
 斎藤容疑者は、犯行の動機について「自分の人生を終わりにしたかった」と供述しているという。
 「犯行数日前から、路上で生活をしていて、逮捕の際は、顔はひどく汚れ、浮浪者のような臭いがしたといいます。包丁に巻かれたガムテープには『柏で実行』と書かれており、一年ほど前から拍や守谷での犯行も計画していたと供述している」(捜査関係者)
 斎藤容疑者は三兄弟の末っ子。県立取手第一高校を卒業後、職を転々とし、一年前に会社をリストラされてからは引きこもりの状態が続いていた。
「数年前に母親を亡くしてからは父親と二人暮らし。創価学会の熱心な信者で、以前は朝晩一時間ずつ、お経を唱える声が聞こえました。数ヵ月前に家を訪れた時にいたのですが、パジャマのような格好で髪の毛を肩まで伸ばし、髭も伸び放題でした」(近隣住民)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[引用終了]

この記事には犯行時の凶悪な容疑者の犯行状況、計画性が具体的に記述されている。
しかし、この記事やニュースからも理解出来る様に容疑者の動機は解明されずに、今に至る。
自殺の意図も無く社会への不満も示さずに犯罪を引き起こし、その意図も明確にはせずに、犯罪に対しての反省、被害者への心配を示すとは、理解に苦しむ状況であろう。
この事件でのキーワードとして見られるものが曖昧模糊とした加害者の行動の動機であり、その基本が理解されない中での、創価学科員であるとの報道はこの容疑者の犯意に潜む、創価学会の危険性の裏返しでもあり、「人生を終わりにしたい」との意向が何を示すかにその主題を向けるべき状態となる。
創価学会は若年層の犯罪の揺籃としての存在であることは、筆者を含む、多くの被害者の付き纏い、騒音の例から伺う事ができる。
筆者宅の近くでも、筆者の動向にあわせ、児童の騒ぎが外で聞こえ、外出時はボール遊びが開始され、騒音を立てる状況は日常となっている。

その様な現実の状況をご存知ない一般の人たちには想像もできない、おぞましい集団ストーカー犯罪の実態がYouTubeには多数投稿されているので、紹介したい。
この映像の投稿者の方ZANEKUNさんは多くの被害映像をupされており、その中からの児童による加害行為の映像である。子供がカルトの集団ストーカー手法により、大人顔負けに、執拗な嫌がらせを繰り返す様が記録されている。



幼少時から、この様に犯罪行為に意図的に従事させられる人にとり、社会とはどの様なものであろうか。そして、この事件の容疑者は青年になった時点で、カルト汚染や関係も無縁の何の罪も無い人達を巻き込んだ凄惨な事件を引き起こしている。
この取手事件でも、容疑者は最後には被害者を気遣う言葉が発せられているが、その信ずる所のカルトからの正気に立ち戻ったのかは不明であるが、自らが殺めた事に対しての非は認めている。
しかし、多くの犯罪を引き起こす創価信者の根源には、自らの意思よりも教団の社会の倫理観、法を踏みにじる所謂、仏法よりも下位の法により遵守しなくとも良いとの思考による行動規範が存在する。

半年ほど前に、妻が近所で、付き纏いの嫌がらせの為に近づいた児童に「創価は楽しい」と質問したら、「楽しくない」との答えが返ってきたと話していた。
楽しくない事への服従、社会の規範や自らの意思に反する行為に従わせ、洗脳を繰り返す、この教団がもたらす夥しい反社会的行為、犯罪行為に対してどのような倫理の道が残されるであろうか。
繰り返される集団虐待、猟奇的な凶悪犯罪、多くの犠牲者を出す創価絡みの無差別殺人・障害事件の発生の度にその背後の解明が重要とマスコミでさえ、一種のおまじないの如く唱えられる締め括りの発言が、どのような犠牲を社会に強いているかをマスメディアや当局は知るべきである。

