スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習志野事件孝

前項で紹介した習志野母親殺人事件の福島容疑者の件は大きな衝撃を集団ストーカー被害者・テクノロジー被害者に与えている。この問題は同時に、被害者と社会に突き付けられた問題対処への試金石でもある。
我々は、彼が実際のターゲット被害者である事を知っており、行政も同様に理解している事は間違いない。
既にネット上での確実に状況を語り得る情報、証言が多数存在し、この事案の今後の取り扱いは、社会の関心事ともなる事、すべき事は間違いなく、マツダ事件や取手事件の様に、精神状態の鑑定での実態の隠滅では済まされなず、行政にもその状況確認を要求したい。

奇しくも、この事件が発生した日に同じ場所、市で我々集団ストーカー被害者の街宣が行われており、非常に盛況で、アピールの高い行動であり、加害側には相当のダメージを与えたと考えて良い。
この状況を、単なる偶然と取るか否かは読者の方の判断に任せるとして、被害の訴えとその被害者の一人の凄惨な犯罪が同一の時、場で発生した事に対して、因縁関係は皆無とは考える事は難しい。そして、加害側の思惑での誘導と考えると、集団ストーカー犯罪被害だけでなく、社会の至る所で発生する事象と照合しても、思い過ごしでは通せない状況が見えて来るのも確かである。

例えば、政治の場で見られる不自然な事件、事案はその背後にある状況への思いを馳せる事の出来る人物、暗示を感ずる人物、特に当該要人には恐怖感を与える要素なのである。
2009年10月、民主党の初代財務相として藤井議員が始めてG20 で参加の際には、中川元財務相が自宅で不慮の死を遂げている。
2009年4月の北朝鮮のテポドン発射時における、非常事態への対応に自衛隊の行動にまつわる事故の数々も偶然と言えるだろうか。
為政者にはそれら偶然は決して、偶然とは理解していない事は想像に難くない。明らかに恣意的な状況の誘導が存在する事を認識している事であろう。

先稿へのコメントとして、ブログ「集団ストーカー問題を克服する」のsunameri bubbleさんの強制入院の経緯と対応が述べられている。多くの悲劇的な犠牲を強いられた集団ストーカーテクノロジー犯罪被害の具体的な証言の一つとして、深刻な犯罪システムとしての問題、壮大な社会的な病理の現状が語られている。

加害側にしてみれば、大きな事件やその可能性を持つ人物、状況はひとつのカードとして、常に用意され、いつでも必要とする機会に常に事件化する事が可能な状況として温存され、関連する事象の推移、関連する特定ターゲット個人への関連性、必要に応じたタイミングを観て、事件化への誘導の引金が引かれると考えれば、偶然性ではなく、必然性の説明が付く。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪はご存知の通り、社会全体を巻き込んだ遠大な犯罪システムであり、犯罪者とも要人とも考えられない特定個人に対しての想像を絶する異常な監視・干渉、加害・虐待を繰り返す犯罪システムである。
街宣と殺人事件の因果関係、政府要人の特定個人であるターゲット被害者への仄めかし等、到底、通常の感覚からは理解し難いと考えられる事象、問題も発生している。
加害側からは問題、事象が社会に発覚する事による犯罪システムの存在の露見は何としても阻止すべき重大な問題であり、被害を知る者、当時者の発言・証言を阻止、隠滅する事が常套手段として確立している。
ターゲット個人、被害者の収監、精神異常者とのレッテル、自殺への誘導等の社会的な抹殺の危険は多くの被害者が直面する状況でもある。
犯罪システムは、数多存在する被害者のネットでの証言、街宣、通報等の地道な活動により、漸く国民が知る所となりつつある。
しかし、その様な異常な個人の受ける犠牲の数々が逆に証言性を阻む事も事実である。
そして、加害側システムの存在の周知により、その様な異常な大規模で、人為的な事象、事態への理解が重要である事、訴えるべき段階に来ているのである。

