スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近隣に潜む非日常的な犯罪インフラ

ある被害者の方から、前稿の記事の地図にイニシャルを入れた拙宅周囲の家の人間全てが加害に参加をしているのかとのご質問を頂きましたので、その状況に少し説明を加えたいと思います。
確かに一般の方にはその様な異常な状況は俄には信じ難いかも知れませんし、実際に被害に遭われているこの方でさえ、まさか周囲の住人全てが加害に参加するものかとの疑いを持たれる状況です。しかし、多くの被害者の方が同じ状況を訴えて居られます。
世の中には加害者団体に所属する様な住民だけが住居する特別な場所は多く存在しています。例えば、東京の信濃町、世田谷、足立、小平や関西の特定地域の例を持ち出すまでも無く、創価、在日、同和等の集落地は多くの場所で知られています。
拙宅は分譲の住宅地の一部に在りますが、多くの住人はその近くに元々住んでいた住民のようです。
私はターゲット被害者として、デベロッパーやブローカーの加担の元、誘引されたのかも知れません。その経緯については、また稿を改めたいと思います。

ご質問を頂いた方には、この様なターゲット被害者の周囲の全てが、加害者である状況により集団ストーカー犯罪・ガスライティング犯罪の加害行為の隠蔽になるのでは、とのご指摘も頂きました。
事実、少し前までは警察官に集団ストーカー犯罪の周辺の状況を説明する場合には、開口一番、信じられないとか、疑念を持つ発言をされました。この様な周辺一帯の住民の参加・加担状況は一種の偽装的な犯罪隠蔽システムと呼べる状況を作り出しています。
しかし、この地図上での加害者の存在は紛れもない事実ですが、それはまだ極一部の記述でしか無く、この居住区の殆どの住民が、行為参加・加担者なのです。

被害者の方で集合住宅にお住まいの方の記事を拝読すると、階上、階下、左右の部屋の住民に騒音を中心とする加害行為の被害を訴える記事が非常に多く見られます。その様なケースでは壁や床を隔てた住宅では被害が直接的にレベルの高い音や振動で物理的に伝わりますので、状況は深刻です。私もホテル、マンション、団地等のどのような集合住宅に居ようとも必ずと言って良い程、被害を受けますので、状況は理解できます。

妻の実家の両親は公団住宅に長年来暮らしていまして、2週間に一度程度の頻度で、ケアに訪問していますが、その度に盛大に階上の住民からの騒音加害を受けると聞いています。妻は昔からその地区の多くの住民を知っており、住宅の近くで加害に参加・加担する人達には相当数の創価学会員が存在すると話しています。
両親は普段は被害を受けている訳ではなく、訪問時の妻にだけ、必ず加害行為を繰り返すようです。因みに、その上階の住人はここ1年程前に、近引っ越してきた子供連れの家族です。

拙宅周辺の場合は、被害の顕在化前から東隣のC宅の夫人はいつも口煩く他人の悪口を言うことを習慣としており、こちらの誹謗中傷をしている事は理解されますが、他の住民とは親交も乏しく、時々挨拶をする程度でしたが、此方も特段に素行が悪いという状況でも無く、非難を買うような真似をした覚えも有りません。従って、ブログでも再三記述するような加害行為、周囲から監視や行動や思考にタイミング合わせた大音響での騒音を挙げられる覚えは有りません。
ある日突然、周囲の住民が掌を返したように、此方を監視・観察し、騒音を上げ、家を出る度に出て来る、また帰宅時には待ち受ける状況が繰り返されています。
その様な状況が顕在化する前までは、外に出ようが何をしようが、住民と遭遇する機会は殆ど皆無な状況でした。今は、真夜中、早朝の時間を問わず、この様な仕打ちに遭います。真冬の真夜中2時や3時に、試しに、ドアを開けて表に出れば、その瞬間に犬の散歩やジョギングをする人間が間髪をいれずに必ず玄関前の通りに現れる状況に遭遇すれば、その状況が異常ではないという人はまず居ないのではないかと思います。厳寒の真夜中の登場人物以外には誰もその周囲には居らず、全く不気味な様態です。