それでは取手事件容疑者の殺人や罪を犯す事で人生を終わりにしたいとは、どの様な精神状況として捉えるべきなのであろうか。
容疑者は「お金が貯まっては仕事を辞める生活を繰り返していたみたいです」(斎藤容疑者の知人)」(同記事より)との記述から、身勝手で、自己中心的な考えの持ち主である事が理解できる。
そして、この様な傾向は程度の差こそあれ、多くの創価学会員にも観られる共通の状況である。(1月1日、加筆)
そして、今後の本人の具体的な供述を待つべきである状況ではあるが、創価の思想である様々な敵を外部に作り、攻撃する教義が示す、自らの人生を自らで支える力、寛容性も普遍性も持たない脆弱な体系、外部のへの責任転嫁が独善性を生み、破滅的な結末を迎えた今回の容疑者にも通ずる発言が繰り返される本質を観れば、その凡その像が朧気にも窺う事ができる。その様な基調が容疑者の反社会性を助長したとするには疑いの余地は無い。

YouTubeの映像の様な児童、若年層による加害行為は実に多くの集団ストーカー犯罪被害者が共通に経験している日常的な光景である。
その様なカルトの思想、行動が幼少時から叩き込まれとすれば、それは単なる教団の議論だけでは済まない、児童虐待、健全な社会の育成に馴染まない大きな社会問題でもある。
そして、結果的に、その様な状況への対応の不在は、反社会的な洗脳に基づく倫理観の破壊とその活動は実社会で多くの影を投げ掛ける存在を許容する事であり、報道を含む関係当局が真相を不問に付す事、対応への道筋を掻き消す事は犯罪社会の擁護以外の何物でもない。



今年は集団ストーカーテクノロジー犯罪が蔓延する社会に警鐘を鳴らす被害者の声が増大し、その訴えが大きな動き、うねりとして顕著になった年でした。
この拙きブログに日頃、ご厚意、ご支援を頂きます読者の方々には感謝の気持ちをお伝えし、迎える年は良い年と成ります様にお祈りしたいと思います。

【連絡】
茨城県被害者の会」では、「第4回茨城県・近県の被害者の集い」を2011年1月22日か23日に、予定しています。場所等詳細は「サニナのブログ」の「第4回茨城県・近県の被害者の集い(新)」を参照下さい。街宣活動が予定されています。

【主な関連記事】
矢野元委員長叙勲が与える創価・公明党への激震
嫌がらせ三昧の創価学会員
マツダ連続殺傷事件に創価学会の影
集団ストーカー被害と社会・政治
創価の集団ストーカー犯罪に関しての質問から
「矢野絢也さんより話を聞く会」一考
創価学会の関与の事実 (2)



Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。
本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られることは加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 ガスライティング テクノロジー犯罪

現場からの犯罪被害糾弾の声を

日々、本ブログのコメントやメールフォーム、「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」の活動、そのHPを通しての切実なご相談を頂く事が多く、日本の中に存在する犯罪インフラ、従来とは異なる社会環境を津々浦々に至るまで、根深く作り上げ、定着している実情が改めて知らされる。
また、集団ストーカー犯罪なるものに付いての認識が社会で深まるにつれ、その異常な個人の監視や干渉、虐待行為に苛まれる人の意識が表面化しつつあり、自らの被害状況を認識するに至る方も居られる。

この様な水面下で進行している犯罪被害者状況の社会への表面化こそが、この犯罪被害、犯罪自体の最も根本的な解決であると考える。
ご存知の通り、この犯罪被害は知られざる犯罪としての多方面に渡る継続的な工作の状況が、被害者には現実として、犯罪被害の解決を閉ざすべく、重く圧し掛かっている。
その様な被害を訴える方々の書き綴る犯罪被害に晒され、日々を過ごし、時間が経過して行く現実の中で、耐え難い苦痛に付いての文面には、一歩も引けない緊迫感を与える実感があり、この犯罪とその実害の深刻さが具体的に生々しく、明確に浮き彫りになる。

