スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取手事件 創価、洗脳の揺籃

集団ストーカー犯罪がネット上では多くの人達に知られる所となり、徐々に現実レベルでの社会犯罪もその影を落としている状況として捉えられつつある。今年も多くの事件が発生したが、取手のバス襲撃事件を今年最後のクリップとして投稿させて頂く事にした。

繰り返される創価学会員、創価学会絡みの凶悪犯罪は目を覆うばかりの惨状と不可解な状況、報道による情報操作、隠蔽から、問題の本質が社会への表面化を抑えられているが、その実態を知る者には、計り知れない不安を社会問題の現実的な問題の根源として認識されている。
12月17日に茨城県の取手で無差別に切りつけ14人に怪我を負わせたバス襲撃事件の容疑者も創価学会員の犯罪である。この暴虐な行動に対しての斎藤勇太容疑者の発言からは明確な犯罪動機を知る事はできない。

取手バス襲撃「逮捕で人生終わる」 詳しい動機分からず [茨城新聞 2010年12月28日]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[記事引用]

取手市のJR取手駅前で路線バスの中高生らが切りつけられ14人がけがをした事件で、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された守谷市本町、無職、斎藤勇太容疑者(27)が動機について「事件を起こして警察に捕まれば、僕の人生は終わる」と供述していることが27日、県警への取材で分かった。県警は斎藤容疑者が逮捕を人生の終わりと考えていたとみているが、詳しい動機は分かっておらず、さらに解明を進めている。県警は同日、取手署で会見を開き、岩城新治郎捜査1課長と小川秀夫署長が捜査経過を報告した。会見で岩城捜査1課長は「世間や仕事などさまざまな供述をしていて動機は判然とせず、ひと言で言えない」と話した。斎藤容疑者はこれまでの調べに「事件を起こせば当然警察に捕まってしまう。社会から非難を浴びるかもしれない」と供述。犯行に直接つながるような悩みや不満の言葉は口にしていないという。事件の記憶がはっきりしない部分もあるが、JR荒川沖駅や秋葉原の通り魔事件との関連は否定し、「自殺するつもりはなかった」と説明した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[引用終了]

この容疑者が創価学会員であることは週刊文春の記事から、既にネット上でも広く知られている。

■ 27歳“バス通り魔”〈茨城・取手〉最初の一撃「女子中学生の証言」 [週刊文春2010/12/30・2011/01/06日新年特大号]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[記事引用]

 バス車内にいた女子中学生は、斎藤容疑者の最初の一撃を目の前で目撃した。
「このバスは……に行きますか?」
 男は後部人口から乗り込むと、女子中学生の近くの学生にこう尋ねたという。
「その学生が『行きませんと答えると、犯人は顔めがけていきなり殴りかかったそうです。それから全長二十五センチくらいの文化包丁を取り出して、8の字に振り回した。逃げ惑う生徒が出入口に殺到、将棋倒しになったと言います。」(女子中学生の父親)
一代目のバスを降りた藤容疑者は、数メートル後ろのバスにも乗り込み、二人に軽傷を負わせた後、取り押さえられた。
 「ある女学生は鼻の横を切られたほか、耳の後ろも切られ、襟に血がついていた。ある婦人は、頭部の動脈を切られ、タオルで出血を押さえながら、座り込んでいた」(消防署関係者)
 斎藤容疑者は、犯行の動機について「自分の人生を終わりにしたかった」と供述しているという。
 「犯行数日前から、路上で生活をしていて、逮捕の際は、顔はひどく汚れ、浮浪者のような臭いがしたといいます。包丁に巻かれたガムテープには『柏で実行』と書かれており、一年ほど前から拍や守谷での犯行も計画していたと供述している」(捜査関係者)
 斎藤容疑者は三兄弟の末っ子。県立取手第一高校を卒業後、職を転々とし、一年前に会社をリストラされてからは引きこもりの状態が続いていた。
「数年前に母親を亡くしてからは父親と二人暮らし。創価学会の熱心な信者で、以前は朝晩一時間ずつ、お経を唱える声が聞こえました。数ヵ月前に家を訪れた時にいたのですが、パジャマのような格好で髪の毛を肩まで伸ばし、髭も伸び放題でした」(近隣住民)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[引用終了]

