スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域の被害者の会とネットワーク化構想

集団ストーカー犯罪・テクノロジー犯罪被害を社会や行政機関に訴える事は非常に困難が伴う。
しかし、犯罪被害は確実に存在し、その深刻な犯罪や被害の実情を訴える人の数は着実に増え続けており、実際、多くのメッセージがこのブログにも寄せられている。
それらのメッセージには、被害者の多くは孤独な状況に追いやられる工作被害を受け、近親者にも相談できず、警察・市役所等の公的機関に犯罪被害の状況を訴えるにも信憑性を疑われ、或いは強い否定的な対応しか受けないという表現が目立つ。
その理由は、加害者の地域でのターゲット選定と諜報・加害工作が巧妙である事、被害者個人が被害を訴えるにも手段・方法が非常に限られる為である。
加害側の膨大な人員の投入と緻密な連絡網、所謂、ローテクノロジー系犯罪では手慣れた加害の方法と状況、筆者の近隣箇所での被害者の存在を確認している事等からして、恐らく相当数の被害者がそれぞれの地域の市町には存在しているものと考える。
多くの場合、被害者はお互い連絡を取る事も声を上げる事も無く、ネットアクセスが可能で被害状況の訴えが可能な被害者以外は、沈黙を続けるしかない状態である。
社会に認知されなければ、被害が軽減する事も無く、永久に加害行為を続けられるのが現実と考えられる。
余りにも理不尽な犯罪被害の実態が存在し続けている。
同じ憲法の下、通常の社会生活を送る事も不可能であり、常に監視、干渉、虐待に晒される人生を送る事が、この日本で許されるかと問われれば、誰しもが否定の答えを返す事と考える。

被害者は大都市部ではその数が多く、ネットアクセス可能な被害者は被害者同士の親交、情報収集、活動等は比較的容易に可能な状態だが、それも極一部であり、大多数の大都市部以外の地域の被害者は上記の様な状況と考えられる。
今、現在、上記の様に、個人を被害から救う決定的な回答の提示は難しい状況であり、個人個人が犯罪被害、加害者に対しての対応、通報、反撃を繰り返しながら、公的機関に理解を求める方法が最善の策である。
しかし、ネット上での多くのブロガーや掲示板での書込み等の有志の活動は絶大な威力を発揮して来たと思う。
今迄、被害を訴える活動に参加した被害者は非常に多く、それは都市部の限られた人達によるものだったが、ネット上だけでなく、市民活動や被害を訴える為の活動は功を奏していると見られる。
例えば、日本を護る市民の会等の市民活動でのデモ、集団ストーカー認知・撲滅会の街宣、「世界規模で被害を訴える会」の県警を訪問する活動等が挙げられる。
そして、それらの活動から、徐々に可能となった複数の被害者による警察への同行や証言は大きな効果が期待できる。

しかし、被害状況の改善や被害者数の拡大の状況から、より効果的で、広範な効果が早急に期待できる方法での活動が望まれ様になりつつある。
このブログでも呼び掛けをした、上記の県単位での「世界規模で被害を訴える計画」の都府県警訪問では、非常に多くの被害者の方が実際の活動を起こした。
その結果として、その警察を含む、多くの行政団体・組織の深層部分では認識が変化して来たと実感している。
そして、最近、街宣活動をする部隊が複数立ち上がり、より被害を訴えるべきと考える被害者の数が増加しており、それは上記の様な活動に参加し、意識が変化した事も影響していると考える。
筆者もそれらの活動を通して、多くの被害者の知り合いを得、埼玉、神奈川、茨城の被害者の会との連携も可能になって来た。
その様な地域単位での集まりの必然性、必要性から、徐々に被害者グループの成立が可能な状況が見えて来た事から、今度はそれら個別の会組織の連絡会を立ち上げる構想がまとまりつつある。
先週、上記以外の都府県の数人の被害者の方とネット会議をし、その為の話合いにより、新たに東京、千葉、大阪の被害者の会も立ち上げ、連携を成立させたいとの意を得た。
上記3県と同様の被害者の会のネットワーク化の為の協賛の意志により、計6都府県の被害者の会をまとめる本部機能の設立と各会のネットワーク化が可能であるとの状況が確認できた。
そこで、この連携機能をベースに全国規模での被害者の会の成立とそのネットワークの構築へと規模を拡張して行きたいと考えた。

