FC2ブログ

家の作りやうは

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪え難き事なり。」と、彼の吉田兼好「徒然草」の第五十五段のくだりに述べられている通り、日本の夏は過酷です。暑季には、痛風の上から、窓を開放状態にしたくなるのが普通で、このとろころ、日中、暑いので、窓を開けています。
しかし、それは世間一般に観られる通常の場合とは全く異質の社会状況を垣間見せてくれます。
この徒然草の日本の摂理には関係なく、無粋にも必ず、窓を開けると同時に、周囲で盛大なノイズキャンペーンが始まります。
それで無くとも、この梅雨時期の晴れ間には窓を開放にして換気に努め、季節感、空気感を楽しむ事が重要なのですが、どうにもその様な公共の場を破壊する事に対しての意識が希薄というよりも、公民意識、引いては民度の低下をもたらしている状況が各所で発生し、肌でその無残な浅ましい状況を感ずる事が出来ます。

具体的に言えば、近隣の家では、不用意に何かを叩くような音、休日にも拘らず工事らしき作業音が始まり、自衛隊を始めとする航空機の爆音、拙宅前の狭い道をバイクや車両が引切り無しに通り過ぎる状態になります。
南に面した駐車場には砂利が敷いてあり、その砂利を蹴散らすように走り込む車が後を立たず、車のドアを勢い良く閉じる音は、家の周囲で花火を上げているかのように酷い状況です。
これは特段、遮音性の高い住宅構造でもない拙宅では、窓の開閉状態で多少の音圧変化はあるものの、窓を閉じている状況とは明らかに異なる状況である事は言うまでも有りません。
そして、この状況は、殆ど日中には通常の事であり、多くの被害者は殆ど同じような状況下で日々過ごしていると思いますので、特段、記事にするような物でも有りません。

この窓を開ける事による雑音レベルの変化、騒音イベントを多発させる理由は次の様に考えられます。

(1) ノイズが加害である事を認識させる
(2) 減衰が少なくノイズが被害者に到達し易くなる
(3) 窓を開く、僅かでも表に出る等の外部との接触の場を作るような場でノイズ、加害行為が発生する事により、家の中に閉じ篭る事に対して相対的に安心感を与える
(4) その事により、外出、世間、世界とのつながりを絶ち、被害者を家に閉じ込めている状況を演出する

結果的に、被害者は外部との接触に煩わしさ、忌避感が増幅されますます孤立感を深め、地域との交流や社会性を喪失して行きます。
特に、被害者の部屋が日光の当たらないような部屋、日中でも暗がりである場合は、外部との接触を断つ事は心理的な影響だけでなく、身体に及ぼす影響も甚大となります。

通常、その様なノイズの激化を無視して、窓を開け続けると徐々に激化します。

数週間前の20日の日曜日には、耳栓をしながらも、その様な状況で無視し続けました。最近は、殆ど加害に対しては反応を示さず、放置していましたが、比較的近傍と思われる場所で、車のドアをバタバタやっているので、玄関から表に出てみたら、家の前の道にピンクのスバルの軽自動車、R-2が停車しており、一見、極普通の何処にでも居るかの様に見える夫婦が、このノイズ源である事が判明しました。しかし、それは十分に意図を持つ行為であった事が理解できていますが、それは稿を改める事とします。

この様な騒音の発生頻度とレベルが被害者の動作、特定行為により、被害者宅の周辺で、人為的に周到に用意され、上昇するという状況が、自然現象に起因するものでも、個人の心象的な問題でもない事を示しています。
しかし、仮にこの様な状況を記録する事は困難を伴います。それは、具体的な測定の基準、マルチトラックレコーディング環境、動作との関連性を整える必要が有る事、加害者の記録を回避する行動による困難が存在するからです。

騒音と生活音の差異を論ずる事にも、客観的な基準が必要との議論が存在しますが、この騒音レベルは多分に、心象差が存在する事も否めません。それは、ノイズは加害である事を植えつけるアンカリング(心理的障害)が度重なる被害者を狙った騒音発生行為により被害感が増幅されているからです。
この組織的な犯罪行為が持つ、熾烈な犯罪性の社会的な認識と犯罪としての解明が早急に求められます。
これは集団ストーカー犯罪の顕在化している特定被害者だけの問題ではなく、昨今の理解を超えた犯罪のかなりの事案、例えば先進諸国の中でも突出して自殺者が多い現実や先稿のマツダでの大量殺傷事件生の様に、生命や存在権を脅かされる状況には、この犯罪の有り様が関係している可能性も大きいからです。

騒音という、時と場合によっては耐え難い状況を作り出す行為を恣意的に、特定の目的の元に、特定の個人を、多数の人間で作り出す行為が許される行為ではない事は明白です。社会悪を積極的に実行する社会性組織犯罪をこのまま放置する事は健全な社会生活を営む基盤を破壊する事に繋がります。

