スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団ストーカー犯罪の勉強会

東京で12月4日には新宿、12月15日には新橋と街宣を立て続けに開催しました。
そこでは街宣には参加できないギャラリー希望や遠巻きに街宣を見守る被害者の方々も多く来られていました。
メールでもoff会や勉強会の開催を望む声が大きく、早急に相談や対処をしたいとのお話を頂いています。
そして、日頃、ブログや会ネットワークに対しての問い合わせは頻度が高く、早急な情報の共有、対処が必要な被害者の方が最近多く観られる様になりました。

そこで、急遽会ネットワークの参加メンバーが数人集まり、以下の要領での勉強会・相談会を東京渋谷で催す企画をしました。

日常的に創価学会員等からの組織的嫌がらせ、集団ストーカーテクノロジー犯罪に悩まされる方々のご参加をお願いしたいと思います。
ご意見、情報の拡散も頂ければ助かります。

会合:「集団ストーカーテクノロジー犯罪勉強会」
日時: 12月23日(金) 14:00~16:00
場所: CafeMiyama渋谷東口駅前店マイスペース 一号室
参加費: 1000円(飲み物代を含む)

今回は初回という事もあり、特にテーマを設けず、ご参加頂いた方々のご相談を中心にした話題をディスカッションできるような形にしたいと思います。
予約の会議室スペースに限りがありますので、参加の方は事前に問い合わせを頂きたいと思います。

【連絡】
集団ストーカー被害者の会ネットワークでは以下の街宣を予定しています。
詳細は追記させて頂きます。

・2011年12月28日 東京上野駅周辺街宣
集合場所は上野中央改札からアメ屋横丁に向かう信号の手前です。当日、ご参加の方はのぼり旗を目印に集合願います。

集合時間:12:00
街宣後には忘年会を行います。

・2012年1月7日 東京新宿街宣



Banner21

本日も数多いネット情報の中から、本ブログにご訪問頂きましてありがとうございます。
集団ストーカーテクノロジー犯罪の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
1日1回本ブログへの訪問と主旨にご賛同を頂き、上記ボタンのクリックによるブログランキングのアップへのご支援をお願いしたいと思います。
関連記事

テーマ : 集団ストーカー問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー ガスライティング テクノロジー犯罪 創価学会

コメントの投稿

非公開コメント

アメリカ、カナダにおける、反ギャングストーキング活動の宣伝スピーチ

アメリカ、カナダにおける、反ギャングストーキング活動の宣伝スピーチ

http://www.google.co.jp/gwt/x?wsc=tb&wsi=eec1176948e2beac&source=m&u=http%3A%2F%2Fantigangstalking.join-us.jp/doc/2005_12_15_GangStalkingReport07_EleanorWhite_MultipleStalkingRecordedSpiel_JapaneseVersion.pdf&ei=XDTYTsC4N-zumAW1sKGLAQ&ct=pg1&whp=30
Page 1

©2005 Takahiro Tozaki. All Rights Reserved. Page 1/7

An AntiGangStalking Activity Site(AGSAS)

ガスライティング犯罪:海外事情
~ アメリカ、カナダにおける、反ギャングストーキング活動の宣伝スピーチ~

Gang Stalking Report: Multiple Stalking Recorded Spiel, Japanese version, as of December
15 th , 2005 2005年12月15日翻訳(改版:2007年5月25日)