上記の6月の「被害を訴える計画」のグループ活動と同様に、現在、機能的な活動を考えて、県単位で構成を考えている。
1県に最低1グループが存在する状況を作り、必要に応じて複数のグループを立ち上げる事が出来れば、柔軟に活動や集合、相互支援が可能になる。
全国規模での被害者の被害を訴える活動の活性化と連携の方法の検討が、この犯罪の撲滅には重要であると考えた。比較的交通の便の良い、首都圏でのコアグループの立ち上げを皮切りに、周辺の県に波及効果を望む事ができる。
そして、一種のネットワーク型の組織として、それぞれの被害者の会を連携させる方法での全体組織を作る事、各会や集まりをリンクさせ、支援する為のシステムが最適との考えに至る。
そして、上記被害者の会の方々に相談し、連絡会的な存在として、被害者の連携・共闘を形作る事にした。
この会の連携は、当然、自発的な行動、活動を前提としており、有る一定の規範の下に社会に犯罪被害を訴え、被害者相互間の支援関係の確立により、更なる連携を可能とする事を目的としている。
また、被害者、被害者の会がこのネットワークでリンクされる事により、社会への存在のアピール、加害組織や犯罪実態の炙り出し、加害側への一種の警戒を喚起し、加害行為の抑止、犯罪企図の低減も期待できる。

しかしながら、被害者の同士の横のつながりは中々難しく、お互いが離れた存在である事も多く、活動の方法が限定されている等の考慮すべき問題もある。
それぞれの被害も多様であり、被害者同士の相性、加害者・工作員の存在も大きな会合、組織での行動を困難なものにしている現実が有り、現実的な対応を考える必要が有る。

当面は街宣等周知活動のバックアップ、被害者援助方法の確立やマニュアル作成、被害者の警察への通報・同行、被害者の孤立状態の緩和、参加者の発掘や会の立ち上げを後押しして行く事にする。
地域に多数の被害者がブログ等のネット情報により、点在している事を確認しており、参加を募りたいと思う。
被害者の方で地域でのグループの立ち上げに興味、参加の意思をお持ちの方はコンタクトを頂きたい。

現在、上記構想によりHP作成を開始して、詳細はそのHPに記述予定である。

【連絡】
● 10月15日(金)に、埼玉県での集団ストーカーテクノロジー犯罪被害の訴えの為に、県警訪問(AM)と大宮駅西口前での街宣(14:00~)を予定しています。近県の被害者方で、ご参加希望の方も歓迎します。
街宣に参加、或いは、今後の後活動の為に、街宣の方法をお知りになりたい方には、是非ご参加を頂ければと思います。

● 10月に茨城で、集団ストーカーテクノロジー犯罪被害者の街宣が有ります。詳細は「サニナのブログ」の「茨城県・近県の街宣参加者募集」をご参照下さい。

● 10月に神奈川で、集団ストーカーテクノロジー犯罪被害者の街宣が有ります。詳細は「みちのあしあと」の「10月の街宣!」をご参照下さい。

【主な関連記事】
神奈川県での活動 ~県警訪問と横浜街宣
「世界規模で被害を訴える計画」 警察巡りの報告
「犯罪が起きにくい社会」の為に「防犯パトロール」を監視対象に
集団ストーカー犯罪を訴える街宣活動 11・14八王子駅前
集団ストーカー被害と社会・政治
システム化された犯罪の隠蔽
被害映像集



Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られることは加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。
蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
関連記事

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー ガスライティング テクノロジー犯罪 被害者の会

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

集団ストーカーが多くの人たちに認知されつつあることは確かに感じます

それは 今までKingfisherさんや他の被害者の方の活動のおかげだと思います

しかし 一番の功労者は創価学会などの加害者自身でしょうね

加害者は被害者を困らせるために周囲の人々まで巻き込み 

そのストーカーの実態を撒き散らし さらに内部でも敵を作るから

ストーカー加害経験者の脱会者まで出す始末 

その人達の今までの経験がここまで広まったのでしょう

結局 末端の加害者はターゲットである被害者しか見えていないんです

加害者が 頑張れば頑張るほど 多くの人を巻き込めば巻き込むほど

集団ストーカーは「頭のオカシイ人が言っている戯言」という嘘が

通用しなくなる

そこに気がつかないのは マインドコントロールの仕業でしょうか?


問題は なぜ 被害者に選ばれたのか?

学会が日蓮正宗から破門されたとき 脱会者がストーカー被害にあったそうですが

それも全員では無いですよね 多くの脱会者の中から なぜその人が選ばれたのか?

集団ストーカーを多くの人に実態を理解してもらい 解明するうえで 

副産物的な理由の他に メインの理由が解れば これは他人事では無いことを

訴えることが出来そうです

過去 山崎正友 矢野絢也など学会のウラの実態を知る

学会からの造反者がいることを考えると 

これから 集団ストーカーの実態を暴露してくれそうな幹部の

脱会者が現れそうな気がします 1日でも早くそのような方が世間をアッと

言わせてくれることを望んでいます

今から十数年前の事です。

自分はある店舗でアルバイト店員をしていた時、店主が客におかしなこと(騒音攻撃)をしていたのを目撃しました。
その時、別の店員が店主に「何でそんな事するの?」と問い詰めても、店主は「いいの!」としか答えませんでした。
その客は30~40代の男性でしたが、わかったのはそれだけです。
しかしアルバイトである私は忙しくてそんな加害にすら構っていられなかったのです。
もちろんそれが集ストであることは一切知らず、集ストという概念も知らないのです。

先日その店がある宗教に関わる店であることを教えてもらいました。
今考えればその男性は「想像を絶する」集スト被害を受けていたのもかもしれません。
これがテクノロジー犯罪、集団ストーカー犯罪の一環である等、当時の私には想像できない事であり、
想像できたとしても、せいぜい1回嫌な事があった、もうこの店には来ないかもしれないという位ですね。

2000年を過ぎた頃にはゲーム型・ファンタジー型のような尾行すら報告され、
被害者はオカルト思想にはまってしまうのも無理ありません。
調べれば調べるうちに、『「頭のオカシイ人が言っている戯言」という嘘』だけでなく、
「精神病の治療等と言って、衰弱して薬を飲ませられた人」も出てきました。裁判をしている人もいます。

このような事を訴えると、「私は集ストなど信じない」等と「憤慨したり妨害したりする専任の受け答え役」
が出てくるパターンはほとんどの被害者に共通するものです。訴える場所、仕組みさえ用意されないという
パターンです。これが精神病の治療に効く等という言い訳もあるようです。

私も被害者視点で見た集団ストーカー加害のメカニズムをHPに記しましたが、
加害者視点で引き出せた情報はほとんどありません。引き出せたのは、
1.集ストを精神病として取り扱うメカニズム
2.「かつて商店街で集ストを実行したが、後味が悪く残った」という感想
位です。

結局こういうことを「決して言ってはいけない、書いてはいけない」等と情報隠ぺいし、
これを利用する馬鹿者がいた「歴史」があるということです。そしてこの工作に加担する末端の工作員達は
名乗ることのできない「臆病者の集団」であることがわかりました(事情を知らず頼まれた一般人は除く)。