前述の様に、ひしめくが如く存在する加害者宅に挟まれていますが、南側前方は駐車場が有ります。これも一種の加害の為の立地条件のようです。
加害行為は家の中の状況、私と妻の家の中での行動、状況により変化します。例えば、リビングに行けば西側のT宅と南の駐車場の車輛、窓を開ければN宅とW宅が、家の東に位置するトイレ、風呂に行けばC宅、2階でも同様の状況で盛大な騒音攻撃を受けます。これは特に窓を開放する夏場に酷い状況です。
私の寝室は北に位置し、朝方にはN宅とW宅が覚醒・起床のタイミングを計り、妻がベランダに干し物に行けばT宅と駐車場を借りている住民の誰かが必ず現れるという状況です。それは僅か数秒の外出やタイミングですので、偶然と呼ぶに相応しいか否かはご想像の通りです。
是非、その状況、位置関係をYouTubeに投稿した被害映像集でご覧になれば、視覚的に状況をご理解頂けることでしょう。この行動の詳細は、また改めて図示しながら詳説を加えたいと考えています。

この様な一連の加害行為は、当然、此方を監視し、付き纏うシステムが完備して居ると考えるのが妥当ではないでしょうか。それを統合失調症や偶然と言われる方が、未だ居られるとすれば、その方の精神構造や状況認識を疑う事に成りますが、如何でしょうか。
何れにせよ、同じようなご経験をなさっておられる方は非常に多く、また、類似のご経験が時々あると思われる方が居られたら、それは集団ストーカー犯罪者の組織・集団による犯罪行為の実行システムが近傍に存在している事を疑った方が良いかも知れません。

この様に多くの住民が参加・加担を可能にしている以上、私以外の人間が、被害に遭遇しない可能性を考える方が難しいと考えます。
また、個人の組織的に動く監視要員と監視システムが完備している以上、居住区の多くの住民は監視されていると考えた方が良く、それは対象者だけでなく、相互監視の関係なのかも知れません。
この様な地域が何処に存在するかの心配も尤もですが、大多数の住民がこの様な行動の主体者では無いにしても、監視・加害要員が複数存在する状況は、もはや確実に日本の至る場所に存在していると考えられます。
加害者・加担者が或る人数の割合を超えた場合には、同じ状況が都市だけでなく、地方にも容易に発生する事は想像に難く有りません。それは冒頭で説明した様に、ここまでの割合での加害者参加・加担者が居なくとも被害を受けて居られる被害者の方の報告が非常に多くなされている事実からも知る事ができます。

戦後の日本の社会は抑えられたネガティブな面を維持しながら発展、推移を遂げてきました。しかし、世は経済的な面にのみ目を向けられ、その社会や政治の負の面には目を背けさせる力が働いてきました。その誘導によりその部分には目を瞑るという姿勢が形作られました。いつしか繁栄、平和の虚像の裏で、多くの国民が気付かない内に、日本の社会を蝕む勢力が着実に座を占め、その勢力下に様々な犯罪行為をシステム化したインフラが出来上がってしまいました。その意味ではこの様な日常の裏に潜む、組織的な犯罪システムの存在を容認して来たとさえ言う事が出来、既に国家的な犯罪と言わざるを得ない異常な社会構造の構築、維持が普通の住環境にも、日常的に可能になってしまったのです。
その姿が、私が今回この記事で述べた状況を示しています。

今後は過去の加害・加担者、被害の多発状況のマップを作成してupする事や、犯罪の分析・解析の材料に、より状況の関連性や事象を小説したHPを立ち上げたいと考えています。既に、多くの被害者の方がこの分析作業をなさっておられますので、その様な方の作業にもお役に立てるものと考えます。