多くの被害者の方から頂く便りには様々な地域での実態、地方に点在する被害者の方々には、簡単に同様の被害者との連絡や親交が取る事さえできないずに、独り苦しむ、切実な状況が殆どの文面から滲む。一部の内容はブログへのコメントとして、表現されているが、公開される事にさえ、恐怖や抵抗を感ずる被害者の方の存在が大半である。筆者も被害初期の頃には妻も含め、家族や社会が信用できない時期がしばらく続き、その様な状況は実感として、理解できる。それでも、ネットアクセスが可能で、メールによる交信が可能な方には、まだ対応や語り掛ける事が可能である。被害に気付く事も無く、悪夢の様な日々を過ごしているターゲット個人、被害者や潜在的な状況の人達の数は夥しいものと予想される。

この犯罪の本質は間断なく、個人の日常的に関与するもの、触れるものすべてにより、被害者意識を与え続ける事である。そして、その様な被害感を緩和し、癒すには、やはり社会的な関係を作る事であり、失われた社会性を取り戻し、実社会への回帰も次のステップとすべきである。

犯罪被害の実害を拡大しているものが孤立状態、孤立感であり、社会からの絶縁状態である。日頃接する企業サービス、公共機関での窓口や連絡先には非常に多くの加害側の伏兵が存在しており、通常の対応でさえ、加害側と勘違いさせる様な工作も多数存在する。
しかしながら、一見、不当に思える銀行や納税等の行政の手続きにしても、不条理極まりないと思える条例や条件を窓口から細かに聞けば、何も特定個人に対して不都合な状況を作り込んでいるとの考えも失せる場合も多い。当然の話では有るが、孤独な状況で被害感を募らせれば、あらゆる不都合が自らに向けられた加害行為と思う事も往々にして有り得る事は落ち着いて考えれば当然の事である。しかし、当の本人は正しい判断力を奪われている場合も多い。結局、人生観、世界観、倫理観に至る変革が求められるのがこの犯罪被害であると言っても過言ではなく、通常の考え方が、如何に危険かを、身を持って体験させられているのである。

外国では安全に関しての文化的に生活の姿勢は異なる。それらの場所は日本の平和な状況とは情景を事にする世界の場合も多い。中国の都市では、自らの正当性を主張する事無しには、道を歩く事すら覚束ない位に、抗争的な行動を求められる世界であり、北米では人権の前に、自らが何者で有り存在する理由を示さない場合には、身の危険さえ伴う場合もある。
現代の日本に住んでいれば、特段、その様な努力も必要なく、生活環境に慣れ親しむと謂うのが普通の感覚である。性善説を規範とする日本的な社会では、相手が理解し、自らを理解し、助けてくれるだろうという考え方があるからである。
しかし、被害者の直面する日本の社会の現実は変質、変化しており、というよりも一般的には知らされずに水面下での犯罪インフラは生長、定着し、監視・犯罪行為を常に続ける構造が潜伏している状況は上記の国々の日常よりも遥かに、身の安全や自らのアイデンティフィケーションを明確にし、他との関係を構築する努力が必要である状況であり、今や倫理観は元より、別の世界に住んでいるという対応の仕方無しには、無法地帯と化した生活の場での犯罪被害を意識しない個の生存は不可能である。
集団ストーカー被害者、ターゲット個人と設定されると正に世界観が、その様な、自らを如何に守るかという状況に変化して来る。大きく変化した社会の先駆けの危機的な状況に自らが居るという危険な状況であり、自らの身を守るために、あらゆる自らに関わる社会的な関係、事象、人物に付いての精査と対応が求められる。

