スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価の災いの種

集団ストーカー犯罪の周知が進み、創価学会の反社会性とリンクされ認識されつつ有ります。
その集団ストーカー加害者要員としての創価学会員は、どの様な動機付けで加害行為を繰り返しているのでしょうか。
それは被害者側の実体験から想像するものとは随分異なる動機に基づくものであると考えられます。
筆者の場合、遭遇する近隣での被害者の殆どが創価学会員と見られますが、加害行為を実行する状況から倫理観が常人とは異なることが言動からも窺える場合が有りました。
その状況からは日々洗脳に晒され、通常の倫理観の代わりに非日常的で反社会的な価値観・倫理観が植え込まれる危弱な人間性の現実があります。

創価学会は日蓮正宗の教育部門であり、日蓮の教えである法華経の講(同一の信仰を持つ人々による結社)の一つでしたが、日蓮正宗との対立により破門されました。
Wikipediaによれば創価学会は「当初は日蓮正宗内部の宗教法人格を持たない法華講として発足し後に独自の法人格を取得し上部団体の正宗と完全に分裂し現在に至る。」とあり「根本目標は、『生命の尊厳』の確立に基づく『万人の幸福』と『世界の平和』の実現だとされている。」と高邁な立場が述べられています。

それでは何故この様な高邁な教条を持ちながら、一般人に対しての攻撃、集団ストーカー行為が行なえるかといえば、その教条の論拠とカルト体質の事情が有ります。
SOKAnetには日蓮上人の書簡である「秋元御書」が存在し、その中で「不殺生戒」としての内容が示されています。

「蟻子を殺す者・尚地獄に堕つ況や魚鳥等をや青草を切る者・猶地獄に堕つ況や死骸を切る者をや、是くの如き重戒なれども法華経の敵に成れば此れを害するは第一の功徳と説き給うなり、況や供養を展ぶ可けんや、故に仙予国王は五百人の法師を殺し・覚徳比丘は無量の謗法の者を殺し・阿育大王は十万八千の外道を殺し給いき、」とあり、殺傷は戒めとするが、法華経と敵対すればその限りではないことが述べられている。

そしてこの意を含む文書の解釈として、評論家・宗教学者である姉崎正治氏が以下の解説を加えています。

「例せば殺生戒は仏誡の第一であり、生物を残害しないのは道徳心の発端である。
それにしても謗法の者を懲罰するは、法華行者の義務であり、いかに折伏してもこれに応じない者は、これが一命を断つとも已むを得ない。これかえって真の慈悲である。この意味からいえば、謗法者を殺すのは、法華経主義からいえば、不道徳でないのみならず、かえって大道徳になる」[姉崎正治「法華経の行者日蓮」(講談社学術文庫)]

ここで、「折伏(しゃくぶく)」とは勧誘、「謗法(ほうぼう)」とは法華経の悪口を言うことを指します。
勧誘に従わない者、誹謗中傷、敵対する者は死を持って対応するのが道徳であり、道徳に叶うと説いています。
しかしこの方便を殊更に強調し、反社会的な行動を善と見なし敵対者を攻撃する構図を造り込んでいます。
実際、創価学会の機関紙、聖教新聞には次の様な言葉がその実践としての行動指針として、羅列されています。

・『怒りの炎を燃やして「戦闘」する!「叱咤」する!「攻撃」する!』
・『「追撃」する!これこそが仏法であり、正しい人間の道である』
・「野たれ死ぬまで攻め抜け」

これらの「呪い」と見紛う信者へのメッセージが、前述の高邁な根本目標を目指す宗教団体とは異質な文言内容として繰り返されています。
自らの現世の幸福だけを追求し、仏敵を壊滅的な、死に至るまでの攻撃をし、その攻撃をしない場合は来世に及ぶ不幸を言い渡される教義が機関紙や集会の場で繰り返し刷り込まれます。
結果、熱病に浮かされたかの如き個も人間性を喪失した、異常な倫理観を持つ加害者が次々と目の前に登場します。

