スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思考読み取り(生体情報受信)の技術的解明への道

1月28日、都内のオフィスで開催された、集団ストーカーテクノロジー犯罪被害者の技術勉強会に参加させて頂く事ができた。この勉強会の主催者であるTさんは、一般的には、不可解な組織的犯罪の手法、標記についての問題を理解する為の技術情報を得る画期的な場をご提供されている。
今回の会合には、集団ストーカーテクノロジー犯罪被害者7名が参加した。
ご多忙な中「思考読み取り(生体情報受信)」技術研究の権威である教授の方からは、基礎技術ついて、実験を交えた精力的な講義、ディスカッションを頂いた。

集団ストーカー犯罪・テクノロジー犯罪では組織的な個人の監視、虐待、心身の攻撃の為に、思考読み取り、書き込みの送受信技術が大きく関わりを持つと言われており、多くの被害者が思考や生体情報の読み取り、所謂、思考盗聴による被害を体験、実感しており、ブログ等でその技術的な要点についての解説、説明が展開されている。
今回はその様な、思考、生体情報の受信の科学技術を応用した犯罪が現実的に成立可能とする為の基本技術、概念について、その例証を専門的な立場から、噛み砕いた解説と被害者として、知りたい情報、知識、ヒントの提供を懇切丁寧に頂いた。

集団ストーカーテクノロジー犯罪、ターゲット個人が実際に、犯罪被害が顕在化すると、思考、感覚、生体情報等が読み取られていると考えられる状況に遭遇し、常に外部からの有形無形の監視・干渉を受け続けるとの意識に囚われる。そして、それは単なる思い違いや妄想ではなく、現実に発生する様々な日々の事象から十分に理解する事ができる。
特定個人に対する時と場所を選ばない、全方位の監視体制は、人海戦術や従来の盗聴や盗撮の手法では解き明かす事ができない超現実的な技術の介在無しには、構築が不可能と思われる。
例えば、毎朝、眼球も含めた身体が微動だにしていない状況で、目を覚ました瞬間、意識が戻る瞬間に大きなドア・雨戸の音や新聞配達のバイクの爆音が間髪を入れずに発生する。何時に目を覚ましても、その様な異常な音が発生し、継続して、何回も発声するという訳ではなく、単発のノイズが、正に、ターゲット本人を狙ったかの様に突発的に発生し、その後は静寂に戻る。その様なノイズが偶然発生するケースは月に一度としても可能性は低いと考えるべきだが、それが毎日発生するのである。
或いは、一日の中で継続的に被害について考えていない状態で、ふと被害についての考えが頭を過ぎった瞬間に、目覚ましの状態と同様のノイズが、発生する場合も多い。当然、その時には表情を含む身体外部からの思考を察知、検知する動作は何もしていない。
この様な状態は思考、行動の為のトリッガーが外部から書き込まれていると考える事もできるが、如何なる合理的な説明が可能であろうか。
他にもターゲット個人の思考を読み取ること無しには不可能な事象は多々存在し、この様な不可解な状況は、筆者だけでなく、多くの被害者が日常的に共通の経験を持つ。
しかしながら、一般社会にはこの様な被害者の意識、志向と外部環境に存在する事象の異動についての説明をすれば、余りにも現実からかけ離れた説明である。
従って、社会的通念、常識では説明不能な個人に対しての恣意的な事象の発生への言及、証言は憚られる事は言うまでもないが、説明するにしても困難を極める。
被害者は言わば、人体実験の様な状況で、この知られざる技術による災禍の対象とされ、恒常的にそのトラップから抜け出る事が不可能な状態を強いられる。