【 はじめに 】

今回は、カナダにおいて反ギャングストーキング活動を行っていらっしゃいます、エレノア・ホワイトさんのお

書きになった原稿の、日本語訳をお送りします。こちらの原稿は、ギャングストーキングの現状を、一般の方々に

理解していただくための放送原稿であり、これを録音し、英語圏のギャングストーキング被害者の方々の集まりな

どで放送する目的で使用されています。この原稿を翻訳した目的は、アメリカ・カナダにおけるギャングストーキ

ングの現状が、日本におけるガスライティング犯罪ネットワークの現状と酷似しているため、この放送原稿が、日

本におけるガスライティング犯罪ネットワークの仕組みを明るみに出すことに貢献できる文章であると判断したた

めです。

尚、原文のアドレスは、< http://www.multistalkervictims.org/msspiel.htm >になります。

翻訳におきましては、原文中の “Gang Stalking” や ”Terrorist Stalking” を「ギャングストーキング」と訳し

ています。

それでは、エレノア・ホワイトさんによる、反ギャングストーキング宣伝活動スピーチの日本語訳です。

【 アメリカ、カナダにおける、反ギャングストーキング活動の宣伝スピーチ 】
ギャングストーキングの近代的な原型は、KKK(クー・クラックス・クラン:KU KLUX KLAN)によって作ら
れました。そして数世紀にわたって、自分たちには、自分たちのルールを他の人々に押し付ける権利がある、と信
じてやまない数々のグループによって、その完成度を増してきました。ギャングストーキングは、ターゲットとな
った人物の周囲から見た場合には、日常生活における単なる「偶然の不幸」の数々ですが、ターゲットとなった人
物の人生を完全に破壊することの出来る、非常に巧妙に仕組まれた、嫌がらせ手法の1セットへと発展したのです。

「偶然の不幸」が1日のうちに何度も起こるようになり、それが毎日続くようになった日常生活がどのようなも
のか、ターゲットとなった人物を知っている人でさえ、想像することはできません。彼らはそこに付け入ってくる
のです。

有名な犯罪者、政府諜報機関のメンバー、犯罪組織メンバー、有名な人物などといった、「重要な人物」ならま
だしも、そうではない人物に対して、長年にわたり、一生にわたり、嫌がらせを延々と続ける人々がいることなど、
ギャングストーキングのターゲットとなった人物の周囲の人たちは、信じることが出来ません。明らかな理由も無
く、普通の人が、24時間体制の犯罪・嫌がらせのターゲットになることなど、普通の市民の皆様であれば理解でき
ないでしょう。

しかし、ギャングストーキングを行う理由が理解できないと言うことが、ギャングストーキングは起こっていな
い、と言うことを意味するのではありません。ギャングストーキングの調査を行ったデイビッド・ローソン氏は、

2001年の著書である「アメリカにおけるギャングストーキング」において、アメリカ、カナダにおける、高度に組

織化されたギャングストーキングの潜入調査結果をまとめています。ローソン氏の著書は、この冷酷な犯罪を明る

みに出した、今世紀初の本になります。

ローソン氏の著書「アメリカにおけるギャングストーキング」では、ギャングストーキングの実行団体を、「過

激派グループ」と呼んでいます。今日のギャングストーキング被害者の集まりである我々は、この「過激派グルー

プ」と呼ばれる人々が、時に、普通の、礼儀正しい市民に見える人々であり、そういった人々がこの冷酷な犯罪に

加担していると言う事実を目の当たりにしています。

ローソン氏の著書「アメリカにおけるギャングストーキング」では、この過激な人々が、どんなことでも平気で

Page 2

アメリカ、カナダにおける、反ギャングストーキング活動の宣伝スピーチ ©2005 Takahiro Tozaki. All Rights Reserved. Page 2/7

