スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉県習志野母親殺人の事実

2月5日、千葉県習志野市で発生した母親殺害事件の容疑者は集団ストーカーテクノロジー犯罪被害者である。
筆者はこの福島俊明容疑者(と呼ばせて頂く)とはMIXI(SNS)仲間でも有り、一年程前に、数度、数人を交えたSkypeによる会話を交わした事もある。そして、今回報道された凄惨な事件を知り、愕然とした。
彼は途中から発言に強固な所が出て来たとも言われていたが、それ以前に話した限りは穏やかな人柄であり、とても伝えられる様な残虐な行為に及ぶとは、未だに信じ難い状況である。
全国紙を含む大手メディアからの報道内容には実態が伝えられない事は、集団ストーカーテクノロジー犯罪による被害、その犯罪が絡む犯罪の常であるが、彼は厳然たる事実として、組織的な犯罪のターゲット被害者そのものである。
その犯罪被害の実態を晒し、解明する事無しに、断片的で、一方的な報道による実態の隠蔽が繰り返されれば、社会の闇は存在し続け、今回の様な犠牲者を次から次へと求める負の連鎖は断ち切れない。

事件は以下の様に伝えられている。

母親をなたで切りつけ殺害 50歳無職男を逮捕 千葉・習志野 [産経ニュース 2011年2月5日17:21]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[記事引用]

 自宅で母親をなたで切りつけ殺害したとして、千葉県警習志野署は5日、殺人の疑いで、同県習志野市袖ケ浦、無職、福島俊明容疑者(50)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は同日午後0時40分ごろ、居間で一緒に食事をしていた母親の仲さん(79)の右側頭部をなた(刃渡り18センチ)で切りつけ殺害したとしている。
 習志野署によると、福島容疑者は容疑を認めているが、動機については意味不明な供述をしている。
 福島容疑者は仲さん、妹(48)の3人暮らし。事件直後、別室にいた妹に「母をやってしまった。110番してくれ」と依頼した。通報で署員が駆け付け、逮捕した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[引用終了]

また、これに先立つ17:10の報道では以下のように伝えられている。

引きこもりの男、母親殺害 千葉 [産経ニュース2011年2月5日 17:10]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[記事引用]

 ナタで母親を殴りつけて殺害したとして、県警習志野署は5日、殺人の現行犯で、千葉県習志野市袖ケ浦、無職、福島俊明容疑者(50)を逮捕した。調べに対し、福島容疑者は「食事中に『仕事をするように』、『金を稼ぐように』といわれてカッとなった」と容疑を認めている。
・・・・・・・・・・[略]
 同署によると福島容疑者は、十数年前から自宅に引きこもっていたという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[引用終了]

彼は食事中に、引きこもり状態、無職の状態への母親から叱責を受け、殺害に及び、自ら家族に警察を呼ばせている。
先のニュースでは「容疑を認めているが、動機については意味不明な供述をしている。」との言及がある。この「意味不明な供述」という状況が犯罪の核心部分でもあるが、詳細は伝えられていない。
筆者のSkypeでの本人との話しの印象やテクノロジー系犯罪被害の分析のHP内容からは、とても意味不明な事を述べる様な姿は全く思い浮かばない。当然、調査の現場でも集団ストーカーテクノロジー犯罪への事が発言されているものと推察される。
彼のHP、リンク先の記述内容をご覧頂きたいが、文面と説明内容からは非常に明晰に犯罪被害の実態、分析・研究と解明への意志が伝わり、何ら心的な異常性を示す要素はない。その他、本人による掲示板等への書き込みにも犯罪被害の状況が明確に示されている。彼のHPと書き記した内容は以下のHPで閲覧可能である。