昨今、漸く、ゲーム機器やIT系機器、制御機器、軍事機器・システムにその応用、実用の可能性を見せるに至るが、ネット上で「思考送信」、「思考盗聴」の技術を検索すると、実に多くの詳細な説明が既に存在する。民間の製品用途以外の情報ソース、特に軍事、諜報活動への応用では、これからの技術であるかの様な記述が目立つ。しかし、国内大手の電機メーカーでも秘密裏にその基礎及び応用技術、実用化は既に完了していると伝えられる。
そして、この技術の研究開発の歴史は非常に古く、米国では1976年に、「脳波を遠隔地からモニターし、それを変化させる装置と方法」という件名の特許が取得されている。
この技術、応用性は社会的なインパクトと軍事、政治的なパワーバランスにも影響し、諜報工作への需要、危険性等の極秘要請の為に、機密性が保たれている。従って、一般の国民が技術の詳細、認識を持つ事は容易ではない。
しかし、今回の勉強会では研究の現場に居られる専門の方の実験を通しての解説から、その技術の応用が非常に現実的である事が理解できた。

今回の会合では、説明には写真に示す様な、プラズマボールを使用して、その指先に発生する電位、放出状況を「光の帯」で可視化し、その視覚情報により、被験者の思考状態による光の帯の状況変化を観察する実験を行った。
プラズマボール表面には左、右の掌、指が接触し、左右別々のパターンで右脳、左脳の働きは思考する内容により、左右のボールに触れている指の光の色とパターンが別々に変化する。
人体には非常に高い電圧が発生しており、電荷エネルギーとしては相当に大きく、卑近な例としては静電気の放電現象が挙げられる程である。その電位は指の先端部が特に大きく、メディアで紹介される車椅子や介護機のコントローラのようなヘッドギア装着時よりも遥かに大きなエネルギーの検知が可能なのである。
その電位は常時変化しているが、それは脳の動きを敏感に反映しており、その状況は個人差が存在する。プラズマボールには被験者の思考により、光の帯は、定型のパターンで、色、形状の変化として現れる。
そして、そのパターンのスペクトルの発生状況を映像記録し、特定の条件下で与えられる思考時のパターンとの比較、類似性を観察すれば、思考の内容が、簡易なこの方法でも推測可能との説明を受けた。

また、自律神経の動きは一定のパターンを持ち、その平常時の状態を予め記録し、外部から電磁波等による痛みが発生した場合は、刺激に脳が反応する色・波形を平常時の記録と比較する事で、客観的に、それらが遠隔からの加害である事を証明する事も可能である。

この実験は視覚的に、被験者の思考情報を理解出来る実験装置であるが、実際には生体から発生する電位、周波数、波形をセンサーで読み込み、データ化し、実際の思考・行動と比較・対応させ、遠大なデコーディング解析、キャリブレーションを(補正)を加える事で、個人の思考、生体情報を特定する。
遠隔値からも信号は共振により、増幅受信可能で、波形・電位を正確に読み取る事で、その個人の思考、生体情報を読み取る事ができ、その完成品、実装製品は具体的にはポータブルICレコーダー程度の非常に小型な可搬型の装置としの作り込みが可能と説明されていた。

今回は実験結果についてを短い記事として上げさせて頂くが、その他、技術的、犯罪に対しての考察等は、今後も随時、記事にしたい。
この実験により、俄には信じ難い科学技術とその応用による緻密で、大規模な組織的犯罪の成立する要素としての説明が非常に現実的味を帯びたものとなる。
また、被害の説明に於いても、今後展開される勉強会、実証試験により、徐々に明らかにされて行く事になると考える。

尚、この勉強会は不定期ではあるが、有志のTさんの犯罪被害撲滅に対しての強い意志とご尽力による主催の労の元に、運営されている。
そして、近々に情報公開や会合運営についての形態を整備し、企画、方法が検討さる予定である。
現在、この技術に関しては、その重要性に鑑(かんが)みて、会合で得られる情報も、公開される内容も限られている。
この様な被害者の自発的な活動は、今後の集団ストーカーテクノロジー犯罪の解析、説明・説得、周知、撲滅に大きな力を与える事になる。
そして、重要な事は今迄、推測の域を出なかった集団ストーカーテクノロジー犯罪における監視、思考送信の手法についての認識、理解を変え、新たな考察をする事が可能になる。
今回は、多忙な中丁重な説明を頂いた教授と勉強会の開催に労を尽くし、お誘い下さったTさんに対して、大きな感謝の意を表したい。