【主な関連記事】
倫理観の崩壊状態
超常現象ではない現実
睡眠を狙う犯罪の実態
個人を社会から葬り去る
真夜中のノイズキャンペーンから
最近の被害状況について
犯罪的行為についての記述
被害について
集団ストーカーについて
被害映像集


Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られることは加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。

蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。

関連記事

テーマ : 経済・社会
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ ガスライティング 近隣の嫌がらせ

コメントの投稿

非公開コメント

やれやれ

被害者本人らにしか分からないように音をたてたりしてるんですね

思考盗聴被害者は、自分の権利を諦めよう


これが鳩山政権が前自公政権から引き継いだものでしょう


友愛精神とは、加害者をそっとしとく精神病のことを指すんですね

確認しました

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

不特定多数の加害者に嫌がらせやストーカー行為を受けるというのはつらいと思いますが
すべての加害者が創価学会などの加害組織の人間ではなく 組織に利用されている人達が多くいると思います

たとえば「奈良の騒音おばさん」のワイドショーの報道を多くの人が信じてしまったように
一方的な情報を与えれば 被害者に対して良いイメージを抱くはずもなく そうなれば組織にとって
都合のいい加害者に仕立て上げることができるのではないでしょうか

加害者であっても利用されているだけですから
 
 ・ いつまでも加害者でいられるとは限らないこと
 
 ・ このストーカー行為には創価学会などの反社会的組織が行っていること
 
 ・ 現役創価学会員や脱会者でも嫌がらせの被害者がいること
 
 ・ そして創価学会などのカルト組織が今までどのような犯罪を行ってきたか

などのことを「周知」させることも大切なのではないでしょうか

創価学会内の被害者


学会内でもイジメ 嫌がらせが横行しているようです
学会傘下の民音職員に対してのトウチョウなどの例もありますし
矢野絢也さんに対する多額の寄付要求 嫌がらせなども
学会内では珍しいことではなく すべての学会員がこのような被害にあう
可能性があることを示しているのではないでしょうか

創価学会の嫌がらせ体質は内側にも 外部にも向いている
このようなことをしないと組織を維持できないのでしょうか?

<学会員の被害者です~~阿修羅>
創価学会の内部告発
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/511.html

創価学会の内部告発2 御意見、ご質問について
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/513.html

創価学会の内部告発3 生命軽視の無慈悲な実態
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/536.html

創価学会の内部告発3 の御意見について 矛盾だらけの学会指導
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/540.html

創価学会の内部告発4 残り2つの資料を公開します
http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/542.html

久しぶりにコメントさせて戴きます。

今回、kingfisherさんがお書きになっておられる事ー つまり、地域のほぼ全員が、ターゲットに対し、加害行為を行なうという状況は、田舎町でも同様です。
田舎は、血縁関係が地域全体に広がり、又、様々な団体やグループが重層しています。住人は何かしらのグループに属し、横にも縦にも繋がれている状態だと言えます。

この町のS会は勿論のこと、各町内会、商工会、消防組織、PTA、農協、漁協、〇〇協議会、同窓会、等々・・・。

そんな中で、リーダー格が誘導すれば、住民たちは、思考することなく何でもすることでしょう。自分が何をしているのかの自覚もないはずです。

私は被害者となり、この国の陰湿な仕組みが見えるようになりました。
当初は、ただ「驚愕」でした。

この体制は、日本全国津々浦々にまで及んでいると思います。
それは、加害者が被害者を監視・・・ということに留まらず、kingfisherさんがおっしゃるように、加害者間の監視体制も作られていると考えていいと思います。それは、この国に住む全ての人を不幸にしています。

こんな歪んだ体制を、そのまま許せるはずはありません。
被害者が声を上げることは、大変重要だと思っています。

それと、今回、クレスンさんがブログに載せた「超音波を悪用した都市環境を破壊する組織犯罪」という論文について、kingfisherさんは、どう思われますか? 見解をお聞かせ頂ければ幸いです。