している、公務員を装うことまでしている、ということを指摘しています。

デイビッド・ローソン氏は、ギャングストーキング加担者たち、被害者たち、それから、多くの警察官にインタ

ビューを行っています。ここに、ローソン氏が警察官にインタビューした部分を引用いたします。

『私は、国中の警察官にインタビューを行ってきました。彼らは、国中にストーカーグループの存在することを

認めています。しかし彼らは、ギャングストーキングは基本的に民事の問題だから、被害者が経済的な損害を証明

しなければだめだ、と言います。それから警察官達は、言論の自由の問題と市民活動の権利の問題があるから、と

言います(私は聞きたい、言論の自由が、冷酷非道な嫌がらせを黙認する言い訳になるのか、と)』

ローソン氏は続けます。

『実のところ、彼ら警察官自身も、ギャングストーキングのターゲットになることがあるのです。小さな町では、

ギャングストーキングを実行するグループの人数のほうが、警察官の人数よりも多いことが多々あるからです。基

本的に、警察官は、ギャングストーキングを公に認めようとはしません。ある警察官の方は、これから嵐が吹き荒

れる、ギャングストーキング実行グループはとにかく増殖している、と言っていました』

ローソン氏は、彼がどのようにしてギャングストーキング実行グループと接触を持つようになったかを、こう説

明しています。

『数年前のある日、私は家の中で座りながら、通信走査装置(訳注:スキャナー。周波数を変えながら通信を傍

受できる)を使っていました。その時、ある女性が、ある特定の車を追跡している、と言っているのを聞きました。

彼女は、その車の居場所、その車のメーカー、モデルと車両ナンバーを告げていました。数日後、同じ女性が、同

じ周波数で、場所を告げながら、少し助けが必要だ、と言っていました。更に数日後、また同じ女性が、彼女が追

っているという別の車の詳細を告げていました。その周波数で別の人々が話しているのを聞いていると、政府機関

とは全く関係のなさそうな人々が、人を「逮捕する」話をしていたのです』

著書「アメリカにおけるギャングストーキング」の中でローソン氏は、それらのギャングストーキング実行グル

ープを調査する事になったきっかけを説明しています。

『そのグループの人々は、彼等の活動時間の後、晩御飯に出かける話をしていました。そこで、私もそこに出か

けてみました。すると彼らは、あけっぴろげに、まるで自分たちが警察官であるかのような、数々の活動の議論を

していたのです』

『本物の警察官達もそこに同席し、彼等の話を聞いていました。後で知ったことですが、警察官が同席していた

ことは偶然ではなかったのです』

ローソン氏は、ニューヨーク、フロリダ、カナダに移り住んだ数年間に、ギャングストーキング実行グループの

活動を観察しました。ローソン氏は、ギャングストーキンググループの通信を傍受し、彼等のミーティングに出席

し、さらには、彼等の実行する調査や嫌がらせの任務に、彼らと一緒に出かけてみたのです。

ローソン氏は、彼らがギャングストーキングを実行する理由を、「主義・主張によるストーキング」と定義して

います。「主義・主張によるストーキング」とは、ギャングストーキング実行グループが、過去の隠されたリーダ

ーの下に組織され、特定の「主義・主張」のために活動していると言うことです。しかしその実態は以下のような

ものだと言います。

『グループのそれぞれのメンバーは、知恵遅れや、精神を病んでいる人々、自分たちが秘密諜報員であると勘違

いしているような人々です』

そして、

『「主義・主張によるストーキング」は、1990年代初頭から、過激派グループによって利用されています。基本

となるシステムは、KKKによって開発されたといわれており、長年の実行によって巧妙になってきています』

さらに、ローソン氏はこう書いています。

Page 3

アメリカ、カナダにおける、反ギャングストーキング活動の宣伝スピーチ ©2005 Takahiro Tozaki. All Rights Reserved. Page 3/7