ターゲット個人に付いて廻るかの様に、加害側の人物が取り憑き、筆舌に尽くし難い苦痛を与え、生活の基盤を破壊する。その状況を通常の感覚を持つ一般の人、家族でさえ説明しても到底理解には及ばずに、返って、人間関係、社会関係にヒビを入れ、社会性が奪われると謂う憂き目に遭う。その様な異常な世界の頂点が、自殺、精神病院への強制入院で有り、刑事事件等での投函状態である。罪も無い人間を不当に貶める罠が容易に存在し、或いは恣意的に準備され、待ち構えている様も、やはり、一般の生活をしている場合には気付きもしない盲点とも言える。

日々寄せられる被害者の方々の声はその様な脆く弱い社会の側面を如実に物語る。ブログやネット上での頻繁なアクセスさえできずに、社会的な生命を奪われている人たちの声が漸く上がり始めている状況である。
多くの被害者は日常の加害の重みに押し潰されるかの恐怖感と隣り合わせに生活をしている。しかし、そこで重要な事はその中にも、毅然とこの犯罪被害に立ち向かい、勇気を持って犯罪、加害側を追及しようとする力が存在し、自助努力を怠らない姿勢を示す方々が居られる。

犯罪被害は個々の被害者においては異なるものの、その様な前傾姿勢を持てるか否かにより、犯罪被害の度合いは随分変わって来ると考える。
弱い個人を執拗に追い回す、鬼畜の如き犯罪者ではあるが、逃げれば、尚更、その手は執拗に、過激になる。

一度に協力関係の構築の為に地域、地方での中心と成る事には躊躇が先立つと思うが、その候補に名乗りを上げる事をお願いしたい。被害者である者、少なくとも社会的にも、物理的にも余裕は大きくは持てない事と思うが、他者への支援は自らを救う結果となる。
単純に、警察への動向や会話、社会性の維持のためのコミュニケーションでも多くの場合救われる事が多い。
被害者の会ネットワークという、その様な自助努力の可能な被害者の為の行動基盤に参加を頂く事で、避けられる被害、犠牲も存在するのではないかと考える。この全国規模での活動の為のコンセプトに共感される方はご協力、ご助力を頂きたい。
実際、地方のお住まいの方には、活動は開始されたばかりの状況であるが、このセルフサポートグループへの期待は大きく、被害者の方自らの力により、活動の活性化を促進しれ頂きたい。自らの孤独、被害感を癒し、その力を犯罪被害の周知と撲滅の活動に割いて頂ければ、今後、大きな進展が望める事と考える。

その様な流れのひとつとして、活動に意欲的な大阪の会ネットワークメンバーであるブログ「マイメロDay」のストロbeリーさんから街宣へのご意志を頂き、街宣活動をするに当り、情報交換を繰り返していた。そして、12月17日、彼女は有志の方々との街宣活動を行った。
自発的なフリースタイルの集団ストーカーテクノロジー犯罪街宣活動としては、今回が大阪では初めてであるとの事であるが、9名の被害者の方のご参加とは非常に大きな力の結集と活動である。被害者の積極的な活動が西日本からも発信する力として伝える事ができる状況になり、今後の活動にも期待が持てる。

記事と映像は下記の通り。

■ 12月17日 大阪駅周辺にて街頭活動実施! 

■ テクノロジー犯罪被害者 集団ストーカー犯罪を訴える 大阪街宣の公開

[テクノロジー犯罪・集団ストーカー被害者による街宣活動]


この街宣にご参加なされた、日頃懇意にして頂いている被害者の方からも、街宣へのガイドラインや注意事項を「会ネットワーク」HPに明示した方が良いとのご意見を頂いており、その様な詳細内容、項目をupしたいと考えている。

【連絡】
茨城県被害者の会」では、「第3回茨城県・近県の被害者の集い」を12月27日(月)に、予定しています。場所等詳細は「サニナのブログ」の「第3回茨城県・近県の被害者の集い(決定)」を参照下さい。会合の状況により、街宣活動の可能性もあります。(12月26日加筆)