そもそも、法華経も創価学会にも全く興味も縁も無い人物、ターゲット被害者をマークし、攻撃し続ける様は異様ですが、これら加害者に詰問や反撃をするだけでも謗法になります。
事の発端は些細な口論、職務上の同僚や部下との抗争で巻き込まれてしまうケースが多く、謗法等というものの存在すら意識せずに、犯罪行為の標的とされる理不尽な状況は法治国家、民主主義国家の理念では理解できない状況です。
また、実際に身の周りで発生する様々な犯罪行為の数々を社会に知らせる行為もその矛先となり、ターゲット被害者に対しての攻撃扇動の材料になるのでしょう。

この様な実態は、創価学会というカルトシステムの下層信者、日常的に遭遇する近隣や外出先の加害信者達には攻撃を扇動する方法でしか有りません。
幹部に脱会を告げに行ったある信者が、その幹部がこの様なカルト体質の宗門を道具としてしか考えていないことを否定しなかったと伝えられています。
正にカルトの本質通りの集金、利権、信者の絶対服従システムの維持が目的であることが理解されます。

創価学会では仏法、国法、世法の順番にプライオリティが存在し、一般的な倫理観である世法は最下層の存在として、重要視されることはありません。
法律である国法でさえも、仏法の下に置かれ無視できる存在なのです。
実際、日常に近隣で繰り返される集団ストーカーの加害行為を警察に通報すれば、その国法である法律を免れる言訳を続けるご都合主義の犯罪集団の側面が窺え、論理的な破綻が露見してしまいます。

これは半年程前に実際に経験した事実ですが、近隣の加害者の主婦が騒音による加害行為に対してのエクスキューズに、嫌がらせ、イジメは悪いことだが、宗教的理由であれば許されるとの考えを最終的には述べていたことがありました。
この様に、信者は洗脳により収奪(財務)の対象となり、自らの時間は束縛され、集票、嫌がらせ、勧誘に奔走する現実により、骨まで吸い尽くされる存在であることにさえ気付かない、驚愕すべき実態が浮かび上がります。
問題は、創価学会の反社会性が知れ渡ってきたとはいえ、まだまだ多くの国民が宗教法人としての存在しか知らずにいることです。
我々の様に創価学会の危険性を知る者は集団ストーカー犯罪を始めとする、反日活動の強力な推進勢力、犯罪組織としての実態を、より多くの国民に知らしめる必要が有ります。

[聖教新聞 2004年11月18日「寸鉄」]
20090413180608.jpg

【主な関連記事】
カルト相談室の開設
公明党 外国人参政権付与の一手を打つ ~人口侵略+宗教の破壊力
布教の為に、国を売る創価「池田特命」
集団ストーカー被害と社会・政治
創価の集団ストーカー犯罪に関しての質問から
「矢野絢也さんより話を聞く会」一考


Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られる事は加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。

蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。

関連記事

テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

tag : 集団ストーカー 創価学会 闇勢力 集団ストーカー被害 ガスライティング

コメントの投稿

非公開コメント

kingfisher様

こんにちは。集団ストーカー周知活動お疲れ様です。
他のブログでもkingfisherさんのコメントによる
周知活動を拝見する事があります。
素晴らしい行動力に関心します。
聖教新聞による表現は本当に常軌を逸した
カルトによる洗脳新聞ですね。

Re: タイトルなし

被害オヤジ 様

コメントありがとうございます。
いつもブログを拝見し、外地でのご苦労が偲ばれます。
被害オヤジさんもそのような状況下に在るにも拘らず、集団ストーカー犯罪についての戦いをブログで展開なさっておられ心強く思い、励みになります。

創価については聖教新聞を見ることでも、救い、幸福を求める心を食い物にする状況が良く分かります。
多くの不幸な状況を自らの集団だけでなく、外部に撒き散らすカルト体質の団体を宗教法人として優遇する状況は大きな国家的な犯罪の加担行為かもしれません。