『ギャングストーキンググループのメンバー達は、ターゲットとなった人物が、彼等の抱えている問題の原因で

あると教え込まれています。彼等の人生が失敗している理由が、ターゲットとなった人物のせいにされているので

す』

そして、典型的なギャングストーキングメンバーの勧誘(リクルーティング)方法について、こう記しています。

『ギャングストーキング実行グループのメンバー勧誘は、職業階層として底を支えているブルーカラーワーカー

(肉体労働者)に対して行われます。あらゆるドアの鍵を開けられる、ビルやホテルの門番や玄関番、通常は立ち

入り禁止の場所に出入りできる警備員、仕事をしながらターゲットとなった人物を一日中車などで追いまわせる、

特定の職種の市局員等がこれに当たります』

『ギャングストーキング実行グループのメンバーには、常に路上に存在するタクシードライバーも含まれます。

さらには、通信、電気会社関係の従業員も含まれ、彼らは彼等のサービスを使ってターゲットとなった人物の生活

妨害ができますし、仕事をしながら、他のメンバーとのパトロールに時間を割くこともできます』

ここで一つ指摘したいのですが、それは、ギャングストーキング実行グループのメンバーがそのグループに属し

ている主たる理由が、彼等の自尊心の低さにある、という点をローソン氏が記していることです。ギャングストー

キング実行グループのメンバーは、職場でうだつが上がらず、社会的にも恵まれない人々が多いということです。

一方で、メンバーの中には、社会的にはうまくやっており、その職種でしかできない工作に魅力を感じている人々

も存在します。この良い例が、電話やケーブル会社の社員で、彼等の選んだ人物の重要な会話を盗聴したり、邪魔

したりすることの出来る人々です。

ここで、ローソン氏が直接、ギャングストーキング実行グループのメンバー自身から聞いた台詞をご紹介します。

『俺たちは、警察みたいなもんさ。警察よりも偉いけどね』

『私たちは、警察を助けてる市民団体よ。そいつ(ターゲットとなった人物のこと)が、過去にやってきたこと

を、この町でしでかさないようにしているのよ』

(実際のギャングストーキング被害者には、過去に社会的な問題を起した人はいません。ギャングストーキング実

行グループのリーダーは、こういった嘘によって、グループに動機を与えているのです)

『奴ら(ターゲットとなった人物のこと)がなにをしていようが関係ないさ。俺たちから逃れることは出来ない

んだからね』

ギャングストーキング実行グループのメンバーは、自分たちのことをこう言います。

『俺たちが何者かって?あんたが病気になったら、救急車であんたを病院まで運ぶのは俺たちさ。あんたの家が

火事になったら、消防車で駆けつけて火を消し止めてやるのは、俺たちさ。俺たちは警備員さ。あんたのことを夜

通し守ってやってるんだぞ。俺たちのおかげで、あんたは電気が使えて、電話がかけられて、ネットワークが使え

るのさ。俺たちは門番さ。鍵を持ってるんだぜ。あんまり俺たちに面倒かけないほうがいいんじゃないか?』

「アメリカにおけるギャングストーキング」でローソン氏は、その著書の何箇所かで言及されているように、ギ

ャングストーキング実行グループの活動の拠り所となっている、「主義」や「主張」は、グループを結束させるた

めの単なる「言い訳」にしか過ぎないという結論を導き出しています。彼らがギャングストーキング実行グループ

に属する本当の動機は、そのグループから与えられる「力」に対する依存意識なのです。

「主義」や「主張」があると言うことは、メンバーの活力や正当性を増大させますが、ローソン氏によれば、ギ

ャングストーキング実行グループのメンバーである人々は、彼等の活動を他のメンバーが評価してくれるか、グル

ープが彼らを受け入れてくれるかどうか、ということを最も気にしているとのことです。

ギャングストーキング実行グループが結成されると、そのグループは、リーダーによって運営がなされます。「ア

メリカにおけるギャングストーキング」では、リーダーという役割について、こう書かれています。

Page 4

アメリカ、カナダにおける、反ギャングストーキング活動の宣伝スピーチ ©2005 Takahiro Tozaki. All Rights Reserved. Page 4/7