そして、被害者の心象状態に依存するかの様に考えれば、その状況は全てが納得のいく状態では有りますが、残念ながらこの様な事態は筆者が述べているだけでなく、他にも多くの同じ犯罪被害者の方が異口同音に述べている事から、不自然な加害の為の騒音環境が、随所に存在し、不用意な騒音をまき散らす、冒頭に述べた様な民度の低下現象が発生し、それは次の日本を象徴する状況になりつつある現状を多くの日本人は知る事が出来ないでいます。
このブログは日常に、現実的に存在する、異常な犯罪システムの状況、経験を元に記事を認めています。従って、この記事はフィクションでは有りません。
古の象徴である生活感は時と共に変わる事は致し方ないにしても、倫理観の逆転した、異常な世界が着実に形作られる現状は、筆者は焦燥感と共に痛ましく覚えるものです。
7月11日は、このような国の有り様を決める大切な日となります。棄権をせずに、自らが国の将来を見据えて、投票に行く様にしましょう。

【主な関連記事】
至近距離に別被害者存在の事実
「犯罪が起きにくい社会」の為に「防犯パトロール」を監視対象に
集団ストーカー被害と社会・政治
システム化された犯罪の隠蔽
創価の集団ストーカー犯罪に関しての質問から
清水由貴子さん 死の重いメッセージ
被害映像集



Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られることは加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。

蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 ガスライティング 犯罪シンジケート 社会環境破壊

至近距離に別被害者存在の事実

先週、筆者h宅から地理的に非常に近い場所、同じ地区に集団ストーカー被害者の居られることを知り、訪問してお話を聞くことができました。
今回のこの事実については非常に重要な報告であり、恐らく、集団ストーカーという組織犯罪の実態を解明し、今後の対策を講ずるのに極めて有力な情報となると思います。
そして、この事実は今迄定説とされていた集団ストーカー犯罪の概念を根底から崩れ去るものと思います。

この被害者の方(以下Tさん)のお住まいは筆者宅の北東に位置し、直線距離では266m、移動距離は373m、徒歩にて5分程度の超至近距離でした。
そして、被害の状況から、間違いなく「集団ストーカー犯罪被害者」と断定されます。
建物の概観の随所に物理的な加害の爪痕である家宅侵入、器物破損の痕跡が見られ、塀には大きな加害の歴史を訴える立て看板が7枚も掲げてあります。
外壁のタイルの剥離、玄関灯の損傷等々が見られ、バリケードかと見紛う侵入防止・防犯用金網やボードが家の外周や2階ベランダに張り巡らされ、被害が尋常な状況ではないことを物語っています。

被害者Tさんは70歳台の女性で、夫婦で生活されていますが、ご主人は集団ストーカー被害を受けてはいないとのことです。そして、以前は奥様の説明に半信半疑だったとのことでした。
Tさんの犯罪被害状況は以下通りです。

① 被害歴17年(2010年6月12日現在)
② 被害の発端は隣人の野良猫への給餌に対しての苦情という些細なもの
③ 周囲に存在する家々からの加害、不特定多数の加害
創価学会員による加害
⑤ 被害は家宅侵入、玄関前へのゴミ等汚物・廃棄物投棄、器物破壊、誹謗中傷、人間関係・社会性の破壊、付き纏い、待ち伏せ、騒音、薬物(気体)によると思われる身体攻撃、
⑥ 家電機器の故障・誤動作の多発
⑦ 室内での異音の発生
⑧ あらゆる外出先での被害
⑨ 緊急車両の頻繁な出現
⑩ テクノロジー系被害の自覚は無いが、宅内での居場所・動作の補足はされている
⑪ 度重なる警察への通報にも拘らず、警察の対応は誠実性を欠き、対応不足・未解決

Tさんは今まで孤立化工作され、被害の状況を外部の人間に理解されることも無かった為に、今回、同じ被害者である筆者の訪問を非常に喜び、歓迎して頂きました。
ご本人はネット情報へのアクセスもできず、「集団ストーカー犯罪」という言葉はご存知有りませんでしたが、「自由の砦」等からの情報により、創価学会の組織的な嫌がらせについてはご存知でした。

この様な至近距離にもほぼ同様の集団ストーカー犯罪被害者の存在の確認ができたことは大きな驚きでした。
今迄、集団ストーカーの犯罪被害者が被害者の住居の地区・地域、近傍に存在した例は報告されていません。しかし、Tさんのお住まいの場合は、僅かに通りを隔てた隣町です。
従って、従来、集団ストーカー犯罪被害者の数は非常に限られた人数で、ターゲットとされる被害者設定は特殊なケースとされていた想定や犯罪システムへの概念は根底から崩壊したことになります。

この状況から、集団ストーカー加害団体、加害ネットワーク網の手法はターゲット被害者(TI)を容易にアクセス可能な比較的近距離に複数存在設定し、監視・干渉・加害に要員を巡回させる方式を採っていることが解明できます。
これは人口密度、地域の家屋密集度や社会構造、人間関係、地域事情、加害者・加担者数からTIの存立可能人数、TI間の距離が決定されるのではないかと考えられます。
人口密度・家屋密集度の低い場所では相対的に地域の情報・人間関係は密に成りますし、加害人数も限られますので、TIはそう多くは設定できないと考えられます。

Tさん宅の前には畜産業者が広大な敷地を所有して居ます。この業者、地域での加害者は関連のグループで有ることも予想されます。Tさんは殆どの加害参加者・加担者は創価学会員だと説明されています。