お体にはお気を付けてください。


KF


> kingfisher様
>
> こんにちは。集団ストーカー周知活動お疲れ様です。
> 他のブログでもkingfisherさんのコメントによる
> 周知活動を拝見する事があります。
> 素晴らしい行動力に関心します。
> 聖教新聞による表現は本当に常軌を逸した
> カルトによる洗脳新聞ですね。

別件ですがお願いします。

仏さまからすれば仏敵は創価学会だと思います。日蓮上人を笠に私利私欲を貪る、イエス・キリストを笠に蛮行を繰り返す教徒たち。
ニーチェはこう言ったりして「日蓮上人を殺したのは池田大作である。」冗談です。

私たちが毎日何気なく使っている水ですが、
世界では水不足で悩んでいる国がたくさんあります。
一見豊富に見える日本の水資源も、実は気候変動などで雨期が少なくなったり、積雪が少なくなったりすると「乾燥列島」になってしまい、人ごとではありません。(週刊鉄学より転載)
110兆円市場~水ビジネスの今
吉村和就(グローバルウォーター・ジャパン代表)
下水処理の権利はヴェオリア社が広島、埼玉、千葉で通常入札で勝ち取られたそうです。
日本には民営の会社がないため地方が分権のためお金だけ渡され、技術も何もないため外国の会社に一括委託と言う状況だそうです。(民営化の害悪か?)
ライバルの語源はリバー水争いから。
IBMも参入。天気情報など。
日本は戦略がないようです。
CS 武田鉄也の週刊鉄学2・14放送分(再放送有)
http://asahi-newstar.com/web/12_tetsugaku/?cat=18
吉村和就氏のHP http://gwaterjapan.com/
日本はろ過の膜はシェア7割あるそうですがその儲けは微々たる物だそうです。
説明がうまくできませんので、現場の方
詳しい方誰かお願いします。
地方の役所が百戦錬磨の外国企業と戦わなくてはいけなくなるのは危険すぎる。負けが見えてる金をしこたま取られるか、権利を根こそぎ取られるか。民間企業育成と保護政策を!!!
中川昭一氏も生前水大臣をやりたいと言っていたそうです。(吉村氏談番組内)水資源の重要性にいち早く気付いていたようです。

水と安全は最も高価なモノ

情報屋 様

コメントと情報ありがとうございます。

「中国 水資源」で検索を掛ければ、Googleでは1,050,000件のヒットが有ります。
問題が指摘されてから、その位危機感が広まっているという証拠でも有ります。
いまや一次産品は資源戦争の真只中にあり、国の存亡を掛けた戦略物資でも有ります。
日本では水と安全は只と思われて居ましたが、それは単なる幻想であることが覚醒した市民の間では常識になりつつ有ります。

立法府には多くの学生時代左翼、隠れ売国議員が入り込み工作員として、文字通り国土の切り売りに躍起です。
外国人とビジネスをしたことの無い輩がグローバリズムと叫ぶ様は失笑モノです。
そんなに世界は甘くは無く、寧ろ、虚飾の第9条による裸の王様状況はもはや通じないことを知らせるべきです。
従って、国土・領土の保全、安全、防衛についての議論が早期に交されるべきと思います。

今度はURL、メールアドレスを残して頂ければ嬉しく思います。

KF

お考えをお聞かせ下さい

この組織犯罪への深い洞察と、詳細な分析をなされているkingfisherさんのブログは、訪問するたびに感嘆させられます。

実は、kingufisherさんのお考えが聞きたいと思い、コメントをさせて頂きました。と言いますのは、私は本日、現在ブログで連載している小説の、舞台となった地名を公表しました。

小説の舞台と言いましても、私小説ですから、私自身の居住地の特定にも繋がることだと思います。(氏名の公表はしていません)、

いろいろ考えた末の決断なのですが、ブログ上で、このような公表をすることの、プラスとマイナスについて、kingfisherさんはどのようにお考えでしょうか?