冒頭に述べた様に、この福島容疑者の件は被害者に対しては非常に大きな衝撃と反響がある。そして、それは被害者だけの問題として終わらせてはならず、支援を含めた活動を展開しなくてはならない事は言うに及ばない。残された時間には限りがある事も事実であるが、筆者も微力ながら、有志の方々との可能な行動を模索している。

sunameri bubbleさんの件はご本人の退院直後、本ブログでの記事、公開への希望を伝えられていたが、途中で発表の制止を求められた。当時者による状況の正確な記述、配慮が求められる状況を理解し、本人からの告白、告発の期を待つに至った事を、この場を借りて、お詫びしたい。

今回は短稿であるが、福島容疑者の件は進行形であり、問題を風化、葬り去る事とさせずに、事件を知る者の行動への導としたい。
千葉街宣の投稿を予定していたが、その記事は稿を改める事にしたい。

【連絡】
「茨城県被害者の会」が2月20日(日)に小街宣を予定しています。詳細はブログ「サニナのブログ」の「小街宣をします」を参照下さい。

【主な関連記事】
千葉県習志野母親殺人の事実
取手事件 創価、洗脳の揺籃
嫌がらせ三昧の創価学会員
マツダ連続殺傷事件に創価学会の影
システム化された犯罪の隠蔽
集団ストーカー被害と社会・政治
清水由貴子さん 死の重いメッセージ


Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

本日も数多いネット情報の中から、本ブログにご訪問頂きましてありがとうございます。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
1日1回本ブログへの訪問と主旨にご賛同を頂き、上記ボタンのクリックによるブログランキングのアップへのご支援をお願いしたいと思います。
関連記事

テーマ : 集団ストーカー問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 闇勢力 テクノロジー犯罪 日本解体 習志野 殺人事件

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

抵抗・支援の輪

 集団ストーカーの悪質な罠にたった一人で立ち向かうのは困難です。他の被害者との情報交換や協力・支援なしには、この卑劣極まりないテロ行為に終止符を打つ事は出来ません。これ(集団ストーカー)は「テロ」ですから。一人で戦争をしても勝利は難しいです。そろそろ被害者同士が団結し、彼らの加害行為に対する抵抗組織(レジスタンス)と被害者を支援する支援組織(サポート部隊)を立ち上げる必要があるのではないかと思います。無論、被害者だけでなく、集団ストーカー被害を理解してくれている政治活動家や議員など一般の方々を含めてです。一方的にやられっぱなしでいてるのはどうにも分が悪いです。

 私も被害初期にはパニックに陥りかけた事があり、今思うとすっかり加害者連中の罠にはまりかけていたなと思う事があります。そんな自分を現在に立ち返らせたのは、やはり周囲にいた信頼できる人の協力でした。まず、仕事を取り戻しました。そして彼らに対する一つのメッセージとして地元の議員さんに相談して政党に入党しました(自分が本気である事を加害者連中に示す為です)。その後、保守系の集会やデモに参加し、自らが何者であるかを常に主張し、加害者連中に圧力をかけつつ今に至っています。

3/5は仕事で無理ですが、それ以外の週末に千葉街宣をされる際は是非お声掛けください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

掲載していただいて有難うございました

Kingfisher様

ご掲載頂きありがとうございました。
本来なら被害者の安全のために私が即断をして記事を掲載していただいた方がよかったと後悔しています。

ここで、もう一度精神病院に入院させられることの対処法を申し上げさせていただきます。

まず、集団ストーカー・テクノロジー被害について家族に理解を得ておきます。
そして、いざ入院となったら、家族が入院契約を破棄することによって直ちに退院へと結びつけることができます。

この際、医師や看護師にテクノロジー被害などについて書かれた書籍やホームページを見せるのが効果的でしょう。
どうしても見て見ぬふりをして医療行為を続けるようであれば、家族に依頼して弁護士を介して交渉した方がいいでしょう。

措置入院は、多くの場合県知事の命令などによって行われます。
しかし、家族(保護義務者)の同意も必要であり、家族が入院契約の破棄をしたら入院の継続は法的に不可能となります。

