スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システム犯罪を訴える会合

4月19日に、都内各所で、先の都知事選候補、たちあがれ日本の政党事務局での頭山氏、チャンネル桜の事務所で重役の方とお会いし、集団ストーカーテクノロジー犯罪についての会合を持った。
この打ち合わせは集団ストーカー被害者の会ネットワークのメンバーである集スト犯罪追放ネット東海のストロbeリーさんと愛知草莽委員会代表との2名からお声掛けを頂き、参加させて頂いたものである。

午前中には、先日行われた都知事選での候補者であった杉田健氏と都内大田区のファミリーレストランで会合を持った。
杉田氏は持論である電磁波問題を磁場の乱れのデータを収集し、説明しようとしている。
今回もレストランのテーブルの上にコンパス9個を並べ、その指針が同方向を示さない状況を示しながら、状況を説明された。
ストロbeリーさんは自らの被害の詳細な説明をし、協力を依頼した。杉田氏はこれまでに、他の被害者を経由して電磁波による犯罪被害についての状況を聞いており、要領を得た主旨の理解を示された。
会合での説明はネットに公開している杉田氏のコメントに沿ったものであるが、今回はその内容を確認し、集団ストーカー被害者の会ネットワークでも可能な限り協力する旨を伝えた。会合での説明、合意の要旨は以下通りである。

・ ひとつの測定場所で、コンパスの指針が一定の方向を磁束密度の方向で向かない磁場の乱れが生じている
・ その磁場の乱れが示すように、人体に甚大な影響を与える磁力線が存在する
集団ストーカー犯罪に、電磁波の影響が存在している可能性があるが、犯罪と問題を切り分け、それぞれを解明の基に対処する必要がある
・ 欧米に比較し、国内の電磁波に関する法律の制定が意図的に遅らされている現実がある
・ データ、情報を集積する必要がある
・ 法律の制定には周知活動が必要である
・ 広く協力体制を作るべきである
・ ネットメディアを通じメッセージを発する
・ お互いに情報を共有し、協力体制を作る

我々、集団ストーカー被害者の会ネットワークとも情報交換と法整備の為の活動の協力関係を持ちたいとのご意向を頂いた。

2番目の会合として、赤坂のたちあがれ日本の事務局で、頭山晋太郎氏に話を聞いて頂いた。生憎、平沼代表は選挙活動の為に不在だったが、集団ストーカーテクノロジー犯罪の状況についての説明をさせて頂き、今後の動きである請願書提出についての件を、平沼代表に伝えて頂く様にお願いした。

3番目の会合では再度、杉田氏を交えて、チャンネル桜の重役の方と話す機会を持った。
そして、メディア業界ではこの犯罪被害は認知されていると説明され、以前、チャンネル桜でも放送の企画を考えたが、証拠、証言性の問題から放送には至らなかった事の説明を受けた。
今回の会合でもその現実的な説明の根拠が必要との理由から、やはり報道企画には時間が必要との姿勢を堅持されていた。

本日はそれぞれの会合で犯罪被害を訴え、会ネットワークの話もさせて頂く機会を得たが、HPのコピーを手渡しての説明、特にチャンネル桜での説明に対して、新たな組織体、機構としての活動としての有効性を認識できた。
やはり、巨大な組織的な犯罪システムの実被害を訴える場合において、社会ではその立場を明確にし、被害者としての組織的で、合理的な動きの重要性を実感した。

今回は、日頃Skypeで話す名古屋のメンバーに遠路お出で頂き、会合を持てたことも非常に大きな意義を持つ。最後にお二方と食事をしながら、今後の共闘の絆を深め、コンファレンス等の具体的な活動の場を持つ計画を実現したいとの意向を確認した。
この日の会合、機会は大きな収穫となり、今後の活動への大きなステップとなった。

DSCN4116a.jpgDSCN4117a.jpg
110420_tachiagare__mod.jpg

【連絡】
集団ストーカー被害者の会・千葉では4月30日(土)に錦糸町で街宣&懇親会を開催を予定しています。詳細は以下のサイトをご覧下さい。

集団ストーカー被害者の会・千葉

【主な関連記事】
マツダ無差別殺傷事件「集団ストーカー行為」について
「熊本の騒音おばさん」報道と情報操作
千葉県習志野母親殺人の事実
取手事件 創価、洗脳の揺籃
嫌がらせ三昧の創価学会員
マツダ連続殺傷事件に創価学会の影
システム化された犯罪の隠蔽
集団ストーカー被害と社会・政治
清水由貴子さん 死の重いメッセージ


Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

本日も数多いネット情報の中から、本ブログにご訪問頂きましてありがとうございます。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
1日1回本ブログへの訪問と主旨にご賛同を頂き、上記ボタンのクリックによるブログランキングのアップへのご支援をお願いしたいと思います。
関連記事

テーマ : 集団ストーカー問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー ガスライティング テクノロジー犯罪 磁場 電磁波規制 政治 法案 報道 集団ストーカー被害者の会ネットワーク

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

すごい進展ですね

Kingfisher様

記事を見たときに驚きました。
これほどまで被害者にとっての朗報は近日ありませんでした。

東京都知事候補者杉田氏の件につきましても
このように協力体制を作っていただいて有難うございます。

また、政治団体やマスコミへのアプローチからも
この問題の受け入れ態勢ができつつある状況がうかがえます。もう少しですね^^

Kingfisher様の行動には被害者として感謝の念を禁じえません。
お体にはご自愛くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

Sunameri Bubble

大きな前進です。

KF様、こんばんは。

ネットワークの皆様の街宣や福島氏とのコンタクト等の活動に、いち被害者の立場としていつも勇気づけられるだけでなく、その素晴らしい行動力にも感銘を受けます。
先にコメントされた方がおっしゃる通り、今回のアクションも非常に大きな意義を持つものだと思います。