私は、社会的に信用ある機関誌に載った、被害者以外の人が書いた論文ーと言うことで、この犯罪の社会的認知に、とても有効なものだと思いました。

ご意見をお聞かせ頂ければ嬉しく思います。

Re: 創価学会内の被害者

ppp 様

いつもコメントありがとうございます。
頂いた情報からは凄惨な創価学会内部での虐待の実態が浮かび上がります。

> 学会内でもイジメ 嫌がらせが横行しているようです
> 学会傘下の民音職員に対してのトウチョウなどの例もありますし
> 矢野絢也さんに対する多額の寄付要求 嫌がらせなども
> 学会内では珍しいことではなく すべての学会員がこのような被害にあう
> 可能性があることを示しているのではないでしょうか
>

離反、脱会に対しては制裁行為、脅かしが有る事を事前に説明しないのが通常です。
しかし、多くの離反者に対して何らかの行為が行われているという事は多くの報告から明らかです。

> 創価学会の嫌がらせ体質は内側にも 外部にも向いている
> このようなことをしないと組織を維持できないのでしょうか?
>

見せしめ、犯罪加担を要求する事が結束の為の儀式であることは宗教団体に限らず古今の人間の集まりの基本です。しかしながら、それは教義に関係なく、倫理、法律を越えてはならない一線があります。
それが発覚しなければ何でも可能なのがカルトの恐怖です。
また、その一線を犯罪領域にまで、持ち上げているのが創価の総体革命、集団的な情報操作、隠蔽です。
さらに、ご紹介頂いた情報からは洗脳の道具にも利用されるという具体的な状況が見られます。
そして、その意味からも集団ストーカー犯罪被害者に学会員も多く居られる事でしょう。
多くの脱会者の方でそのような行為に参加された方の証言が得られれば、状況は展開すると思います。
しかし、この情報からは洗脳の進んだ人の在留や真の勇気を持つ人たちは少数で有る事、学会のカルト性は定着しているとの状況が窺え、楽観が困難である事を理解します。

> <学会員の被害者です~~阿修羅>
> 創価学会の内部告発
> http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/511.html
>
> 創価学会の内部告発2 御意見、ご質問について
> http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/513.html
>
> 創価学会の内部告発3 生命軽視の無慈悲な実態
> http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/536.html
>
> 創価学会の内部告発3 の御意見について 矛盾だらけの学会指導
> http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/540.html
>
> 創価学会の内部告発4 残り2つの資料を公開します
> http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/542.html

コメントや分析、飼料も拝見しましたが、この様な勇気ある情報発信により、多くの人を救う物だと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ミセスまるこ様

コメントありがとうございました。
返答が遅れまして申し訳ありませんでした。

ご自身の住環境での被害状況を具体的にご説明いただき、都会だけでなく地方での感染も大きいとの状況が良く理解できました。特定の個人をその素性も全て知っている地域社会でもターゲットにするという状況は恐ろしい、社会が実現している状況が窺われます。
都会では比較的個人の結び付きが希薄なので、都市型の犯罪であるとの理解でおりました。
地域の防犯ネットワークや左翼勢力、在日系の勢力の強い場所、カルト信者の大きな力を持つ場所では個人をターゲットにした犯罪が可能な素地が有ると推察していました。
商店、組合関係、利権共有団体も同様に容易に参加・加担をする状況と思います。
また、その監視、加害組織は横の連携も強く、情報交換の方法も一定の様式を持つものとも推察されます。
複数の加害工作員、力を持つリーダー的存在が風評操作をし、種を撒くように、人間関係を破壊し、不自然な振る舞い、嫌疑等を徐々に素地として作り込む事が可能で、ターゲット被害者を作り上げるのでしょう。また、加害行為で無くとも、その様に見せる事も可能ですので、容易に被害感を与える環境が作られます。