この記事には犯行時の凶悪な容疑者の犯行状況、計画性が具体的に記述されている。
しかし、この記事やニュースからも理解出来る様に容疑者の動機は解明されずに、今に至る。
自殺の意図も無く社会への不満も示さずに犯罪を引き起こし、その意図も明確にはせずに、犯罪に対しての反省、被害者への心配を示すとは、理解に苦しむ状況であろう。
この事件でのキーワードとして見られるものが曖昧模糊とした加害者の行動の動機であり、その基本が理解されない中での、創価学科員であるとの報道はこの容疑者の犯意に潜む、創価学会の危険性の裏返しでもあり、「人生を終わりにしたい」との意向が何を示すかにその主題を向けるべき状態となる。
創価学会は若年層の犯罪の揺籃としての存在であることは、筆者を含む、多くの被害者の付き纏い、騒音の例から伺う事ができる。
筆者宅の近くでも、筆者の動向にあわせ、児童の騒ぎが外で聞こえ、外出時はボール遊びが開始され、騒音を立てる状況は日常となっている。

その様な現実の状況をご存知ない一般の人たちには想像もできない、おぞましい集団ストーカー犯罪の実態がYouTubeには多数投稿されているので、紹介したい。
この映像の投稿者の方ZANEKUNさんは多くの被害映像をupされており、その中からの児童による加害行為の映像である。子供がカルトの集団ストーカー手法により、大人顔負けに、執拗な嫌がらせを繰り返す様が記録されている。



幼少時から、この様に犯罪行為に意図的に従事させられる人にとり、社会とはどの様なものであろうか。そして、この事件の容疑者は青年になった時点で、カルト汚染や関係も無縁の何の罪も無い人達を巻き込んだ凄惨な事件を引き起こしている。
この取手事件でも、容疑者は最後には被害者を気遣う言葉が発せられているが、その信ずる所のカルトからの正気に立ち戻ったのかは不明であるが、自らが殺めた事に対しての非は認めている。
しかし、多くの犯罪を引き起こす創価信者の根源には、自らの意思よりも教団の社会の倫理観、法を踏みにじる所謂、仏法よりも下位の法により遵守しなくとも良いとの思考による行動規範が存在する。

半年ほど前に、妻が近所で、付き纏いの嫌がらせの為に近づいた児童に「創価は楽しい」と質問したら、「楽しくない」との答えが返ってきたと話していた。
楽しくない事への服従、社会の規範や自らの意思に反する行為に従わせ、洗脳を繰り返す、この教団がもたらす夥しい反社会的行為、犯罪行為に対してどのような倫理の道が残されるであろうか。
繰り返される集団虐待、猟奇的な凶悪犯罪、多くの犠牲者を出す創価絡みの無差別殺人・障害事件の発生の度にその背後の解明が重要とマスコミでさえ、一種のおまじないの如く唱えられる締め括りの発言が、どのような犠牲を社会に強いているかをマスメディアや当局は知るべきである。

それでは取手事件容疑者の殺人や罪を犯す事で人生を終わりにしたいとは、どの様な精神状況として捉えるべきなのであろうか。
容疑者は「お金が貯まっては仕事を辞める生活を繰り返していたみたいです」(斎藤容疑者の知人)」(同記事より)との記述から、身勝手で、自己中心的な考えの持ち主である事が理解できる。
そして、この様な傾向は程度の差こそあれ、多くの創価学会員にも観られる共通の状況である。(1月1日、加筆)
そして、今後の本人の具体的な供述を待つべきである状況ではあるが、創価の思想である様々な敵を外部に作り、攻撃する教義が示す、自らの人生を自らで支える力、寛容性も普遍性も持たない脆弱な体系、外部のへの責任転嫁が独善性を生み、破滅的な結末を迎えた今回の容疑者にも通ずる発言が繰り返される本質を観れば、その凡その像が朧気にも窺う事ができる。その様な基調が容疑者の反社会性を助長したとするには疑いの余地は無い。