杉田武氏の政見放送は拝見しました。
私は通信技術や脳科学の知識は全くと言ってよい程ありませんが、生体情報の送受信技術に関して電磁波が関係しているのでは?という指摘が以前からあるのは知っており、演説内容には興味を持ちました。
杉田氏は「地下に電磁波関連の装置がある」と述べておられましたね。
私達には装置・設備の類の位置を特定する事は出来ませんが、被害状況に関する情報は各々が蓄積・共有しています。
このような会合による、仮説と被害状況(リサーチ)との擦り合わせは、犯行手法の実態を今以上に浮き彫りに出来る可能性があると感じます。

又、たちあがれ日本事務局、チャンネル桜へのコンタクトも重要なアクションだと思います。

この犯罪の規模の大きさと一般社会への影響を考えた場合、最終的解決のひとつの雛型として連想したのは、エイズ・肝炎等の薬害事件に対する一連の活動です。
警察の数度にわたる不可解な対応を、身を持って感じた自身の経験からすれば、この犯罪の横行にはカルトだけでなく公的機関も大きく関係しているのは明らかです。
製薬会社と厚労省の癒着・不正と戦った薬害訴訟にヒントを求めるならば、プロセスとしてまずは実態の暴露、次に政治の場において救済・告発の為に必要となる法整備が必要となるのでしょう。
であるならば、しがらみを恐れず真実を報道できるメディアと、信頼のおける政党・代議士・弁護士の力をお借りする事が必要となって来るのは当然の流れだと思うのです。

米国では今年の2月28日と3月1日に、大統領諮問委員会においてテクノロジー犯罪が議題となり、現地被害者の方々が証言をした模様です。

他の被害告発ブログにコメントさせて頂いた際に、海外の元締めに当たる組織について管理人の方から詳しいご返答をいただきました。
「元締め」は我々の想像を超える歴史・規模、そして世界的影響力を誇示するシンジケートのようですね。
米国ではTVニュースにも集ストの話題が取り上げられていますし、前述の諮問委員会の話も含め情報公開へ向けたソフトランディングが始まっているような印象もありますが、
かの地だけでなく我が国においても、もはや隠し通すことが不可能になりつつあるこの犯罪を、一体「元締め」はどう誤魔化し通すつもりなのでしょうか…。
それを突き崩していくのは、こうした草の根の活動に違いありません。

本当にありがとうございます。

ご苦労様でした・・

当日はご苦労様でした。

杉田さんよりお預かりした、日常生活上に飛び交う電磁波確認の実験に使う磁石を用いて、世間に知らせたいと思います。

このハイテク被害と、大阪でのローテク被害、並びに、公僕のヘタレに鞭打つ活動に連携性を持ち情報の交流がスムーズになる様にして行きたいとも思います。

MLメッセージの件、宜しくお願いします。

Re: すごい進展ですね

SB 様

今回お会いした方々だけに付いて感じた訳では無く、多方面での社会の歪を是正する動きを求める人達が、大きな問題のキーとして、根源的な社会の問題とリンクしての集団ストーカー犯罪への言及、追求の姿勢を一斉に吹き出して行くと考えています。
当然、その様な情報や方向性を捻じ曲げ、別方向にベクトルを向けようとする力も発生すると思います。
今迄、異常な力で押し通された集団ストーカー犯罪、テクノロジー犯罪についての情報や犯罪の現実は至る所で発覚しており、正しい訴えの行き場を待っているような状態だ思います。
被害者は今までの抑圧されて来た分も含め、社会の指標となるべく、行動すべきです。

しかし、注意すべきは加害と加害の派生項目、全く別のものである項目をそれぞれが検証し、自制を持って、訴えて行く事が重要だと思います。
また、現在の法でも対応可能なものは有ると思いますので、それらも有効に活用すべきとも思います。
可能な武器を使い失地を回復する努力が、地道に求められると思います。
コメント有難うございます。


KF

Re: 大きな前進です。

Brill 様

いつも丁重なコメント有難うございます。

草の根レベルの地道な行動が重要だと思います。
結局、加害側が仕組んでいる遠大な犯罪システムも一つ一つは些細な事であり、その連続、被害者の心身の情k表が大きくその状況を左右しています。
一人で、孤立させられ、恣意的な現象、刺激を与えられ続ければ、如何に健全な人でも影響を受けます。
現在、非常に多くの人間がこの犯罪行為の対象となっています。
インフラ部分として、社会を変質させ様々な制度の歪を社会に作りこんでいる状況がこの犯罪、犯罪シンジケートの構築、維持に寄与しています。
それを知り、告発できる人間は極僅かしか居ないと思います。集スト・テク犯被害者はその僅かな希望の糧です。
従って、社会に影響を与える事が可能な人達が何らかの行動を起こす事無しに、より大きな罠を回避する術は有りません。

あらゆる被害者の方は、自らは小さな存在と思ってはならないと思います。
社会を変えてゆくのは常に見の回りからの行動です。一連に発生する犯罪行為、一つの事象でも発覚すれば、社会は逆転します。

「ソフトランディング」は始まっている思いますが、それで良い物かを考える必要があります。
それが好ましい結果になるか否かは被害者個人個人の考え方、行動に関わります。

多くの方の力の結集を図るべく行動していますが、是非、お力を拝借したいと思います。


KF

Re: ご苦労様でした・・

草莽愛知 様

遠路遥々起こし頂き、また会議にお誘い頂き、有難うございました。

「情報の交流をスムーズに」は仰るとおりです。
是非、情報の交換を十分にして行きたいものです。

今後も協力可能な事が有りましたら、お知らせ下さいます様お願いします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。