[プラズマボールを使用した放電実験の様子]
DSCN3970a_convert_20110131185011.jpg

【連絡】
「千葉県被害者の会」では、JR津田沼駅で2月5日(土)に街宣を予定しています。場所等詳細はブログ「テクノロジー犯罪・集団ストーカー・それから...。」の「第2回千葉県での街宣活動(予定)」を参照下さい。

【主な関連記事】
電子・電気機器の異常動作
テクノロジー犯罪の要素がニュース記事に
音声・思考送信による危機的状態を訴える被害者の存在
超常現象ではない現実
監視カメラの利用
動画映像の編集、アップロード
犯罪的行為についての記述


Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

本日も数多いネット情報の中から、本ブログにご訪問頂きましてありがとうございます。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
1日1回本ブログへの訪問と主旨にご賛同を頂き、上記ボタンのクリックによるブログランキングのアップへのご支援をお願いしたいと思います。
関連記事

テーマ : 集団ストーカー問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー ガスライティング テクノロジー犯罪 思考送信 思考盗聴

コメントの投稿

非公開コメント

私にはこれらに関する技術論までの理解は出来得ませんので、こんな事が実際に可能なのだと認識させて貰える事は有難い事です。
こう言った個々による勉強会は多ければ多い程、被害者の活動意識や世間喚起に効果を表すものと思います。
今後も体調管理に留意して前進しましょう。

電磁波攻撃は、人類を支配するための道具

KFさん、こんにちは。

私は、電磁波犯罪は、将来、人類を「従わせる」ための道具だと思います。


電磁波犯罪被害者へのアンケート(たまたま、どこかで見つけたのですが)に、
いつごろから被害を受けていますかといった、ごく普通の質問の他に、
「従ったことがありますか」という質問があるのです。


被害者ではない人には、意味がわからないと思いますが、、、。



また、テレビで紹介されていた、電磁波犯罪被害者の中年の女性が、
(もちろん、テレビでは、遅発性統合失調症という病人扱いされているのですが)、
「わたし、従うよ。従うよ!」と言っている場面があります。

この犯罪を知らない人は、訳がわからず、
単に、「あ~、やっぱ、頭おかしいわ。」と、思うであろう場面ですが、私たち被害者には、よく分かります。


支配する側のマスコミは、意図的に、この場面を使っています。



例えば、私の場合は、眠る時、体の右側を下にしないと、絶対に、眠らせて「もらえ」ません。

声を発することなく、痛みを与えることなく、睡眠を妨害することにより、
「体の右側を下にして眠れ」という命令を、私に与えているのです。



ほかの被害者の方は、どんなふうに従わされているのか分かりませんが、
脳内への音声送信で、「○○をやれ!」と言われて、
言う事をきかなければ、身体に激痛を与えて、従わせることも考えられます。

それでも、言う事をきかなければ、コロせばいいのです。
心筋梗塞でも、脳梗塞でも、簡単に作り出せる。
放心状態にして、廃人にすることもできる。


どこから、誰が発しているか分からない命令に、
人類は、従わなければならなくなるでしょう。


(被害者のみなさんは このアンケートに答えてはいけません。
 どれだけの人間が従うのか、アイツらが調査しているのだと思われます。
 更に、個人情報を盗られます。)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

これは貴重な報告ですね!