YouTubeの映像の様な児童、若年層による加害行為は実に多くの集団ストーカー犯罪被害者が共通に経験している日常的な光景である。
その様なカルトの思想、行動が幼少時から叩き込まれとすれば、それは単なる教団の議論だけでは済まない、児童虐待、健全な社会の育成に馴染まない大きな社会問題でもある。
そして、結果的に、その様な状況への対応の不在は、反社会的な洗脳に基づく倫理観の破壊とその活動は実社会で多くの影を投げ掛ける存在を許容する事であり、報道を含む関係当局が真相を不問に付す事、対応への道筋を掻き消す事は犯罪社会の擁護以外の何物でもない。



今年は集団ストーカーテクノロジー犯罪が蔓延する社会に警鐘を鳴らす被害者の声が増大し、その訴えが大きな動き、うねりとして顕著になった年でした。
この拙きブログに日頃、ご厚意、ご支援を頂きます読者の方々には感謝の気持ちをお伝えし、迎える年は良い年と成ります様にお祈りしたいと思います。

【連絡】
茨城県被害者の会」では、「第4回茨城県・近県の被害者の集い」を2011年1月22日か23日に、予定しています。場所等詳細は「サニナのブログ」の「第4回茨城県・近県の被害者の集い(新)」を参照下さい。街宣活動が予定されています。

【主な関連記事】
矢野元委員長叙勲が与える創価・公明党への激震
嫌がらせ三昧の創価学会員
マツダ連続殺傷事件に創価学会の影
集団ストーカー被害と社会・政治
創価の集団ストーカー犯罪に関しての質問から
「矢野絢也さんより話を聞く会」一考
創価学会の関与の事実 (2)



Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。
本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られることは加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。
関連記事

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 ガスライティング テクノロジー犯罪

コメントの投稿

非公開コメント

当方は創価学会という宗教団体を詳しく存じないのですが、
週刊誌編集部であれば、「また創価の大量殺傷か」と思っているはずです。
ゆえに、創価学会員が“度々”大量殺傷事件を引き起こす件について、
当該事件とガスライティング犯罪の関連も含めて記事化してほしい、
という要望を週刊誌編集部に送信しました。署名は集団ストーカー.infoです。
決して記事化されず無視されるかもしれませんが・・・・・・出すだけ出そうと。。。
当方の現在の反集スト啓蒙活動はそんな感じです。

>「お金が貯まっては仕事を辞める生活を繰り返していたみたいです」
 個人的意見ですが、これは彼の姿勢だけではない(宗教的環境に依存する)
 ような気がするので、まだ自己中心的と断定するのは時期が早いかと思います。

>「創価は楽しい」と質問したら、「楽しくない」
 私が見る限り、最近は大人でも下を向いて集ストしてます。
 マツダ事件と同じく、大量殺戮をするのが創価学会員であると、当方が認識したからでしょうか。

下っ端信者は「偉い学者が何人もいる」と宣伝、勧誘しているようですが、
そんなに偉いなら、何故信者の大量殺戮を止めることができないのでしょうか。
何のために「防犯パトロール」があるのでしょうか。
まず、自分の所の信者を防犯すべきではないでしょうか。

一方で「防犯パトロール」を私的利用し、罪のない、必要もない
一般市民を集団ストーカーで加害します。

この宗教団体は「人を不幸にするのみのシステム」であると、
当方は認識せざるをえませんね、この記事を読む限りは。

子供工作員

集団ストーカー.infoさまの掲示板に書かせていただいた「子供を使ったアンカリング」の話です。

3人の子供のうち、2人はとても不安そうな顔をしていました。
「こ、これでいいんだよね?この人だよね?」と確認しているような表情です。
もう1人は、幼すぎて状況が理解できていないように見えました。

私か犬の「あだ名」と思われる名前を叫びながら走っていた子供は、片手に携帯電話を握り締めていました。
3人目です。私がキレた場合を想定して、近くに保護者を配置していたのではないかと考えています。

それを見て「こうやって経験を積んでいくのか…」と呆れた覚えがあります。
一時期、私を子供工作員の練習台しているのか!!と思うほど付き纏われました。

謹賀新年。

明けましておめでとう御座います。

創価の集ストは年越しでした。

深夜に子供が何時もの大声の会話で歩く、隣の大人は酒盛りに人を集め寒いベランダで喚き会話とガタゴトストーキング、今年も引き続き戦って参ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 謹賀新年。