HP「ハイテク犯罪に関する調査と研究

HP「加害者への公開質問状 Contents」のC県F氏の記述部分

この悲惨な結果を招いた行動がテクノロジー系の直接の被害による思考、生体への影響によるものか否かは推測の域を出ないが、日頃被害を受け続ける筆者を含む被害者にはこの様な、加害やストレスの持つ悪影響は十分理解が可能である。
先稿で紹介した様に思考、人体情報は読み取りが可能であり、逆に書き込みも可能と考える事は既に、想像の産物とは言い難いのである。
多くの集団ストーカー被害者の常である生活の場、社会的な機会、特に就業の場からの締め出しは非常に深刻な生活状況をターゲット被害者に与え、本人の意思によらずとも引きこもり状況を強いられるのである。
あらゆる手法による個人の社会での健全な生活を脅かし、邪魔をする力が働いている現実を容認、黙認している状況は、正に、生き地獄を現出させているのである。
そして、この個人への徹底的な閉塞状況、孤立環境の作りこみは、社会の至る所で生じている筈である。
しかしながら、現在この犯罪は着実に社会に表面化しつつあるが、同時並行の深刻な雇用、経済状態、社会問題としても摩り替えられつつある。テクノロジー犯罪集団ストーカー問題の発覚は非常に大きな問題であり、その状況を隠蔽する事により、利を得る存在が確実に存在する警鐘を与えている情況、黙殺は社会が自滅を進める道を推し進める。一人でも多くの国民がこのニュースの背後に注目し、異常な犯罪への認識をする事が急務である。明白な事実を我々は日々体現し、現状を知るだけに、焦燥感を募らせるものである。

自殺、暴力、病院投函、精神疾患者の作りこみ、就労困難、社会的不適合等々、ターゲット個人のひきこもりへの誘導と偽装により、あらゆる社会不安、不安定要素を与えるのはこの様な明確な犯罪、社会問題解決の先送り、隠蔽である。社会悪を増長し続ける構図を許す限り、国の体質は人々の望む方向から遠ざかり、常に不幸、犯罪、悪事の種をばら撒くが如く、振舞う加害側の根深さが蔓延し、病理は一般人も広く巻き込む。

今回の事案調査でも、事実を知り得る警察は報道に情報を供する事はなく、仮に供せられても報道の上にはその事実は上がる事はないだろう。
この記事は公式の場では締め出されるその事実を社会に晒し、知らしめる事でせめてもの情報の断片を残して置きたいとの切なる願いから書き記している。

因みに、一昨日(2月11日)、web上に存在した日テレのソース映像再生中に再生不能状態となった。添付の映像はYouTubeからダウンロードしたTBSのニュース報道のものである。このデータを保存完了直後、YouTubeでの再度の再生時には映像管理者による消去を示す内容が表示され、再生不能となった。
ANN、NNN、FNNの映像としては既にweb上には存在しない。この様な映像の削除の状況は秋葉原事件等、相次ぐ他の多くの不自然なニュースでの映像資料と同様の扱いである。

凄惨な状況で犠牲となられた母親、仲様には心よりの追悼の意を表したい。


【連絡】
「茨城県被害者の会」が2月20日(日)に小街宣を予定しています。詳細はブログ「サニナのブログ」の「小街宣をします」を参照下さい。

【主な関連記事】
取手事件 創価、洗脳の揺籃
嫌がらせ三昧の創価学会員
マツダ連続殺傷事件に創価学会の影
システム化された犯罪の隠蔽
集団ストーカー被害と社会・政治
清水由貴子さん 死の重いメッセージ


Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

本日も数多いネット情報の中から、本ブログにご訪問頂きましてありがとうございます。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
1日1回本ブログへの訪問と主旨にご賛同を頂き、上記ボタンのクリックによるブログランキングのアップへのご支援をお願いしたいと思います。
関連記事

テーマ : 集団ストーカー問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 闇勢力 ガスライティング テクノロジー犯罪 マスゴミ 引きこもり 殺人

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

千葉県習志野母親殺人の事実

これら密入国者朝鮮人主体のギャングストーキングによる犯罪システムが、日本人家庭を餌食にし崩壊させる意図の社会侵略で、日本列島全体に拡張し続けられて居ます。

コメントの投稿

非公開コメント

悔しいとしか言いようがなくて・・・

悲しい出来事に心が痛みます。
私は福島さんとは接点はありませんが、お名前とレポートは拝見していました。
本当におつらいだろうと思うと同時に、被害者間の連帯は大切だと思いました。
あれだけ専門的な被害に関するレポートを書かれる方をただ、引きこもり男と書かれる事は違和感すら感じます。
無職の裏にある真実を知ってもらいたい。
なぜ、15年もそのような状態でお過ごしだったか。
そうならざるを得ない実態を。
これは決して、他人ごとではありません。
いつ誰の身に起こってもおかしくない現実なのです。