ご多聞に漏れず、所轄の警察には繰り返される悪辣な犯罪行為を何度も通報されていますが、対応を依頼しても、加害者との談笑で終了させ、根本的な対応、対策は殆どとられず、解決の意思はないようです。
筆者は以前、所轄の警察署に連絡で、県内での同内容の他の被害の訴えの確認を何回も請求していますが、被害の存在は否定されています。この点でも、警察(生活安全課)の虚偽の発言が露見したことに成ります。

前述の如く、ご本人はネットアクセスが不可能ですので、犯罪被害の実態、状況については詳しくご説明頂き、筆者ブログもしくは別途ブログを立てる等により、今後も紹介させて頂きたいと考えています。この情報の公開、周知はご本人のご希望にも沿うものです。
今回は簡単な説明になりましたが、状況がより詳細に説明されれば、集団ストーカー犯罪システムに付いての新事実が解明されることと考えます。

Tさんのご主人は、筆者と共同での警察への事情説明や街頭での訴えも可能で、ご同意を頂いていますので、今後はこの地域での活動を行うことが容易に、効果的になると思います。
その活動は筆者やTさんだけでなく、集団ストーカー犯罪の周知と撲滅に大きな影響を与えるものと考えています。
そして、新たな近距離に被害者の存在が更に確認できる様になるかも知れません。
今回のTさんの状況を知るだけでも潜在的な被害者の数は相当数に上ることは想像に難く無く、創価学会を実行犯とする個人の監視・干渉・嫌がらせの犯罪被害は有形無形に形を変え、日本全国各地に蔓延していることを窺わせます。
従って、多くの国民は集団ストーカー犯罪・テクノロジー犯罪はネット上の噂、特定個人の問題では済まない、深刻な潜在性と一般性を持つ存在、国家的な社会問題である事を認識すべきです。

百聞は一見に如かずで、今回は建物とその被害状況説明を映像でupしましたので、是非ご覧頂ければと思います。
尚、今回、Tさんを知り得た切掛けも興味深いものですが、稿を改めさせて頂きます。



[多くの方にご関心によりアクセス数は増加しており、また幾つかのサイトでこの映像は紹介頂いているにも関わらず、ここ数日間、殆どYouTubeの再生回数のカウンターがインクリメントせず、再生回数や評価の数値は操作されていることが理解できます。(6月17日12:00加筆、この時点で再生回数は302回)]

【連絡】
前稿で紹介の「世界規模で被害を訴える計画」は被害者の方には非常に好評で、現在、多くの参加ご希望を頂いていまして、 引き続き、参加を募ります。是非、効果拡大と今後の活動活性化の為にもご参加を頂ければと思います。

「世界規模で被害を訴える計画」にご参加を

【主な関連記事】
「犯罪が起きにくい社会」の為に「防犯パトロール」を監視対象に
集団ストーカー被害と社会・政治
システム化された犯罪の隠蔽
創価の集団ストーカー犯罪に関しての質問から
清水由貴子さん 死の重いメッセージ
被害映像集



Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られることは加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。

蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 ガスライティング 闇勢力 警察 入間市

近隣に潜む非日常的な犯罪インフラ

ある被害者の方から、前稿の記事の地図にイニシャルを入れた拙宅周囲の家の人間全てが加害に参加をしているのかとのご質問を頂きましたので、その状況に少し説明を加えたいと思います。
確かに一般の方にはその様な異常な状況は俄には信じ難いかも知れませんし、実際に被害に遭われているこの方でさえ、まさか周囲の住人全てが加害に参加するものかとの疑いを持たれる状況です。しかし、多くの被害者の方が同じ状況を訴えて居られます。
世の中には加害者団体に所属する様な住民だけが住居する特別な場所は多く存在しています。例えば、東京の信濃町、世田谷、足立、小平や関西の特定地域の例を持ち出すまでも無く、創価、在日、同和等の集落地は多くの場所で知られています。
拙宅は分譲の住宅地の一部に在りますが、多くの住人はその近くに元々住んでいた住民のようです。
私はターゲット被害者として、デベロッパーやブローカーの加担の元、誘引されたのかも知れません。その経緯については、また稿を改めたいと思います。

ご質問を頂いた方には、この様なターゲット被害者の周囲の全てが、加害者である状況により集団ストーカー犯罪・ガスライティング犯罪の加害行為の隠蔽になるのでは、とのご指摘も頂きました。
事実、少し前までは警察官に集団ストーカー犯罪の周辺の状況を説明する場合には、開口一番、信じられないとか、疑念を持つ発言をされました。この様な周辺一帯の住民の参加・加担状況は一種の偽装的な犯罪隠蔽システムと呼べる状況を作り出しています。
しかし、この地図上での加害者の存在は紛れもない事実ですが、それはまだ極一部の記述でしか無く、この居住区の殆どの住民が、行為参加・加担者なのです。

被害者の方で集合住宅にお住まいの方の記事を拝読すると、階上、階下、左右の部屋の住民に騒音を中心とする加害行為の被害を訴える記事が非常に多く見られます。その様なケースでは壁や床を隔てた住宅では被害が直接的にレベルの高い音や振動で物理的に伝わりますので、状況は深刻です。私もホテル、マンション、団地等のどのような集合住宅に居ようとも必ずと言って良い程、被害を受けますので、状況は理解できます。