明けましておめでとうございます。

年が明けようと関係無しにサイコパスの所業は続きます。
彼らは自ら考える事も無く、殆ど生活の一部としての感覚しか持ち合わせていない様です。
従って、加害インフラの破壊の為にも、犯罪の周知が重要であると思います。

今年も頑張りましょう。


> 明けましておめでとう御座います。
>
> 創価の集ストは年越しでした。
>
> 深夜に子供が何時もの大声の会話で歩く、隣の大人は酒盛りに人を集め寒いベランダで喚き会話とガタゴトストーキング、今年も引き続き戦って参ります。

幼少時の生活、体験がその後の考え方に及ぼす影響はご存知の通りです。
moiwa2010さんがご経験なさっておられる様な、自らの意思ではなく、外部の視点、親の視ている状況で、その指示に従った行為を実行する事で、自らの行動に対しての疑問よりも新たな行動規範としての意思が形成、刷り込まれます。親の顔色を窺いつつ行動する子供工作員の振る舞う様は、私も何度か観ています。

善悪の彼岸を越える行為が、当初には躊躇としての態度で現れるかも知れませんが、度重なる行為により、徐々にその指示の意図する所も刷り込まれ、意思と行動が一致して行きます。
従って、意識の形成時に行われる、反社会的な行為は他者に対しての感じ方、人間として重要な倫理性を確実に破壊する事でしょう。
当然、集団ストーカー.infoさんが指摘している様に、経済的な独立により、我儘に成っているとは考えておらず、カルトの特質としての問題や上記の教団の持つ人間形成に於ける問題が大きく影響していると考えています。
本文の記述では個人の特質の様に、思われたかもしれませんが、その様な体質と明記すれば良かったかも知れません。
一部加筆させて頂きます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やっぱり「そうか」

取手駅での殺傷事件をネット記事で知った時、「また創価か?」と直感的にピンと来ました。で、案の定
週刊文春の記事で追認。直感は事実の認識に変わりました。カルト創価は身内であっても意に沿わない連
中をテロの手駒として利用する情け容赦のない鬼ですら卑下するような見下げ果てた連中である事をあら
ためて確認できたと思います。

このような反日カルト教団が日本の政財界に触手を伸ばし、実効支配的な力を及ばしているかと思うと、
心底「胸糞が悪くなる」ばかりです。

現在、ブログ立ち上げの為に原稿を作成している最中ですが、カルトがらみのテロ事件がこう頻発しては
書く事が多くなり過ぎて困ってしまいます(笑)。

あけおめです

新年あけまして
おめでとうございます。

m(u_u)m


http://blog.livedoor.jp/sheltem2/

Re: あけおめです

sheltem様

明けましておめでとうございます。
ブログ拝見しました。
今年も宜しくお願いします。

Re: やっぱり「そうか」

被害歴2年11ヶ月 様

コメントありがとうございます。
凶悪犯罪、不祥事には直ぐに創価かと思われる状況は被害者には共通の心理ですが、最近はネット上では検索で、その事件と創価で、直ぐに掲示板やブログが立ち上がる程に創価の反社会性は、大きく知られるべき問題としての存在に変わりつつ有ります。
ネット情報だけと高を括り、無視する大手マスメディアにもやがてはしっぺ返しの鉄槌は下る事でしょう。

所詮、カルトの典型である創価のやり口は信者以外には見透かされており、ウォッチャーからすれば、絵に描いた様な泥沼状況が手に取る様に分かる事と思います。
何時まで、社会がその様な去る芝居を傍観しているかです。集スト・テク犯被害者にしてみれば、いつかはその様な一般の状況を知らない人達への波及も時間の問題であり、氷山の一角が報じられているだけである事は周知の事実です。

是非一人でも多くの事実、真実を知る人達が、犯罪や社会の裏側の状況について周知させ、共闘する為にブログを作り、圧力を与える側に回って頂ける事を願います。
一度、ブログを立ち上げ、走れば、その事により、また多くの事が見え、共感する人達が集まる事と思います。そして、自らのモチベーションアップや社会性の復活にもつながります。
プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。