スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被害の通報を活動に ~選挙後の被害激化

創価信者の多く住む筆者宅周辺では、ここ数週間、公明党惨敗後の創価学会信者の連携、引き締め、問題点のすり替えの為か人海戦術主体のローテク系加害を中心とした加害行為が激化していた。
とはいっても、家の中での全ての状況は加害者の行動とタイミングが合っていることや個人の情報を捕捉している事実からすれば完全に盗聴・盗撮システムが常駐していることは言うに及ばず、身体の痛みや異常なラップ音が多発する状況からはとてもローテク被害だけとはいえない状況である。

ブロガーの中には公明党の大敗北が「信心が足りないせいか。」との表題の記事も投稿されているが、前回の都議選の前後はこれほどの被害の連続は無かった。
今回の創価・公明党の壊滅的大敗北は自らの邪悪な体質が露見したことによるもので、有権者の覚醒による投票率上昇による相対的得票数の下落、創価への批判であることを理解すべきである。
当然、前稿で述べたような状況で、一部の報道以外にはマスコミは真相を語らない。
大きな票田でもある幹部の選挙区、創価のメッカでの総力戦による結果が全く出ずに、醜悪な創価の選挙活動が目立つ逆効果ともいえる状況は伝えられる通りである。
このような逆境ともいえる状況に遭遇した場合、狂信的なテロ集団と同義語である創価学会の本部の考える戦術的な計画事は一種の粛清と批判の緩和である。
幹部の比例区での道を認めなかった状況は事前の人事の評を物語り、その後の辞任劇、山口那津男新代表以下新執行部の就任であり、都議選の結果を踏まえ、次の参議院の布石、広告や選挙効果を考慮した結果である。
また、自民党との決別も選挙での敗北を自民党のせいにするといういつものブラフは今回も健在のようである。
さらに、与党への寄生を模索する体質は観て取れる。

公明党三役人事が内定 代表・山口氏、幹事長は井上氏、北側氏は来年参院選に出馬へ

公明新代表に山口氏内定 新執行部は8日決定へ

公明・山口代表、自民との連携見直しに言及 「今までの環境が続くことありえない」

大きな徒労を強い、大敗北の結果に対しての批判、日々の矛先を底辺の創価信者には提供する必要があり、別の努力目標、ターゲットである集団ストーキングに答えのひとつを求めたことは想像に難くない。
集団ストーカー行為はこのようなプロパガンダには打って付けのツールである。
創価幹部にしてみれば、この惨事から火急に目を背ける必要性が発生したということである。
実際いくつかの集団ストーカー被害者の方から被害の激化の情報を得ている。
筆者の周りでも実行部隊の実活動を強いる付き纏い、待ち伏せ、タイミング合せによる加害行為、ノイズキャンペーンがひっきり無しに発生しているのである。

そのような目に余る状況下で、警察に通報可能と思われる犯罪行為が発生した。
7日夜半に家の南前の月極契約駐車上で大きな車のドア音が発生、8日には午後に大きな音がして別の車が走り去った。
7日の状況は加害の車両を追いかけて動画に収めたが、鮮明な映像ではなかったが事象の説明にはなる。
8日は周辺の住民と思われる車は画像撮影し、ナンバーを特定化が可能だった。

警察に110番通報し、創価学会の組織的嫌がらせを2年半前から受けている旨を伝え、上記2件に関しては、両日とも通報直後に警察への説明の為に来訪を依頼し状況説明をした。

筆者は過去に、10数回の警察への通報後の来訪と訪問をしている。
いつも、警察に連絡しても結果は同じであるが、筆者はそれが全く無駄というようには考えていない。
むしろ、積極的にこの状況を利用する事を考えている。
警察の一部は信者であり、加害にも加担していること、幹部の集団ストーカー犯罪への傾倒も十分承知している。
また、警察への通報は無意味であると思わせることも加害者団体の工作であることも理解している。
しかし、筆者はそれが無意味なことでは無く、その状況を寧ろ利用し、必ず被害の認知に繋がると信じている。
以前から心ある警察官からは加害行為と思われる場合は通報をすることも求められていた。

110番は県警の窓口である為に、管轄の係官が来訪するが、110番に通報することにも意味がある。
それは所管の警察署ではなく、県警が110番窓口を担当しているからであり、通報の時間や状況、対処の方法が記録されるからである。
管轄の警察、派出所に連絡すると創価警察官以外の方が来訪することもあるが、そのような警官の方は必ず話している最中に無線により別の現場に行くよう指示が来て、別の係官が交代する被害者の訴えを隠蔽する連絡網、対応システムが構築されている。
その来訪する警官の多くは創価、集団ストーカー加害者特有の対応方法、仕草を見せる。
例えば、しきりに顔や体を摩る、意味の無い音を出し続ける、メモをまともに取らない、話を中途半端に聞く、話をはぐらかす、犯罪行為を否定する、加害者が特定出来ている場合でもその対象者からは話も詳しく聞かずに放免する。
その他諸々の警察官には有るまじき言動を示し、加害者の一味であることをことさら強調するケースもある。