『リーダーがどういった経歴を持っているのかについては、ほとんどの場合、他のメンバーには秘密にされてい

ます。リーダー達は、「誰も知らない場所」からやってきた人々なのです。そして、リーダー達の真の人物像につ

いては、情報が得られないことが多いのです。このことは、リーダを、そのグループの中で、実際の人物よりも大

物として見えるよう、仕向ける基本となっているのです』

ギャングストーキング実行グループの資金源はどうなっているのでしょうか?ローソン氏は、メンバーに支払わ

れる報酬は少ない、と言っていますが、多くのギャングストーキング被害者の証言から考えますと、彼等の行って

いる嫌がらせのためには、実に多額の資金が必要であることがわかります。例えば、こういった場合です。

『ギャングストーキング実行部隊の資金源は豊富にある。ターゲットとなった人物の住居付近の建物を借り上げ

ることもできる。ターゲットが国中を旅行すれば、どこに言っても加担者たちに付回される。ターゲットが飛行機

に乗れば、どこに到着しようが、ギャングストーキング実行グループのメンバーに出会うことになる。ギャングス

トーキング実行グループのメンバーが、ターゲットの旅行プランを知っていれば、おそらく知っている事が多いと

思うが、彼らはターゲットの乗る飛行機に同乗してくる』

ローソン氏は、ギャングストーキング実行グループの資金源についても調査を行いました。

『ギャングストーキングの実行においては、「企業」がその資金を提供し、企業に敵対する人物や、邪魔になる

と考えられる人物に対してストーキング行為を行わせている、という事実があります。ギャングストーキング実行

グループは、それらの企業にとって、「非公式の軍隊」なのです。国によっては、反体制者を抹殺していますし、

国によっては、反体制者は投獄されています。アメリカ合衆国においては、企業や業界の脅威になるような人物、

例えば、告発者や活動家など、そういった人たちが「非公式の軍隊」のターゲットになるようです』

ここで一つコメントさせていただきます。ギャングストーキング実行グループのリーダーの資金源に関しまして

は、おそらく、違法薬物販売による利益も絡んでいます。

ローソン氏は、その著書「アメリカにおけるギャングストーキング」の中で、ギャングストーキング実行グルー

プは、リーダーによって指定されたターゲットに対する嫌がらせを行うだけでなく、「復習サービス」等として活

動し、資金を持つ人々に雇われる場合もある、と何度か指摘しています。

次に、ローソン氏の調査した、ギャングストーキング実行グループの典型的な活動を見てみます。

『ギャングストーキング実行グループの主な特徴として、大規模な人数のグループであることが挙げられます。

ターゲットとなった人物は常に付回されますが、多くの場合、同一人物による付回しではなく、違う人々が現れま

す』

『ギャングストーキング実行グループの多くは、数百人規模のメンバーから構成されるグループです』

『ギャングストーキングを、テロリストによるストーキングと表現する方々がいらっしゃいます。彼等のストー

キングは、個々のメンバーによってばらばらに行われるのではありません。彼らは、住居侵入、所有物に対する損

害、暴行、時には抹殺まで、組織的かつ計画的な手段を実行します。ターゲットとなった人物の子供に対する嫌が

らせは、ターゲットに精神的プレッシャーを与える方法として利用されます』

『国中の消防士、警察組織までもが、長い歴史の中で、ギャングストーキング実行グループを支援してきました。

警告灯を光らせ、サイレンを唸らせながら走り回る消防車の一団が、ギャングストーキンググループの車列に見受

けられます。そのグループの人々は、そういった車列が町に入ってくるとエンジン音で挨拶をします。消防士、公

務員、公共団体職員の参加は、グループの人々に、正当性と権力という幻想を与えることができます』

この放送では、アメリカとカナダにおける、ギャングストーキング実行グループの日々の活動について、デイビ

ッド・ローソン著の「アメリカにおけるギャングストーキング」より、引用をおこなっております。

『ギャングストーキング実行グループは、時に、彼らにとって都合の良いターゲットを選定することがあります。

こういった場合には、ターゲットとなる人物に選定される特別な理由は無く、彼らは単にターゲットとして都合の

良い人物を選んでいるのです。この場合のターゲットに選定される人々は、その人の周囲の友人や家族と常に関係

を持っている人々よりも、一匹狼タイプ、つまり、ギャングストーキング行為に無防備である人々が選ばれるので

Page 5

アメリカ、カナダにおける、反ギャングストーキング活動の宣伝スピーチ ©2005 Takahiro Tozaki. All Rights Reserved. Page 5/7