記事に起こしてくださって、ありがとうございました。
ニュース動画、初めて見ました。
私も「意味不明な供述」に関しては、推察される通り、
集団ストーカー・テクノロジー犯罪の事だと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も、テクノロジー犯罪で、記憶や理性をなくされたことがあります。

ほとんどの方には、理解していただけないと思いますが、ひどく酔っ払った状態に近いと思ってください。
記憶もなく、普段なら理性で抑えられている事が、押さえらなくなるのです。

実際、泥酔した時に麻痺してしまう脳の部分を、意図的に、電磁波等で麻痺させているのでしょう。


犠牲になられた母親も、おそらく、理性をなくされて、
いつもなら言わないように気をつけている、「仕事をしろ」という言葉を言ってしまったのでしょう。

それを言われた福島さんも、いつもなら我慢して聞き流せることを、理性をなくされていることによって、激昂(げっこう)してしまったのです。

母親には、もう確かめるすべもありませんが、福島さんには、おそらく、この時の記憶はないのではないかと思います。



私も実際、理性をなくされ、これは言わないでおこうと思っていたことを喋らされてしまったり、しないでおこうと思っていたことをやらされたことがあります。

理性があるから人間なのです。
理性をなくされたら、ただの獣でしょう。


善良な人間を、犯罪者にすることができる、この悪魔のような犯罪を、国はいつまで、見て見ぬふりを続けるのでしょうか。

私も複数の被害者のブログでこの記事を見ました。
いったい何があったのか真実はわかりませんが、あまりにも痛ましい事件です。

もしテクノロジーが人間の理性に影響を与えて犯罪を誘引したとするなら
法律はどうあるべきなのでしょうか。仮定として自分なりに考えてみました。

問題は犯行における責任能力です。

私も何度も激昂状態を誘引するテクノロジー被害を受けており
これを自分でコントロールできないことを自分の体験として経験しています。

自分の理性を超えたところで犯行に及ぶとするならこれまでは精神疾患の領域だけでした。
具体的には統合失調症やアルコールによる酩酊時における犯行です。

同じように、テクノロジーによって犯行に及んだとするなら、むやみにその人が罰せられるべきではありません。
少なくとも減刑されるべき何らかの指針が作成されるべきです。

しかし、それまでにいったいどれだけの議論を尽くさなければならないでしょうか。
場合によっては数十年を要するかもしれません。あまりにも重い重い事実であり、幾多の困難が予想されます。

やはり、国の対応があまりにも遅きに失したと私は考えます。
もう少し早く公開していれば自殺による犠牲者を含めてもっと不幸を防げたかもしれません。
原告団が形成された場合、国の不作為も訴訟の対象となるスタンスを私がとっているのはそのためです。

何より、被害者がこの問題が社会で公表されないことの鬱積感はピークに達していると思います。

昨年から同じ被害者の自殺の報、強制入院の報を受けるたびにいたたまれない思いをしてきました。

これ以上犠牲が発生してほしくありません。一刻も早く現政権には対応してほしいの一言です。

(少し、付け加えさせてください。)

犯行が行われたのは、食事中だということですが、
福島さんは、お酒をのんでいらしたのではないかと推察します。

私が、この手の被害を受けるのは、ほとんど食事中(飲酒中)です。
(もちろん、飲酒していなくても、放心状態にされたこともありますが)


理性をなくされていることで、まず、お酒をいつもより多量に飲んでしまいます。
その上で感情操作をされると、「効果」は、5倍、10倍になると思います。
酔ったところを見計らって、激昂させるのでしょう。






私の知りうる状況をすべてお話しします①

この場をお借りさせていただいて申し訳ありません。被害者に凄惨な結末が相次いでいるので、私も急いで知りうる状況をお伝えします。

私のケースだと、昨年から現与党が問題の存在を認識し、加害者と同じ技術で私をサポートしてきました。具体的にはテクノロジーによる「意識への介入」でサポートしたり、見ている番組や新聞でこの問題に対して解決を助長するほのめかし表現を用いるなどして温かいメッセージをもらってきました。

しかし、一方でこれだけのブログ作成にはきわめて労力が必要だったと誰でも思われると思います。このサポートにあたって現与党関係者は厳しい叱責のメッセージを意識への介入で送りつけることによってブログ作成を強要してきました。そのメッセージはきわめて暴力性に満ちたものでした。これは、与党の中でも解決の認識が異なり、正当な方法で解決する側ではなく、暴力的な力を使う側のエスカレートした行為であると私は見ています。

そして、ここ数か月の動向ですが、与党の内紛によって与党の一部の人間から悪意のある問題解決を阻害するメッセージを番組でほのめかされています。現執行部を打倒するため、政争のために意図的に加害者と組んで問題解決を妨害するようなことをしているとしか思えない状況が続いています。私の場合は具体的にテレビ上で複数の与党議員から悪意のあるほのめかしを受けています。

現与党の一部の人間が、少なくともサポートという意味合いにおいて加害者の所有している技術を行使していることは私のケースから間違いありません。それは本来は被害者をサポートする意味合いにおいて用いられるべきです。それが、加害者と加担するために加害行為を行ているのであれば時代の逆行です。由々しき事態として被害者の皆さんにお伝えしなければなりません。

私は問題解決に対してこれほど被害者に凄惨な状況が続くことにもはや耐えられません。問題解決を加速させなければならないと思っております。

今回の投稿に対しては私の最新記事もご覧頂ければ幸いです。被害者の皆さん、表に出た際は必ず協力し合って解決していきましょう。何卒よろしくお願い致します。

私の知りうる状況をすべてお話しします②

追記です。

肯定的な番組メッセージとは、加害者が番組上でほのめかしをするのと同じシステムで私に問題解決を助長する温かいメッセージを送るというものです。

具体的には、本来加害者なら思考盗聴などにより被害者が驚くような単語や文章を番組で述べたりして追いつめるのに対し、それとは逆に加害者を非難したり私を助けるような抽象的なメッセージを番組内や新聞の文章に織り込むことです。

驚かれるかもしれませんが、私のブログで取り上げた有名人や芸能人、海外の人物のほとんどが何らかのメディアによって私に肯定的な温かいメッセージを送ってきた人物です。これほどの人数の方々が私に対してメッセージを送ってきたのです。最近一つの記事の形態で処理できないためにtwitterでメッセージを頂いた番組や人物に対してお返しするようにしています。

この方式が、もともと現与党が推し進めたこの問題において世の中の著名な人物に共通認識として解決の呼吸を広めていく方策でした。

この代償として、私は非常に危険な立場におかれることになりました。もはやすべてをお話ししますが、私も激昂を誘導されて精神病院に入院させられています。そして、外に出るのが危険なため、昨年の後半はほとんど外出できない日々が続きました。

このことを申し上げたのは、何度も申し上げますがいまだに被害者の凄惨な状況が何度もブログで報じられているからです。私も黙っているわけにはいかなくなりました。

今後必ず表に出るものと確信していますが、この問題を取り巻く状況は今このような状況にあるのだということを皆様にお知らせします。

もう一人の犠牲者も出ないことを祈ります。一刻も早い公表と公的な解決へ進めていかなければなりません。

Kingfisher様、この場をお借りさせていただいて有難うございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私の知りうる状況をすべてお話しします③

私のケースをもう一度わかりやすく書きます。私はこのような状況にありました。


①昨年の参議院選に立候補する可能性があった。

②その後加害者の攻撃が異常なまでに激化した。

③まったく外出できない状態が続き、精神病院におかしな入院のさせられ方をした。

④これらの間に意識への介入とマスコミの記事や報道でサポートを集中的に受けてきた。それに対応して私がブログでメッセージを頂いた方の記事を書く。これによって有力者の間で解決の機運を高めてきた。

⑤解決する側は私を今度の統一地方選挙に立候補させたいが、与党内の妨害する勢力によってチャンスをつぶされてきた。


 なお、③の精神病院の入院ですが、この時にも味方の意識への介入でサポートを受けました。具体的には、看護師にテクノロジー犯罪のことを説明するように促したり、退院に結び付けるように行うべき行動を意識への介入で教えてもらったりしました。