 こんばんは。
 以前非公開でコメントさせて頂いた者です。このブログをご覧の皆さん、はじめまして。

 私はハイテク系の情報収集をベースにした集ストを受けています。いつ頃から加害が開始されたかは分からないのですが、被害に気が付いたのは'09年10月頃です。犯罪者どもに精神的に虐待されながらも、自分の置かれた状況を客観的にみるように心がけることで今まで何とか乗り切ってきました。そして、この犯罪と闘われている方々の様々なブログを拝見し情報・知識を得た事が、その大きな原動力となったのは言うまでもありません。

 Kingfisherさんと以前メールのやり取りをさせていただいた時点では、私は思考盗聴について一般的に言われている説に関して懐疑的でした。しかし、それから一か月経ち、その考えを改めざるを得ないのではないか?と感じるようになってきました。日々記録している被害状況が、何らかの方法による様々な身体情報の送信なしには起こり得ない、という性格の物に変化してきたからです。

 技術勉強会に関するご報告は、私の身の周りに起こっている現象が、技術的にどうやって発生しているのか?という疑問の核心に触れる情報だと思います。これは被害者にとって大変重要かつ貴重な証言です。こうした現象が人為的に引き起こされている犯罪行為であるという事を第三者に訴えていく際の、客観的事実としての認識を促す材料と成り得るからです。

 実行手段について、私のような素人があれこれ推測する事はかえって周囲の混乱を招く、というのは経験上感じてきたことですが、今回ようやく研究者の方の証言が得られたという事を、非常に興味深いと同時に心強く思います。主催者のTさん、証言してくださった教授の方、そしてKingfisherさん、ありがとうございます。

 可能ならば、生体情報をどうやってピックアップしているのか、又、得た情報をどのような手段で送信しているのかについても知りたいです。防御・妨害の方法があるかも知れませんからね。まあ、連中をとっ捕まえて聞くのが一番手っ取り早い方法ではありますが…(笑)。

 日を追うごとに、これが簡単に解決できる問題ではない、との思いは強くなる一方です。しかしだからこそ、この犯罪と正面から向き合い生き抜いていかねばならない、とも思います。多くのものを失いつつも、この国の水面下の現実について私達は知ることができたのですから。

皆さん、頑張りましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

時々、ブログを拝見させて頂いています。
以前に、CSでフェイスブックを放送を見た時、被害者の方々がフェイスブックに登録(フェイスブックは実名登録)なので秘匿性がないためよりリアルな広報が出来るのではないかと思いました。

実名なので良い面、悪い面ありますが工作員が工作しにくいのではないかとTVを見ながら考えました。

参考までに

Re: これは貴重な報告ですね!

Brill 様

メッセージありがとうございます。
丁重なご意見、仰る通りだと思います。

異常な状況が身の回りで発生、若しくは音声被害等により、実際の思考状況を読み取られる状況を知るターゲット個人にとり、ネットで展開する情報は理解できるものであり、その様に理解する事で被害状況への対応を取るケースも多いと思います。
しかし、思考・生体情報の読み取りは具体的に実感ではありますが、理論や推測で有り、その状況、実態への疑念、加害が全てのケースで思考、生体情報に直結して発生する訳でもない事から、監視・加害と直接、結びつける事ともならず、それが逆に心理的な混乱も招き、被害者としての意識、不安感を深くする元凶要因でもありました。

犯罪に対しての理解が今回の勉強会の収穫により、被害者自身の想定が変化する事で、その対処への仕方が変化し、被害者を取り巻く状況にも変化を生む事でしょう。
今回の実証実験や権威である研究者の説明により、確たる状況を提示されると、もはや理論の域ではない事、繰り返される監視・加害への理念が限定される事により、逆に犯罪被害を想像や不確かなものとして想定する事無しに、現実的な犯罪の糾弾、説明が可能な道を開きます。

全身から電気信号は発生していますので、思考・生体情報の読み取りの防御は困難が伴うようですが、妨害や情報の収集位置、場合によっては相手のシステムを破壊する事は可能との説明を頂きました。

より具体的、詳細な情報を次稿に上げましたので、ご参考にして頂ければと思います。
また、今後、勉強会は開かれた場とし、犯罪被害の理論的、実証的な解明をする場所と成るような工夫を主催者の方と協議しています。