また、所管の警察署に問い合わせをすると、「創価関連の話ですね。」と窓口係は不思議な言い方をする。
上記の通り、創価の問題は窓口がいつも決まっており、生活安全課に電話は回るが、被害状況についての供述を官憲の知識、力を振り絞り否定、確実な証拠等無いだろうといわんばかりに被害の訴えを握り潰すことを画策する。
市民が個人では立ち向かえない組織的な犯罪に悩まされ、その脅威を訴えているにも拘らず、相変わらずの加害の相を垣間見せる。
しかし、それがいつまで通せるかは疑問である。
地道に貯めた記録と証拠、社会の認知度の高まりは状況をいつまでも同じに操作対象に出来るとは限らないであろう。

創価学会の組織的な嫌がらせ行為は、いつでも通報する。
頻度も上げる。
通報可能な状況であれば直ぐに、必ず連絡し、公的に記録に留め、近隣での組織的な犯罪を徐々に警察内でも周知の事実とするつもりである。
しかし、核心部分のハイテノロジー系被害や人権侵害、精神的な障害を与えられている状況については、このような活動を活発化させ、他の被害者との連携の下に社会的な認知度を高めたい。
今までの通報や来訪についての記録は残していると警察では話しているが、その内容はどのようなものであるかは大いに疑問がある。
生活安全課にその旨と情報についての開示について確認したら、然るべき方法で申請し、協議の結果によっては被害者に開示すると話していた。
過去の記録がどのような物であるかは大いに興味のあるところであり、開示への手続きや開示の可否、その記述内容についてはまた新たな警察内部の処理の仕方を知ることが出来る貴重な証言となるだろう。

警察の創価寄りの姿勢がいつまで保持できるかは疑問である。
1999年の自公連立政権以来保持してきた与党権力の中枢に鎮座して以来、多くの災禍をもたらして来た創価・公明党の勢力拡大の図式が崩壊し、警察組織の予算権・人事権を握り続けた構図が変化することを希望している。

先月21日には、妻が遭遇した夜9時過ぎの帰宅途中50mほどの距離中で、3度も通りかかるタイミングを待ち伏せた大きな車のドア閉めノイズキャンペーンの被害に見舞われた。
その3回目の加害者、20代の男性加害者に詰問したら、その後不自然な否定の言葉を繰り返したが、一度は創価信者であることを明確に白状している。
その後その若い加害者が脅かしの為に呼んだ警官により、詳細な状況は不問にされたものと思われるが、また創価学会員の犯行事実が明確になり、通報の度に創価学会員関与の犯罪である事を伝える効果を与えることができる状況となった。

繰り返すが、主に来訪する管轄の派出所の警察官は創価であるが、何度でも110番通報するようにしている。
今後は、近隣でのタイミング合せやノイズキャンペーン等のローテク被害は状況に応じ、文書により過去の状況・記録や写真データを用意しておき、通報時に提出しようと考えている。

尚、警察に通報後の本日は妙に静かな生活環境になった。
当然これが、加害行為の終焉でもないし、このまま大人しくしている加害者でもないだろう。
事実、証拠を取られて困るような行為はせずに、より信憑性を疑うような加害行為、陰険な別の犯行方法に代わっているだけである。
しかし、それにしてもいつまで続けられるか。
多く集団ストーカー被害者の方が、諦めずに被害を通報することを期待する。

【関連記事】
衆議院議員選に見えたもの
集団ストーカー被害と社会・政治
「政教分離」訴えるポスティング活動に集団暴行
「矢野絢也さんより話を聞く会」一考
警察と110番はいつも同じとは言えない
<警官の来訪と儀式
被害映像集

Banner21 

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。

関連記事

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 集団ストーカー被害 創価学会 警察

コメントの投稿

非公開コメント

別に創価学会を擁護するわけじゃないが
集団ストーカーって言葉が2chで捏造される前から

2chのキチガイを見てきた人間からすると
俺はむしろ集団ストーカーとか言ってる人間の方が何かやってると思ってる。

俺も
ノーヘル3人乗りでバイクに乗って、これみよがしにタバコふかして、大音量でラップをかけて近所をブリブリねり回るという
あまりにも不自然なDQNからストーカーされてるけど

それが始まったのって2chのエロ同人掲示板や変態画像掲示板の二次裏で
自演で人に嫌がらせしてるキチガイの手口をばらしてまわってからだぞ。

じゃあ何だ
オタク掲示板で誹謗中傷や犯罪幇助を毎日繰り広げてるのは
創価学会員なのか?