矢野氏の本には、「臆病」なのではなく、「恐ろしいから」だ等と記載していましたが、
自分もそんな目に逢いたくないという思いで集ストに参加する工作員と宗教団体に、
何の価値があるというのでしょうか? と思いましたネ。

今の被害者の特徴は、個別被害だけでなく、全体被害を見ているということです。個人一人への被害は、
今後立ちあがると思われる「地域の被害者の会とネットワーク」全体への加害となるでしょうね。

相当な妨害工作が実施されると予想されますが、それにもめげず、このような構想と立ち上げようとしている
KF様の努力には頭が下がります。

Re: タイトルなし

なかのんの様

貴重なご意見ありがとうございます。

> 今から十数年前の事です。
>
> 自分はある店舗でアルバイト店員をしていた時、店主が客におかしなこと(騒音攻撃)をしていたのを目撃しました。
> その時、別の店員が店主に「何でそんな事するの?」と問い詰めても、店主は「いいの!」としか答えませんでした。
> その客は30~40代の男性でしたが、わかったのはそれだけです。
> しかしアルバイトである私は忙しくてそんな加害にすら構っていられなかったのです。
> もちろんそれが集ストであることは一切知らず、集ストという概念も知らないのです。
>
> 先日その店がある宗教に関わる店であることを教えてもらいました。
> 今考えればその男性は「想像を絶する」集スト被害を受けていたのもかもしれません。
> これがテクノロジー犯罪、集団ストーカー犯罪の一環である等、当時の私には想像できない事であり、
> 想像できたとしても、せいぜい1回嫌な事があった、もうこの店には来ないかもしれないという位ですね。
>

多くの地域の店舗、商店街が不本意ながら商売、存立、資金繰り等の理由で集団ストーカー犯罪に加担している事は知られています。
しかし、実際の現場で不可解な状況が発生している現実がそのままである事は次なる二次、三次の被害や社会の腐敗を招く大きな原因になります。
また、実態を知らないバイトには何の事かは理解もせずに、被害者にとり不快に思われる作業もやらされている事も多いと思います。
この様に後ほど分かるのは被害者になってからでは余りにも不幸です。
店舗の形態にもよりますが、店舗によっては利用せざるを得ない場所や駐車場等が有る場合には、その前を通りかかると常に嫌がらせが発生する集ストスポットにもなって居ます。

> 2000年を過ぎた頃にはゲーム型・ファンタジー型のような尾行すら報告され、
> 被害者はオカルト思想にはまってしまうのも無理ありません。
> 調べれば調べるうちに、『「頭のオカシイ人が言っている戯言」という嘘』だけでなく、
> 「精神病の治療等と言って、衰弱して薬を飲ませられた人」も出てきました。裁判をしている人もいます。
>
> このような事を訴えると、「私は集ストなど信じない」等と「憤慨したり妨害したりする専任の受け答え役」
> が出てくるパターンはほとんどの被害者に共通するものです。訴える場所、仕組みさえ用意されないという
> パターンです。これが精神病の治療に効く等という言い訳もあるようです。
>

参加加害者はこの犯罪を円滑に、社会に発覚しないように様々な役割分担、機能配分を参加者に求めます。それが一大産業にも通ずる状況、犯罪シンジケートの成立と成っています。
しかし、ベースが犯罪であり、その根の深さを考えれば通常の倫理観を持たない勢力として、日々、他の人間の生活や幸福を侵しながら寄生している実態が浮き彫りになると言うものです。
それがご指摘のような実に巧妙な、一種の諜報・工作部隊として日本の病理構造を作り上げています。

> 私も被害者視点で見た集団ストーカー加害のメカニズムをHPに記しましたが、
> 加害者視点で引き出せた情報はほとんどありません。引き出せたのは、
> 1.集ストを精神病として取り扱うメカニズム
> 2.「かつて商店街で集ストを実行したが、後味が悪く残った」という感想
> 位です。
>
> 結局こういうことを「決して言ってはいけない、書いてはいけない」等と情報隠ぺいし、
> これを利用する馬鹿者がいた「歴史」があるということです。そしてこの工作に加担する末端の工作員達は
> 名乗ることのできない「臆病者の集団」であることがわかりました(事情を知らず頼まれた一般人は除く)。
>