よろしかったら、ご意見をお聞かせ下さい。
突然ですみませんが、よろしくお願いします。

下って



追伸

前記の最後の文字「下って」は、誤植ですので、無視して下さい。

まるこさん江

去年の春夜ノ森に桜を見に行ったとき、仄めかし軍団がいましたよ。
子供を使っていました。子供を使うのは一般的手法ですが、卑劣な手です。
公表すれば、類似事例も出てくるでしょう。

以前大阪の千里に出向いたとき、仄めかし軍団に会いました。
結構居るなと思っていたのですが、
後日、実は集団ストーカーのHPで知った人が、千里に居て毎日仄めかしにあっているのを知りました。
私ではなく、その方を対象にした仄めかし人員だったのです。
ネットがなければわからなかったことです。それは大きなメリットですね。

私は今、日本各地の被害者の方とコンタクトを取っています。
中には統合失調病にされ、精神薬を飲まされた方も知りました。
その方は母親にストーカーされているみたいです。
父親が自殺した方も知りました。渡米しても現地でストーカーに会っているそうです。

一人を対象にしても、チッぽけな被害にしかなりません。
世間でどんな被害が蔓延しているのか把握、取りまとめ、公表するつもりです。
今はその準備期間に当てています。
HPを持っていてくれるだけで、その状況が把握できて助かります。

Re: お考えをお聞かせ下さい

まるこ 様

コメントありがとうございます。

ご自身の所在を、或る程度公開することはメリットデメリットが有ります。
その状況は被害者、被害状況にもよると思います。

所在を公開する場合のメリットは大きく、大まかに以下のような内容が考えられます。

まず、被害者にしてみれば日常での加害者の存在と動向、被害の実態の詳細が社会に晒され、犯罪事実の現実性・具体性が与えられ、より実質的な告発、周知の力になります。
また、地域的な犯罪被害分析の材料にもなります。
そして、万が一の不慮の事態が発生した場合は捜査に対しての手掛かり、証拠が残ります。
加害者にしてみれば、加害行為の質を変更する必要があるでしょう。
公然と犯罪とその加害者特定が可能な痕跡を残すことが命取りになりますので加害行為に注意を払い、方法や内容を変えてくるでしょう。
周到で陰湿な加害行為に変化し、頻度・程度も変化するかも知れません。

一度公開された情報は必ず加害者にも渡りますが、その内容は加害者側には周知の物でしょう。
しかし警察・公安等組織も同時に情報を入手、収集していると考えられ、犯罪の記録は永久にデータとして残るでしょう。

他の被害者の立場からすれば、同じ地域に被害者が存在するという意識・共感が生まれまれ、可能であれば連絡を取り合うことも有ります。

デメリットとしては、例えば企業に勤務の方で被害内容や場所の想定から個人が特定されると社会的な損失を被る場合や不利になる場合が考えられます。

また、証拠・論拠が不十分なままでの特定個人や団体の指摘は告発対象になる可能性も有ります。
しかし、加害・犯罪行為を繰り返す組織的な犯罪システム・ネットワークであることから、軽はずみに法や権力の行使はできないと考えられます。
判例の増加は結局、この遠大な犯罪システム・ネットワークを世に晒すことになります。

答えになっていますでしょうか。


KF

> この組織犯罪への深い洞察と、詳細な分析をなされているkingfisherさんのブログは、訪問するたびに感嘆させられます。
>
> 実は、kingufisherさんのお考えが聞きたいと思い、コメントをさせて頂きました。と言いますのは、私は本日、現在ブログで連載している小説の、舞台となった地名を公表しました。
>
> 小説の舞台と言いましても、私小説ですから、私自身の居住地の特定にも繋がることだと思います。(氏名の公表はしていません)、
>
> いろいろ考えた末の決断なのですが、ブログ上で、このような公表をすることの、プラスとマイナスについて、kingfisherさんはどのようにお考えでしょうか?
>
> よろしかったら、ご意見をお聞かせ下さい。
> 突然ですみませんが、よろしくお願いします。
>
> 下って