至る所で、このような状況が作られている事は、さながら日本に別の国家が作られた可能様な思いだと思います。

「超音波を悪用した都市環境を破壊する組織犯罪」はこの犯罪は定評のある資料として知られています。この資料は都市計画学会という組織の文献として、発表され、最近までwebに掲載されていたという実績からすると、社会的にはこの犯罪を都市環境や社会環境の点で憂慮すべき問題として認識されている状況、加害者の情報を加味した内容でまとめられていると考えられます。
技術的な内容については何らかの確証に基づく要素の解析、考察と考えられます。
そして、この論文を作成された方は、アンケート調査内容は非常に集団ストーカー被害の状況について知るべき状況を網羅している事や、状況についての分析の明快さから考え、この犯罪に何らかの関与、関連の可能性も考えられます。

暫く、この文献がライブラリの一つとして公表されていた事実も、問題点の認識が必要な場面が、都市計画、行政サービス、や施工の実務の展開の場では必要とされていたのかもしれません。 
ご指摘のように、この資料は消去されたとはいえ、オフィシャルな機関から公式に発表された非常に集団ストーカー犯罪の周知に対しては有効な資料と思います。


kingfisher

> 私は被害者となり、この国の陰湿な仕組みが見えるようになりました。
> 当初は、ただ「驚愕」でした。
>
> この体制は、日本全国津々浦々にまで及んでいると思います。
> それは、加害者が被害者を監視・・・ということに留まらず、kingfisherさんがおっしゃるように、加害者間の監視体制も作られていると考えていいと思います。それは、この国に住む全ての人を不幸にしています。
>
> こんな歪んだ体制を、そのまま許せるはずはありません。
> 被害者が声を上げることは、大変重要だと思っています。

仰る通りです。どのような形にせよ、他の人間に対しての監視、犯罪行為は許されるべきものでは有りません。社会全体が関与している状況から、偽装社会が完全に成立している事になります。

Reコメントありがとうございます。

お忙しい中、丁寧なご返答を頂きまして恐縮です。
高橋氏の論文は、とっくに知られていたものなのですね。
自分の「無知」を恥じなければなりません。

でも、このようなものの存在は、社会に向け、何度でもアピールすることも必要ですよね。その、きっかけを作ってくれたクレスンさんには、とても感謝しています。

また折々に、アドバイスが頂ければ嬉しく思います。
よろしくお願いします。


(ほぼ毎日、訪問させて戴いてました。私にだけReコメントがないので、嫌われているのかと ー。《笑》 安心しました。)

アドバイスありがとうございます。

以前、夜中に不審者が居て、警察に通報した際、対応に不信感を持ちました。私があたかも、幻影でも見たかのようなことを言われたのです。
この組織犯罪の被害者を、精神異常者に仕立て上げる ー ということは、知っていましたので、それ以来、警察には警戒するようになった次第です。

しかし、今回は証拠的なものもありましたし、誰が考えても不可思議な状況がありましたので、通報しました。今回、警察に対し、そのような通達が出されたことは、KFさんのブログで初めて知りました。

これからは、「相談」という形をとり、きちんと対応をして頂くことに
しようと思います。アドバイス頂きまして本当に有難うございます。

Re: アドバイスありがとうございます。

ミセスまるこ 様

筆不精からコメントが遅くなり申し訳ございませんでした。決して他意はございませんので、お許しください。

多くの被害者の方も同様にお考えのように、様々な理由により警察官、組織の一部は参加・加担者側だと思います。
法治国家としての存在である日本という国で、警察に不信感を持たざるを得ない状況は非常に憂うるべき状況と思われますが、現状はその方の精神や行政サービスの不備、多くの誠意を持つ警察官の努力も空しく、正義の存在とは対極の状況に在ると断言せざるをえません。