 ここで皆さんにもしもの時のために助言ですが、あらかじめ家族を説得してこの問題の理解を得ておいてください。そしてもし入院させられたら、家族の同意によって入院の契約を破棄することができます。これは法律上で定められたことで、家族の同意がなければ入院を続けられないからです。破棄することによってただちに退院へと結び付けることができます。私のケースでは入院が3か月必要だといわれたことに対して2週間で退院に結び付けることができました。また、テクノロジー犯罪の33名の被害報告集を看護師に見せるのも効果的です。

 なお、このマスコミによるサポートですが、例えば入院時に民主党の岡田幹事長や自民党の宮澤洋一参議院議員によるサポートのメッセージをマスコミに織り込んで放送してもらっています。岡田氏がNHK7時のニュースで、宮澤氏に至っては国会中継の放送で私に温かいメッセージを送っています。ほかの議員さんからもメッセージを頂いています。はっきり言いますが、広島県の湯崎知事や秋葉市長も私にメッセージを出してきました。私のブログに掲載している有名なスポーツ選手や芸能人の方、海外の有力者も私にメッセージを出してきました。

 もう一度述べますが、このように一人の被害者にメッセージを集中させて私がブログでその方の記事を書くという方法によって世の中の有力者の間で解決の共通認識を培ってきました。もはや解決されるベースはできていると言って過言ではありません。今まで黙ってきて申し訳ありません。メッセージを出した方が危険な状況になることも考えられたので迂闊なことはできませんでした。しかし、被害者が相次いで凄惨な結末に至っているために黙っているわけにはいかなくなりました。

 被害者のみなさんはこの事実をできるだけ広めていただければ幸いです。何度も言いますが、私のブログに掲載している人物のほとんどがこの問題の存在を知って憂慮したうえで私にメッセージを出しています。あまりにも多くの方が私に温かいメッセージを出してきました。

 最後に、被害者は歴史上まれにみる人権侵害を受けているという一点で今このとき団結すべきです。今を置いて解決のチャンスはありません。できるだけこの事実を拡散していただけますと幸いです。公的な解決を引き出すために皆さんで協力できたらこの上ありません。何卒よろしくお願い致します。

(なお、私は入院時にKingfisherさんにメールを送ってサポートして頂いています。本来は私の入院を記事にされたかったのですが、訴訟の可能性があるために控えていただきました。申し訳ございません。この場をお借りして当時の感謝を申し上げます。Kingfisherさんもお気を付けください。今後のご栄達をお祈りしております。)

先日の夜、初めて、感情操作で激昂させられました。

食事(飲酒)後、家族でくつろいでいる時、娘のなにげない一言に、突然キレました。

何が気に入らなかったのか、何故怒鳴っているのかも判らない。
泣きながら、娘を責め立て、気持ちを抑えることが出来ず、怒鳴り続け、
もう、生きているのがばかばかしいと思い、マンションの階段から飛び降りて死のうと部屋を出た途端、
す~っと、正常に戻りました。

前回のコメントで、「福島さんには、おそらく、この時の記憶がないのではないか」と書いたのですが、
激昂させられていても、記憶はしっかりありました。

そのことを、私に教えたのかもしれません。


家族には、この犯罪を理解してもらう、いい機会になりました。

Re: タイトルなし

長時間発酵ブレッド 様

コメント有難うございました。
貴重な情報だと思います。

仰るような経験は、誰にも思い当たる節があるかも知れません。
その時には本気で考え、思いつめた状況と成りますが、激情の変化が来るとすぐに自らに戻る状況です。
真相は、当の本人にも理解し難い状況ですが、人の生死にも行き着く問題で、非常に深刻な事態です。

加害側の操作の可能性も疑う条件が、今後はあらゆる人に付き纏う事でしょう。
思考情報が送受信できる事が現実的に可能性があり、その状態からすれば対象者の生活、感情の起伏に応じた
生体情報、思考の送信が発生すれば容易に、行動の操作もでき、その場の状況については証拠も残さずに犯罪が成立してしまいます。
それは加害側に属する者にも、例外とは言えません。

そして、既にその様な状況で生活しているという事態を知る人は、まだ極く僅かな少数の事実を知る者でしか有りません。
プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。