丁寧な御返答ありがとうございます。

メリット、デメリットの詳しい御説明を頂きましたこと、心より感謝致します。

私の場合は、メリットの方が多いように思われました。

私は、この小さな町では、加害行為に加担している者達のパーセンテージが、かなり高いと考えています。そして、私への加害行為は、かなりレベルアップしていると感じるのです。

しかし、加担してない人も多数いるはずで、その人たちに、加害者、及び加害の様子を、遠くからでも、逆に監視して頂けたらと思います。

これからは、被害者を含む社会全体が、この犯罪組織を、常に監視していくことが必要だと考えています。

いずれにしろ、この組織犯罪に対する社会の認知度は、上がってきていることは確かだと思います。

これからも、いろいろと教えて頂ければ幸いです。
有難うございました。

Re: タイトルなし

あすか様

> 後日、実は集団ストーカーのHPで知った人が、千里に居て毎日仄めかしにあっているのを知りました。
> 私ではなく、その方を対象にした仄めかし人員だったのです。
> ネットがなければわからなかったことです。それは大きなメリットですね。
>
そうですね。
ネットの力により、近くに住む被害者の存在も知ることができ、連携も可能に成る化も知れませんね。
以前であれば、被害者は完全に孤立化、疑心暗鬼の中に閉じこもるしかなかったのですから。

> 私は今、日本各地の被害者の方とコンタクトを取っています。

> 一人を対象にしても、チッぽけな被害にしかなりません。
> 世間でどんな被害が蔓延しているのか把握、取りまとめ、公表するつもりです。
> 今はその準備期間に当てています。
> HPを持っていてくれるだけで、その状況が把握できて助かります。

被害者の個別で具体的な被害状況情報を統計、分析、公開する事はこの犯罪に対処するのに必要で、完成すれば有効な手段だと思います。

「集団ストーカー認知・撲滅(概論)」の「表18-1 国内で犯罪被害を訴えるサイト集」
http://l00yenwriteroil.hp.infoseek.co.jp/table18-1.htm

もご参考頂けるかも知れません。

kingfisherさんお疲れ様です。

「生物を殺さない教え」と言えば聞こえがいいのですが、
創価が組織を挙げて嫌がらせをしてくるときには生物(不快害虫)で攻撃してきます。
電車内部でゴキブリを頭にかけてくる。
職場でロッカー内部にスズメバチをいれてくる。
自宅にクマネズミを忍ばせてくる。
などです。
創価機関紙(第三文明・潮・)などでも紹介されている創価漫画家・藤子不二雄氏は漫画で創価に嫌がらせのやり方を教えています。
「ターゲットの子供が将来婚姻できないように見張れ」(タイムマシンの意味)
「ターゲットに適度の精神的プレッシャーを与え続けろ」(お風呂覗きシーン)
「ネズミをターゲットの家に忍ばせろ」
「我々学会員は忍者である」(忍者は日常的に盗聴盗撮をする言い訳である。また遁術と称して害虫を使って嫌がらせを行う意味でもある)

ところでNHKが創価テレビ局になっていることについて。
(タマゴか雛がでてきたら創価漫画)
タマゴのマークは池田大作の雛の意味であり、全体主義の一員になるべく洗脳を生まれたときから施す意味。
テレビ埼玉が創価資本になってテレ玉というタマゴマークになったのとNHKは同じである。

創価の嫌がらせマニュアルです

各地域の敵対者排除/躾け
a)創価学会への強固な敵対者に対しては、将来的に考えてもその
子息子女を落とす必要がある 子息子女の不幸により折れる可能性も高い
子息子女へは創価学会へ反発しないよう躾ける
敵対者の子息子女の結婚は潰す必要がある
会員の子息子女の敵であってはならない