妻の実家の両親は公団住宅に長年来暮らしていまして、2週間に一度程度の頻度で、ケアに訪問していますが、その度に盛大に階上の住民からの騒音加害を受けると聞いています。妻は昔からその地区の多くの住民を知っており、住宅の近くで加害に参加・加担する人達には相当数の創価学会員が存在すると話しています。
両親は普段は被害を受けている訳ではなく、訪問時の妻にだけ、必ず加害行為を繰り返すようです。因みに、その上階の住人はここ1年程前に、近引っ越してきた子供連れの家族です。

拙宅周辺の場合は、被害の顕在化前から東隣のC宅の夫人はいつも口煩く他人の悪口を言うことを習慣としており、こちらの誹謗中傷をしている事は理解されますが、他の住民とは親交も乏しく、時々挨拶をする程度でしたが、此方も特段に素行が悪いという状況でも無く、非難を買うような真似をした覚えも有りません。従って、ブログでも再三記述するような加害行為、周囲から監視や行動や思考にタイミング合わせた大音響での騒音を挙げられる覚えは有りません。
ある日突然、周囲の住民が掌を返したように、此方を監視・観察し、騒音を上げ、家を出る度に出て来る、また帰宅時には待ち受ける状況が繰り返されています。
その様な状況が顕在化する前までは、外に出ようが何をしようが、住民と遭遇する機会は殆ど皆無な状況でした。今は、真夜中、早朝の時間を問わず、この様な仕打ちに遭います。真冬の真夜中2時や3時に、試しに、ドアを開けて表に出れば、その瞬間に犬の散歩やジョギングをする人間が間髪をいれずに必ず玄関前の通りに現れる状況に遭遇すれば、その状況が異常ではないという人はまず居ないのではないかと思います。厳寒の真夜中の登場人物以外には誰もその周囲には居らず、全く不気味な様態です。

前述の様に、ひしめくが如く存在する加害者宅に挟まれていますが、南側前方は駐車場が有ります。これも一種の加害の為の立地条件のようです。
加害行為は家の中の状況、私と妻の家の中での行動、状況により変化します。例えば、リビングに行けば西側のT宅と南の駐車場の車輛、窓を開ければN宅とW宅が、家の東に位置するトイレ、風呂に行けばC宅、2階でも同様の状況で盛大な騒音攻撃を受けます。これは特に窓を開放する夏場に酷い状況です。
私の寝室は北に位置し、朝方にはN宅とW宅が覚醒・起床のタイミングを計り、妻がベランダに干し物に行けばT宅と駐車場を借りている住民の誰かが必ず現れるという状況です。それは僅か数秒の外出やタイミングですので、偶然と呼ぶに相応しいか否かはご想像の通りです。
是非、その状況、位置関係をYouTubeに投稿した被害映像集でご覧になれば、視覚的に状況をご理解頂けることでしょう。この行動の詳細は、また改めて図示しながら詳説を加えたいと考えています。

この様な一連の加害行為は、当然、此方を監視し、付き纏うシステムが完備して居ると考えるのが妥当ではないでしょうか。それを統合失調症や偶然と言われる方が、未だ居られるとすれば、その方の精神構造や状況認識を疑う事に成りますが、如何でしょうか。
何れにせよ、同じようなご経験をなさっておられる方は非常に多く、また、類似のご経験が時々あると思われる方が居られたら、それは集団ストーカー犯罪者の組織・集団による犯罪行為の実行システムが近傍に存在している事を疑った方が良いかも知れません。

この様に多くの住民が参加・加担を可能にしている以上、私以外の人間が、被害に遭遇しない可能性を考える方が難しいと考えます。
また、個人の組織的に動く監視要員と監視システムが完備している以上、居住区の多くの住民は監視されていると考えた方が良く、それは対象者だけでなく、相互監視の関係なのかも知れません。
この様な地域が何処に存在するかの心配も尤もですが、大多数の住民がこの様な行動の主体者では無いにしても、監視・加害要員が複数存在する状況は、もはや確実に日本の至る場所に存在していると考えられます。
加害者・加担者が或る人数の割合を超えた場合には、同じ状況が都市だけでなく、地方にも容易に発生する事は想像に難く有りません。それは冒頭で説明した様に、ここまでの割合での加害者参加・加担者が居なくとも被害を受けて居られる被害者の方の報告が非常に多くなされている事実からも知る事ができます。

戦後の日本の社会は抑えられたネガティブな面を維持しながら発展、推移を遂げてきました。しかし、世は経済的な面にのみ目を向けられ、その社会や政治の負の面には目を背けさせる力が働いてきました。その誘導によりその部分には目を瞑るという姿勢が形作られました。いつしか繁栄、平和の虚像の裏で、多くの国民が気付かない内に、日本の社会を蝕む勢力が着実に座を占め、その勢力下に様々な犯罪行為をシステム化したインフラが出来上がってしまいました。その意味ではこの様な日常の裏に潜む、組織的な犯罪システムの存在を容認して来たとさえ言う事が出来、既に国家的な犯罪と言わざるを得ない異常な社会構造の構築、維持が普通の住環境にも、日常的に可能になってしまったのです。
その姿が、私が今回この記事で述べた状況を示しています。

今後は過去の加害・加担者、被害の多発状況のマップを作成してupする事や、犯罪の分析・解析の材料に、より状況の関連性や事象を小説したHPを立ち上げたいと考えています。既に、多くの被害者の方がこの分析作業をなさっておられますので、その様な方の作業にもお役に立てるものと考えます。