【主な関連記事】
「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」東京街宣の報告
「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」の活動
茨城県での活動 ~犯罪監視・包囲網の形成
埼玉県での活動 ~県警訪問と大宮街宣
地域の被害者の会とネットワーク化構想
「世界規模で被害を訴える計画」 警察巡りの報告



Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。
本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

この犯罪は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。

テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

tag : 集団ストーカー 創価学会 ガスライティング テクノロジー犯罪 街宣

「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」東京街宣の報告

先稿で紹介した様に、先月11月27日、東京で「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」の主催としての街宣をした。
この街宣は幼い子供2名を含む、参加者が19名となり、参加者集団ストーカーについての街宣としては史上最大規模の街宣となった。
現在、関東を中心に活動しているが、今月も3府県で街宣が予定される等、活況を呈して来ている。その中で、大阪初の街宣が予定されており、裾野を確実に広げている。

今回の東京街宣は新橋と秋葉原の2個所で行われ、特に秋葉原の街宣は映像をご覧頂ければお分かりになる事と思うが、非常に多くの人通りの中で、効果的に行われた。
スピーカー各氏の被害を訴えるモチベーションは非常に高く、訴求力も高く、力強いメッセージが伝わる。
集団ストーカー、電磁波等のテクノロジー犯罪もかなり知られて来ており、秋葉原では明らかに加害側ではない一般の人達が立ち止まり、プラカードやノボリに注視し、「ああこれが」との呟きが聞こえて来る様な状況が目立つ。 これは特に、秋葉原はネット情報に敏感な人種の集まる場所である事も幸いしている。
もはや、この犯罪に限らず、不可解な社会状況はネット上の話題だけでは無くなりつつあり、集団ストーカーについての興味を持つ人達は本能的に、その問題が遠い国の事では無い事を察知しているかの如き反応とも見とれる。
加害側も動きには、相当に神経質な様子、切迫感を見せ、今まで以上に観察の手、ビデオカメラ等の専用機での撮影者も目立った。しかし、手出しをして来る輩は居らず、トゲトゲしい視線だけが目に付く表情である。

少し離れた位置で、街宣と流れる人の様子を見ていると、手答えは非常に良く、連呼される「集団ストーカー」、「テクノロジー犯罪」、「電磁波」、「創価学会」等のキーワードが強力なメッセージとして人混みの中に確実に残る印象を与えている。

実際の社会で言葉を発する事の意義は非常に大きく、今回の様な大人数での切実な訴えが効力を持つ事は誰の目にも明らかである。
この様な活動が地方にも伝播し、活況を帯びる日は近い事と思う。
他の地域、特に地方でも声を上げ、機動的な活動が目立つ様に成れば、相当にこの反社会的な犯罪被害の様相は変化の兆しを見せるだろう。
その為の地方被害者の活動支援のシステムが「被害者の会ネットワーク」であり、今後も展開される各活動が起爆剤と成る事を確信している。

伝えられる多くの悲しい事態、現状は歩みの速度を失わせるかも知れないが、そのループを断ち切るには被害者の自主的な活動なしには不可能である。

今回の様な意識の高まり、力の結集への動きは一朝一夕には不可能であるが、潜在的に活動を支える意志が大きく働いている。
希望するご参加頂き大きなグループとなった事は、被害者の活動への意識の高まり、連携を期待する活動への積極的な意志の現れであり、この様な力を有効に、他の活動を含め大きな流れとして行きたい。
今後も活動を定常的に行える様な素地が整えばより大きな社会的な活動への布石と成る。