b)会員の商売敵を排除する事は資金確保の上で重要である
商売敵の子息子女も、将来を見据え落とす必要がある
会員の子息子女の商売敵にならぬよう落とし躾ける

c)敵対者が地域で高評を受けぬよう計らう

d)各会員が連帯し、自然と不幸になったように落とす必要がある
くれぐれも会員が疑われてはいけない

e)敵対者の言に信頼が集まらないよう計らう

f)敵対者の安定につながる者らも落とす必要がある

g)常に経済的/心理的に圧迫させる必要がある。


Re: 創価の嫌がらせマニュアルです

魔法使い 様

コメントありがとうございます。

これは創価の有名な格言ですね。
この様な条項の犯罪行為を組織的に行われている状況で、集団ストーカー被害者は大きな社会的なハンディキャップを被ることになります。

このようは社会悪を撒き散らす創価学会を野放し状態にする国家にも当然の責務が存在します。
全ての集団ストーカー犯罪被害者、創価学会の犯罪被害者は社会的な救済、保障去れるべき権利が存在すると考えるのが妥当です。
今まで放置されて来た現実こそ異常でした。

創価学会から賠償を得るべく被害者は結束して戦うべきです。


KF


> 各地域の敵対者排除/躾け
> a)創価学会への強固な敵対者に対しては、将来的に考えてもその
> 子息子女を落とす必要がある 子息子女の不幸により折れる可能性も高い
> 子息子女へは創価学会へ反発しないよう躾ける
> 敵対者の子息子女の結婚は潰す必要がある
> 会員の子息子女の敵であってはならない
>
> b)会員の商売敵を排除する事は資金確保の上で重要である
> 商売敵の子息子女も、将来を見据え落とす必要がある
> 会員の子息子女の商売敵にならぬよう落とし躾ける
>
> c)敵対者が地域で高評を受けぬよう計らう
>
> d)各会員が連帯し、自然と不幸になったように落とす必要がある
> くれぐれも会員が疑われてはいけない
>
> e)敵対者の言に信頼が集まらないよう計らう
>
> f)敵対者の安定につながる者らも落とす必要がある
>
> g)常に経済的/心理的に圧迫させる必要がある。

Re: kingfisherさんお疲れ様です。

魔法使い 様

お元気でしたでしょうか。
コメントありがとうございます。
相変わらず、詳しい情報をお持ちのようですね。

創価の悪質な犯罪行為は高邁な倫理性が存在しない、反社会的な処世術でしか有りません。
敵対者の攻撃を奨励し、言論や個人の自由を弾圧する行為自体の存在することが、カルトの本質を表しています。

頂いた情報からも十分な反社会性が窺えます。
実際の集団ストーカー犯罪行為は、これら妄想に近い概念を具体的に実行しているところにオウム真理教同様の恐怖を覚えます。

今後も宜しくお願いします。


KF


> 「生物を殺さない教え」と言えば聞こえがいいのですが、
> 創価が組織を挙げて嫌がらせをしてくるときには生物(不快害虫)で攻撃してきます。
> 電車内部でゴキブリを頭にかけてくる。
> 職場でロッカー内部にスズメバチをいれてくる。
> 自宅にクマネズミを忍ばせてくる。
> などです。
> 創価機関紙(第三文明・潮・)などでも紹介されている創価漫画家・藤子不二雄氏は漫画で創価に嫌がらせのやり方を教えています。
> 「ターゲットの子供が将来婚姻できないように見張れ」(タイムマシンの意味)
> 「ターゲットに適度の精神的プレッシャーを与え続けろ」(お風呂覗きシーン)
> 「ネズミをターゲットの家に忍ばせろ」
> 「我々学会員は忍者である」(忍者は日常的に盗聴盗撮をする言い訳である。また遁術と称して害虫を使って嫌がらせを行う意味でもある)
> ※
> ところでNHKが創価テレビ局になっていることについて。
> (タマゴか雛がでてきたら創価漫画)
> タマゴのマークは池田大作の雛の意味であり、全体主義の一員になるべく洗脳を生まれたときから施す意味。
> テレビ埼玉が創価資本になってテレ玉というタマゴマークになったのとNHKは同じである。
プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。