【主な関連記事】
倫理観の崩壊状態
超常現象ではない現実
睡眠を狙う犯罪の実態
個人を社会から葬り去る
真夜中のノイズキャンペーンから
最近の被害状況について
犯罪的行為についての記述
被害について
集団ストーカーについて
被害映像集


Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られることは加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。

蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。

テーマ : 経済・社会
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ ガスライティング 近隣の嫌がらせ

倫理観の崩壊状態

集団ストーカー被害歴の長い方に話を聞くと、被害状況、加害者の相は変化すると言う人が多いようです。初期の壮大な加害認識手法や異常な人物は影を潜め、日常的な事象、証拠の取られ難い被害に変遷するようです。
この相の変化はターゲット被害者の被害感にも影響しているようです。
加害を行う側の置かれている状況は被害者の理解を超えていますが、日常の行動から、その状況の一部は想像することが出来ます。
被害感を与えることでターゲット被害者を追い回す行為が成立していますので、加害の種類や状況を日々変化させる工作を延々繰り返すことが目的となり、加害行為が本来の目的である意図をターゲット被害者が意識しなくなる場合や加害行為発覚の可能性が有る場合には中断か、別の方法での加害行為に移行すると思います。

ターゲットの接する生活要素、生活様式を分析し、各加害方法をマニュアル化し、加害工作技術を確立していることが日頃の生活への介入状況から窺うことができます。
精緻に加害方法は研究されており、手法・順序が崩れれば加害の根幹さえ、失う可能性があり、厳密にその方法は管理されていることが予想されます。
そして、その加害の管理方法こそが加害者個人の支配、組織の存在の根本であり、加害システムを構築することにより、加害者の一つの社会や倫理観が成立していると考えられます。
常人の倫理観とはかけ離れた特殊な、生活状況が日常の中に存在し、思考と生活の殆どはターゲット被害者を追い込むために存在しているとさえ考えられます。

例えば、2週間程前に、早朝5時位に目を覚ましたことが有りました。 その時に、北西隣のN宅夫人が私の身体の動き、寝返り、布団の掛け直し等の動きに合わせ、雨戸、網戸を一度に全て開かずに、少しずつズルズル開ける音やコトという小さな音を立てる行為を2時間程、延々と続けていました。そして、私が完全に起床するまで、張り付いたように、窓の近くで待ちながら、変質者のように愚行を繰り返していました。
ターゲット被害者の強い被害感を作り出すことが目的と考えられます。恐らく、殆どの常人が、その場に居合わせれば、その人物の行為だけでなく病的な意思に、嫌悪感を覚え、気持ちの良いものではないことを実感することでしょう。この様なことは現実に発生しており、更に、この状況は拙宅を囲む近隣住民の多くが同様な状態であり、どこかの一軒が当番制の憑き物のように、殆ど毎朝といって良い程の頻度で、交代で繰り返しています。

拙宅の近隣住民は多くの一般家庭のように休日であっても、遠出もせずにいることが多く、此方の生活パターンに合わせた生活をしているようです。
此方も、外出すると家宅侵入被害が必ず発生する為に、家族で出かけることも出来ずに、必ず誰かが家に残る生活を強いられていますので、加害者者の思惑通りの不自由な生活により、お互いが縛られるという世にも不可思議な生活パターンと生活環境に居ることになります。
当然、この様な状況を第三者に説明しても理解をされることもなく、警察に話しても取り合ってももらえないことは説明するまでも有りません。

加害者はターゲット被害者の行動に合わせた生活環境を選択しているという、ターゲット被害者からしても悲壮感が漂う状況に見えます。
どのような倫理観、精神状態で生活をしているのかは定かでは有りませんが、他人の生活を覗き見しながら、自らの行動をせざるを得ないという浅ましい状況であることは、上記のような事実が示しています。このような、日々の生活を是とする倫理観とはいかなる物でしょうか。
日常に存在する隣人との関係に立脚している筈の常識が通用しない世界がそこに有ります。自らがその価値を否定して、犯罪を専らにする生活やその人間性をも犠牲にしてまで、加害に拘束される状態や如何にと慮りますが、このような国民の愚弄状況、敵対関係の敷衍こそが、この犯罪システムの目的とするところです。
カルト、反日勢力、加担者の実行犯にとれば、時間的、物理的、精神的な拘束により、一種の自己完結的な隷属状況が完結しています。
そして、被害者を核にした遠大な拘束関係が持続し、拡大されています。

加害者はその犠牲者、ターゲット被害者を崩壊させ、目的を達成した場合、もしくは加害の効率、集約性が低下した場合にも新規のターゲット被害者を求める必要が有ります。ターゲット枠の拡大は加害活動範囲の拡大に繋がります。
また、加害者が増加すれば、そのターゲット被害者数は拡大します。従って、組織的な犯罪システムの地理的な拡大として、徐々に津々浦々にまで飛散し、日本全土が束縛と加害行為の連鎖による悪弊が帰結として生まれることでしょう。
益々、センシティブで拡大する加害システムがどのような将来を国に与えるかは想像が付きます。激化する日本解体法安成立の圧力と併せれば、その行く末は明るいものではないでしょう。
この犯罪を知りながら放置する官憲や報道の義務を否定し続ける報道機関、そのような周知を許さない暗黙の不文律が存在する現状が有ります。
また、犯罪行為に目を瞑る一般市民の意識構造も、犯罪システムの温床であす。結果として、更なる被害を蔓延させ、自らの子孫を託す国の生命と活力を奪う事態に気付くことが重要です。