す』

『ギャングストーキング実行グループは、ターゲットとなった人物に関する噂を広げるための、広報人脈を持っ

ています。ギャングストーキング実行グループの集まりの中に、地方テレビ局やラジオ局の車両が参加しているこ

とは、珍しいことではありません』

『ギャングストーキング実行グループは、その活動拠点を固めるために、ターゲットとなった人物の近隣住民の

協力を得ようとします。多くの地域では、彼らは近隣住民の協力を、脅迫によって得ることができます。協力を拒

否した住民は、彼等の嫌がらせのターゲットとなり、反対した住民の家族までもが嫌がらせを受け、その住民の家

や車に対する嫌がらせも行われます』

この放送では、アメリカとカナダにおける、ギャングストーキング実行グループの日々の活動について、デイビ

ッド・ローソン著の「アメリカにおけるギャングストーキング」より、引用をおこなっております。

『ギャングストーキング実行グループは、協力者を取り込む際に、愛国心のアピールを行ったり、覚せい剤、友

情、住宅の修復工事、タクシー代など、様々なものの提供をしたりします。いくつかのケースでは、ターゲットと

なった人物の家の鍵さえ提供します』

『ターゲットとなった人物への監視は、24時間体制で毎日実施されます。ターゲットとなった人物が外出する際

には、携帯電話や商用ラジオなどで、グループメンバーに通知が行われます。その近辺をパトロールし、警察官を

見張っているようなメンバーや、その近辺で車に乗っているメンバーは、その場所に急行し、ターゲットの追跡活

動を始めます』

『商用ラジオが幅広く利用されている小さな町では、ギャングストーキング活動が、その町にあるグループの娯

楽になっています。ギャングストーキンググループの使用している電波を受信できる人であれば、誰もが参加でき

る娯楽なのです』

『ギャングストーキング被害者の中には、朝起きて、部屋の明かりをつけたと同時に、商用ラジオからアナウン

スされた、という人々もいます』

これは、別の言い方をすれば、夜間シフトのメンバーによって夜通し監視されていた、ということになります。

この放送では、アメリカとカナダにおける、ギャングストーキング実行グループの日々の活動について、デイビ

ッド・ローソン著の「アメリカにおけるギャングストーキング」より、引用をおこなっております。

『典型的な集合住宅の場合、ギャングストーキング実行グループのメンバーは、ターゲットとなった人物の部屋

の真上の部屋、真下の部屋、及び両サイドの部屋を借りたり、又貸ししてもらったり、入室をさせてもらったり、

と言うことを試みます。また、彼らは、ターゲットの車も、監視の対象にします。彼らがターゲットの住居の周り

の部屋を包囲すると、たいていの場合、ターゲットの行動に応じて、騒音が聞こえるようになります。例えば、タ

ーゲットがトイレを流すタイミングで、車のクラクションが聞こえたり、電動工具の音や、釘を打ち付けるような

音が聞こえたりします』

『ギャングストーキング実行グループのメンバーは通常、私たちは警察に協力している市民グループであり、特

定の人物の動向を把握しようとしているだけだと言い、適当な理由をでっち上げます。彼らは、まるで警察の調書

ファイルのような、ターゲットとなった人物の写真入りファイルを持っており、こういった幻想に拍車をかけてい

ます』

『通常、ターゲットとなった人物が一人でいるときで無ければ、あからさまな嫌がらせは行われません。ターゲ

ットが第三者と一緒の場合、ギャングストーキング実行グループのメンバーは、ターゲットの周囲を取り囲んでは

いますが、その存在をアピールしてはきません。ギャングストーキング実行グループのメンバーに、それほど酷い

ことをされたことはないと言う被害者の方も多いですが、そういった被害者の方の場合は、被害者が完全に一人で

いることが少ないためです』

『ギャングストーキングのターゲットとなった人々の中には、組織的に嫌がらせをされていることに気づいてい

ない人々もいます。こういった人々は、単に、失礼な人間が多い世の中になった、と思っています。あからさまな

Page 6

アメリカ、カナダにおける、反ギャングストーキング活動の宣伝スピーチ ©2005 Takahiro Tozaki. All Rights Reserved. Page 6/7

嫌がらせを経験していないターゲットの場合でも、家宅侵入、小物が盗まれる、家の中、車の中や職場が荒らされ

るなどの、別のタイプの嫌がらせを受けていることがあります』

『あからさまな嫌がらせは、目撃者のいないところで行われます。その目的は、ターゲットとなった人物を、家

族や友人から引き離すことにあります。ターゲットとなった人物は、自分の周囲で起こっているあからさまな嫌が

らせの数々を、家族や友人に話すでしょう。しかし家族や友人でさえ理解することが出来ないような嫌がらせです

から、家族や友人は、ターゲットとなった人物がおかしくなってしまったのではないか、と思うようになります』

この放送では、アメリカとカナダにおける、ギャングストーキング実行グループの日々の活動について、デイビ

ッド・ローソン著の「アメリカにおけるギャングストーキング」より、引用をおこなっております。

『ギャングストーキング実行グループのメンバーは、ギャングストーキングターゲットとなった人物が何処に行

こうとも、徒歩による付回しを行います。公共の場所であれば何処にでも現れますし、病院や職場など、公共の場

所でなくとも、その場所に侵入しようとします』

これに関する事実として、ギャングストーキング実行グループが、ターゲットとなった人物の同僚を協力者に仕

立て上げることが多くあり、ターゲットに対する嫌がらせは、職場においても継続されています。

『ギャングストーキング実行グループのメンバーは、ターゲットとなった人物の持っている、職場における人間

関係、私的な人間関係、あらゆる人間関係を壊しにかかります。多くの場合、匿名の人物がターゲットに関する風

評操作を行い、ターゲットとなった人物の、社会的人物像の破壊が工作されますが、ターゲットをよく知る人たち

には、あまり真剣に受け止められません。この工作は、ターゲットのことを深く知らない人々には有効です』

良く利用される風評操作として、小児愛者(ロリコン)であるとか、売春婦であるとか、麻薬の売人であるとい

った、言いがかりがあります。

『仕事関係でも、ターゲットの社会的人物像破壊工作は行われます。ターゲットの仕事が、お客様に接する仕事

であれば、お客様達から、ターゲットに対する非難の嵐が吹き荒れます。ターゲットが不動産業者であれば、有望

な不動産情報が多数舞い込み、時間を浪費させられた挙句に、誰も契約をしない、ということが起こります』

この放送では、アメリカとカナダにおける、ギャングストーキング実行グループの日々の活動について、デイビ

ッド・ローソン著の「アメリカにおけるギャングストーキング」より、引用をおこなっております。

『よくあるギャングストーキングの手口に、ノイズキャンペーン(音による威嚇)があります。ギャングストー

キング実行グループのメンバーは、ターゲットとなった人物の住居前、仕事場の前で、車のクラクションを鳴らし、

タイヤのスキール音を鳴らすなど、ありとあらゆる騒音を発生させます』

『また、ギャングストーキング実行グループのメンバーは、ターゲットとなった人物の居場所の周囲の建物に侵

入し、騒音を立て始めます。多くの場合、ターゲットが家の外に出た際や、窓を開けたときに騒音が聞こえるよう

になります』

『ギャングストーキング実行グループのメンバーは、様々な、妙な理由を考え出し、ターゲットとなった人物の

部屋のドアを頻繁にノックします』

『集合住宅の場合、ターゲットとなった人物の部屋では、真夜中に、真上の部屋や、真下の部屋、そしておそら

く両隣の部屋から、壁を叩く音、水の流れる音、トンカチで叩く音等が聞こえるようになります。ギャングストー

キング実行グループのメンバーは、その行為が非難されるまで、彼等の「仕事」をこなし続けます』

『車に関係した手口としては、例えば、ターゲットの車が駐車場から出られないようにブロックする、ターゲッ

トの運転中に、周囲を低速走行の車に囲まれる、等があります。』

ギャングストーキング実行グループのメンバーが、除雪作業の請負業者と結託し、ターゲットの家と仕事場の目

の前でで、慢性的な除雪問題を作り出し、ターゲットが悩まされることもあります。

『ギャングストーキング実行グループのメンバーが決まって行うのは、ターゲットとなった人物の車を監視し、

Page 7

アメリカ、カナダにおける、反ギャングストーキング活動の宣伝スピーチ ©2005 Takahiro Tozaki. All Rights Reserved. Page 7/7

その車のタイヤを傷つけたり、塗装を傷つけたり、ナンバープレートを盗んだり、といった工作です。通常、彼ら

は、ブレーキホースを切ったりするなどの、致命的な破壊工作は行いません。ただ、期間をかけてエンジンオイル

を少しずつ抜いたり、不凍液を抜いたりはします』

『集合住宅の場合、何者かが集合住宅内の部屋間を移動し、上の階や下の階から、ターゲットとなった人物の移

動に伴って騒音を立てることは珍しくありません。』

これを行うためには、空港の保安用に利用されているような、業務用の壁越しに利用できるレーダー等が必要で

すが、お金さえ出せば、一般人がこういった機器を買うことは可能です。

この放送では、アメリカとカナダにおける、ギャングストーキング実行グループの日々の活動について、デイビ

ッド・ローソン著の「アメリカにおけるギャングストーキング」より、引用をおこなってまいりました。

現状では、ギャングストーキング被害を訴える人々に対する司法制度の対応は、被害者が精神病であるというレ

ッテルを貼り、ギャングストーキング問題が無かったことにしなさい、という対応です。この対応自体が、公務員

達が守ると約束しているはずの法規に反した対応であり、犯罪行為そのものです。彼ら公務員は、本来の仕事をし

ていません!

一般市民の皆さん、皆さんには、ギャングストーキング犯罪を明るみに出し、阻止する力があるのです。警察官

達に聞いてみるだけでよいのです。この急増している犯罪にどう対処していくつもりなのかと。皆さんにはその活

動を行う力があるのです。ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

【 おわりに 】

私が、 モビング 、ガスライティング、及びその派生手口の数々について知りえたきっかけは、エレノアさんのサ

イトでした。「 ガスライティング犯罪:私のケースについて 」でもお伝えしているように、映像、音声、通信記

録等に残る数々の事実が、 モビング 、ガスライティング、及びその派生手口の数々と全く一致します。

一方で、インターネットにおける検索結果では、英語による報告件数よりも日本語による報告件数のほうがはる

かに多いという事実も存在するため、AGSASサイトで指摘しています「集団ストーカー」という用語を使用した茶

番劇と同じような手口が英語を使用して行われている可能性も否定できません。

2005年12月15日 戸崎 貴裕

(改版:2007年5月25日)

警察組織予算の他に自衛隊予算も使われています。

予算と致しましては、警察予算、官房機密費の半額の他に、自衛隊予算も投入されています。自衛隊の「114部隊」というのが集スト部隊になります。
なお、警察で動いている連中は警察内部からは通称「公安のゼロ」と呼ばれています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

二面性の集団

集団ストーカーは、悪質な人格障害。虚言症。精神分裂症。しつこい精神異常性など4つの精神性が有る者達の集団です。又表向きの顔と裏の4つの精神性を使い分け集団ストーカーに加担しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。