俺が想像するには
毎日オタク掲示板に入り浸ったり
食う寝る時間以外は人を追っかけまわす暇があり
そんな生活でも金に困らないという不思議な人生がおくれる
「毎日ネットウヨクと戦ってます」なやつらなんじゃないかと思うんだが。

脳閉塞から退院したブログの人は
なんだって急にこんな怪しいブログを紹介したんだろうか…?

通りすがり 様

集団ストーカーという言葉が捏造と説明されておられますが、それは実態をご存知ないか、故意にこの組織的な犯罪を隠蔽するためにコメントを頂いたのでしょうか。

どのようなストーカー行為を受けておられるのかは存じ上げませんが、私は毎日、近隣から外出先に至るあらゆる場所で異常な加害行為、嫌がらせを受けております。
ブログで述べられる状況は現実の姿であり、一切の脚色はしておりません。

オタク掲示板というのは、どのなサイトを指すのかも分かりませんが、集団ストーカー被害を訴えるスレ等で見られる発言も虚構ではありません。
しかし、この犯罪を真摯に説明し、告発する場合、頂いたメッセージのように根拠のない、意味不明の所謂「荒らし」の発言が多発します。
そのような状況を見るだけでも、十分この被害を社会に知られたくない状況が明確に理解される事でしょう。

また、創価学会がすべての書き込みや荒らしをしているかとの問いに関して言えば、創価の場合も有るでしょうし、他の集団ストーカー参加者、有償の書き込み・隠蔽工作員によるサービス業務、加担者等々様々です。

いずれにしても、集団ストーカーという犯罪が社会的に問題となりつつあります。
近隣トラブルや会社組織内や学校、公的機関でのいじめ・組織的な嫌がらせ行為のかなりの部分がこのような犯罪の一端であると考えられます。
事実、異常に多い自殺者数、特に公務員、自衛隊員、警察官に多発するケースもこの犯罪の主目的である国の弱体化工作である組織的な犯罪の可能性が大きいと考えられます。

集団ストーカー被害に遭遇すると職を奪われるケースも多く、その被害を訴えるためにも書き込みをなされる方も多いと思います。

繰り返しますが、今頃このような工作は不要で、すでに、組織的な犯罪は知れ渡っています。
創価学会員が主犯であり、その他カルト、非合法組織、在日朝鮮・中国人、同和、公的組織、企業、加担者等多数の人員の参加による特定個人、社会の壊滅工作の犯罪です。
創価の場合は、総体革命という名の下に如何に多くの人員が組織の主要ポスト、行政、立法、司法分野に散在し、工作活動を行い、その他のカルトも組織自体の存在が国益に反する工作活動に寄与している現実を知るべきです。

瀬戸弘幸さんは自らのブログ内で創価学会の害悪を指摘、告発しておられ、実行動により、創価学会の非道な振る舞いを目の当たりにしておられます。
ポスティングの最中に、創価学会員と思われる集団が引き起こした障害事件や、活動中の妨害工作の数々はまさに、その体質を世の中に晒しました。
また、集団ストーカー被害者や脱会者が集団的な嫌がらせや犯罪行為を日々受けている現実もご存知で、その事を訴えることは当然の事です。
瀬戸さんがこのブログの記事内容をご覧になり、情報材料としてご利用頂けたこと、集団ストーカー犯罪にハイライトを当てて頂いたことは社会にとっても、非常に重大な意味が有ります。

常に上記の如く、報道から遠ざけられ、情報コントロールの対象となる犯罪が存在する事実は、如何に社会が知らず知らずの内に蝕まれているかを証明しています。
我々集団ストーカー被害者は実に多くの欺瞞や工作が国内で展開しているかを身を持って理解しています。
集団ストーカー被害者の視点のフィルターを通した事実は多くの有志、心あるブロガーの意見が真実である事を逆に説明できます。
何故なら、被害が被害として取り締まられず、知らされない事態に直面し、不条理な人権侵害行為を強制され、正常な社会生活から遠ざけられ、経済的な困窮状態を強いられている厳然たる事実が、そこに存在しているからです。
これは正に、違憲の生活状態に落とし込まれている異常な事態です。
また、それを生む原因の数々が日本という国の弱体化の為の工作と合致している事と直結している状況を十分訴える必要も理解しています。
プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。