スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣人の加害行為の通報

集団ストーカー犯罪は明らかに闇に紛れた人権侵害犯罪である。
しかし、組織的に実行、隠蔽される犯罪を放置することは徐々に多くのブロガー、ネット市民が危惧する国の佇まいを変貌させ、本来の意味での国家、民主主義の概念を葬り去る環境を醸成することは論を待たない。
地域社会での安全な生活は国民にとっては当然望むことができる権利である。
しかし、反社会的な行為が実に隣人も含め日常的、常習的に繰り返され、法的な対応が成されない現実が、この日本という国に存在する法や人倫を嘲笑うように人権侵害行為が横行する犯罪天国である。
筆者は周辺に発生するこの非人道的な組織的な犯罪行為に日々直面する極普通の日本人の一人としての感覚で、犯罪行為に対抗している。
犯罪の実態を世に訴え、人道を逸脱した違法行為に微力では有るが対抗することで、国の歪んだ縮図である地域の正常化に、ひいては、本来の日本の佇まい、日本人の持つ倫理観を取り戻すこと願うものである。
ようやくこの犯罪が徐々に白日の元に晒される状況に至ったことは救いに見える。
今回もそのような犯罪行為を平然と実行するサイコパス的犯罪者の犯罪についての記事を上げる。

先稿での加害行為の警察通報についての直後である9月11日にも通報可能な件が発生し、通報した。
その日は東隣のヘビーストーカーが自宅でシャワーを浴びていると壁一枚隔てた場所で、加害者宅駐車場で大きな車のドア閉め、エンジン始動で車を後方移動する強烈なノイズキャンペーンを開始した。
拙宅の東側にあるトイレ、風呂場、廊下に近づくと雨戸、車、布団叩きによるノイズキャンペーンをこの加害者宅のサイコパスが開始する。
彼女は集団ストーカー被害が顕在化する遥か前、この場所に住んでから以来、妙な印象を醸し出していた。
集団ストーカー被害が顕在化する前から、常に我が家を敵対視していたようである。
普通であれば、自宅のゴミ、砂、砂利の類は自らが処理するのが普通の神経であるが、自らの駐車場の分もまとめて道路淵石伝いに水で流すという不思議な振る舞いをしていた。
婉曲に注意すると怒り出し、何度もこのような非常識な行為を繰り返していた。
やがて、理不尽な誹謗中傷を繰り返す様な状況になり、集団ストーカー被害顕在化後は悪質な嫌がらせ行為を頻繁に繰り返すようになる。
もともと彼女は他人の悪口を言うのが趣味のような性格と思われ、口を開けば常に悪態を付くような性向、悪癖があった。

最近はほぼ毎日のように、こちらの屋内行動にタイミングを合わせたノイズキャンペーンを繰り広げており、そのような異様な状況での加害行為とその通報だった。
明らかに全ての加害行為では、宅内の様子は外部から目や耳等の五感情報では情報を得る事が不可能な状況でも、タイミングを正確に合わせ加害行為が行われていることからして、盗聴・盗撮に基づく行為であることは間違いない。
しかし、そのような明確な犯罪行為である状況も警察に話しても信用してもらえず、いつもの警察の態度からして揉み消したいことは周知の事実であるので、現状では明確な意図により誰もが判断する状況での説明可能な犯罪行為として対応を願うしかない。
犯意が明確である以上、いかなる方法を加害者が取ろうと通報が可能な範囲で対応することを前提として考えている。
それはこの犯罪被害の社会的認知度と被害の説明方法によるものである。
しかし、このような社会犯罪に対しての情報隠蔽工作が長続きするとは思えない。
事実、筆者には警察も被害の状況についての理解を徐々に示しつつあると考えられ、放置することが自他共に危険なことであることを把握し始めているように映る。
その為の繰り返しの通報でも有る。

今回も直にデジカメで証拠映像を撮影し、110番通報をした時の状況について説明する。
参考として、YouTubeに今回の状況をupしたので、ご覧頂きたい。

15分程すると映像の様に9月7日の対応係官と同じ創価警察の若いペアが来訪した。
彼らは「近隣とのいざこざは民事で・・・。」、「本署での対応にして欲しい。」と消極的な説明と対応姿勢を見せる。
何のための警察官とその機能であろうか。
このあからさまな工作的対応に対して、これら犯罪行為は組織犯罪で、個人では解決不能であり、捜査権のある警察に依頼していると説明し、記録と調査を求めた。

筆者は繰り返すが、警察への通報は明らかに加害者には非常に厄介な事件であると考える。
今回もいつもの通り、警官来訪時には必ずこの通報が無意味である事を警官、被通報者、この時とばかりにこの場にひっきりなしに行き交い登場する加害者・加担者がこぞって演出を図る状態である。
この行為が創価警察、非創価警察に対しての無言の圧力にもなるのだろうし、被害者の些細な通報が本当の犯罪であるのかと疑わせるかの演出効果も有るのだろう。
しかし、本質的にはこの演出には重要な意味が存在すると考える。
場合によっては複数の偽証証言により被害者の正当性を疑問に思わせる証言を与えることも有る。
あらゆる加害者側の必要性により犯罪現場には被害者以外は加害者だけの環境を作り込む意図が有り、情報を隠蔽・操作する為の機能が演出されている。
また、犯行事実の揉み消しの再確認、犯罪事実の否定や偶然性の証言の為に被通報者が去り、その場に居合わせない場合でも引き返して来てその現場に再登場するのがほとんどのケースで見られる光景である。
この方法により現場に舞い戻る加害者は犯罪行為を加害行為ではないことを訴え、本質を変質させる目的を達成する放免対策の一つでしかない。
9月8日のケース同様に今回も被通報者が警察来訪時には、別の車の車庫入れを装い、再度戻って来た。
警察はその登場した隣人に事情聴取をしたようだが、状況は隣人からは隔離されているために知らされない。