生活安全課に付きましては説明しました通りの、集団ストーカー、組織的犯罪行為、加害行為を警察に持ち込ませないための一種の防波堤の役割をしています。
現場の警察官に相談しても窓口は生活安全課という事で、バトンをパスします。そして、その生活安全課は、集団ストーカー犯罪被害は存在しないと頭から決めつけます。それが彼らの使命の様です。何が何でも水際で否定しそれ以上に相談がそれ以上には事が大きく発展しない様にしています。
しかし、ターゲット被害者は現実に被害を日々受け続けて、悲鳴を上げているのが現実です。
その様な状況が許される筈も無く、徹底的に「相談」としての取り扱いを嫌う生活安全課を攻撃した方が良いと思います。それは本ブログでで紹介しました警察庁通達による「相談」回数の多い被害への窓口対応の義務化や軽微な犯罪に対しての対応の強化が突破口です。
警察は縦社会ですので、その縦社会の構造により、この集団ストーカー犯罪の社会での認知を遅らせています。
多発するテロ紛いの人権侵害行為を放置する事が如何に危険な社会犯罪、社会の方秩序の転覆につながる事かを上層部は知っている筈です。
従って、その縦社会を逆進すれば解決窓口にも辿りつけると考えています。
生活安全課⇒警察署長or 県警総合相談⇒県警⇒県警長⇒警察庁という順番に辿る方法での犯罪のエスカレーションが可能と思います。
そして、現在は個人で戦っていますが、近傍、県、地区の複数の被害者同士で訴える事も効果が有ると思います。

この警察の指針、対応の変化は恐らく、政権の変化、政局の変動により利用されている可能性が有り、変わるものと思います。

KF


> この組織犯罪の被害者を、精神異常者に仕立て上げる ー ということは、知っていましたので、それ以来、警察には警戒するようになった次第です。
>

> しかし、今回は証拠的なものもありましたし、誰が考えても不可思議な状況がありましたので、通報しました。

>
> これからは、「相談」という形をとり、きちんと対応をして頂くことに
> しようと思います。アドバイス頂きまして本当に有難うございます。

仇は必ずとる

島根県出雲市多伎町小田「高木」地区で家族が殺された。
私は近隣住民に「輪姦」された。その他の余罪として「住居侵入」
「動物殺害」「窃盗」「誹謗中傷」「財産詐取」「器物破損」「付きまとい」
「監視」「ストーカー」「職場妨害」「交友関係妨害」
犯人・・・吾郷清志、吾郷淑子、吾郷智逸、河上勇、河上岳裕、河上岳雪
     川上治、戸山伸治、神田健、本末、吉岡秀明、渡辺りょうじ、タクワ
上記の物、部落=同和=四つ=韓国人=創価学会  カタワ反日ドモ
逃がしゃしない。仇とるまで  一回狙った虫けらゴミドモ罪のない者を
殺しやがって。

超音波テロの被害にあっています。
卑劣極まりない被害にあっています。

何が起こったかわからないときから、
わかってみれば、
まだ世の中に知られていない超音波テロ。

世の中のどれだけの音の振動源・発信源が
使用されているのかわからないが、
多数の振動源・発信源がシステム化され、
ネットワークを通して、
超音波・音波を集中させて
対象を攻撃するらしい。

人や社会が襲われ、罪もない人が超音波で襲われ、
卑劣な被害にあっています。

聞こえる声、音。超音波テロの加害者の声。
「もらいました」という声とともに、
形のあるもの、ないもの、奪っていき、壊していく
超音波テロの加害者の声。

超音波による物理的な力で、
物が飛び、ものが壊れる。
それが人間の体に対してまで。

身体の表面を突き抜け、内臓を攻撃される。
頭蓋骨を突き抜け、意識を失わされる。
聞こえる声、認識できない声で、精神的なダメージ。
人間の体を壊そうとする超音波テロ。

「見続けるのがいやだから、殺して終わる」、
「証拠隠滅だ」という超音波テロの加害者の声とともに
強烈な超音波の攻撃。
叫ばされ、いたぶられ、
殺人超音波テロの卑劣な被害にあっています。
心の底から被害を訴え、祈っています。

天に神に届きますように。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。