[筆者宅付近地図]
map1c.jpg

【主な関連記事】
超常現象ではない現実
睡眠を狙う犯罪の実態
個人を社会から葬り去る
真夜中のノイズキャンペーンから
最近の被害状況について
犯罪的行為についての記述
被害について
集団ストーカーについて


Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られることは加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。

蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 闇勢力 集団ストーカー被害

超常現象ではない現実

このブログでも度々説明していますが、広義の意味での集団ストーカーとはハイテク犯罪を含めた組織的な個人の監視、虐待行為です。 集団ストーカー犯罪が社会に広く知られ始めていますが、本質的な理解は未だ十分とは言えません。
このブログでは一般的な理解を深める意味で、社会現象としての組織犯罪の実態を実証可能な形で紹介しています。
しかし、その本質は紹介できる部分の極僅かなものに過ぎず、多くの被害者の方が共通に訴えている被害を自分の経験や日々の状況を踏まえて、より深く説明しなくてはならないと考えています。

被害の中には到底、常人には信じられないような事実が多く存在しますが、その殆どの部分の詳細について加害側の内部事情も加害事象の方法も技術的な説明も被害者には困難なケースが多いのです。
しかしながら、表面的ではあっても現実に発生している事実を説明しないで放置することはできません。自らが経験した現象を多少の考察を加えながら、今後は紹介することにします。ハイテクノロジー犯罪について誤解を招く恐れもありますので技術的な各論、要素項目は紹介もしますが、断定はしないことにします。

最近では非常に少なくなりましたが、勤めていた会社や自宅では特定の場所に立つと、体には抓(つね)った後のような痛みやピリピリする痛みが多発しました。睡眠前に突き刺すような痛みや内臓をかき回されるような痛みも有りました。これは僅かでも体の位置を動かすことや、金属の遮蔽部に移動することで消滅する場合も多く経験しています。

この犯罪は一般的に知られているような方法ではない盗聴・透視によりターゲット被害者の情報を入手しています。
例えば、多くの被害者の方が盗聴・盗撮の機器を発見する為に業者に依頼し、探知機等で捜索をさせていますが、発見されたという報告はあまり見ません。それにも拘らず、家の中の様子や行動が正確に把握、被害者の位置や動きは完全に捕捉されています。
そればかりでなく、多くの被害者の方が異口同音に説明するように、意思の部分も読み取っていると考えた方が合理的な技術的により個人を監視しています。

私は耳骨や脳に対しての音声送信による騒音被害を受けていませんが、意思や思考の動きに反応する騒音、ノイズ、人物や車の移動等の現象が発生しています。 ノイズの例とは室内で発生するバチッというような音妙な音です。何も無い場所、たとえばテーブルや家の構造物である床や天井からもその様な音が発生します。メーカーの説明書にはPCやテレビのスクリーンからのノイズの発生は述べていますが、人の動作や思考にタイミングを合わせての発生のケースが非常に多いのです。これはメーカーや型に限らず、異常な現象ということが出来ます。

この様なノイズを照射等の人為的に発生させてものいるとすれば、それらの単純なノイズはセンサと照射技術の組み合わせにより、自動的なシステムでも発生可能です。
これに対して実際の車やバイクの走行、雨戸の開閉は人間の動作が介在する視覚的、音響的な効果ですので、センサの情報を一度マンマシンインタフェースにより、信号を人間に知覚できる方法で変換後に何らかの方法で加害者に与え、行動を起こします。この意味では、人間が一種の加害システムの制御実行部に組み込まれた自動的な音声発生システムであると考えられます。

それでは何故全ての加害行為を自動的なシステムにしないのかという疑問が発生します。
人間は行動する事により心理的な影響が発生します。加害活動・行為は参加した加害側と被害側の双方に感情的な動揺、心理的な効果、影響を与えます。被害者には被害感やトラウマを、加害者には加害行為への使命達成感や組織への帰属意識、犯罪行為に加担した罪悪感等の様々な感情がこの瞬間に発生します。加害側には通常抑圧された生身の人間に対しての悪意の発露を作り出すことにより、加害後には、益々犯罪の深みにはまり、その実行を支配・指示している組織への忠誠や倒錯した感情を癒す組織の思想や教義に染まることでしょう。これこそがこの犯罪の目的で有り手段で、創価、在日等の動員される加害実行者には、常に感情的な充足の為に被害者の反応を知ることが重要となります。

契約に基づく金銭的な加担者以外の加害者達には、この感情面での関わりによる緊迫感、加害感、犯罪達成感、目的の達成感、虐待への快感等の様々な感情の誘発を作り出すことにより、加害者側の参加人数を増やすこととモチベーションの拡大が図られています。その為に都会ではローテク系の犯罪やあらゆる階層、職業の加害参加者を大量に人員導入した監視・加害システムが作られています。日々、これらの大量の一種の工作員まがいの人間達の存在と行動を維持し、所属組織・団体の思想・意思を叩きこみ、諜報・工作の技を磨き、訓練し、特定の目的に備えているのがこの犯罪の目的です。
従って、自動的なシステムにより特定の個人を対象にして少人数で、加害行為、犯罪行為を実行するだけでは意味が有りません。大量の人間をこの様な犯罪インフラに縛りつけ、日本人の監視・加害をいつでも可能にするシステムを構築し、維持することが最終的な目的の為に備えていると考えられます。