加害側の耐性は非常に堅固に作り込まれており、その状況は我々被害者に向けてのだけの姿勢では無い。
近未来で、この集団ストーカー・テクノロジー犯罪のベースが多くの国民の不利益の上に成り立っている事を多くの国民が認識するであろう。
その時には社会問題としての認識は一気にそれら反社会勢力に目を向ける形に転化するであろう。 今回の街宣でも、この点に付いての言及がなされている。
その流れの形勢の為にも現在マイノリティの様に観られるターゲット個人、潜在的な被害者の大きな流れ、意識の変革を作り出す必要が有る。









今後、街宣の持つ熱気、気迫を、是非、多くの方達には自ら作り出し、体験して頂きたいと思う。
街宣参加者の方々の参加への意思と行動に敬意を表したい。

街宣後には親睦会を持った。大人数での会合での親睦は被害者同士の交流の場であり、より大きな輪での結束を作る事が出来、今後の展開にも弾みが付くと謂うものである。
実際、千葉の被害者の方達の活動と会ネットワークへの参加の話がまとまり、活動の活性を誓った。また、今回はテクノロジー犯罪の研究会を主催さている方のご参加も頂き、今後の連携、展開にも期待を持つ事が出来た。

尚、今回のご参加は以下の通り。(略敬称)

  EM

Twitter 

  kkytea、お子様2方

集団ストーカーと創価学会の犯罪集団

  KGS

集団ストーカー&組織的嫌がらせ&いじめ@東京都世田谷区

  semu2

集団ストーカーの正体(創価)

  高橋

入間市、拙宅近傍の被害者

  T

テクノロジー被害の研究会主催

  時水

テクノロジー犯罪の日々

  dog

ブログ読者の方

  なかのんの

集団ストーカー.info

  プラム

テクノロジー犯罪・集団ストーカー・それから...

  遍照

日本の皆様に告ぐ!!

  bonsai

集団ストーカー辞典

  又吉

創価学会の集団ストーカー

  ミランダ

MIXI

  リエコ車掌

MIXI

  レックス

新・創価学会の集団ストーカー日記


【連絡】
「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」のHPを更新しています。
集団ストーカー被害者の会ネットワーク

大阪集団ストーカー被害者の会」では12月17日に街宣を予定しています。詳細は決定次第、会メンバーであるブログ「マイメロDay」で紹介されます。

【主な関連記事】
「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」の活動
茨城県での活動 ~犯罪監視・包囲網の形成
埼玉県での活動 ~県警訪問と大宮街宣
地域の被害者の会とネットワーク化構想
「世界規模で被害を訴える計画」 警察巡りの報告



Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

この犯罪は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られることは加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。

テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

tag : 被害者の会ネットワーク 闇勢力

茨城の被害者、友の死

茨城県にお住まいだったテクノロジー系犯罪被害者の方が自殺された。
20年もの長きに渡り、苦しまれた後の最期である。
日頃、親しくさせて頂いていた方で、数ヶ月前に精神病院に強制入院させられ、仮退院中の出来事である。
服毒死と伝えられるも、死に至る真の理由は不明である。
つい、一週間も経たない日に、電話でその声を聞いている。

5日には葬儀との事で、参列させて頂く事にしている。

これからの人生を全うする事無く、世を去ったその方に対しての想いは言葉で伝える事は難しく、被害の深刻さ、他を省みない犯罪行為の横行する世相の闇への憎しみは計り知れない。

日々、嬉々として犯罪システムに参加・加担する者達は、その上に胡坐をかき、特定個人を死に至るまで、攻め抜くこの犯罪はターゲットとされる特定個人、被害者のみならず、社会への不遜な脅威である。

多くの理不尽な死を迎えた人達、幼い者から、老いた者まで犠牲にする歪な組織犯罪を放置すれば、この様な犠牲者は後を絶たない。
世は警鐘を鳴らし続ける存在達に耳を貸さなくとも良いものか。

若くして世を去らざるを得なかったテクノロジー系犯罪被害、一人の友のご冥福をお祈りしたい。



Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカーテクノロジー犯罪の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

この犯罪は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られることは加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー テクノロジー犯罪

プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。