警察内部には不祥事、抗争、幹部の汚染、警官の加害等様々な問題点が存在し、集団ストーカー犯罪に対しての警察自体の加害加担や加害者団体説も多く、警察の被害を訴える集団ストーカー被害者の方も多い。
事実、筆者も日々の警官やパトカー、ヘリコプターを異常な頻度で目にする状況は警察も加害者かと疑わせるに十分な状況であることは多くの被害者の方の訴えと同じである。
そのような警察の集団ストーカー加害行為に対しての加担、真の実態は把握しかねるが、筆者は個人的には全ての警官や組織全体が汚染されているとは考えておらず、犯罪に対しての社会的責任を全うする意志と機能は厳然と存在するものと考えており、通報と記録を残す事がいかなる犯罪行為にも重要と考えている。
大きなパワーバランスの中に存在、依存する官憲であるが、真実が曲げられる状況は社会悪の更なる増長、国民の生命、財産、安全を脅かす犯罪行為の増大を許すだけである。
全ての被害者の方が諦めずにこまめに通報活動をすることが被害を社会に認知させ、犯罪行為の蔓延、撲滅のキーポイントだと信じている。
加害者は犯罪行為の通報を頻繁に行う被害者を歓迎していないことは明白な事実である。

この記事は決して警察や被害の通報に関してのミスリードを誘う為の記事を意図するものではない。
反論をお持ちの方、通報を嫌う方もおられると思うが、何も行動しなければ犯罪行為存在の周知も対応も無い。
多くの被害者の方が警察に通報したが、まともに取り合って貰えず、返って不愉快な対応により2度と通報したくないと考えておられるかもしれない。
しかし、それは何度か繰り返して述べているように、加害+加担側の一種の演出、工作と考える。
曲がりなりにも、法治国家である以上、被害の訴えが全く無視されるべきでは無く、それがまかり通る国家とも思えない。
現に多くの集団ストーカーとは記録されていない事件でも、通報を無視した結果の犯罪、自殺のケースが多発しており、その事を警察に説明するだけでも十分な説得力を持ち、その事の説明を受けて無視する警官は少数だと思う。
多くの被害者が被害を通報することにより、犯罪の実態が日本全土で繰り返し発生し、自殺を含む甚大な被害が組織的に、計画的に実行されている現状を異口同音に告発する行為が如何に有効なものであるかを訴えている。
場合によっては、信用できる被害者同士が警察に赴き証言、補助を与えることも有効な方法である。

9月18日にも別件で110番通報(県警)をしたら、今回の加害者の名前が向こう側から確認のために出てきた。
つまり、警察にはこの記事の加害者の情報と通報の内容が記録され、マークされていることを窺わせたのである。
明確な加害行為は確実に通報の価値が有り、次の回には偶然と称した加害行為であっても、完全な反社会行為として記録される可能性が高い。
つまり、最低限警察に対して加害者にイエローカードを切らせる必要があり、イエローカードはレッドカードになるだろうということ。
通報可能な環境を自ら作り出す努力をし、これらカードを多数切らせることが被害者には求められているのではないだろうか。

この通報後の経過は非常に良好なものであり、顔見知りの特定者の通報可能対象と見られる加害行為は僅少、目立たないものに変化し、暫くの間は静寂な環境を取り戻しつつあるかに見える。
この状況を見るだけでも効果は絶大なものに思える。

9月18日の別件、通報については、また稿を改めたい。

[YouTube: 集団ストーカ被害映像(11) シャワー中の嫌がらせ]


【関連記事】
被害の通報を活動に ~選挙後の被害激化
集団ストーカー被害と社会・政治
被害と記録、加害の表面化の為に
警察と110番はいつも同じとは言えない
被害と記録、加害の表面化の為に
警官の来訪と儀式
「ノイズキャンペーン」へのご優待
被害映像集

Banner21 

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
しかし、もはや隠蔽は不可能な程周知の事実となり、隠蔽は不可能な状態となりました。

被害者の方々は勿論のことですが、カルト団体、特に創価学会の被害を受けられて居られる方々、闇連合勢力に蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
ブログ、HP等のネット情報は知られざる人権侵害の犯罪を報知する事が可能な重要なメディアの一つです。
集団ストーカー被害が表面化することによる社会の浄化作用は計り知れないものと考えております。
このブログは単なる集団ストーカー被害についての報告やメッセージでは有りません、卑劣な犯罪、システムを作り上げている構成団体を瓦解させる為の具体的なツール、武器と成るでしょう。


関連記事

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 ガスライティング ノイズキャンペーン 通報 警察

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

全国の被害者を結集して。

全国の被害者を結集して 国に働きかけをして下さい個人では無力です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 全国の被害者を結集して。

地方被害者 様

コメントありがとうございます。

仰るとおりです。
この犯罪は個人の力での対応には限界が有ります。
また、地方にも被害は蔓延しています。

テクノロジー被害者の会がこの被害の内テクノロジー系の被害を訴えています。
私は集団ストーカー認知・撲滅の会で創価学会の組織的な被害やローテクノロジー系の被害も訴えています。
今後は被害者の方の結集を多角的に考えたいと思います。

アイデアをお持ちのようでしたらメール等でお聞かせ下さい。

メールはブログのメールフォームで送信可能です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

kingfisher


> 全国の被害者を結集して 国に働きかけをして下さい個人では無力です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。