さらに探偵、警察、司法、その他諸々の機関、企業には有形無形の権益や利益が供与されるビジネスが成立し、そのシステムは維持可能になっています。勿論、カルトの場合には信者からの収奪、反日勢力には巨大な資金源が存在します。例えば、創価学会の幹部の殆どは日本人ではないと言われるように、自らは手を汚さない支配層は、その犯罪のコントロールと加害環境の提供・整備に余念が無いものと考えられます。

超常現象的な加害方法の技術的な解析をすれば、それはいくつかの要素技術の応用で構成されていると考えられ、それが実用可能な加害行為に供せられるシステムとして成立していますが、社会にはその事実が知られてはいないのです。それは集団ストーカー犯罪自体が十分に周知されない事実である為に犯罪性を否定でき、周知さればそれは複数の人間の加担により成立する犯罪、遠大な人数の組織的な犯罪であるとの理解が容易になされ状況と似ています。一般的に複数の人間の参加による巧妙に計画された犯罪は非常にその事実が発覚し難く、さらにメディア、警察、司法あらゆる犯罪の隠蔽により社会には犯罪が蔓延する状態を招きました。これは在日系外国人、創価学会、暴力団組織、闇ビジネスの犯罪が表面化しないことで、発覚しない状況は多くの国民の知る所です。

思考盗聴に関して、人間の頭皮の電流値、血流量等を読み取り、思想を理解する方法はすでに確立されていますし、遠隔で人体の電流を検知する方法も紹介されていますので、それら技術の組み合わせとシステムインフラの整備により、恒常的な加害システムとしての構築は可能と思われます。
最新技術の紹介では、未だにヘッドギアの使用で思考の読み取り、機器の制御が可能になったと開発途上のイメージを情報として伝えていますが、最先端技術を持つ企業や軍事関連での応用はそのようなレベルの物ではありません。

このブログでは誤解や曲解を避け、信憑性を獲得する為に、社会的な問題提起、ハイテクのロジー部分の記述よりもローテクノロジー系の組織的な犯罪の存在と実態を示し、集団ストーカー犯罪を社会問題とし取り扱い、情報を広めるための記事を作り、実証可能な事実や社会現象からの説明に重点を置きました。
しかし、集団ストーカー犯罪の周知が徐々になされている状況からして、本来知らしめるべき犯罪行為として、より深刻で重要な部分であるハイテク犯罪の問題も議論に上げるべきであると考えています。非日常的な犯罪のツールである超音波、電磁波、レーザーその他の力線照射系を含む身体への痛みや障害、この異常な監視システムによる人権侵害行為を訴え、周知により、公的機関を含む検証に道を開くことが次のステップだと思います。

【主な関連記事】
睡眠を狙う犯罪の実態
個人を社会から葬り去る
「統合失調症」歪曲報道の災い ~読者の方のコメントから
真夜中のノイズキャンペーンから
被害と記録、加害の表面化の為に
日本テレビ、真性集団ストーカー被害者報道か
最近の被害状況について
犯罪的行為についての記述
被害について
集団ストーカーについて


Banner21  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

ガスライティング、組織的嫌がらせ、集団ストーカー問題の認知、被害の氷解・撲滅を支持される方はクリックをお願いします!
ブログランキングにより、この知られざる組織的犯罪を社会に知らしめましょう。

本日も数多いネット情報の中から、このブログに訪問頂きましてありがとうございます。
できれば今後も1日1回本ブログへの訪問と本ブログ主旨への賛同を頂き、クリックにご協力をお願いできれば幸いです。

組織的な嫌がらせ、集団的なストーキング行為は一般主要メディアでは大きく報道されていない深刻な人権侵害犯罪です。
この実態が知られることは加害に関与する人間、団体には非常に大きな打撃となるでしょう。

蹂躙される日本の将来に不安を持たれて居られる方々は、是非このブログのランキングアップにご協力をお願いしたいと思います。

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

tag : 集団ストーカー 創価学会 闇勢力 情報操作 集団ストーカー被害 ガスライティング マスゴミ

プロフィール

Kingfisher

Author:Kingfisher
[Profile]
集団ストーカー犯罪被害者
埼玉県入間市在住

ガスライティング、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の顕在化は2007年5月である。
特定・不特定多数の人間から24時間x365日、いかなる場所でも盗聴・盗撮、付き纏い・待ち伏せ、嫌がらせ、家宅侵入、騒音、風評、身体攻撃の被害を受ける。
この異常な世界は虚構や妄想の産物でも、精神障害の結果でもなく、現実に発生している犯罪行為により作り出されている。

この犯罪システムは個人的な問題をはるかに超えた社会的な規範を破壊する社会的病理現象である。
加害参加者が創価学会員であるとの証言も得ているが、防犯ネットワークや警察の関与も疑われる状況である。組織的に加害行為を合理的に実行し、その犯罪を隠蔽、助長するシステムが現実に成立している。