この精神病院への誘導は被害者が予期もしていないタイミングで組織的に行われます。
私も完全に裏をかかれ、ショックがきわめて大きかったのを経験しています。

昨年、同じ被害者同士でこの問題が社会の表に出てきそうなために加害者が攻撃を異常化させているという話をしました。
まだまだ危険な状況におかれた被害者は多く、気を付けなければならないことを示しています。

私としても、できうる限りの行動を行ってまいりたいと思います。
何かございましたらブログにコメントを頂けますと幸いです。私も被害者同士の連携が不可欠と思っております。

Kingfisher様、この場を提供していただいて有難うございました。

Sunameri Bubble

習志野事件孝

自分もこの件に衝撃を受けた一人です。まずKFさんの前回の記事を読む前は、これは取手のバス事件のように、また学会員が仄めかしのために起こした事件であるなと思いました。自分について良くある事なのですが、この事件の前に加害者をナタでぶった切ってやりてー!と頭によぎりました。(実際には24時間多数の工作員により監視されているため恐らく家族以外に対する衝動的な犯罪すら出来ないでしょう。第一、ナタを購入することから始めないといけません。)それの思考盗聴の仄めかしか?と思ってしまいましたが、KFさんの前回の記事を読んで違う事を認識しました。しかしながらこの事件は自分も只の衝動的な事件ではなく、何かしら加害組織、公安の関与がある事の疑いを禁じえません。テクノロジー系か人為的な情報操作か全く分りませんが。今回の記事も自分としても納得する部分が多々あります。これは被害者の中では自分しか思って無いかもしれませんが、田代まさし氏が再逮捕された時、交際相手の荒井千恵子の乗っているBMWのナンバーが33-88(ナンバーのアンカリングを受けているなら一発で集スト車両と疑う)で、自分にとって荒井姓と名前の千恵子は2人の女の加害者の名前の組み合わせで、仄めかしを強く意識させられた事件でした。いつでも何かを隠すためにネームバリューがある田代氏をカードとして持っている事の意味。また、この時起こっていた重大な事件は大阪の検事の証拠捏造でした。(この事件の発生の元となった事件が当時厚生労働省の局長の村木厚子氏の郵便不正事件で、この時、創価学会攻撃の急先鋒の石井一議員の関与が疑われていた。)それを隠す目的かわざわざエイペックの警備で警察がうようよいる場所に車を止めていれば、職質してくださいといっているような物でしょう。前から何か重大な事を隠すため、(最近で言えば海老蔵事件や、相撲の賭博事件等)マスコミがこぞって騒ぎ立てる事件の陰に重要な事件や現象が進行しているのは、一般に認識されつつあると思います。自分なりにこの福島氏の事件の意味を考えると、やはり、ネットを中心に急速に広まりつつある集団ストーカーの実態を加害組織が意図する方向(被害者の否定的イメージのレッテル化等)に誘導する狙いがあると思います。
 長文にて失礼しますが、他にも大小含めるとピンと来る事件が多発しています。特に被害者は裏の意味等に敏感ではないでしょうか。最後に犠牲者のご冥福をお祈りします。そして、この事件、ひいては集団ストーカー全般の真相解明、解決を願ってやみません。
p.s.KFさんを含めた他の被害者の方々のお姿を動画で拝見しまして、非常に感銘を受
けました。ぜひ自分も力になりたいです。

Re: 抵抗・支援の輪

GodWatchYou 様

コメントありがとうございます。

> 集団ストーカーの悪質な罠にたった一人で立ち向かうのは困難です。他の被害者との情報交換や協力・支援なしには、この卑劣極まりないテロ行為に終止符を打つ事は出来ません。

仰る通りです。被害者が孤立し、孤軍奮闘するだけでは解決は望めません。

> そろそろ被害者同士が団結し、彼らの加害行為に対する抵抗組織(レジスタンス)と被害者を支援する支援組織(サポート部隊)を立ち上げる必要があるのではないかと思います。無論、被害者だけでなく、集団ストーカー被害を理解してくれている政治活動家や議員など一般の方々を含めてです。