この部分が重要です。発覚しない為の方便が用意されている事により、その行為が犯罪で有り、参加・加担者は負い目を負わされるだけでなく、悪事に携わり、その道から抜ける事も、反省する事も無く、自らにとり真実に成り代わる、刷り替わる現実が恐ろしいと思います。
益々、その反社会性の上に生活や思想が限定されて行き、結局はその参加・加担人員は通常の倫理観、国家観とは別物の中に組み込まれて、出て行く事が出来なくなります。

> 矢野氏の本には、「臆病」なのではなく、「恐ろしいから」だ等と記載していましたが、
> 自分もそんな目に逢いたくないという思いで集ストに参加する工作員と宗教団体に、
> 何の価値があるというのでしょうか? と思いましたネ。
>

カルトの場合は、我々集スト被害者の被害を具(つぶさ)に見ていますので、尚更の事、反駁は許されず、恐怖の根源の演出がなされる状況に有ります。
そして、日々のルーティンにより、麻痺した倫理観に心身共に浸り、上記の様に別の完全な工作員の思想を身につけた憐れな存在に成り下がります。
結果的に全体主義の中の一要員であることさえ気付かずに、日々の自らの愚行が示す通りの人格、社会的な価値しか持たない存在に成り果てます。
当然、実態が解明されれば、正当な刑事・民事判断にる犯罪行為に対しての責任を問われる存在である事は当然のものです。
ご指摘の通り、本来の高邁な思想も尊厳も全く存在しない、凶悪な存在である事は説明の余地が有りません。

> 今の被害者の特徴は、個別被害だけでなく、全体被害を見ているということです。個人一人への被害は、
> 今後立ちあがると思われる「地域の被害者の会とネットワーク」全体への加害となるでしょうね。
>

被害は犯罪の実態で有り、社会がその姿を認める事により、社会に潜むかなりの反社会的な主体、存在を認識する事で社会問題のかなりの部分が解消すると思います。
ネットアクセスが可能な自覚被害者の多くは、自らの問題を自らの個別の問題として考えるのではなく、被害(者)全体として考える事が出来るようになっているとすれば、次に何をすべきかは、容易に答えが見つかる筈です。
今までの自身に向けられた加害を自らの力だけで解決しようとしても困難な事を理解している事でしょう。
被害者はこれまで執拗に追い込まれ、孤立し、連携の道も壮大な諜報・工作により絶たれていたと思いますが、自らがその道を絶たなければ何時までも同じ事の繰り返しを辿るだけで、状況は一生変わらないでしょう。
私の提案している様な連携の方法だけが、全ての方法では無いと思いますが、自らがリスクを犯す覚悟で、対峙する事、方法を探す事が重要であると思います。
恐らく、その様なリスクも杞憂である事が一歩踏み出す事で、容易に理解できると思います。
所詮、犯罪、悪は日陰の存在であり、日の光の前では威力を発揮できない事を知ることでしょう。

> 相当な妨害工作が実施されると予想されますが、それにもめげず、このような構想と立ち上げようとしている
> KF様の努力には頭が下がります。

妨害は新しい様相となり、更なる犯罪の実証ともなりますので、今のままの様相では理解できない事も見えてくるかも知れません。
妨害により、一歩一歩加害側は追い詰められていると謂う事もできますね。
上記の繰り返しになりますが、逃げれば何時までも解消しません。一人の勇気が他者を奮い立たせます。これは協賛者、参加者の数が一気に拡大しつつある現状からも容易に理解できる事でしょう。
是非、ご参加、ご協力を頂ければと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。