>  Kingfisherさんと以前メールのやり取りをさせていただいた時点では、私は思考盗聴について一般的に言われている説に関して懐疑的でした。しかし、それから一か月経ち、その考えを改めざるを得ないのではないか?と感じるようになってきました。日々記録している被害状況が、何らかの方法による様々な身体情報の送信なしには起こり得ない、という性格の物に変化してきたからです。
>
>  技術勉強会に関するご報告は、私の身の周りに起こっている現象が、技術的にどうやって発生しているのか?という疑問の核心に触れる情報だと思います。これは被害者にとって大変重要かつ貴重な証言です。こうした現象が人為的に引き起こされている犯罪行為であるという事を第三者に訴えていく際の、客観的事実としての認識を促す材料と成り得るからです。
>
>  実行手段について、私のような素人があれこれ推測する事はかえって周囲の混乱を招く、というのは経験上感じてきたことですが、今回ようやく研究者の方の証言が得られたという事を、非常に興味深いと同時に心強く思います。主催者のTさん、証言してくださった教授の方、そしてKingfisherさん、ありがとうございます。
>

>  可能ならば、生体情報をどうやってピックアップしているのか、又、得た情報をどのような手段で送信しているのかについても知りたいです。防御・妨害の方法があるかも知れませんからね。

Re: 電磁波攻撃は、人類を支配するための道具

長時間発酵ブレッド 様

コメントありがとうございました。

個人の思考・生体情報の読み取りは非常に多くの可能性、要素を加害側に与える事と思います。
そして、その技術が空想の産物、非現実的な技術である事を装う、若しくは吹聴する事で、その力は一層大きな存在となります。
従って、現実的な応用、既存技術であるとの理解、実態を晒せば、その社会的なインパクトも非常に大きなものと成ります。

現在は小数と見られている集ダンストーカー・テクノロジー犯罪被害者の状況は、今後は広く国民の監視・干渉につながるもの、布石であると考える事が妥当です。
この犯罪被害が現在の様に、特定被害者、個人に向かう状況を長きに渡り、継続できないと考えています。
しかし、データ録りや監視・干渉・加害の手法としての技術は確立されていますので、社会の状況、被害者の意識の変化に応じたその行使は当然の事です。

電磁波犯罪は着実に被害者を蝕むだけでなく、国民の多くが対象とされ、有形無形の恣意的な管理に利用されるツールです。
日常的に繰り返される犯罪行為に辟易している状況が被害者の常ですが、その背後にある意図、大規模な犯罪システムが何の為に存在するかを分析、知る事、周知させる事がその様な異常な意図を持つ者の正体を炙り出す事にもつながります。

アンケートや詳細な個人データを収集する団体への情報の提供、特に被害状況や心理、身体情報の提供は要注意です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

テクノロジー犯罪芽内現代のテロ犯罪被害の訴え。とゆうサイトがあります。urlなくてすみません。  かなり詳しく現状を分析していて興味深いです。生体情報ネットワークなどの
現代科学量子学的ですが「思考はいろんな所に付着すること、」加害者の手口など
生体情報の詳しい方だと思います、
私も電磁波の被害に遭っていたので、このサイトにあった、被害軽減方がとても役立ちました
「必見重要」と書いた記事に、  電磁波被害をなくすには、頭の上、右脳と左脳の中心に
チタン ジルコニウムをのせると、加害者は被害者の脳の中に介入できない。
シャットアウトすることが出来る、と書いてありました、ロシア製のジルコニウムを使っていたの
ですが。私はチタン製の時計「壊れている」もので試してみましたが、ほんとすぐに効果が
ありました。私の場合かゆみによる反応、緊張不安、高い心拍数など、すぐに途絶えたので
嬉しかったです。
ちなみに、その後一円玉ぐらいのチタン製品で試しましたが6.7枚のせないと「しかも中心でなければ」ほとんど効果ないです、
ある程度重量が必要なようです。しかも基本は中心にまずのせること。
人生蘇ります。

Re: No title

humi 様

ジルコニウムについてのコメント有難うございました。

私はこの方法を試していませんが、この事を主張をなさっている当のブロガーの方とは懇意にしておりましたので、メッセージはご本人にお伝えしておきました。

宜しくお願いします。

プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。