積極的なご活動により、社会性を取り戻されたとのご報告は非常に参考となります。
社会的な立場を剥奪して行く、この犯罪にあって、その逆境を正の立場に変えて行く行動へのご説明は示唆に富んでいます。社会の全てが自らにネガティブな方向で立ち向かう物ではなく、一歩前に出る事が如何に重要かという事が理解できます。
封じ込まれ、孤立しがちな被害者の行動範囲、活動を如何に広げ、復旧させるかが具体的な姿として、示されて居り非常に大きな励みと成ります。

街宣の件への言及にも感謝します。
ご存知の通り「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」を立ち上げた理由もご指摘の事由によります。現在、順調に街宣活動を展開し、メンバーも増えつつあります。
千葉の街宣は圧巻で、今までの街宣中でも出色の活動でした。
会ネットワークは活動する事を前提としていますので、ポジティブなマインドを持つ被害者の方が集まる場となっています。また、参加していると如何に活動を有効にし、周知の為に何が重要かを考える思考にも変化しますので、個人の成長と社会的な活動としても有効であるとの実感があります。

街宣の折には、是非、お力添えをお願いできればと思います。

Re: 掲載していただいて有難うございました

Sunameri Bubble 様

貴重なご体験とご意見を頂きました事、公開なされるご決心を頂いた事を感謝しています。

ご自身の理不尽な状況の体験は、多かれ少なかれ殆どの被害者の置かれている立場を表しています。
集団ストーカーという犯罪が社会に周知される状況となり、単純な加害行為に付いては通報も比較的容易に可能な状況となりました。
しかし、やはり家族を含む周囲に犯罪の実態が理解されない事による深刻な状況、犠牲は後を絶ちません。その為にも社会に理解し難いこの犯罪に付いての周知と被害者同士の支援体制が必要です。

そして、法整備への活動が活性化させなければ、いつまでもこの悪質な人権侵害行為、違憲状況は改善される事は無いでしょう。
私は街宣や個々の被害者の相互支援、その他の被害者の可能な範囲からの活動によっても社会の基調を変化させる事は可能と考えています。

犯罪被害が問題となる可能性が大きくなりつつある今、意見誘導や状況の隠蔽に対しての圧力は非常に大きなものがあります。
そして、その様な中での福島さんの問題は、やはり、記事に述べた様に被害者と社会にとり、「試金石」に成ると思います。
水面下で動いていますが、ご協力をお願いするかも知れません。

Re: 習志野事件孝

masurao2631様

コメントありがとうございます。

確かに、想像を絶するシステム犯罪に直面した被害者は、最初は愕然とする状況です。
営々として築かれた社会の裏は表の平穏とは全く別の姿を持ち、多くの問題、本質は捏造の上に成り立つ事が理解されました。
ネット上に晒される、情報もその本質を被害者の体験、実際の目にする現状を代弁し得る訳でもありません。
しかし、冷静に考えてみれば、被害者にはそれ程の規模の犯罪シンジケートを構築・維持する為の勢力が日本に存在し、自らの存在、行動に対して、常に実際に接し、実感できる状況こそが本質的な問題です。
要人や非被害者は自らの生命、地位により、この様な状況に付いての発声ができない状況、或いは取り込まれるケースも多いと思います。

被害者はその犯罪渦中、場所に甘んずるのか、前のコメントの様に、一歩乗り出し、自らの体験、被害を社会に訴え、生活を含む環境改善、社会悪を壊滅させる活動をするかの選択を迫られれば、答えは自ずと知れていると思います。

今迄、連携は厳しい状況でしたが、僭越ながら、被害者の場としての「会ネットワーク」という連携、相互支援、周知活動をベースにするインフラを立ち上げています。
比較的自由な形、可能な範囲での活動により、犯罪を社会に知らせ、自らの環境を変える為の場を整備していますので、ご参加を頂ければと思います。

はじめまして

集団ストーカーで検索すると、在日とか遠隔操作とか、警●、ゾロ目ナンバーとか表示されますが、それからするとパ●ンコ店にすべて繋がりませんかね!? you tubeで ‘頭の電磁波を計測’で検索してみてください!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。