被害者の数は着実に増加し、自殺に追い込まれるケースや殺害対象とされるケースも多発している。
清水由貴子さん、永田元議員は同じ犯罪被害の苦しみの中に他界され、「奈良の騒音おばさん」河原美代子さんも対象にされていたと言われている。
この犯罪はもはや、ターゲット被害者だけの問題ではない。
この問題の放置は子々孫々に伝えるべき未来の喪失を意味する。

多くの被害者が存在しているが、公的機関の対策は非常に限られている。しかし、被害者、ターゲット個人はこの悪辣な犯罪の体験者、告発者であるべきである。
独りでは、解決は難しくともお互いが連携した相互支援と、力の結集により、犯罪を社会に知らしめ、駆逐する事が重要である。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者の会を地方、地域に結成し、その力をネットワークする為の機構が結成されている。





黒い手帳
~創価学会「日本占領計画」の全記録
矢野絢也 元公明党委員長著

この集団ストーカー犯罪を生む、多くの国民が知らされない犯罪組織の実態が描かれており、放置されたが為に肥大化した日本の病巣がいかに危険で、その究明、対処が急務であるかを知るであろう。



憚りながら
元後藤組組長 後藤忠政

創価学会の暴力団組織との関係による反社会的行為の事実を赤裸々に、その当事者として告白、日本に巣食う闇の盟主であるカルトの本質を描くベストセラー。

最近の記事
Flashカレンダー
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ユーザータグ

集団ストーカー ガスライティング 創価学会 闇勢力 情報操作 マスゴミ 集団ストーカー被害 テクノロジー犯罪 日本解体法案 付き纏い 警察 集団ストーカー認知・撲滅 待ち伏せ ノイズキャンペーン 街宣 民主党 闇法案 反日勢力連合 反日 カルト 公明党 地方外国人参政権付与 外国人参政権 仏敵 裁判 人口侵略 日本解体 参議院選 思考盗聴 被害者の会ネットワーク 政教分離 自殺 集団ストーカー認知・撲滅の会 検察 組織的犯罪 清水由貴子 闘う 集団いじめ 闇勢力連合 創価 人権擁護法案 日教組 集団ストーカー被害者の会ネットワーク 尖閣諸島 世界規模で被害を訴える計画 統一教会 課税 創価・公明党 地方外国人参政権 入間市 生活安全課 狭山警察署 NHK 大津市 教育委員会 モビング 同和 マツダ事件 偏向報道 総体革命 隠蔽 工作員 在日 産業医 思考送信 都議会議員選 孤立化 判決 いじめ PTA 飛び降り自殺 FFHCS 暴力団組織 衆議院選 反日勢力 地域社会 統一地方選 国籍法 国籍法改正 朝鮮学校 偽被害者 習志野 茨城 放送 芸能界の闇 ブラック企業 宗教法人剥奪 集団行動原理 隠蔽工作 罪刑法定主義 在日朝鮮人 事実隠蔽 人権侵害 政局 相互支援 国体解体法案 衆議院議員選 司法問題 参議院議員選 周知活動 暴力行為 通報 特亜 児童ポルノ規制法 政教一致 1000万人移民受け入れ構想 暴力団 被害映像 組織的ハラスメント 北野誠 売国 女子差別撤廃条約 ノイズ 身体攻撃 統合失調症 赤報隊 職場ストーカー 工作 不自然な死 自虐的歴史観 行動 入国管理法 CIA 電磁波 韓国 ストレスマネジメント ヒーリング ケア テクノロジー被害 永田元議員 ゴミ収集車 清掃 朝木市議 組織的嫌がらせ バックする車 情報発信 夫婦別姓法案 福島原子力発電所 原子力発電所 大震災 刑務所 東北関東大震災 監査室 政治 電磁波規制 磁場 習志野事件 離間工作 殺人事件 土浦市 茨城県 ポスティング 在日朝鮮青年同盟 仏罰 矢野絢也 殺人 引きこもり 人体への影響 叙勲 法案 報道 つくば 自殺に追い込む会 立件 皇子山中学校 ACTA 言論の自由 RCサクセション 忌野清志郎 マツダ連続殺傷事件 国益 カルト宗教団体 人権救済機関設置法案 労働問題 犯罪捜査規範 公安委員会 職場の嫌がらせ 弁護士懲戒請求 創価/公明党 情報保全隊 自衛隊 マツダ 無差別殺傷事件 ふくろう部隊 大宮 後藤組 近隣の嫌がらせ 朝鮮総連 TIMERS 後藤忠政 山口組 新世界秩序 ユダヤ・フリーメーソン FAO 口蹄疫 反社会的行為 北教組 組織犯罪 在日朝鮮 暴露療法 ゴミ収集 政権交代 朝鮮進駐軍 小沢一郎 探偵 リストラストーカー 政治資金疑惑 NWO 友愛 西東京 竹島 反日組織 池田大作 沖縄ビジョン 日本弱体化プログラム 埼玉県警 PJニュース 被害者の会 秋波 公安委員長 治安維持 日朝鮮青年同盟 朝鮮総聯 FFCHS 宗教法人 社会性組織的犯罪シンジケート 犯罪シンジケート 窃盗 家宅侵入 反日工作 社会環境破壊 広報活動 

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: