スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城県での活動 ~犯罪監視・包囲網の形成

多くの犯罪に対しては包囲網という言葉、概念が存在する。
反社会的な行為の抑止・撲滅、制裁の発動の為にはその様な社会的な機構の存在が重要であり、その為には社会認識が大きな力として意味を持つ。
暫く前までは、集団ストーカー犯罪の場合において、その言葉は加害者側の被害者への攻撃の状況を示すものだったが、現在、その状況は徐々に形勢を変えつつあるといっても過言ではない。
この犯罪被害の加害側は確かに圧倒的な力を持ち、社会的な認識の問題から被害者に有利と考えられている。
しかし、それはこの犯罪の持つ様々な特殊な前提条件に基づくものであり、絶対的なものではない。
その一つの要素が周知される事のない「知られざる犯罪」の状況を作り込む工作の存在である。加害側は周到に社会への表面化を阻止する工作やマスメディアの操作により、情報の隠蔽、囲い込みの枠は非常に堅牢なものと考えられている。
被害者が一般市民であり、それぞれが社会的に孤立させられ、社会的な力を奪われ、その発言力、影響力を排除している点も大きな要素と言える。
その様な意味から社会正義の観点に立ち、前提条件の一つ一つを覆す事による劇的な逆転効果の可能性は容易に指摘できる。

そして、その様な状況下において、街宣はネット情報と同様に、表現の自由、社会に対しての訴えをする為に非常に重要な手段である。
10月29日(金)に茨城県集団ストーカー犯罪被害を訴える街宣が開催され、筆者も参加した。
今回のこの街宣は加害側にとり大きな激震、その劇的な逆転効果となり得るものだったと考える。
それは、今まで声を上げる事の無かった場所、地元地方都市の公衆の面前で「知られざる犯罪」を堂々と訴える行為であり、今後の動向の先駆けになる可能性を感じ取り、さぞや加害側にとっては大きな楔を打ち込まれたに等しい状況だったのでは無いだろうか。

当日の天候は曇り模様で、寒い一日となった。
街宣には茨城県の被害者である「サニナのブログ」管理人、サニナさんとSNSでの仲間、アクアマリンさんのお二方に、筆者宅近隣の被害者、高橋さん(「至近距離に別被害者存在の事実」参照)と筆者を加えての4人が集合した。
予定場所近くのフードコートで事前打ち合わせと準備をして、街宣は15:00から土浦市駅前に掛かる広場ブリッジの中央で開始した。

サニナさんはご自分だけでなく、お子さんにも甚大な身体的な被害が及んでおり、今回の街宣はサニナさんの、その様な我が子の状況も訴えたいという強い意思から実現している。
また、アクアマリンさんも犯罪被害の訴えに対して同様に強い意思を持ち、周知の為の行動には積極的な被害者の方である。
今回、ご両人本人達にとり、初めての訴える活動という不慣れな状況での表現、方法と思われるかも知れないが、それは返って、切実な犯罪被害の生々しい告白と受け取られ、大きな効果があったと思われた。
高橋さんは先の埼玉街宣以降、2回目の参加となったが、今回はご自分でチラシを200枚も作成し、街宣の目の前を通過する人達に丁寧に配布なさっておられた。多くの人がそのチラシを受け取り、文面に関心を寄せる様子から、活動に大きな効果を与えていた事が感じられた。

街宣での具体的な被害を直接訴える声は、有力なテクノロジー犯罪、地域での誹謗中傷への反駁となり、その声を上げる市民の活動として非常に大きな効果が期待出来る。
そして、それは何よりもこの被害の様に世に知らされない、組織的で、個人を対象にした巨大な犯罪行為と行為者の存在、悪質な犯罪の実態を白日に晒す。
今回はメガホンの音声は静かな繁華街中にだましており、街宣場所目の前の雑踏にだけではなく、広域に音声が物理的に到達している。
この極普通の都市の街頭における、我々の受け続ける異常な犯罪、事態のへの言及をご想像頂ければ良いが、それは活動をしている当時者が考えている以上に大きな影響を持つ事だろう。

街宣後には反省会により、親交を深め、有意義な時間を過ごした。
今回、サニナさんはお子さんを連れて来られ、直接の話も聞く事ができ、参加者した人たちはその話についても注意深く聞いている。
それは将来ある子供達に対する悪辣な犯罪を知るに十分な状況であり、許し難い犯罪の実態を改めて知る事となり、活動をする必要性を新たにした。

サニナさんには集団ストーカー被害者のネットワークの茨城グループとして活動をご了承頂いており、今後もその様な協力関係を構築して行く。
今回の街宣の為に茨城グループでは、参加有志の共同出資により、メガホンを購入されており、その決心の固さと活動への決断の意志を窺わせるものである。
筆者も街宣の度に経験しているが、メガホンや機材を肩に移動する事でさえ、それ程楽な仕事とは言えない。
そして、地方は更に閉鎖的な生活環境であり、被害者が個人や少人数で犯罪被害を訴えるには多くの乗り越えるべき障壁が存在する事も事実である。
しかし、茨城の被害者ご両人からは、今後も活動を活性化したいとの強い言葉を頂いた。

前回の埼玉や今回の茨城等、今まで街宣活動が開催されない地域や地方での活動を決心し、行動を開始した意義は大きく、冒頭に述べた集団ストーカー犯罪への反撃の為の砦、包囲網、もしくは犯罪に対しての厳しい監視の眼を各地に点在させる活動への大きな歩みといえる。
周到で、緻密な組織的な犯罪で有れば有るほど、僅かな綻(ほころ)びが、加害システム全体に甚大な影響を与える可能性が高く、今回の様に被害の実態を知る者が切々と訴える反撃への活動は非常に大きな威力を持つ。
今後、地域・地方での活動に触発を受けた被害者の活動は活発化する事が予想さるが、やはり、被害者の反撃する意志、犯罪を許さないとの意識と行動が犯罪監視・包囲網の形成には不可欠である事は改めての説明には及ばない。

101029_gaisen.jpg

【連絡】
11月第3週 集団ストーカー被害者の会ネットワーク(仮称)では都内での活動として、警察庁や法務省訪問、もしくは街宣を予定しています。

【主な関連記事】
埼玉県での活動 ~県警訪問と大宮街宣
神奈川県での活動 ~県警訪問と横浜街宣
「世界規模で被害を訴える計画」 警察巡りの報告
「犯罪が起きにくい社会」の為に「防犯パトロール」を監視対象に
集団ストーカー犯罪を訴える街宣活動 11・14八王子駅前
集団ストーカー被害と社会・政治
システム化された犯罪の隠蔽
被害映像集



Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られることは加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
関連記事

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 闇勢力 ガスライティング テクノロジー犯罪 街宣活動 茨城県 土浦市

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です

神戸の少年を殴り殺した在日に2ちゃんねるでは怒り盛り上がり

昔の事件も含め、日本人たち(特に若者)は目覚めてきたようですが、在日シナチョン人の事を「犯罪者」と見るようになってきましたね!(笑)
反日マスゴミが流さない事も知れ渡ってきましたし

後は在日チョン宗教=カルト創価学会 となれば!!ですね

在日チョンは本国韓国からも白丁として軽蔑の対象です

SOFTバカBANK のCM で 日本人を犬呼ばわりして、そのバカケータイを有りがたーく使ってるバカチョンは、犬(日本人)の払ってる税金から、一円も払わない年金や生活保護費で年間5~600万円 ぶんどってるんですから、犬以下なのは明らかです

ましてや 在日は韓国からも無視されてる存在

日本人も無視してやればいいんです

犬作も死んだ(多分)今、在日シナチョン繋がりの犯罪が益々増えるでしょう

その時に 「創価学会=在日シナチョン 」と世間が認識していれば、すぐにでも叩き潰せます!!

もう一息、頑張りましょう!!
私もガンガン続行中なので、在日シナチョン臭♂・革ジャン好き(笑)に昨日もつきまとわれました
婆の居候チョン♀が毎年同じ安い革ジャンきてるんで、その関係かと(笑)
あとはネクラなチョン♂か整形後と整形前の、これで同一民族?みたいなチョン♀(爆)

顔 と 臭い でもうすぐ判別できるようになりました(笑)

Kingfifisherさま、こんにちは。

しばらくブログを更新されていなかったのでどうされたのかと思っていました。
その間に、何やら憶測が流れていたようでよけいに心配してました。
また、ひょんなことから私自身も、ニセ被害者ではないか?などと一方的に言われたりして嫌な思いをしました。私は何もやましい事はないので、何を言われても気にせず、集スト撲滅に向けて頑張るつもりですが、個人間の付き合いは特に気をつけなければならないとつくづく思い知らされました。

Re: タイトルなし(「壊し屋」について)

plastic様

いつもコメントありがとうございます。
記事の更新が遅れまして、ご心配をお掛けしました。

いつもの事ですが、被害者同士の付き合い程難しいものは無いと思います。
事実を確認せずに、一方的に他を批判する事は大変な問題が有ります。
他の言い分や立場、被害者全体の利益を考慮せずに、自分だけは正しいと主張する事の無意味さは説明するまでも無い事です。
世の中にはplastic様が被った様な心無い二次被害を撒き散らす人物が居り、被害者を傷つけ、連携の力を弱め、最終的には被害の周知、撲滅の道を遠退かせています。
その意味では加害者よりも遙かに始末に負えない工作活動と呼ぶべき場合が有ります。
お付き合い、連携にはその様な人物との十分気を付ける必要が有ります。

plastic様も周知活動に前向きの事は十分了解しておりますので、今後も活動に邁進頂き、お近くで街宣や官庁、県警のご訪問には同行させて頂きますので、是非ご企画をお願いしたいと思います。

家族の不幸を創価学会信者たちに喜ばれたことから、学会員相手には、家庭内のことを知られないように最高度に警戒するようになりました。
当時は○してやろうと機会をねらっていたが、なぜか、喜んだ人達が、40代から50代の若さで死んでしまった為、敵討ちはしないですんだのです。(殆ど癌)

何かあるごとに数人で向かってくるのが習性とわかってから、表面は愛想良く応対するようにしています。皆さんもできるだけ心のうちを知られないようにして、相手の実態を観察して下さい。学会の敵には集団で向かってくるが、内部は、意地悪や、喧嘩が絶えません。

私達が健康に生きれば、奴らはあまり手出しはしなくなります。そのためには深酒、タバコをやめる事。学会人が早死にするのは、自信を持ちすぎての、深酒、ヘビースモーク、美食が原因です。

あとは、適当な運動。ジョギングは不可、早足歩きが膝も心臓も痛めません。
では、又の機会に。

頑張って下さい(*^ー゜)

無題

要は
集団ストーカーをしてるのは

創価学会と言いたいの?

そんなもん
昔からやってるじゃん
池田の大作になってから
(笑)

Re: タイトルなし

香典泥棒池田犬作様

コメントありがとうございました。
ブログ拝見しました。
豊富な情報jで、参考になります。

> 頑張って下さい(*^ー゜)

創価をこのまま放置してよいのか

創価学会の反社会的な行動は留まる所を知りません。
積極的な信心行為への参加と信じ込まされているものと思いますが、社会ではこの様な集団ストーカー行為は迷惑行為、犯罪である事を理解していない様です。
つまり、仏を信奉してはいない協議にも拘らず、国法や世法は仏法の下にあるとの妄言を信じ込んでいると考えられます。

自らの行為に正当性を与えているだけであり、世の中に存在する不幸、貧困、抗争を煽ることにより、信者の確保、教団の存続が達成されます。
この様なネガティブな要素の持つ力無しには、存在すら覚束ない状況は古今東西のカルトの本質です。
従って、ご投書頂いた様に他人の不幸を喜ぶ事は当然の事であり、寧ろ学会員内の不幸や貧困を積極的に利用していると考えます。
身内にも不幸が発生する様にしているとの工作説も存在する位です。

穏便に済ます事が良いように考えられますが、本質的な解決には至りませんが、個人にしてみればその抗争の渦中に有り、更なる抗争を煽る必要も無いことかも知れません。
敢えて言えば、その様な姿勢がこの反社会的な組織の存在を助長してきたkとも事実です。

社会、公的機関がこの様な反社会的な存在を容認し続ける事が根本的な問題と言えます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。